資料請求資料請求
無料申込無料申込

トップへ戻る

目的別!販促ツールの種類と特徴

目的別!販促ツールの種類と特徴

店舗の認知や新規顧客の獲得、セールの告知など、販促目的はさまざま。オンライン・オフラインそれぞれの販促ツールと特徴をご紹介します。販促ツールにもチラシから店頭のPOP、オンライン広告まで色々ありますが、目的と顧客層に合わせて最適な選択肢が変わってきます。


販促効果を最大化する3つのポイント

販促とは、お客さまに購入や利用を促すための活動を指します。売上や客単価アップを図るうえでは、欠かせない施策といえるでしょう。

ただし、やみくもに販促をすればいいというわけではなく、次の3つのポイントを意識して「お客さまに刺さる販促」を行うことが大切です。

販促の施策は、目的とターゲットを明確にすること

販促を通じて、誰にどんなメッセージを届けたいかを決めましょう。「お店の知名度を上げたい」「リピーターを増やしたい」「休眠顧客にもう一度利用してもらいたい」など、販促ツールを使ってどんな課題を解決したいのかを明確にすることが重要です。

ターゲットに合ったメッセージとそれを届ける手段を選ぶ

目的とターゲットとなる顧客層が決まったら、その顧客層に刺さる施策を考えます。50代男性と10代女性では嗜好が大きく異なるように、性別や年代などお客さま属性によって行うべき販促は異なります。

メッセージを伝えたい相手がどんなニーズや悩みを抱えているかを考えると、より効果的な施策を打つことができます。

効果測定を行い、次の販促施策に活かす

販促で目的を達成できたか、効果測定しましょう。

例えば、周辺地域にクーポン付きのビラを配ったら、そのクーポンが1カ月の間に何枚使われたかを調べるといった効果測定が考えられます。もしある程度の効果が見られたら、それがどうしてなのか。逆に効果がなかった場合はどこに問題があったのか、仮説を立てます。そのうえで、次の販促施策を打つのです。

せっかくお金や時間をかけて販促を行ったのですから、「やりっぱなし」にならないよう、効果測定して次につなげましょう。

販促はオンラインとオフライン双方でのアプローチがおすすめ

一口に販促といっても、さまざまなツールや方法があります。それらは大きく「オンライン」と「オフライン」に分けられ、双方をバランスよく取り入れるのがおすすめです。

インターネットやデジタルツールを使ったオンライン販促は、多くのターゲットにリーチすることができます。一方、オフライン販促はオンラインよりもメッセージが届く範囲は狭いものの、上手に行えばお客さまとの関係づくりに役立ちます。

オンラインの販促ツール

具体的なオンライン販促ツールを紹介していきます。設定した目的やターゲットに合った手法を利用してみましょう。

Webサイト・ブログ

ウェブサイトは、お店や会社の顔ともいえる存在です。もし、まだお店の公式サイトを作っていないのであれば、まずはそこから始めてみてはいかがでしょうか。

「Wix」や「ペライチ」「Jimdo」など、無料でホームページが作成できるツールも数多くあります。たとえプログラミングやウェブの知識がなくても、無料かつ手軽に自分のウェブサイトを作れます。

また、ウェブサイトの情報を充実させれば、検索エンジンでの上位表示も可能です。ウェブサイト上で定期的にブログを更新して、お店の雰囲気や新メニューなどを紹介するのもいいでしょう。その際も「どんな人に読んでほしいか」を意識すると、お店のファンを増やすことにつながります。

SNS

最近ではSNSをウェブサイト代わりにする会社やお店も少なくありません。お客さまにより近い目線で情報発信をできるのがSNSの魅力です。Twitter、Facebook、Instagram、LINEなどさまざまなSNSが存在し、それぞれで特徴やユーザー層は異なります。

一般的にはTwitterとInstagramは「オープンなSNS」、FacebookとLINEは「クローズドなSNS」と考えられています。お店の知名度アップや新規顧客の獲得を目指すなら前者、リピーターの育成や来店頻度アップを図るなら後者がいいかもしれません。

繰り返しになりますが、どのSNSを利用するにしても大切なのは「目的とターゲット」です。それを意識しながら、お店のファンづくりに励みましょう。

メールマガジン

メールマガジンは、メールを使って新商品やセールなどのタイムリーな情報を顧客に届ける手法です。従来のDM(ハガキやカタログ送付など)と比べ、費用を抑えながらお客さまに直接アプローチができます。お客さまのメールアドレスを得なくてはならないハードルはあるものの、一度メールマガジンに登録してもらえれば、お客さまとの継続的なつながりをもてるので来店頻度アップが期待できるでしょう。

また、最近はLINE公式アカウントも人気です。お客さまが「友達登録」をすれば、メルマガのように情報発信ができ、なおかつお客さまと直接メッセージのやりとりをすることも可能です。信頼関係を構築するのにはうってつけのツールといえるでしょう。

ウェビナー

新型コロナウイルス感染症の影響を受け、「ウェビナー」も販促手法のひとつとして注目を集めています。ウェビナーとは、ウェブ(Web)とセミナー(Seminar)を組み合わせた造語で、オンライン上でセミナーや講習会、ワークショップなどを実施することを指します。

例えば、飲食店であればオンラインの料理セミナー、美容室であれば自宅でできるヘアケア講習会、整体・マッサージ店ならオンラインヨガ教室を開く、などが考えられます。

また、ウェビナーの様子を録画しておき、それを動画サイトなどに公開するのもいいでしょう。1回のウェビナーの参加者がたとえ数人であっても、動画として残しておけばより多くの人に見てもらえる可能性が広がります。

Googleビジネスプロフィール

GoogleビジネスプロフィールとはGoogle検索やGoogleマップ上に、自分のお店やビジネスを登録できる無料ツールです。以前は「Googleマイビジネス」という名称でしたが、Googleビジネスプロフィールに改称されました。

Googleビジネスプロフィールで店舗登録しておけばお店の存在をアピールできます。

Googleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)の使い方

https://media.aupay.wallet.auone.jp/articles/304

Googleの検索結果に表示される店舗情報は自社で管理しましょう!店舗情報は第三者でも登録できるため、不正確な情報で機会損失になっている場合があります。「オーナー確認」を受け自社で管理する方法と、Googleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)の使い方について。

他人でも登録できてしまう?Googleの店舗情報を自社で管理する必要性

https://media.aupay.wallet.auone.jp/articles/237

お店をアピールするとき、検索エンジン対策なしで上位に表示する方法をご存知でしょうか。検索結果のサイドバーに表示されるGoogleの店舗情報を活用しましょう!この店舗情報は目立つ場所にありながら、誰でも登録できます。営業情報などが正しくないと大きな機会損失につながるため、無料のオーナー認証を受けて、自社で管理することをおすすめします。

オフラインの販促ツール

次にオフラインの販促ツールについて見ていきましょう。

ポスティング

チラシやビラなどを直接ポストに投函するポスティングは、従来から行われている販促手法です。スマホやインターネットがこれだけ普及した今でも、まだまだ販促としてはとても有効です。自宅のポストにピザのチラシが入っていて、「もともと考えてもいなかったけど、ピザが食べたくなった」という経験は多くの方があるのではないでしょうか。

オンラインを通じた販促では、ある程度見込みのある顧客にしか情報は届きません。しかし、ポスティングはお店の存在を知らせると同時に、潜在的な顧客を発掘するのにも役立ちます。

POP

店頭POPも店舗運営では欠かせない販促ツールです。流通経済研究所の調査では、食品スーパーでの買い物のうち「約8割を非計画購買が占めている」ことがわかっています。つまり、多くの人が事前に買うものを決めずに入店し、その場で気になった商品を買っているということです。

だからこそ店頭で商品の魅力や特徴を発信できるPOPは長きにわたり利用されているのです。なお、非計画購買の傾向は食品スーパーに限らないのではないでしょうか。雑貨店やアパレル、さらには美容院やネイルの店販など、POPを使って追加買いをすすめることは十分に可能です。

自分のお店でau PAYが使えることをアピールするには?店頭シールやPOPだけじゃない告知方法まとめ

https://media.aupay.wallet.auone.jp/articles/105

QRコード決済はポイント還元もあり、キャンペーンも充実しています。お客さまにおトクにお買い物や食事を楽しんでもらうためにも、お店側が積極的に「キャッシュレス決済が使えること」をアピールすることはとても重要です。今回はau PAYを例に、キャッシュレス決済対応店舗であることを効果的にアピールする方法をご紹介します。

ノベルティ

ノベルティは、お客さまに対して配布するアイテムやグッズのこと。ノベルティに関連する有名な心理的効果に、「単純接触効果」というものがあります。人は何度も見たり聞いたりしていると、その物や商品に対して愛着がわくという効果です。

来店時や商品購入時に、お店の名前や連絡先が書かれたグッズを持ち帰ってもらえれば、自宅に帰った後でもお店の存在を思い出してもらえます。配布する品物はボールペンやカレンダー、ティッシュ、モバイルバッテリーなどが一般的です。

まとめ

お店や商品、ブランドの販促は、オンラインとオフラインを上手に組み合わせて行うことが重要です。また、狙うターゲットに合わせて販促を行うことも欠かせません。その際は、「戸建てに住んでいる子供2人の40代ママ」「一人暮らしの年収500万円20代」など、できる限り具体的なターゲット層をイメージするとその客層に響く販促を考えやすくなります。そして、実施後の効果検証も忘れずに行い、精度の高い販促を打てるよう心がけましょう。

こちらの記事もあわせてどうぞ

au PAYは今なら導入費用・手数料ともすべて無料

KDDIが提供するau PAYは、導入費用・入金手数料がすべて無料となっています。また、2022年9月30日まで決済手数料率が0%になるキャンペーンを実施しています。

※お申込み状況により、決済手数料率が異なる場合がございます。 決済合計額に、決済手数料率を乗じて計算された手数料の金額に、消費税10%を加算した額をお支払いいただきます。

関連するキーワード


販促・集客

関連する投稿


夏の集客アイデア10選!創意工夫でお客さまを喜ばせよう

夏の集客アイデア10選!創意工夫でお客さまを喜ばせよう

夏はお祭りや夏休みなど様々なイベントがありお出かけが多い季節。お店を経営している方にとって、この機会を活かさない手はありません。この記事では、夏の販促アイデア10選と称して、お店の集客術を紹介していきます。飲食店、美容院、ネイルサロン、雑貨店などなど。どの業種でも実践できる内容なので、ぜひ参考にしてみてください。


ネイルサロンの販促アイデア10連発!お店の集客につなげよう

ネイルサロンの販促アイデア10連発!お店の集客につなげよう

ネイルサロンの店舗数は近年増加傾向にあり、店舗間の競争も激しくなっています。他店と差別化しお客さまに来てもらうには、集客につながる販促アイデアを活用しましょう。お金をかけずに取り組めるものも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。


飲食店の販促イベントとクリスマス等の年間スケジュール

飲食店の販促イベントとクリスマス等の年間スケジュール

飲食店の集客施策として、卒業式やクリスマスなどイベント用の特別なメニューやサービスを提供するのは、よくある施策の一つ。こうした年間行事は事前に準備しやすい販促イベントと言えるでしょう。そこで、今回は飲食店で行えるイベントを季節ごと、年間通じて紹介します。


美容室の販促を成功させる4つのアイデア

美容室の販促を成功させる4つのアイデア

国の統計によれば、全国の美容室数は25万軒以上あります。6万軒あるコンビニエンスストアの4倍もある美容室間では、それだけ競争も激しくなります。自分の美容室を選んでもらう「販促」について、紹介していきます。


飲食店の販促に“使える”5つのアイデア

飲食店の販促に“使える”5つのアイデア

期間限定メニューや記念日コースの設定など、飲食店の販促に使えるアイデアをご紹介します。多くのお店が取り入れている手法には、参考事例も多く、取り組みやすいメリットがあります。まだ取り組んでいないアイデアがあれば、お店の売上を伸ばせる余地があることに。どんなアイデアがあるか、一通り目を通してみましょう。


最新の投稿


先着20,000名限定!サブカルフェス「アキバヤバイ」対象店舗で使える最大10%割引クーポンをプレゼント(2022年8月12日~)

先着20,000名限定!サブカルフェス「アキバヤバイ」対象店舗で使える最大10%割引クーポンをプレゼント(2022年8月12日~)

2022年8月12日から8月21日の間、サブカルフェス「アキバヤバイ」対象店舗にてau PAY(コード支払い)で1回200円(税込)以上のお支払いで使える最大10%割引クーポンを、先着20,000名さまにプレゼントします。


【自治体キャンペーン】東京都 新宿区の対象店舗でau PAYを使うとお支払いの最大25%が戻ってくる(2022年9月1日~)

【自治体キャンペーン】東京都 新宿区の対象店舗でau PAYを使うとお支払いの最大25%が戻ってくる(2022年9月1日~)

東京都 新宿区にて2022年9月1日から9月30日の間、対象店舗にてau PAY(コード支払い)を利用すると、au PAY 残高に決済額の最大25%を還元する「がんばろう!新宿応援キャンペーン」を開催します。


【自治体キャンペーン】大阪府 千早赤坂村の対象店舗でau PAYを使うとお支払いの最大30%が戻ってくる(2022年8月15日~)

【自治体キャンペーン】大阪府 千早赤坂村の対象店舗でau PAYを使うとお支払いの最大30%が戻ってくる(2022年8月15日~)

大阪府 千早赤坂村にて2022年8月15日から9月30日の間、対象店舗にてau PAY(コード支払い)を利用すると、au PAY 残高に決済額の最大30%を還元するキャンペーンを開催します。


「夏のおでかけ au PAY キャンペーン!」開催!ホテル宿泊券やPontaポイントが抽選で当たる(2022年8月15日~)

「夏のおでかけ au PAY キャンペーン!」開催!ホテル宿泊券やPontaポイントが抽選で当たる(2022年8月15日~)

2022年8月15日から9月30日の間、事前エントリーのうえau PAY(コード支払い)で10,000円以上のお支払いをされた方から、ハイアットリージェンシー瀬良垣アイランド宿泊券を1組2名に、100名に2,000Pontaポイントをそれぞれ抽選でプレゼントする「夏のおでかけ au PAY キャンペーン!」を開催します。


au PAY、日本テレビ「24時間テレビ45」の募金に対応

au PAY、日本テレビ「24時間テレビ45」の募金に対応

KDDI株式会社は2022年8月9日から、2022年8月27日・28日放送の日本テレビ「24時間テレビ45」の募金企画において、au PAY(コード支払い)によるキャッシュレス募金に対応することをお知らせします。


無料相談
自治体相談窓口
受付:平日/10:00〜19:00(12月29日〜1月3日を除く)