資料請求資料請求
無料申込無料申込

トップへ戻る

QRコード決済の現場でも使われている?売上UPに役立つ行動経済学の基礎知識

QRコード決済の現場でも使われている?売上UPに役立つ行動経済学の基礎知識

購買などの日常的な経済行動を心理学を交えて分析する「行動経済学」。サンクコストや現状維持バイアスなど一般にも知られた理論も、行動経済学の一部です。行動経済学が注目されているのは、マーケティングなどビジネスでも活用できるとみなされているからです。QRコード決済の現場でも活用されている行動経済学の例をご紹介します。


行動経済学は従来の経済学とどう異なるか

従来の経済学では、物事を一般化・抽象化するために、人は自己の利益を最大化する「合理的経済人」という前提を置きます。しかし、現実の人間は常に合理的な意思決定を行うわけではありません。例えば、スイーツを買うために数時間行列に並び続けるのは、必ずしも合理的ではない場合があるはずです。

こうした一見不合理判断がなぜ起きるのかを心理学を交えて解き明かそうとする学問が「行動経済学」です。2002年に行動経済学者ダニエル・カーネマンがノーベル賞を受賞したことで、一般にも広く認知されるようになりました。

行動経済学には、損失を回避する選択をしがちな「プロスペクト理論」、費やしてしまった費用を取り戻そうとする「サンクコスト理論」など、単独でもよく知られた理論が含まれています。先ほどの例で言えば、「ここまで並んだのだからもったいない」という心理が働く「サンクコスト理論」で説明できます。

ビジネスの現場においては、行動経済学を活用することで、マーケティング施策の成功率があがったり、発想のパターンを増やせることが期待されています。

損失を回避する行動をとりがちなことを示す「プロスペクト理論」

「先着何名様」「今月末まで何%OFF」などのキャンペーンをユーザーが利用する場合、“おトクだから”だけではないことがあるのをご存知でしょうか。

「先着何名様」が売り切れてしまった場合、実際には損をしていないのに「もっと早く買っておけばよかった」という後悔が発生しがちです。そうならないよう、先に買ってしまおうという心理は、人は損失を回避する行動をとりがちなことを示す「プロスペクト理論」によるものです。

QRコード決済各社のキャンペーン合戦においても「プロスペクト理論」が影響しています。他社のQRコード決済がおトクなキャンペーンを実施している場合、そのサービスを利用していないユーザーは「(実際には損をしていないのに)損をした」心理になりがちです。

そのため、各社で横並びのキャンペーンが実施される事になりますが、経営母体が大きくない運営社は、体力的に厳しくなりつつあります。その点、通信大手のKDDIが運営するau PAYなら、ご安心いただけます。

費やしたコストを取り戻そうとする「サンクコスト効果」

QRコード決済では、各社がポイント還元を行っていますが、ポイントを使うことでこれまでに費やしたコストを取り戻そうとする心理を、行動経済学では​​「サンクコスト効果」として説明しています。

例えば、人気店まで来て大行列がある場合、出直した方が合理的でも「ここまで来たんだから」という心理で並び続けてしまいがちです。

au PAYでも、より使ってもらえるよう行っている工夫が「サンクスコスト」で説明できます。au PAYではPontaポイントを利用できますが、Pontaポイントはau PAY以前からある共通ポイントで、すでにポイントを持っている方も多いはずです。

ユーザーには「サンクコスト効果」によってPontaポイントを使おう、使える場所を探そうという心理が発生しているので、加盟店にとっては集客や売上UPのチャンスとなるわけです。

au PAYでたまる「Pontaポイント」!ため方やつかい方を解説

https://media.aupay.wallet.auone.jp/articles/33

近年普及しつつあるQRコード決済。多くの「◯◯PAY」がそれぞれキャンペーンを実施していて、消費者はよりメリットの大きいQRコード決済サービスに集まります。今回は、通信大手のKDDIが運営するQRコード決済サービス「au PAY」でたまるPontaポイントの仕組みと、店舗側がau PAYを導入するメリットを紹介します。

現状を変えることに抵抗感を持つ「現状維持バイアス」

「現状維持バイアス」も、行動経済学から離れて単独で認知されているくらい、有名な理論です。人は一旦慣れた環境を変えるのに抵抗を感じる心理を指しています。スマホのアプリで言えば、インストールしただけで使っていないアプリは、乗り換えコストが低いのであっさり乗り換えられてしまったり、便利さを感じる前に離脱してしまったりします。

QRコード決済で言うと、決済する前に初回のチャージが必要な他社と比べ、最初からPontaポイントがたまっているユーザーが多いau PAYの方が、まず一回使ってもらえるハードルが低いことがわかります。

サービスに自信があるなら「初回無料」「一定期間無料」などでまず利用してもらい、便利さを感じてもらうのも、よく行われているマーケティングです。

「続きはWebで」も行動経済学だった?

TV CMで「続きはWebで」として全てを示さない演出は、行動経済学では「ツァイガルニック効果」と言います。人は不完全な情報を示されると確認しようと注意が向く心理を利用したテクニックです。

このほかにも、TV CMやWebマーケティングでよく使われている手法のなかには、行動経済学の理論で説明できるものがいくつかあります。恋愛や営業テクニックとして披露されることもある、相手とよく会うと評価が高くなる心理効果は「ザイオンス効果」と言います。

ある商品のWebサイトを見た後、別のサイトを見ても同じ商品の広告が表示されるリマーケティング広告も「ザイオンス効果」を狙っています。

TV CMやWeb広告のバナーでは、限られた時間やスペースで自社製品・サービスを印象づける必要があります。こうした際役立つのが権威がある人物・組織・賞などでアピールする「アイヒマン効果」です。

まとめ

行動経済学がQRコード決済を含めたビジネスやマーケティングの現場で応用されてきた事例を見てきました。行動経済学の理論には色々ありますが、同じ商品・サービスを提供していても、見せ方によって人の心理的な評価が変わる点がポイントです。行動経済学をうまく活用すれば、同じ予算でもより大きな効果を得られることが、期待できます。

こちらの記事もあわせてどうぞ

集客力アップが期待できるキャッシュレス決済なら「au PAY」

KDDIが提供するau PAYは、導入費用・入金手数料がすべて無料。導入コストゼロでリスクなく始められるだけでなく、3,000万人を超える業界最大級の会員数を保有し、専用アプリの店舗検索にもお店が表示されるので集客力アップも期待できます。

※決済手数料率は2.6%です。 決済合計額に、決済手数料率を乗じて計算された手数料の金額に、消費税10%を加算した額をお支払いいただきます。

関連するキーワード


QRコード決済

関連する投稿


au PAYキャンペーン実績まとめ!金額・利用者ともに業界最大級

au PAYキャンペーン実績まとめ!金額・利用者ともに業界最大級

キャッシュレス決済のなかでも、QRコード決済サービスは還元率が高いキャンペーンが行われることで有名です。大規模なキャンペーンでは、利用者はおトクにお買い物でき、事業者にとっては売上アップにつながる機会となります。 この記事では、主に全国対象など規模が大きいキャンペーンや自治体キャンペーンを中心に紹介しています。


キャッシュレス決済はどれがいい?おすすめキャッシュレス決済16選とその選び方

キャッシュレス決済はどれがいい?おすすめキャッシュレス決済16選とその選び方

クレジットカードにQRコード決済など、キャッシュレス決済サービスの種類もさまざま。スムーズに支払いができてポイントがたまるメリットがある一方、「どれがいいかわからない」という方も少なくありません。 種類別におすすめキャッシュレス決済サービスをご紹介します。選び方のコツも解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。


QRコード決済の手数料はどれぐらい?主要サービスの手数料をチェック

QRコード決済の手数料はどれぐらい?主要サービスの手数料をチェック

スマートフォンがあれば、QRコードを読み取ってサッと会計できる「QRコード決済」。お客さまだけではなくお店側にもメリットがあり、急速に利用率を伸ばしているキャッシュレス決済のひとつです。主要なQRコード決済サービスは導入費用はかかりませんが、決済手数料や入金手数料が有料化に向かっています。この記事では、2022年版の主要なQRコード決済サービス手数料を紹介します。


今からでも遅くない!キャッシュレス決済始めるならどれがいい?

今からでも遅くない!キャッシュレス決済始めるならどれがいい?

ポイント付与などにより、現金払いよりもおトクに買い物できるとして、現金以外で支払う決済方法「キャッシュレス決済」の普及が日本でも進んでいます。これからキャッシュレス決済を始めたい、キャッシュレス決済についてよくわからないという方のためにキャッシュレス決済の種類やメリットなどを紹介します。


【2022年版】QRコード決済サービス大手6社のユーザー数を比較!

【2022年版】QRコード決済サービス大手6社のユーザー数を比較!

QRコード決済は、スマートフォンひとつでお買い物ができ、ここ数年でユーザー数がどんどん増えています。この記事では、人気のQRコード決済サービス各社の「ユーザー数」をご紹介していきます。 QRコード決済の導入を検討されている事業者のなかには、「サービスの種類が多く、どれを導入したらいいか迷ってしまう」という方も少なくありません。この記事を参考に、ぜひ自分に合ったQRコード決済サービスを見つけてみてください。


最新の投稿


店舗様向け!au PAY導入で「KOMUJU」決済手数料が永年特別価格になるキャンペーン開催

店舗様向け!au PAY導入で「KOMUJU」決済手数料が永年特別価格になるキャンペーン開催

KDDI株式会社と株式会社DEGICAは、2022年10月3日から12月31日の間、オンライン決済代行サービス「KOMOJU」にau PAYを新規申込みされた店舗様を対象に、au PAYの決済手数料を永年特別価格で提供するキャンペーンを開催します。


【自治体キャンペーン】愛媛県の対象店舗でau PAYを使うとお支払いの最大40%が戻ってくる(2022年10月15日~)

【自治体キャンペーン】愛媛県の対象店舗でau PAYを使うとお支払いの最大40%が戻ってくる(2022年10月15日~)

愛媛県にて2022年10月15日から2023年1月13日の間、指定の条件を満たしたマイナンバー取得者が対象店舗にてau PAY(コード支払い)を利用すると、au PAY 残高に決済額の最大40%を還元するキャンペーンを開催します。


【自治体キャンペーン】大阪府 吹田市の対象店舗でau PAYを使うとお支払いの最大30%が戻ってくる(2022年10月17日~)

【自治体キャンペーン】大阪府 吹田市の対象店舗でau PAYを使うとお支払いの最大30%が戻ってくる(2022年10月17日~)

大阪府 吹田市にて2022年10月17日から12月16日の間、対象店舗にてau PAY(コード支払い)を利用すると、au PAY 残高に決済額の最大30%を還元する「すいたでスイスイお買物キャンペーン」を開催します。


au PAY、2022年9月新規加盟店の追加について

au PAY、2022年9月新規加盟店の追加について

スマホ決済「au PAY」の2022年9月新規加盟店の追加をお知らせします。


au PAY、「山形屋ストア」で先着1万名に500円割引クーポンをプレゼント

au PAY、「山形屋ストア」で先着1万名に500円割引クーポンをプレゼント

2022年10月1日(土)から10月31日(月)までの間、「山形屋ストア」で使える500円割引クーポンを1万名さまにau PAY アプリ上でプレゼントします。


注目キャンペーン
au PAY無料申し込み 資料請求 自治体キャンペーン実施中!

無料相談
自治体相談窓口
受付:平日/10:00〜19:00(12月29日〜1月3日を除く)