資料請求資料請求
無料申込無料申込

トップへ戻る

他人でも登録できてしまう?Googleの店舗情報を自社で管理する必要性

他人でも登録できてしまう?Googleの店舗情報を自社で管理する必要性

お店をアピールするとき、検索エンジン対策なしで上位に表示する方法をご存知でしょうか。検索結果のサイドバーに表示されるGoogleの店舗情報を活用しましょう!この店舗情報は目立つ場所にありながら、誰でも登録できます。営業情報などが正しくないと大きな機会損失につながるため、無料のオーナー認証を受けて、自社で管理することをおすすめします。


検索結果の特等席に表示されるGoogleの店舗情報

Googleの店舗情報とは、Googleでお店の名前を検索したときに、画面の右側に出てくる住所や電話番号のことです。Googleマップでも同様に、名前や住所を入力した際に、お店の位置や口コミ、混雑しやすい時間帯などが表示されます。レストランのメニューや写真が見られることもあるので、ほとんどの方が一度は使ったことがあるのではないでしょうか。

この店舗情報は、画面の一番上という特等席に表示されます。公式ページを持っていても、検索結果の上位に表示されない店舗も多いことを考えれば、Googleの店舗情報がきちんと更新されているかは、公式ページよりも影響力が大きいと言えます。

Googleの店舗情報は誰でも登録できる代わりに、最新情報ではないことがあります。新型コロナウイルス感染症の影響で一時的に営業時間や定休日が変わっている店舗も多いはずです。これらが間違っていると、お客さまが来店したら営業していなかったなどの悪印象をいつの間にか与えているかもしれません。

Googleの店舗情報は無料のオーナー認証を受けることで、自社で管理できます。最低限、住所・連絡先・営業情報は最新の情報に維持することをおすすめします。

Googleの店舗情報はどうやって登録・更新されているか

これらのGoogleの店舗情報は、次に紹介する2つの方法によって掲載されます。

「Googleローカルガイド」と呼ばれるGoogleのユーザーが登録・更新する方法

Googleは店舗情報を充実させるため、店舗情報の登録や更新機能を一般ユーザーに開放しています。口コミを投稿するだけでなく、Googleユーザーの誰でも店舗情報を登録したり、更新したりできるのです。

登録できる情報には、お店の名前、住所、営業時間、電話番号などが含まれています。そのため、Googleユーザーが善意で登録したものの、情報が間違っていたり、古かったりする可能性があります。また、第三者が意図的に間違った情報を書いてしまうことも考えられます。

「Googleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)」で管理する方法

Googleの店舗情報を管理するもうひとつの方法は、オーナー認証を受けて「Googleビジネスプロフィール」で自社管理する方法です。「Googleビジネスプロフィール」とは、Googleが無料で提供している店舗情報の管理サービスです。以前は「Googleマイビジネス」という名称でしたが、2021年に「Googleビジネスプロフィール」にサービス名称が変更されました。

店舗オーナーや事業者自身が、Googleビジネスプロフィールで店舗情報を登録すると、営業時間や電話番号などの各種情報を優先的に管理できます。

住所や電話番号といった基本的な情報はもちろん、さらに詳しいお店の情報を掲載できるようになります。具体的には、お店のプロフィール、メニューやサービス内容、ホテルなどの宿泊施設の場合はチェックイン・チェックアウトの時間も載せられます。

Googleの店舗情報を自社管理できているかの確認方法

Googleの店舗情報は、一般ユーザーでも登録できてしまいます。現在の登録状況を確認するには、Google Mapsを店舗名で検索してみましょう。検索結果に店舗情報が表示された場合、既に店舗が登録されています。

さらに、店舗情報の中に「ビジネスオーナーですか?」というメッセージが表示されている場合、この店舗にはまだオーナーがいない状態なので、オーナー認証を受けて自社管理しましょう。「ビジネスオーナーですか?」の表示がない場合、既にオーナー認証済です。

「ビジネスオーナーですか?」のリンクをクリックすると、オーナー認証の申請に進みます。万が一、店舗が第三者によってオーナー登録されてしまっている場合は、訂正申告できます。

登録状況を確認するには店舗情報に「ビジネスオーナーですか?」があるかを確認する

オーナー自身が必ず管理すべき店舗情報!まずはこの3つを押さえよう

店舗情報のうち「住所」「電話番号」「営業時間・休日」は最新に維持しましょう。住所と電話番号はあまり変わらないので、営業時間と休日の管理が重要です。

特にここ数年は、新型コロナウイルス感染症や緊急事態宣言等の影響で、営業時間や休日が一時的に変わっている店舗も多いのではないでしょうか。Googleの検索結果を見て行ってみたら「お店がやっていなかった」となれば、口コミに低評価がつけられてしまう可能性もあります。

Googleの店舗情報では決済方法もアピールできる

Googleビジネスプロフィールでは、その店舗で扱っている決済方法も掲載可能です。最近ではクレジットカードやQRコード決済など、キャッシュレス決済を利用する人が増えています。

ホットペッパーグルメ外食総研の調査によれば、「飲食店でキャッシュレス決済を使いたい」と回答したユーザーは52.9%と現金派を上回っています。

店頭で決済方法をアピールする光景はよく見かけますが、お客さまの立場からはお店に行く前に決済方法を知りたいはずです。

Googleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)の使い方

https://media.aupay.wallet.auone.jp/articles/304

Googleの検索結果に表示される店舗情報は自社で管理しましょう!店舗情報は第三者でも登録できるため、不正確な情報で機会損失になっている場合があります。「オーナー確認」を受け自社で管理する方法と、Googleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)の使い方について。

こちらの記事もあわせてどうぞ

au PAYは今なら導入費用・手数料ともすべて無料

KDDIが提供するau PAYは、導入費用・入金手数料がすべて無料となっています。また、2022年9月30日まで決済手数料率が0%になるキャンペーンを実施しています。

※お申込み状況により、決済手数料率が異なる場合がございます。 決済合計額に、決済手数料率を乗じて計算された手数料の金額に、消費税10%を加算した額をお支払いいただきます。

関連する投稿


飲食店の販促に“使える”5つのアイデア

飲食店の販促に“使える”5つのアイデア

期間限定メニューや記念日コースの設定など、飲食店の販促に使えるアイデアをご紹介します。多くのお店が取り入れている手法には、参考事例も多く、取り組みやすいメリットがあります。まだ取り組んでいないアイデアがあれば、お店の売上を伸ばせる余地があることに。どんなアイデアがあるか、一通り目を通してみましょう。


【店舗向け】さまざまなツールを用いた集客成功事例

【店舗向け】さまざまなツールを用いた集客成功事例

新型コロナウイルス感染症の影響が長期化しています。こうした厳しい営業環境の中で売上を補っていくには、集客によって新しいお客さまを獲得していくのも、一つの方法です。主にオンラインのツールを用いて集客に成功した店舗・企業の事例をご紹介していきます。


au PAY導入店舗事例 「牛タン&ワインバル SHITAN'S」様

au PAY導入店舗事例 「牛タン&ワインバル SHITAN'S」様

au PAYをご導入いただいた店舗のみなさまに、導入のきっかけやコストや集客面などのメリットを伺いました。スマホ決済にau PAYの導入をご検討の方は、ご参考にしてください。 今回は、湯島の「牛タン&ワインバル SHITAN'S(シタンズ)」様の事例をご紹介します。au PAYは導入費用・決済手数料・入金手数料すべて無料なので、とりあえず取り組んで、試してみやすいのがポイント!


au PAY導入店舗事例 銀座のバー「TOTI ni BAR(トチバー)」様

au PAY導入店舗事例 銀座のバー「TOTI ni BAR(トチバー)」様

au PAYをご導入いただいた店舗のみなさまに、導入のきっかけやコスト、集客面などのメリットを伺いました。スマホ決済にau PAYの導入をご検討の方は、ご参考にしてください。今回は、銀座のバー「TOTI ni BAR(トチバー)」様の事例をご紹介します。au PAYは導入費用・決済手数料・入金手数料すべて無料なので、とりあえず取り組んで、試してみやすいのがポイント!


au PAY導入店舗事例 うどん「肉と干物と麺 はなれ 東中野」様

au PAY導入店舗事例 うどん「肉と干物と麺 はなれ 東中野」様

au PAYをご導入いただいた店舗のみなさまに、導入のきっかけやコストや集客面などのメリットを伺いました。スマホ決済にau PAYの導入をご検討の方は、ご参考にしてください。 今回は、東京・東中野のうどん「肉と干物と麺 はなれ 東中野」様の事例をご紹介します。au PAYは導入費用・決済手数料・入金手数料すべて無料なので、とりあえず取り組んで、試してみやすいのがポイント!


最新の投稿


先着20,000名限定!サブカルフェス「アキバヤバイ」対象店舗で使える最大10%割引クーポンをプレゼント(2022年8月12日~)

先着20,000名限定!サブカルフェス「アキバヤバイ」対象店舗で使える最大10%割引クーポンをプレゼント(2022年8月12日~)

2022年8月12日から8月21日の間、サブカルフェス「アキバヤバイ」対象店舗にてau PAY(コード支払い)で1回200円(税込)以上のお支払いで使える最大10%割引クーポンを、先着20,000名さまにプレゼントします。


【自治体キャンペーン】東京都 新宿区の対象店舗でau PAYを使うとお支払いの最大25%が戻ってくる(2022年9月1日~)

【自治体キャンペーン】東京都 新宿区の対象店舗でau PAYを使うとお支払いの最大25%が戻ってくる(2022年9月1日~)

東京都 新宿区にて2022年9月1日から9月30日の間、対象店舗にてau PAY(コード支払い)を利用すると、au PAY 残高に決済額の最大25%を還元する「がんばろう!新宿応援キャンペーン」を開催します。


【自治体キャンペーン】大阪府 千早赤坂村の対象店舗でau PAYを使うとお支払いの最大30%が戻ってくる(2022年8月15日~)

【自治体キャンペーン】大阪府 千早赤坂村の対象店舗でau PAYを使うとお支払いの最大30%が戻ってくる(2022年8月15日~)

大阪府 千早赤坂村にて2022年8月15日から9月30日の間、対象店舗にてau PAY(コード支払い)を利用すると、au PAY 残高に決済額の最大30%を還元するキャンペーンを開催します。


「夏のおでかけ au PAY キャンペーン!」開催!ホテル宿泊券やPontaポイントが抽選で当たる(2022年8月15日~)

「夏のおでかけ au PAY キャンペーン!」開催!ホテル宿泊券やPontaポイントが抽選で当たる(2022年8月15日~)

2022年8月15日から9月30日の間、事前エントリーのうえau PAY(コード支払い)で10,000円以上のお支払いをされた方から、ハイアットリージェンシー瀬良垣アイランド宿泊券を1組2名に、100名に2,000Pontaポイントをそれぞれ抽選でプレゼントする「夏のおでかけ au PAY キャンペーン!」を開催します。


au PAY、日本テレビ「24時間テレビ45」の募金に対応

au PAY、日本テレビ「24時間テレビ45」の募金に対応

KDDI株式会社は2022年8月9日から、2022年8月27日・28日放送の日本テレビ「24時間テレビ45」の募金企画において、au PAY(コード支払い)によるキャッシュレス募金に対応することをお知らせします。


無料相談
自治体相談窓口
受付:平日/10:00〜19:00(12月29日〜1月3日を除く)