資料請求資料請求
無料申込無料申込

トップへ戻る

中小企業の80%でキャッシュレス決済導入済!2021年の国の調査

中小企業の80%でキャッシュレス決済導入済!2021年の国の調査

世界的なキャッシュレス決済化の流れの中で、政府もキャッシュレス決済比率向上の目標を掲げるなど、日本でもキャッシュレス決済化が進む流れができつつあります。 そのキャッシュレス決済の普及には、「使える場所」と「使える人」の両方が必要です。この記事では、「キャッシュレス決済の導入率」をテーマに、中小店舗におけるキャッシュレス決済の現状をお伝えします。 導入済店舗での導入効果、消費者側のキャッシュレス決済に対するイメージについても解説しているので、動向の把握にお役立てください。

[PR]本ページはプロモーションが含まれています
⏳この記事は約2~3分で読めます。


中小企業のキャッシュレス決済導入率は80%

2021年11月の経済産業省の調査によると、中小企業におけるキャッシュレス決済の導入率は80%と高い割合を示しました。この調査は小売、飲食、宿泊、生活関連、娯楽の中小企業1,031社を対象にしています。

キャッシュレス決済の種類別導入率では、クレジットカードが63.3%、QRコード決済などのコード決済が55.6%、電子マネーが29.7%です。

8割の店舗でいずれかのキャッシュレス決済を導入されていて、クレジットカードとQRコード決済が主流になっています。

かつてはキャッシュレス決済導入といえば、全国チェーン店や大規模店舗が中心でした。しかし、2019年10月~2020年6月に行われた国の「キャッシュレス・ポイント還元事業」をきっかけに、中小店舗でもキャッシュレス決済の導入が進んでいます。

従来、中小店舗でキャシュレス決済の導入が進まなかったのは、決済端末や決済手数料の費用負担のハードルがあったためとされています。

この「キャッシュレス・ポイント還元事業」では、制度の対象となりうる中小店舗約200万店のうち、過半数となる約115万店が参加するなど、大きな成果をあげました。

決済端末の導入に対する補助金が出たり、開催期間中の決済手数料の一部を国が負担したため、多くの店舗でキャッシュレス決済の導入が進んだ経緯があります。

政府目標のキャッシュレス決済比率4割達成は間近!キャッシュレス決済の最新市場動向

https://media.aupay.wallet.auone.jp/articles/1226

日本社会でもキャッシュレス決済の普及が進んでいますが、直近のキャッシュレス決済比率を見ると、政府が掲げる2025年までに4割程度という目標達成が見えてきた状況です。この記事では、各種調査を元に、キャッシュレス決済比率の推移や、お店や消費者の利用動向など、最新のキャッシュレス決済市場動向を紹介していきます。

キャッシュレス決済普及に大きな効果があった「キャッシュレス・消費者還元事業」とは

https://media.aupay.wallet.auone.jp/articles/27

2019年から実施された「キャッシュレス・消費者還元事業(キャッシュレス・ポイント還元事業)」は、キャッシュレス決済の普及に大きな効果がありました。この記事では、国の方針や「キャッシュレス・消費者還元事業」の概要と成果について、わかりやすく紹介します。また、2020年9月から始まった「マイナポイント事業」や、Go Toキャンペーンなど、キャッシュレス決済のトレンドについても解説していきます。

キャッシュレス決済導入率は業態によっても異なる

同じく経済産業省の調査によると、業態別のキャッシュレス決済導入率は以下の通りです。

小売業、宿泊施設、飲食業で、比較的キャッシュレス決済の導入が進んでいます。

【業態別キャッシュレス決済導入率】
・飲食:82%
・生活関連:72%
・小売:85%
・娯楽80%
・宿泊:84%

また、お店の平均単価によっても利用されるキャッシュレス決済の傾向は異なります。

非日常的かつ高単価商品を扱う百貨店、家電量販店、ホテル、航空券販売などの業態では、クレジットカードの利用率が高くなっています。

一方、QRコード決済はコンビニのような日常利用が多く、1,000円前後の決済で利用されやすい傾向にあります。

価格帯による利用動向の違いは、みなさんのイメージ通りではないでしょうか。

キャッシュレス決済対応店舗は導入の効果を実感している?

先の経済産業省の調査では、キャッシュレス決済を導入した理由や効果の分析も行われています。

導入済みのお店がキャッシュレス決済をどう捉えているかを見ていきましょう。

売上増・機会損失回避などに効果あり

キャッシュレス決済を導入した理由として多くのお店が、「機会損失の回避」「売上増の見込み」「顧客からの要望」などを挙げています。

また、売上に占めるキャッシュレス比率が高い店舗ほど、導入効果を実感しやすいことも明らかになっています。

具体的にはキャッシュレス比率が3~4割を超えると、キャッシュレス決済導入にメリットを感じる店舗割合が大きく増加しています。


キャッシュレス決済比率は増えれば増えるほど、現金の取り扱いや売上管理の手間の軽減につながりやすくなります。

そのような理由から、キャッシュレス比率と導入効果には一定の相関関係があると考えられます。

キャッシュレス比率が高いお店ほど効果を実感している

キャッシュレス決済の導入効果を感じるお店がある一方、およそ半数のお店が「特に効果やメリットを感じていない」と回答しています。

そして、そのうちの多くが「キャッシュレス比率2割以下」のお店です。導入後あまり利用されず、結果として効果も実感しづらいということでしょう。

一方、明確な目的を持って導入した店舗では、客単価の増加や現金取り扱いコストの削減など、なんらかのメリットを感じる割合が高くなっています。

以上を踏まえると、キャッシュレス決済の導入では「いかにお客さまに使ってもらうか」という視点が欠かせません。

キャッシュレス決済が使えることをアピールして、お客さまの認知度・利用率を上げる取り組みをしましょう。

それが結果として、売上アップや現金取り扱いの手間削減につながり、事業者としても導入メリットを実感しやすくなります。

消費者側のキャッシュレス決済へのイメージは?

ここでは、消費者側の視点に立ってキャッシュレス決済を見ていきましょう。

お客さまがどのような意向を持ち、どう行動しているのかを理解することは事業者にとってとても大切です。

日常的に利用している人は半数以上

キャッシュレス比率に関する調査は、さまざまなデータが存在します。

例えば、経済産業省の統計調査では、2022年の日本のキャッシュレス決済比率は36%ととしています。

また、同じく経済産業省の2022年のアンケート調査(キャッシュレス実態調査)では、「7~8割程度以上キャッシュレスを利用する」と回答した人は54%と発表されています。

なお、両者の調査結果にはかい離が見られますが、その理由は「データの算出方法」にあります。

前者のキャッシュレス決済比率は、統計データより算出されています。具体的には、クレジットカード・デビットカード・電子マネー・QRコード決済の支払い額全体を、民間最終消費支出で割って比率を計算しています。

一方、54%という数字はWebアンケートによるもので、消費者の利用実態を網羅的に把握するために行われたものです。

中小店舗では使えないというイメージが根強い

調査データ上では、中小店舗のキャッシュレス決済導入率は8割に達しています。

しかし消費者側のイメージでは、使える場所との認知が行き渡っていない実態がわかりました。

キャッシュレス決済が使えるイメージを業態別に聞いたところ、スーパー、ドラッグストア、コンビニ、家電量販店、ファーストフードなどは「キャッシュレス決済が利用できる業態」として高い認知度を得ています。

一方、利用できないと認知されている業種では、個人経営の飲食店、理美容室、クリーニング店、病院、小物雑貨店などが挙がっています。

例えば、チェーンの飲食店で「必ず使えるイメージ」と答えた割合は34%でしたが、個人経営の飲食店では4%にとどまります。

つまり、同じ業態でもお店の規模や特徴によって、キャッシュレス決済が使えるイメージは異なります。

キャッシュレス決済のアピールをすれば差別化につながる

キャッシュレス決済も、導入すれば何もせずに効果があがるツールではありません。

「お客さまの利便性を上げたい」「会計業務の負担が軽減したい」「取り扱う現金を減らしたい」など、キャッシュレス決済は経営上の課題を解決するために導入されるべきものです。

言い換えれば、キャッシュレス決済の導入はスタートラインであり、導入後はお客さまへのアピールや認知度向上の取り組みが重要です。

店内POPを掲示する、公式サイトやSNSで情報発信する、Googleマップの店舗情報に記載するなど、できることは沢山あります。

キャッシュレス決済は当たり前の時代になりつつある

クレジットカードやQRコード決済などを見れば、キャッシュレス決済は既に、スーパーやコンビニといった日常的な買い物から、百貨店や家電量販店での高額支払いまで社会の隅々まで浸透しているといってもいいでしょう。

キャシュレス決済が使えないイメージのある中小企業でも、実際には80%が導入済となっています。

その一方で「まだ利用できないシーンは多い」と感じている消費者は少なくありません。

だからこそ事業者としては、キャッシュレス決済が使えることのアピールが、他店との差別化につながり、売上や顧客満足度のアップにつながる効果が期待できると言えるでしょう。



この記事に記載された情報は、掲載日時点のものです。
表記の金額は、特に記載のある場合を除きすべて税込です。
会社名、製品名は、一般に各社の商標または登録商標です。(商標について
商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

集客力アップが期待できるキャッシュレス決済なら「au PAY」

KDDIが提供するau PAYは、導入費用・入金手数料がすべて無料。導入コストゼロで始められるだけでなく、約3,438万人(2024年3月時点)の会員数を保有し、専用アプリの店舗検索にもお店が表示されるので集客力アップも期待できます。

※決済手数料率は2.6%です。 決済合計額に、決済手数料率を乗じて計算された手数料の金額に、消費税10%を加算した額をお支払いいただきます。

関連する投稿


自動車税の支払方法を徹底解説!便利でかんたんな支払方法はどれ?

自動車税の支払方法を徹底解説!便利でかんたんな支払方法はどれ?

自動車・軽自動車を所有していると、毎年納税することになる自動車税・軽自動車税。「支払いに行くのが面倒」「少しでもおトクな方法で払いたい」と感じている方も多いのではないでしょうか。 その自動車税・軽自動車税も、ポイント還元が得られるキャッシュレス決済など、現金より便利でおトクな支払方法が出てきています。 例えば「au PAY 請求書支払い」のようなキャッシュレス決済を使えば、自宅等からスマホで支払えるようになり、時間や場所の制約がなくなって便利です。 本記事では、自動車税・軽自動車税の支払方法の種類及び、それぞれのメリット・デメリットなどを紹介します。


【新生活を始める方必見】公共料金には何がある?支払い方法や平均金額も解説

【新生活を始める方必見】公共料金には何がある?支払い方法や平均金額も解説

春は就職や進学で一人暮らしをはじめる方も多い季節。その新生活をスタートするにあたり、気になるのが「公共料金の支払い」です。 電気・ガス・水道など、公共料金は毎月発生するため、どのような料金がいくら必要になるのかを把握することが大切です。 また、公共料金の支払い方法も近年多様化しています。従来の現金払いや口座振替以外にも、クレジットカードやQRコード決済などのキャッシュレス決済を利用する方も増えています。 本記事では、新生活で発生する公共料金の種類や金額、au PAYなどキャッシュレス決済によるおトクな支払い方法について、わかりやすく解説していきます。


キャッシュレス決済導入のメリット・デメリット!自分のお店にも導入したほうがいい?

キャッシュレス決済導入のメリット・デメリット!自分のお店にも導入したほうがいい?

現金を使わずに支払うキャッシュレス決済のお店側のメリット・デメリットについて。2023年8月に一般社団法人キャッシュレス推進協議会より公表された、「キャッシュレス・ロードマップ 2023」によると、2022年のキャッシュレス決済比率は36.0%に達し、2025年6月までに4割程度とする政府目標の達成も目前となっています。 本記事では、キャッシュレス化の進行状況や、お店が導入するメリット・デメリットを解説していきます。本記事を参考に、自分のお店にあうキャッシュレス決済を選択してみてください。


現金管理の悩みも解消!飲食フェスや催事等イベント出店にキャッシュレス決済を導入するメリット

現金管理の悩みも解消!飲食フェスや催事等イベント出店にキャッシュレス決済を導入するメリット

飲食イベント、ロックフェス、物産展、雑貨やグッズの即売会など、さまざまなイベントでキャッシュレス決済に対応したお店を見かけるようになりました。 これらのお店がイベント出店にあたりキャッシュレス決済を導入した背景には、現金の盗難・紛失リスクを減らしたい、手持ちがない等の販売機会損失を避けたいなどのニーズがあったと考えられます。 この記事では、以下のようなイベント出店を計画されている事業者さまに向けて、キャッシュレス決済を使うと、イベント出店における現金決済のどういう悩みが解消されるのか、またその導入方法をご紹介します。


【2024最新】キャッシュレス決済キャンペーンまとめ!フル活用する方法も解説

【2024最新】キャッシュレス決済キャンペーンまとめ!フル活用する方法も解説

クレジットカードからQRコード決済、電子マネーまでさまざまなキャッシュレス決済がありますが、各社のキャンペーンに加え、最近では国や自治体のポイント還元がキャッシュレス決済でおこなわれるキャンペーンも増えてきました。


最新の投稿


滋賀県 大津市で同市が発行するOTSU POINT(おおつポイント)を自治体マイナポイントに交換できるキャンペーンを開催(2024年4月15日~)

滋賀県 大津市で同市が発行するOTSU POINT(おおつポイント)を自治体マイナポイントに交換できるキャンペーンを開催(2024年4月15日~)

滋賀県 大津市にて2024年4月15日から2025年2月16日の間、au PAYをご利用且つマイナンバーをお持ちの方を対象に、同市が発行するOTSU POINT(おおつポイント)を自治体マイナポイント(au PAY 残高)に交換する「滋賀県大津市マイナポイント」を開催します。


さまざまな利用シーン別!飲食店の販促アイデア

さまざまな利用シーン別!飲食店の販促アイデア

「日々の営業で忙しく、販促を考える暇がない」「売上アップのための販促アイデアが思い浮かばない」そんな悩みを抱える飲食店経営者は少なくありません。 この記事では、ランチやディナーなど利用シーン別のほか、メニューや店内演出など、飲食店向けの販促アイデアをご紹介します。 さまざまなアイデアを豊富に掲載しているので、販促に力を入れたい飲食店の方はぜひ参考にしてください。


自動車税の支払方法を徹底解説!便利でかんたんな支払方法はどれ?

自動車税の支払方法を徹底解説!便利でかんたんな支払方法はどれ?

自動車・軽自動車を所有していると、毎年納税することになる自動車税・軽自動車税。「支払いに行くのが面倒」「少しでもおトクな方法で払いたい」と感じている方も多いのではないでしょうか。 その自動車税・軽自動車税も、ポイント還元が得られるキャッシュレス決済など、現金より便利でおトクな支払方法が出てきています。 例えば「au PAY 請求書支払い」のようなキャッシュレス決済を使えば、自宅等からスマホで支払えるようになり、時間や場所の制約がなくなって便利です。 本記事では、自動車税・軽自動車税の支払方法の種類及び、それぞれのメリット・デメリットなどを紹介します。


【新生活を始める方必見】公共料金には何がある?支払い方法や平均金額も解説

【新生活を始める方必見】公共料金には何がある?支払い方法や平均金額も解説

春は就職や進学で一人暮らしをはじめる方も多い季節。その新生活をスタートするにあたり、気になるのが「公共料金の支払い」です。 電気・ガス・水道など、公共料金は毎月発生するため、どのような料金がいくら必要になるのかを把握することが大切です。 また、公共料金の支払い方法も近年多様化しています。従来の現金払いや口座振替以外にも、クレジットカードやQRコード決済などのキャッシュレス決済を利用する方も増えています。 本記事では、新生活で発生する公共料金の種類や金額、au PAYなどキャッシュレス決済によるおトクな支払い方法について、わかりやすく解説していきます。


キャッシュレス決済導入のメリット・デメリット!自分のお店にも導入したほうがいい?

キャッシュレス決済導入のメリット・デメリット!自分のお店にも導入したほうがいい?

現金を使わずに支払うキャッシュレス決済のお店側のメリット・デメリットについて。2023年8月に一般社団法人キャッシュレス推進協議会より公表された、「キャッシュレス・ロードマップ 2023」によると、2022年のキャッシュレス決済比率は36.0%に達し、2025年6月までに4割程度とする政府目標の達成も目前となっています。 本記事では、キャッシュレス化の進行状況や、お店が導入するメリット・デメリットを解説していきます。本記事を参考に、自分のお店にあうキャッシュレス決済を選択してみてください。




キャッシュレス決済 | キャッシュレス決済 導入 | QRコード決済 | QRコード決済 導入 | 販促 アイデア |
販促ツール | 販促ツール アイデア | クーポン 販促 | 飲食店 販促 | 小売 販促 | 美容院 販促 |
集客 販促 | 雨の日 集客 | 集客 事例 | auPAY 導入 | マイナポイント | ネット支払い