資料請求資料請求
無料申込無料申込

トップへ戻る

au PAY 導入の流れ

au PAY 導入の流れ

この記事ではau PAY導入を検討されている方に、導入の流れや各ステップで必要な書類や入力内容についてご説明し、au PAYのスムーズな導入にお役立ていただけます。お申込み内容に不備がなければ、1週間から10日程度でau PAYをご利用開始いただけます。


au PAY 導入の流れ

au PAY導入の流れ

導入の流れには、大きく5つのステップがありますので1~5まで順を追って説明していきます。
特に重要な点については黄色のマーカーを引いています。本記事は重要な内容が複数書かれていますので、最後までしっかりお読みください。

1.仮申込み

au pay仮申込み

au PAYのお申込サイトから、「仮申込み」のお手続きをお願い致します。お申込みには、メールアドレスが必要です。

お申込みサイト

メールアドレスの注意点

□ KDDI株式会社(以下、当社)からお送りするメールを受信できる有効なメールアドレスをご利用ください。審査結果や、au PAYに関する重要なお知らせ、やお支払いに関する通知先となります。

□ あらかじめ、[@aupay.wallet.auone.jp]のドメインが受信できるように、受信ドメイン拒否解除・迷惑メール設定解除・お使いのメールBOXまたはサーバーに十分な容量があるか等のご確認をお願い致します。

□ 本サイトからのお申込みは、当社が提供するau PAY アプリケーションを用いた提供方法に限ります。

□ POS改修による導入をご検討のお客さまは、au PAY導入のご相談(0120-977-352 全日/10:00~18:00 ※12月29日~1月3日を除く)までご連絡ください。



2.仮申込み完了メールのご確認

au PAY仮申込み完了メールのご確認

仮申込み完了後、ご登録のメールアドレス宛に、仮申込み完了のご連絡を致します。

3.本申込み用URL・パスワードのご確認

au PAY本申込用URL・パスワードのご確認

本申込み用のURLおよびパスワードをご登録のメールアドレスにご連絡致します。受信されたメールに記載のURLへアクセス頂き、パスワードと申請者氏名カナ2文字をご入力ください。

4.本申込み~審査開始

au PAY本申込み~審査開始

必要情報をご入力の上、本申込みを完了しましたら、当社にて審査を行います。

5.au PAYご利用開始

au PAYご利用開始

審査完了後、ご登録のメールアドレス宛に審査結果およびご利用開始手順をご連絡致します。

au PAY導入に必要な書類や費用

au PAY導入にあたり、必要な書類や費用について説明します。準備する物は複数あるので、忘れないよう一通り用意が必要です。書類不備が発生すると導入までさらに時間がかかるため、ミスが無いように気を付けましょう。

個人事業主でも導入できる?普及がすすむキャッシュレス決済

https://media.aupay.wallet.auone.jp/articles/5

キャッシュレス決済のうち、QRコード決済は導入費用・決済手数料の面でクレジットカードよりコスト的に有利。au PAYでは法人・個人事業主とも受付対象で、必要な書類を整えて申し込めばOKです。

au PAY導入に必要な書類について

申込に必要書類

必要な書類は現段階で下記になります。(2020年10月1日現在)

必要な書類については変更される可能性があるので都度FAQから確認が必要です。必要書類は郵便やFAXで送ることができず、お申込みフォーム上へのアップロードのみとなります。

<法人/個人事業主共通>

ホームページがない場合は「店舗名」および「取り扱い商材」が確認できる「店舗外観写真」「店舗内観写真」それぞれ1枚ずつ提出が必要です。

<お申込者が法人の場合>

・ 法人番号(法人マイナンバー)

<お申込者が個人事業主の場合>

・ 運転免許証のコピー(国際免許証は除きます。記載内容に変更がある場合は、裏面のコピーも必要です。)
・ 運転経歴証明書(顔写真があるもの)
・ パスポートのコピー(顔写真があるページ)
・ 健康保険被保険者証
・ 国民健康保険被保険者証
・ 在留カード(顔写真あり)
・ 特別永住者証明書(顔写真あり)
※いずれも有効期限内のものに限ります。
※いずれもご氏名・ご住所が確認できる箇所をご提出ください。
※本人確認書類の裏面等に氏名・住所等の記載がある場合は、裏面もアップロードしてください。
※いずれも「代表者」の本人確認書類をご提出ください。
本人確認書類に記載のご氏名・ご住所と、本サイトで申請いただく「代表者」のご氏名・ご住所が一致するか照合させていただきます。
一致しない場合は、審査不備となり再度のご申請が必要となりますのでご注意ください。
※メルペイを同時にお申込みされる場合、運転経歴証明書はご利用いただけません。
上記をご提出の場合は、お申込み完了後、株式会社メルペイよりご連絡させていただきます。

<その他必要なもの>

お支払い先の口座情報について
振込先口座名義と申込み契約名義が一致する金融機関の預貯金口座をご用意ください。それ以外の口座のご契約はできません。

au PAYは今なら導入費用・手数料ともすべて無料

KDDIが提供するau PAYは、導入費用・入金手数料がすべて無料となっています。また、2022年9月30日まで決済手数料率が0%になるキャンペーンを実施しています。

※お申込み状況により、決済手数料率が異なる場合がございます。 決済合計額に、決済手数料率を乗じて計算された手数料の金額に、消費税10%を加算した額をお支払いいただきます。

au PAY導入についてのまとめ

無料

説明してきた必要な書類を用意し、お申込みを進めると、約1週間から10日でau PAYを利用できるようになります。上記の説明で分からないことがある場合や気になることがある場合は、下記3つの方法で疑問を確認できます。

FAQの確認

店舗向けのFAQには多くの疑問や質問がまとめられています。今回説明したau PAY導入の流れ以外の内容、例えば利用後に発生しそうな疑問についてもしっかり記載されています。これから導入を検討する方は目を通しておきますよう。

au PAY 加盟店様よくあるご質問

チャットでの質問

au PAYチャットで質問

各ページの右側にチャットで質問というボタンが出ます。ボタンを押すとチャットが開始されますので気になる問題を解決しましょう。

電話での相談

電話対応

au PAY導入について相談ができる電話窓口が設けられています。分からないことがあれば電話して確認しましょう。

au PAY導入のご相談

0120-977-352

受付時間:全日/10:00~18:00

※12月29日~1月3日を除く


au PAYは今なら導入費用・手数料ともすべて無料

KDDIが提供するau PAYは、導入費用・入金手数料がすべて無料となっています。また、2022年9月30日まで決済手数料率が0%になるキャンペーンを実施しています。

※お申込み状況により、決済手数料率が異なる場合がございます。 決済合計額に、決済手数料率を乗じて計算された手数料の金額に、消費税10%を加算した額をお支払いいただきます。

関連する投稿


美容院のキャッシュレス決済導入事情!普及率・費用・メリットを解説

美容院のキャッシュレス決済導入事情!普及率・費用・メリットを解説

近年、美容院やヘアサロン、ネイルサロンなどでもクレジットカードやQRコード決済が使えるお店が増えてきています。美容院を経営されている方のなかには「うちも始めてみようかな」と、キャッシュレス決済の導入を検討している方も多いのではないでしょうか。 この記事では美容院・サロンのキャッシュレス決済事情を詳しく紹介していきます。美容院で導入したいキャッシュレス決済の種類、導入のメリット・デメリット、美容院業界のキャッシュレス決済普及率などについても解説します。


これから始める!「QRコード決済のやり方・導入方法」

これから始める!「QRコード決済のやり方・導入方法」

政府主導のキャッシュレス推進事業によって「◯◯PAY」が乱立した2019年は、キャッシュレス決済元年と言われ、キャッシュレス決済の利用者が増えています。特に「○○PAY」でおなじみのQRコード決済サービスが急成長をみせています。そんなQRコード決済ですが、やり方や導入方法が分からず、導入に踏み込めていないお店も多いのではないでしょうか。 この記事では、ユーザーがQRコード決済を導入するために必要なものと、店頭での決済のやり方を説明した後、QRコード決済を店舗が導入するために準備することをご説明します。


au PAY契約後の店頭準備は?QRコードの設置方法や設置場所の工夫

au PAY契約後の店頭準備は?QRコードの設置方法や設置場所の工夫

au PAYに加盟する手続きをした店舗で、お客さまに※QRコード決済が使えることを告知するために必要な店頭準備について説明します。au PAYに申し込んで審査が通ると、販促用のステッカーやQRコードのスタンドなどの一式が入った「導入ツール」が送られてきます。同梱されたスタートガイドにしたがってこれらを設置して、決済の練習をしたら、au PAYの導入準備が完了です。


au PAYの決済の流れを解説!使い方と注意点

au PAYの決済の流れを解説!使い方と注意点

KDDIのQRコード決済「au PAY」 の決済の流れと、加盟店さま・お客さまそれぞれの使い方と注意点についてご説明します。 au PAYのQRコード決済には、顧客提示型と店舗提示型の2種類があります。au PAYは店頭の商品・サービス以外にバーコード付きの公共料金や払込票の支払いにも使えます。 au PAYの支払いには残高が必要ですが、現金やクレジットカードによるチャージのほかに、提携サービス利用やポイント還元によってたまるPontaポイントもつかえる点は、au PAYならではの特徴です。 au PAYの導入を検討されている方は、決済の流れを把握したり、返金のオペレーションをイメージしてみましょう。


個人事業主でも導入できる?普及がすすむキャッシュレス決済

個人事業主でも導入できる?普及がすすむキャッシュレス決済

近年注目を集めているキャッシュレス決済。クレジットカードにくわえQRコード決済など、さまざまな種類が登場しています。個人事業主がキャッシュレス決済を導入する方法やメリットについて説明します。 特にQRコード決済は2019年ごろから広がりを見せている成長著しい分野です。従来キャッシュレス決済といえば、「ある程度規模のあるお店や事業所が導入するもの」というイメージが一般的でした。しかし、QRコード決済は低コストで導入できて決済手数料も安いため、売上の大小に限らず個人事業主にも向いている決済方法といえます。たとえば、KDDIの「au PAY」では、2022年9月30日まで導入費用・決済手数料・振込手数料すべて無料です。


無料相談
自治体相談窓口
受付:平日/10:00〜19:00(12月29日〜1月3日を除く)