資料請求資料請求
無料申込無料申込

トップへ戻る

NFCとは?近距離無線通信技術の活用とキャッシュレス決済への影響

NFCとは?近距離無線通信技術の活用とキャッシュレス決済への影響

「NFC」とは、端末をかざすだけでデータ通信できる技術のこと。スマホやキャッシュレス決済の普及により、NFCの技術が注目され始め、今や私たちの生活に欠かせない存在となっています。 今回は、そんなNFCについて解説していきます。NFCの仕組みや活用例、FeliCaやおサイフケータイとの違い、NFCがキャッシュレス決済に及ぼす影響なども詳しくご紹介するので、ぜひ最後までご覧ください。

[PR]本ページはプロモーションが含まれています
⏳この記事は約2~3分で読めます。


NFC(Near Field Communication)とは

NFCはNear Field Communicationの頭文字をとった用語で、日本語では「近距離無線通信技術」と訳されます。身近な例では、決済機能が付いたスマホや、SuicaなどのICカードに用いられています。

また、近年はNFCを搭載したクレジットカードも広く普及しており、NFCの用途はますます広がりを見せています。

NFCの仕組みと機能

NFCは、非接触ICチップを搭載したNFC対応機器同士を近づけて通信を行います。13.56MHzの周波数を利用して、ワイヤレスで通信ができる仕組みです。世界共通の通信規格で、NFCは主に次のような4つの機能を備えています。

①リーダー/ライター機能…ICチップを内蔵したNFCタグを読み書きする機能
例:NFC搭載のスマホを交通系ICカードに近づけると、残高や履歴などをスマホで読み取り・書き換えができる

②カードエミュレーション機能…非接触ICカードの役割を代替する機能
例:クレジットカードと交通系ICカードの代わりに、NFC搭載の電子機器で決済ができる

③P2P(Peer to Peer)機能…NFCデバイス同士でのデータ通信をする機能
例:NFC搭載機器同士を近づけて、画像データの送受信を行う

④ワイヤレス給電機能…13.56MHzの周波数を使って電力を供給する機能
例:NFC対応の充電器にスマホを近づけて充電ができる

NFCの特徴

NFCの最大の特徴は処理速度が速い点です。アクセス精度や接続時間を短縮できることから利便性が高く、キャッシュレス決済・交通系ICカードなどに広く利用されています。

さらに、安全面に優れていることでも知られ、そのセキュリティレベルの高さから運転免許証・マイナンバーカードなどの公的な身分証明書にも採用されています。

一方で、通信可能距離は10cm程度と非常に短い点が短所に挙げられます。Wi-FiやBluetooth、赤外線通信など他の近距離無線通信と比較しても短いため、離れた場所からの通信を行うことができません。

また、通信速度が遅い点もNFCの特徴です。処理速度は速いものの、データの送受信はそこまで速いとはいえません(最大通信速度は847kビット/秒)。大容量データのやり取りには不向きでしょう。

NFCは主に3つの規格に分類されています。それぞれの特徴をまとめてみました。

規格特徴具体例
Type-A・オランダの企業が開発 ・海外で普及 ・安価で利用できるテレホンカード
Type-B・アメリカの企業が開発 ・処理速度が速い ・セキュリティレベルが高い運転免許証 マイナンバーカード
Type-F(FeliCa)・日本の企業が開発 ・国内で普及 ・処理速度が非常に速い ・セキュリティレベルが高い交通系ICカード

NFCの歴史

NFCが日本で実用化されるようになったのは2000年代はじめ。EdyやSuicaといったサービスがリリースされ、2003年には国際標準規格(NFC IP-1)も制定されました。

そして、NFC IP-1の策定を機に、2004年に業界標準団体「NFCフォーラム」が発足。フィリップス・ノキア・ソニーの3社が設立し、NFCの技術開発や普及などが進められました。

それ以降、電子マネーや「おサイフケータイ」搭載のスマホが次々に登場し、タッチ決済がより生活に身近な決済手段となっていったのです。

NFC、FeliCa、おサイフケータイの違い

NFC、FeliCa、おサイフケータイの違いとは一体何なのでしょうか。結論からいうと、FeliCaもおサイフケータイもNFCの一種です。では、FeliCaとおサイフケータイについて、もう少し詳しく見ていきましょう。

FeliCa

FeliCaは日本の電機メーカーであるソニー株式会社が開発したNFCの規格で、Type-Fに分類されます。他の規格と比べて処理速度が約0.1秒と圧倒的に速く、セキュリティ面にも優れています。

特に日本で広く流通しており、交通系ICカードや電子マネーなどに利用されています。海外ではType A・Bが多く採用されていますが、最近では複数のNFC規格に対応した技術も登場しています(無線通信LSI)。

おサイフケータイ

おサイフケータイは上記のFeliCaを搭載した 通信端末、および端末を利用して提供されるキャッシュレス決済サービスのことを指します。

そのため、おサイフケータイもFeliCaの一部といっていいでしょう。おサイフケータイ対応のスマホとクレジットカードを連携させておくことで、スマホをかざすだけで支払いが完了します。

NFCを活用した主な用途

日常のいたるところでNFCの技術が活用され、私たちの日常生活になくてはならない存在となっています。続いて、NFCの活用例をご紹介します。

キャッシュレス決済

NFCの最も有名な活用例としてはキャッシュレス決済が挙げられます。電子マネーやタッチ決済機能付きのクレジットカード、おサイフケータイなど、非接触で支払いができるキャッシュレス決済はNFC実装の代表例です。

現金のやり取りがなく、スマホやカードをかざすだけで支払いができるので、ストレスなくスピーディーに決済プロセスを完結できます。また、物理的な接触を避けられるので、近年はその衛生面にも注目が集まっています。

電子チケット

NFCは電子チケットやICカードにも利用されています。電車・バスなどの切符、航空券、劇場のチケット、ポイントカードなど、さまざまな用途でNFCが役立っています。

たとえばコンサートのチケットにNFCタグを内蔵させると、チケット識別の手間や入場にかかる時間を大幅に削減できます。

また、あらかじめチケットにお金をチャージしてイベント中に買い物ができたり、NFCタグ読み取り機を複数設置してスタンプラリーが楽しめるようにしたりすることも可能です。

スマートデバイス間の通信

NFCが搭載されていればデバイス間でのデータ通信も可能です。機器同士を近づけてデータの送受信が行えるので、連絡先やメールデータ、画像データなどをスムーズに認証・交換できます。

さらに、周辺機器と簡単にペアリングすることもでき、たとえばスマホとワイヤレススピーカーをNFC対応にすることで双方を近づけるだけで機器の接続ができます。

キャッシュレス決済ではQRコードが主要決済に成長

あるキャッシュレス決済の種類のなかでも、タッチ決済(NFC対応)のクレジットカードは近年一番のトレンドです。諸外国でも対面決済に占めるタッチ決済の割合は増加傾向にあります。

そして、キャッシュレス業界でNFCと同じくらい勢いがあるのが「QRコード決済」です。街中やCMなどで「○○PAY」といったQRコード決済サービスを一度は見聞きしたことがあるのではないでしょうか。利用者が年々増え続けており、QRコード決済はタッチ決済同様にキャッシュレス決済の主流となりつつあります。

ここではQRコード決済の特徴やNFCキャッシュレス決済との違いなどを紹介していきます。

QRコード決済の特徴

QRコード決済では、カメラやスキャナーでQRコードを読み取って決済を行います。スマホやタブレットさえあれば誰でも利用でき、キャッシュバックやポイント還元などのユーザー向けキャンペーンが豊富に行われるのも特徴です。

また、事業者側から見るQRコード決済の特徴は導入時の初期費用が無料なため、費用をかけずにお店のキャッシュレス化を進められる点が挙げられます。なお、一般的にQRコード決済の方法は以下2つの方式に分けられます。

・ストアスキャン方式(CPM)…顧客側が提示したコードを店舗側が読み取る方式
・ユーザースキャン方式(MPM)…店舗側が提示したコードを顧客側が読み取る方式

いずれの方式もクレジットカードのように専用端末をお店が用意する必要はありません。手軽に始められるため、初めて導入するキャッシュレス決済としてQRコード決済が選ばれるケースが増えてきています。

NFC決済とQRコード決済の違い

NFC決済とQRコード決済の一番の違いは、その使い方にあります。決済完了までのプロセスを見比べてみましょう。

NFC決済QRコード決済
NFCタグにかざす

決済完了
アプリ起動

QRコードをスキャン

決済完了

このように、NFC決済はNFCタグにかざすだけで決済を終えるのに対して、QRコード決済はアプリを起動して、QRコードをスキャンする必要があります。決済のスムーズさではNFC決済のほうに軍配が上がるかもしれません。

ただ、NFC決済はNFCに対応した端末でなければ使用することはできません。その点、QRコード決済はカメラでQRコードを読み取るだけなので、一般的なスマホやタブレットさえあれば誰でも利用することができます。

まとめ

NFCはスマホやキャッシュレス決済に欠かせない技術で、私たちの身近なところで利用され活躍しています。NFCは処理速度が速く、セキュリティ面にも優れているのが特徴です。最近ではキャッシュレス決済だけでなく、コンサートチケットや広告などにもNFC技術が活用されています。

現状ではやり取りできるデータ量はそこまで多くはありませんが、通信量が大きくなればそれだけ活用用途も広がるでしょう。今後のNFCの発展は、私たちの生活をより便利なものにしてくれるはずです。



この記事に記載された情報は、掲載日時点のものです。
表記の金額は、特に記載のある場合を除きすべて税込です。
会社名、製品名は、一般に各社の商標または登録商標です。(商標について
商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

集客力アップが期待できるキャッシュレス決済なら「au PAY」

KDDIが提供するau PAYは、導入費用・入金手数料がすべて無料。導入コストゼロで始められるだけでなく、約3,438万人(2024年3月時点)の会員数を保有し、専用アプリの店舗検索にもお店が表示されるので集客力アップも期待できます。

※決済手数料率は2.6%です。 決済合計額に、決済手数料率を乗じて計算された手数料の金額に、消費税10%を加算した額をお支払いいただきます。

関連するキーワード


用語 キャッシュレス決済

関連する投稿


自動車税の支払方法を徹底解説!便利でかんたんな支払方法はどれ?

自動車税の支払方法を徹底解説!便利でかんたんな支払方法はどれ?

自動車・軽自動車を所有していると、毎年納税することになる自動車税・軽自動車税。「支払いに行くのが面倒」「少しでもおトクな方法で払いたい」と感じている方も多いのではないでしょうか。 その自動車税・軽自動車税も、ポイント還元が得られるキャッシュレス決済など、現金より便利でおトクな支払方法が出てきています。 例えば「au PAY 請求書支払い」のようなキャッシュレス決済を使えば、自宅等からスマホで支払えるようになり、時間や場所の制約がなくなって便利です。 本記事では、自動車税・軽自動車税の支払方法の種類及び、それぞれのメリット・デメリットなどを紹介します。


【新生活を始める方必見】公共料金には何がある?支払い方法や平均金額も解説

【新生活を始める方必見】公共料金には何がある?支払い方法や平均金額も解説

春は就職や進学で一人暮らしをはじめる方も多い季節。その新生活をスタートするにあたり、気になるのが「公共料金の支払い」です。 電気・ガス・水道など、公共料金は毎月発生するため、どのような料金がいくら必要になるのかを把握することが大切です。 また、公共料金の支払い方法も近年多様化しています。従来の現金払いや口座振替以外にも、クレジットカードやQRコード決済などのキャッシュレス決済を利用する方も増えています。 本記事では、新生活で発生する公共料金の種類や金額、au PAYなどキャッシュレス決済によるおトクな支払い方法について、わかりやすく解説していきます。


キャッシュレス決済導入のメリット・デメリット!自分のお店にも導入したほうがいい?

キャッシュレス決済導入のメリット・デメリット!自分のお店にも導入したほうがいい?

現金を使わずに支払うキャッシュレス決済のお店側のメリット・デメリットについて。2023年8月に一般社団法人キャッシュレス推進協議会より公表された、「キャッシュレス・ロードマップ 2023」によると、2022年のキャッシュレス決済比率は36.0%に達し、2025年6月までに4割程度とする政府目標の達成も目前となっています。 本記事では、キャッシュレス化の進行状況や、お店が導入するメリット・デメリットを解説していきます。本記事を参考に、自分のお店にあうキャッシュレス決済を選択してみてください。


現金管理の悩みも解消!飲食フェスや催事等イベント出店にキャッシュレス決済を導入するメリット

現金管理の悩みも解消!飲食フェスや催事等イベント出店にキャッシュレス決済を導入するメリット

飲食イベント、ロックフェス、物産展、雑貨やグッズの即売会など、さまざまなイベントでキャッシュレス決済に対応したお店を見かけるようになりました。 これらのお店がイベント出店にあたりキャッシュレス決済を導入した背景には、現金の盗難・紛失リスクを減らしたい、手持ちがない等の販売機会損失を避けたいなどのニーズがあったと考えられます。 この記事では、以下のようなイベント出店を計画されている事業者さまに向けて、キャッシュレス決済を使うと、イベント出店における現金決済のどういう悩みが解消されるのか、またその導入方法をご紹介します。


中小企業の80%でキャッシュレス決済導入済!2021年の国の調査

中小企業の80%でキャッシュレス決済導入済!2021年の国の調査

世界的なキャッシュレス決済化の流れの中で、政府もキャッシュレス決済比率向上の目標を掲げるなど、日本でもキャッシュレス決済化が進む流れができつつあります。 そのキャッシュレス決済の普及には、「使える場所」と「使える人」の両方が必要です。この記事では、「キャッシュレス決済の導入率」をテーマに、中小店舗におけるキャッシュレス決済の現状をお伝えします。 導入済店舗での導入効果、消費者側のキャッシュレス決済に対するイメージについても解説しているので、動向の把握にお役立てください。


最新の投稿


au PAY グロースパック クーポン導入事例「マルサングループ 宮原店」様

au PAY グロースパック クーポン導入事例「マルサングループ 宮原店」様

au PAY アプリにクーポンを月額利用料550円(税込)で掲載できるサービス「au PAY グロースパック クーポン」。チラシ配布等の販促方法より安価で、必要な時にすぐ発行できる特徴があります。60年以上にわたって新鮮な野菜や果物をリーズナブルな価格で提供している、さいたま市北区の青果店「マルサングループ 宮原店」様に「au PAY グロースパック クーポン」の活用方法についてお話をお伺いしました。


滋賀県 大津市で同市が発行するOTSU POINT(おおつポイント)を自治体マイナポイントに交換できるキャンペーンを開催(2024年4月15日~)

滋賀県 大津市で同市が発行するOTSU POINT(おおつポイント)を自治体マイナポイントに交換できるキャンペーンを開催(2024年4月15日~)

滋賀県 大津市にて2024年4月15日から2025年2月16日の間、au PAYをご利用且つマイナンバーをお持ちの方を対象に、同市が発行するOTSU POINT(おおつポイント)を自治体マイナポイント(au PAY 残高)に交換する「滋賀県大津市マイナポイント」を開催します。


さまざまな利用シーン別!飲食店の販促アイデア

さまざまな利用シーン別!飲食店の販促アイデア

「日々の営業で忙しく、販促を考える暇がない」「売上アップのための販促アイデアが思い浮かばない」そんな悩みを抱える飲食店経営者は少なくありません。 この記事では、ランチやディナーなど利用シーン別のほか、メニューや店内演出など、飲食店向けの販促アイデアをご紹介します。 さまざまなアイデアを豊富に掲載しているので、販促に力を入れたい飲食店の方はぜひ参考にしてください。


自動車税の支払方法を徹底解説!便利でかんたんな支払方法はどれ?

自動車税の支払方法を徹底解説!便利でかんたんな支払方法はどれ?

自動車・軽自動車を所有していると、毎年納税することになる自動車税・軽自動車税。「支払いに行くのが面倒」「少しでもおトクな方法で払いたい」と感じている方も多いのではないでしょうか。 その自動車税・軽自動車税も、ポイント還元が得られるキャッシュレス決済など、現金より便利でおトクな支払方法が出てきています。 例えば「au PAY 請求書支払い」のようなキャッシュレス決済を使えば、自宅等からスマホで支払えるようになり、時間や場所の制約がなくなって便利です。 本記事では、自動車税・軽自動車税の支払方法の種類及び、それぞれのメリット・デメリットなどを紹介します。


【新生活を始める方必見】公共料金には何がある?支払い方法や平均金額も解説

【新生活を始める方必見】公共料金には何がある?支払い方法や平均金額も解説

春は就職や進学で一人暮らしをはじめる方も多い季節。その新生活をスタートするにあたり、気になるのが「公共料金の支払い」です。 電気・ガス・水道など、公共料金は毎月発生するため、どのような料金がいくら必要になるのかを把握することが大切です。 また、公共料金の支払い方法も近年多様化しています。従来の現金払いや口座振替以外にも、クレジットカードやQRコード決済などのキャッシュレス決済を利用する方も増えています。 本記事では、新生活で発生する公共料金の種類や金額、au PAYなどキャッシュレス決済によるおトクな支払い方法について、わかりやすく解説していきます。




キャッシュレス決済 | キャッシュレス決済 導入 | QRコード決済 | QRコード決済 導入 | 販促 アイデア |
販促ツール | 販促ツール アイデア | クーポン 販促 | 飲食店 販促 | 小売 販促 | 美容院 販促 |
集客 販促 | 雨の日 集客 | 集客 事例 | auPAY 導入 | マイナポイント | ネット支払い