人気記事一覧


au PAYでたまる「Pontaポイント」!ため方やつかい方を解説

au PAYでたまる「Pontaポイント」!ため方やつかい方を解説

近年普及しつつあるQRコード決済。多くの「◯◯PAY」がそれぞれキャンペーンを実施していて、消費者はよりメリットの大きいQRコード決済サービスに集まります。今回は、通信大手のKDDIが運営するQRコード決済サービス「au PAY」でたまるPontaポイントの仕組みと、店舗側がau PAYを導入するメリットを紹介します。


au PAYの費用と入金サイクルは?今なら導入費用・手数料ともすべて無料

au PAYの費用と入金サイクルは?今なら導入費用・手数料ともすべて無料

au PAYなどのQRコード決済を導入すると、新しい顧客層を取り込めたり、現金の管理が不要で感染症対策になるなど、多くのメリットが存在します。導入コストに懸念のある方や、複数のキャッシュレス決済サービスと比較したい方向けに、au PAYを導入した際の費用や入金サイクルについて解説します。


新型コロナウイルスが飲食店に与える影響とキャッシュレス決済が衛生対策になる理由

新型コロナウイルスが飲食店に与える影響とキャッシュレス決済が衛生対策になる理由

現在も続く新型コロナウイルス感染症対策で、一時は全国に緊急事態宣言が発令されるなど、飲食業界や観光業界は特に大きなダメージを受けました。各店では、こまめな消毒や衝立の設置、営業時間や滞在時間の短縮など、安全・安心な営業継続のため努力を続けています。au PAYなどのキャッシュレス決済は、不衛生な現金を取り扱わないため、店員・お客さま双方の新型コロナウイルス感染症の予防に役立つ対策の一つです。本記事ではキャッシュレス決済のひとつであるQRコード決済を中心にコロナウイルス感染症対策としてご紹介していきます。


au PAY導入店舗事例 表参道のヘアサロン「Lani5710」様

au PAY導入店舗事例 表参道のヘアサロン「Lani5710」様

au PAYをご導入いただいた店舗のみなさまに、導入のきっかけやコストや集客面などのメリットを伺いました。スマホ決済にau PAYの導入をご検討の方は、ご参考にしてください。 今回は、表参道のヘアサロン「Lani5710」様のインタビューをご紹介します。au PAYは導入費用・決済手数料・入金手数料すべて無料なので「とりあえず取り組む」がしやすいのがポイント! ※決済手数料・入金手数料無料は2021年7月まで


au PAYのセキュリティは万全? 3つの安全・安心対策

au PAYのセキュリティは万全? 3つの安全・安心対策

各社から参入が相次ぎ、急速に普及が進むQRコード決済。au PAYは、通信大手のKDDIが運営するQR決済サービスです。au PAYでは、加盟店さま向け<a href="https://biz.aupay.wallet.auone.jp/">公式サイト</a>で安全・安心対策として「現金不要」「24時間のサポート」「2段階認証」の3つを掲げています。本記事ではau PAYの安全・安心対策の中身について解説します。


au PAYのメリット・デメリット(店舗向け)

au PAYのメリット・デメリット(店舗向け)

au PAYをはじめ、ここ数年で急速に普及したキャッシュレス決済。キャッシュレス決済は、店舗にも消費者にも多くのメリットをもたらします。この記事ではau PAYの特徴と、導入した店舗にとってのメリット・デメリットについて説明します。


au PAYの決済の流れを解説!使い方と注意点

au PAYの決済の流れを解説!使い方と注意点

KDDIのQRコード決済「au PAY」 の決済の流れと、加盟店さま・お客さまそれぞれの使い方と注意点についてご説明します。 au PAYのQRコード決済には、顧客提示型と店舗提示型の2種類があります。au PAYは店頭の商品・サービス以外にバーコード付きの公共料金や払込票の支払いにも使えます。 au PAYの支払いには残高が必要ですが、現金やクレジットカードによるチャージのほかに、提携サービス利用やポイント還元によってたまるPontaポイントもつかえる点は、au PAYならではの特徴です。 au PAYの導入を検討されている方は、決済の流れを把握したり、返金のオペレーションをイメージしてみましょう。


個人事業主でも導入できる?普及がすすむキャッシュレス決済

個人事業主でも導入できる?普及がすすむキャッシュレス決済

近年注目を集めているキャッシュレス決済。クレジットカードにくわえQRコード決済など、さまざまな種類が登場しています。個人事業主がキャッシュレス決済を導入する方法やメリットについて説明します。 特にQRコード決済は2019年ごろから広がりを見せている成長著しい分野です。従来キャッシュレス決済といえば、「ある程度規模のあるお店や事業所が導入するもの」というイメージが一般的でした。しかし、QRコード決済は低コストで導入できて決済手数料も安いため、売上の大小に限らず個人事業主にも向いている決済方法といえます。たとえば、KDDIの「au PAY」では、今なら導入コスト・決済手数料振込手数料すべて無料です。 (2021年2月時点)


最大20%還元も!au PAYのさまざまなキャンペーン【2020-2021】

最大20%還元も!au PAYのさまざまなキャンペーン【2020-2021】

携帯大手のKDDIが提供するQRコード決済サービス「au PAY」。スマートフォンだけで支払いができるキャッシュレス決済のひとつで、使い方も簡単。au PAY アプリをダウンロードして、登録・設定をするだけで誰でも利用できます。 経営母体が大きいメリットとして、au PAYの豊富なキャンペーンが挙げられます。「三太郎の日」をはじめ、「たぬきの大恩返し」など、個性的で還元率も高いキャンペーンを随時実施しています。ここでは、そんなau PAYの最新キャンペーン情報をまとめてお伝えします。


au PAY 導入の流れ

au PAY 導入の流れ

この記事ではau PAY導入を検討されている方に、導入の流れや各ステップで必要な書類や入力内容についてご説明し、au PAYのスムーズな導入にお役立ていただけます。お申込み内容に不備がなければ、1週間から10日程度でau PAYをご利用開始いただけます。


2020年12月のQRコード決済のシェアは?初めて利用率50%を超える

2020年12月のQRコード決済のシェアは?初めて利用率50%を超える

QRコードを読み取ってスマートフォンのアプリで決済を行う「QRコード決済」。各社の「◯◯PAY」が乱立し「キャッシュレス元年」と呼ばれた2019年を経て、QRコード決済はどのくらい使われるようになったでしょうか。 QRコード決済のシェアでは、大きく「キャッシュレス決済のなかでのQRコード決済のシェア」と「QRコード決済のなかでの各サービスのシェア」の2つが注目されます。さらに今後、QRコード決済がさらに普及するために重要となるポイントについても紹介していきます。


au PAYも対象!「マイナポイント」のメリットを確認

au PAYも対象!「マイナポイント」のメリットを確認

KDDIの「au PAY」は、スマホだけで支払いができるキャッシュレス決済サービス。au PAYユーザーにとって一番の魅力はPontaポイントでお買い物できたり、提携社でお買い物をするとPontaポイントがたまる点ではないでしょうか。さらに「三太郎の日」などのキャンペーンを利用すれば、お得にお買い物や食事ができます。 さらにau PAYは、2020年9月から始まる政府の「マイナポイント事業」にも対応しています。au PAYでの利用を申し込めば、独自の1,000ポイントにくわえて最大5,000円分のポイントが還元されます。この記事では、マイナポイント事業の概要や申し込み方法、キャッシュレス決済の種類、利用時の注意点などを紹介します。


【お店向け】au PAYの使い方を導入から活用方法まで全部まとめました

【お店向け】au PAYの使い方を導入から活用方法まで全部まとめました

KDDIの「au PAY」は、会員数2,300万人の大手決済サービスで、今なら導入コスト・決済手数料・振込手数料すべて無料と、加盟店さま側の負担が少ない特徴があります。 「キャッシュレス決済への対応を始めたい」 「できるだけ導入コストを抑えたい」 「集客に役立つか知りたい」 という方向けに、au PAYを導入した場合の運用方法やそのメリットについて詳しくご紹介します。


QRコード決済とクレジットカード決済の特徴と比較

QRコード決済とクレジットカード決済の特徴と比較

2017年から2018年にかけ、大企業各社がスマホを使ったQRコード決済に参入し、さまざまなキャンペーンを通じて急速に普及が進んでいます。2018年では24.1%だったキャッシュレス比率ですが、政府が従来の計画を先倒しして「キャッシュレス比率を2025年末までに40%に高める」 との目標を立てるなど、今後もキャッシュレス化が進むと見られます。クレジットカード決済とQRコード決済それぞれの特徴と違い、au PAYならではのメリットについて解説します。


【事例紹介】岸和田市×au PAYキャンペーン!最大30%還元でQRコード決済の利用が急増

【事例紹介】岸和田市×au PAYキャンペーン!最大30%還元でQRコード決済の利用が急増

au PAYでは、地方自治体と共同で、エリアごとのキャンペーンも行っています。今回は、特に反響が大きかった大阪府岸和田市との共同キャンペーン事例をご紹介します。


集客に役立つ?決済手数料は安い?au PAY加盟店の利益を考える

集客に役立つ?決済手数料は安い?au PAY加盟店の利益を考える

「キャッシュレス元年」と言われた2019年、各社の参入が相次ぎ、認知度や普及率も高まっています。なかでもau PAYなどのQRコード決済は大きな成長を見せ、2020年には電子マネーの決済額を上回るとの予測も出ています。2020年には「マイナポイント事業」も始まり、さらに盛り上がりを見せるQRコード決済を導入する意義と、au PAYなら集客や利益にどう貢献してくれるのか、加盟店さまの利益についてご紹介します。


「au PAY」とは?その特徴とメリット

「au PAY」とは?その特徴とメリット

au PAYは、通信大手のKDDIが提供するスマホ決済サービス。QRコードをスマホで読み取るだけで決済できる手軽さが特徴です。初期費用・決済手数料・入金手数料すべて0円と導入しやすく、好感度が高いauのTV CMを始め、さまざまなキャンペーンを通じて集客に役立ち、スムーズな決済で効率化・人手不足の対策にもなります。この記事では、au PAYの特徴とメリットについて解説します。


au  PAY 残高にチャージ(入金)する7つの方法!上限や利用条件に注意

au PAY 残高にチャージ(入金)する7つの方法!上限や利用条件に注意

au PAYは、QRコードを読み取るだけでかんたんに会計できるスマホ決済。au PAYは前払い方式なので、事前にau PAY 残高にチャージ(入金)する必要があります。au PAYのチャージ方法は、auかんたん決済/クレジットカード/Pontaポイント/現金など7種類。特徴や利用条件、上限金額が異なりますので、自分にあったチャージ方法を選びましょう 。また、店舗のオペレーションにあたっても、お客さまがレジで残高不足だった際に、どのようなチャージ方法があるかを把握しておくと役立つでしょう。


au PAY契約後の店頭準備は?QRコードの設置方法や設置場所の工夫

au PAY契約後の店頭準備は?QRコードの設置方法や設置場所の工夫

au PAYに加盟する手続きをした店舗で、お客さまに※QRコード決済が使えることを告知するために必要な店頭準備について説明します。au PAYに申し込んで審査が通ると、販促用のステッカーやQRコードのスタンドなどの一式が入った「導入ツール」が送られてきます。同梱されたスタートガイドにしたがってこれらを設置して、決済の練習をしたら、au PAYの導入準備が完了です。


QRコード決済主要6社の使えるお店を比較!加盟店数の規模は?

QRコード決済主要6社の使えるお店を比較!加盟店数の規模は?

QRコードをスマホで読み取るだけで決済できる「QRコード決済」。その手軽さやおトクにお買い物できる特徴から、ユーザー数・加盟店数とも増えています。QRコード決済の導入にあたっては、導入費用や決済手数料などコスト面も大事ですが、集客効果も大事。加盟店と使える場所が多いQRコード決済には、よりユーザーが集まることが期待されます。この記事では、主要なQRコード決済サービスの加盟店数とユーザー数を比較します。