資料請求資料請求
無料申込無料申込

トップへ戻る

色々あるけどどれがおすすめ?スマホ決済の種類と仕組み

色々あるけどどれがおすすめ?スマホ決済の種類と仕組み

現金をもたずにスマートフォンひとつで決済できる「スマホ決済」。QRコード決済やタッチ決済も、スマートフォンで決済できるという意味では、スマホ決済のひとつです。 つまり、スマホ決済でどれがおすすめかは、スマホ決済にはどんな種類や特徴があって、ご自分のつかい方にはどれが向いているかを知る必要があります。

[PR]本ページはプロモーションが含まれています
⏳この記事は約2~3分で読めます。


スマホ決済とは?

スマホ決済とは、現金や物理的なカードを使わずに、スマートフォンのアプリを通じて支払う決済の総称です。

スマホ決済には複数の決済方法が対応していて、主な種類としては「QRコード決済」、NFCによる「タッチ決済」、そして「キャリア決済」の3つがあげられます。

QRコード決済では、QRコードを読み取って支払いを完了します。一方、NFCを使用するタッチ決済は、スマートフォンを決済端末に近づけるだけで支払いができます。

そしてキャリア決済は、スマートフォンの通信料金とまとめて代金を支払う方法です。

スマホ決済の種類と特徴

スマホ決済の種類は、大きく以下の3つに分類できます。

・キャリア決済
・タッチ決済(非接触型IC決済)
・QRコード決済


いずれのも支払いプロセスはシンプルで、利用シーンによって使い分けも可能です。ここでは、それぞれのスマホ決済の特徴を解説していきます。

キャリア決済

キャリア決済とは、KDDIの「auかんたん決済」など、通信事業者が提供する決済サービスです。スマートフォンの通信料金と合算して各種支払いをおこなえる仕組みです。

アプリ内での課金やネットショッピングでのお買い物など、主にオンライン上での支払いに使われています。

キャリア決済の特徴としては、長いクレジット番号を入力する必要がなく、また、月々の通信料金と合算することで、支出管理が簡単になります。

なお、一部の実店舗でもキャリア決済を使用できます。

タッチ決済(非接触型IC決済)

タッチ決済(非接触型IC決済)とは、NFCやFeliCaなどの¬¬無線通信技術を利用した決済方法です。

タッチ決済に対応したスマートフォンで利用でき、iPhoneであれば「Apple Pay」、Androidなら「Google Pay」などの決済アプリを使用します。

これらの決済アプリに、クレジットカード、SuicaやPASMO、ICOCAといった電子マネーなどを登録するとスマートフォンで決済ができるようになります。

たとえば、Apple PayにSuicaを登録すれば、スマートフォンを駅の改札機にかざすだけで電車に乗ることができます。

タッチ決済の特徴は、処理速度が早くかざすだけで決済が終わる点や、クレジットカードやSuicaなど、物理的なカードが必要だった決済方法もスマートフォンひとつにまとめられる点などがあげられます。

QRコード決済

QRコード決済とは、QRコードやバーコードを読み込んで支払いを行うキャッシュレス決済サービスです。

au PAY(コード支払い)や楽天ペイなどいろいろなサービスがありますが、基本的には専用アプリをスマートフォンにダウンロードし、初期設定をすると利用できます。

QRコード決済は、決済の簡単さやキャンペーンの豊富さなども特徴ですが、他の決済方法よりつかえる場所が多いことも大きなポイントです。クレジットカードやタッチ決済と異なり読取専用端末が不要なので、多くの店舗で普及がすすみました。

QRコード決済は現在、日本ではクレジットカードに次ぐ、2番目につかわれているキャッシュレス決済となっています。

QRコード決済の利用率は2021年に54%!大台を超え主要な決済方法として普及

https://media.aupay.wallet.auone.jp/articles/66

新しい決済方法として急速に普及するQRコード決済。2021年4月の調査では利用率54%と過去最高を記録し、主要なキャッシュレス決済として定着しています。その他のキャッシュレス決済と比べても伸びが大きく、今後クレジットカードに次ぐ決済方法になると予想されます。

スマホ決済のメリットとデメリット

スマホ決済のメリットとデメリットを改めて紹介していきます。

「スマホ決済をこれから利用したい」という方は、いいところ・悪いところの両方を理解したうえで自分に合ったサービスを選びましょう。

メリットデメリット
・スムーズな支払い
・ポイント還元を受けられる(こともある)
・非接触で衛生的
・ATMの利用機会が減る
・支払い履歴を確認できる
・通信環境がないと利用できない
・初期設定が必要
・使い過ぎに注意

スマホ決済のメリット

スムーズな支払い
スマホ決済を利用すれば、財布から現金やカードを取りだす必要もなくなります。
小銭を数えたり、お釣りをもらったりする時間も省けるので、スピーディーに会計を済ませられます。

ポイント還元を受けられる
QRコード決済など、決済方法によっては、利用額に応じてポイント還元が受けられます。

還元率は各サービス会社によって異なりますが、割引クーポンの配布やキャンペーンも行われるので、上手く活用すれば現金よりもおトクに買い物や食事ができます。

非接触で衛生的
スマホ決済は原則、物理的な接触を必要としないキャッシュレス決済サービスです。
スマートフォンをかざすだけ、QRコードを読み込むだけなので、衛生面でも優れています。

ATMの利用機会が減る
現金を主な支払い手段にする場合、それだけATMを頻繁に利用しなくてはなりません。
スマホ決済にすれば現金を引き出す機会も減り、ATM利用手数料の節約になるでしょう。

支払い履歴を確認できる
スマホ決済なら支払い履歴がデータとして残るので、支出管理がしやすくなります。

領収証やレシートを紛失する恐れもなく、家計簿もつけやすいので、「支出状況を把握したい」という方は積極的にキャッシュレス決済を利用するとよいでしょう。

スマホ決済のデメリット

通信環境が必要
スマホ決済は原則として、通信回線を通じて決済データのやり取りを行います。そのためスマホ決済のなかには、ネット環境がないと決済ができないものもあります。

また、スマートフォンのバッテリー切れや画面割れなど、端末側に不具合がある場合も利用できないケースがあります。

スマホ決済に対応していないと利用できない
スマホ決済が使える店舗は年々増えてきていますが、100%ではありません。

事前に各公式サイトで対応状況を確認したり、初めての場所に行くときは現金の手持ちと併用すると、安心です。

初期設定が必要
スマホ決済を利用する前には、アプリのダウンロード、アカウント作成など初期設定が必要です。

すでに多くの方が利用できているので、操作画面の指示にしたがっていけば、ITに不慣れな方でも設定を済ませられるでしょう。

使い過ぎに注意
スマホ決済に限らずキャッシュレス決済では、物理的な現金やカードを使わないため支出の感覚が鈍くなりがちです。

チャージ額を決めておく、支払い履歴をこまめにチェックするなど、使い過ぎを防ぐためのルールを決めておくといいかもしれません。

一部のサービスは、上限金額などの使いすぎを防ぐ設定が設けられています。

おすすめのスマホ決済サービス

最後に、おすすめのスマホ決済サービスを種類別にご紹介します。

スマホ決済の種類こんな人におすすめ
キャリア決済・auなど、キャリア決済に対応しているスマホ回線を利用している方
タッチ決済・すでにクレジットカードやICカードを持っている方
・タッチ決済対応のスマートフォンを持っている方
QRコード決済・ポイントを効率よくためたい方
・現金でチャージしたい方

代表的なキャリア決済

auかんたん決済
auやUQ mobileユーザー向けのサービスです。アプリストア、ネットショッピング、サブスクサービスなどで利用でき、カード情報の入力などを行わずにau IDでかんたんに支払いができます。

d払い
ドコモ回線の契約者向けサービスです。これには、iruroやahamoなどの回線契約も含まれます。ネットショッピングはもちろん、公共料金の支払いなどもでき、利用ごとにdポイントがたまります。

ソフトバンクまとめて支払い
ソフトバンクのスマホユーザー向けサービスで、音楽・動画・ゲームなどのデジタルコンテンツの購入代金を携帯料金とまとめて支払えます。

ちなみに、ソフトバンクの子会社であるワイモバイル(Y!mobile)ユーザー向けには、「ワイモバイルまとめて支払い」という別の支払いサービスが用意されています。

タッチ決済(代表的な非接触型IC決済)

Apple Pay
iPhoneに付随するサービスで、各種クレジットカードやSuica、PASMOなどをiPhone上のウォレットアプリに追加して利用します。

Google Pay
Android端末に対応しているスマホ決済で、アプリをダウンロードしたのち、電子マネーやクレジットカードを登録して支払いを行います。

モバイルSuica
交通系ICカードSuicaのスマホ版で、定期券やグリーン券、新幹線の乗車などをアプリひとつでスムーズに購入できます。

代表的なQRコード決済

au PAY
通信大手のKDDIが運営し、3,330万人超(2023年10月時点)の会員数を誇るスマホ決済サービスです。つかえる場所・たまる場所が多いPontaポイントに対応しています。

公共料金の請求書やふるさと納税の支払いにも対応するなど、利用シーンが増えているので確認してみてください。

【2023年12月】au PAYのおトクなキャンペーンまとめ

https://media.aupay.wallet.auone.jp/articles/1273

au PAYでは割引クーポンやポイント還元など、毎月おトクなキャンペーンを開催しています。こちらでは2023年12月開催のキャンペーンをまとめて紹介!新情報は追加・更新していきます。(2023年12月26日更新)

au PAYの「請求書支払い」とは?公共料金やショッピングの請求書をau PAY 残高で支払おう

https://media.aupay.wallet.auone.jp/articles/854

自宅に届く請求書や納付書、あなたはどのように支払っていますか? これまで請求書の支払いは、コンビニや金融機関に足を運んで現金で払うのが一般的でした。ただ、最近ではキャッシュレス決済を利用して支払いを済ませる方が増えています。 この記事ではau PAYで請求書の支払いを行う方法を紹介します。au PAY(請求書支払い)なら現金よりも簡単かつおトクに各種料金の支払いができるので、「損したくない…」という方はぜひ参考にしてみてください。

au PAY ふるさと納税ガイド!2023年10月におこなわれた制度変更のポイントは?

https://media.aupay.wallet.auone.jp/articles/1318

年々利用が増えているふるさと納税ですが、毎年年末12月31日がその年の申込期限。地方ふるさと納税では、自治体に寄付すると税金が控除される上、食料品など返礼品がもらえたり、寄付金の使い方が指定できることが魅力です。 au PAYでもふるさと納税に対応していて、「au PAY ふるさと納税」のサイトから申し込んだり、ふるさとチョイスの支払いにau PAYがつかえたりします。 au PAYの利用額に応じてポイントが還元されるので、返礼品とポイントが両方もらえておトクです。2023年10月に実施されたふるさと納税のルール改訂も解説します。

楽天ペイ
利用ごとに楽天ポイントがたまるサービスで、他の楽天サービスと併用することで還元率アップが狙えます。

PayPay
「PayPay」は、ソフトバンクが提供するスマホ決済サービスです。ソフトバンクやワイモバイルのユーザーに人気があり、業界最大のユーザー数(2023年10月時点)を誇ります。

PayPayの残高は「PayPayマネー」「PayPayマネーライト」に分かれ、それぞれ有効期限や使える機能が異なります。

QRコード決済アプリのおすすめは?人気サービスを比較してみよう

https://media.aupay.wallet.auone.jp/articles/1319

QRコードを読み取って決済するQRコード決済は、すでに利用率50%を超えるなど、日本の主要なキャッシュレス決済として定着したと言えます。当初乱立していた「◯◯PAY」も、現在では大手数社に集約されました。これからQRコード決済アプリを利用するなら、利用しているスマホのキャリアやポイント、経済圏などを基準に選ぶことがおすすめです。

まとめ

スマホ決済は、いつでも持ち歩いているスマートフォンに、決済もまとめられる点が便利です。店頭で財布を取り出さなくても、スマートフォンでそのまま支払いが可能です。

スマホ決済は、主にキャリア決済、タッチ決済、QRコード決済に分かれ、それぞれが異なる特徴を持っています。キャリア決済はオンライン決済に強く、タッチ決済はかざすだけで素早く決済でき、QRコード決済はつかえる場所が多く、日常的なお買い物によくつかわれています。

スマホ決済のau PAYは、支払い方法として店舗でQRコードやバーコードを読み込んで決済する「au PAY(コード支払い)」、オンライン決済でつかえる「au PAY(ネット支払い)」、公共料金の支払いなどにつかえる「au PAY(請求書支払い)」の3種類が用意されています。

利用シーンが増えるau PAYに、これからもご期待ください。

au PAY公式サイト


この記事に記載された情報は、掲載日時点のものです。
表記の金額は、特に記載のある場合を除きすべて税込です。
会社名、製品名は、一般に各社の商標または登録商標です。(商標について
商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

集客力アップが期待できるキャッシュレス決済なら「au PAY」

KDDIが提供するau PAYは、導入費用・入金手数料がすべて無料。導入コストゼロで始められるだけでなく、約3,438万人(2024年3月時点)の会員数を保有し、専用アプリの店舗検索にもお店が表示されるので集客力アップも期待できます。

※決済手数料率は2.6%です。 決済合計額に、決済手数料率を乗じて計算された手数料の金額に、消費税10%を加算した額をお支払いいただきます。

関連する投稿


自動車税の支払方法を徹底解説!便利でかんたんな支払方法はどれ?

自動車税の支払方法を徹底解説!便利でかんたんな支払方法はどれ?

自動車・軽自動車を所有していると、毎年納税することになる自動車税・軽自動車税。「支払いに行くのが面倒」「少しでもおトクな方法で払いたい」と感じている方も多いのではないでしょうか。 その自動車税・軽自動車税も、ポイント還元が得られるキャッシュレス決済など、現金より便利でおトクな支払方法が出てきています。 例えば「au PAY 請求書支払い」のようなキャッシュレス決済を使えば、自宅等からスマホで支払えるようになり、時間や場所の制約がなくなって便利です。 本記事では、自動車税・軽自動車税の支払方法の種類及び、それぞれのメリット・デメリットなどを紹介します。


【新生活を始める方必見】公共料金には何がある?支払い方法や平均金額も解説

【新生活を始める方必見】公共料金には何がある?支払い方法や平均金額も解説

春は就職や進学で一人暮らしをはじめる方も多い季節。その新生活をスタートするにあたり、気になるのが「公共料金の支払い」です。 電気・ガス・水道など、公共料金は毎月発生するため、どのような料金がいくら必要になるのかを把握することが大切です。 また、公共料金の支払い方法も近年多様化しています。従来の現金払いや口座振替以外にも、クレジットカードやQRコード決済などのキャッシュレス決済を利用する方も増えています。 本記事では、新生活で発生する公共料金の種類や金額、au PAYなどキャッシュレス決済によるおトクな支払い方法について、わかりやすく解説していきます。


キャッシュレス決済導入のメリット・デメリット!自分のお店にも導入したほうがいい?

キャッシュレス決済導入のメリット・デメリット!自分のお店にも導入したほうがいい?

現金を使わずに支払うキャッシュレス決済のお店側のメリット・デメリットについて。2023年8月に一般社団法人キャッシュレス推進協議会より公表された、「キャッシュレス・ロードマップ 2023」によると、2022年のキャッシュレス決済比率は36.0%に達し、2025年6月までに4割程度とする政府目標の達成も目前となっています。 本記事では、キャッシュレス化の進行状況や、お店が導入するメリット・デメリットを解説していきます。本記事を参考に、自分のお店にあうキャッシュレス決済を選択してみてください。


現金管理の悩みも解消!飲食フェスや催事等イベント出店にキャッシュレス決済を導入するメリット

現金管理の悩みも解消!飲食フェスや催事等イベント出店にキャッシュレス決済を導入するメリット

飲食イベント、ロックフェス、物産展、雑貨やグッズの即売会など、さまざまなイベントでキャッシュレス決済に対応したお店を見かけるようになりました。 これらのお店がイベント出店にあたりキャッシュレス決済を導入した背景には、現金の盗難・紛失リスクを減らしたい、手持ちがない等の販売機会損失を避けたいなどのニーズがあったと考えられます。 この記事では、以下のようなイベント出店を計画されている事業者さまに向けて、キャッシュレス決済を使うと、イベント出店における現金決済のどういう悩みが解消されるのか、またその導入方法をご紹介します。


中小企業の80%でキャッシュレス決済導入済!2021年の国の調査

中小企業の80%でキャッシュレス決済導入済!2021年の国の調査

世界的なキャッシュレス決済化の流れの中で、政府もキャッシュレス決済比率向上の目標を掲げるなど、日本でもキャッシュレス決済化が進む流れができつつあります。 そのキャッシュレス決済の普及には、「使える場所」と「使える人」の両方が必要です。この記事では、「キャッシュレス決済の導入率」をテーマに、中小店舗におけるキャッシュレス決済の現状をお伝えします。 導入済店舗での導入効果、消費者側のキャッシュレス決済に対するイメージについても解説しているので、動向の把握にお役立てください。


最新の投稿


滋賀県 大津市で同市が発行するOTSU POINT(おおつポイント)を自治体マイナポイントに交換できるキャンペーンを開催(2024年4月15日~)

滋賀県 大津市で同市が発行するOTSU POINT(おおつポイント)を自治体マイナポイントに交換できるキャンペーンを開催(2024年4月15日~)

滋賀県 大津市にて2024年4月15日から2025年2月16日の間、au PAYをご利用且つマイナンバーをお持ちの方を対象に、同市が発行するOTSU POINT(おおつポイント)を自治体マイナポイント(au PAY 残高)に交換する「滋賀県大津市マイナポイント」を開催します。


さまざまな利用シーン別!飲食店の販促アイデア

さまざまな利用シーン別!飲食店の販促アイデア

「日々の営業で忙しく、販促を考える暇がない」「売上アップのための販促アイデアが思い浮かばない」そんな悩みを抱える飲食店経営者は少なくありません。 この記事では、ランチやディナーなど利用シーン別のほか、メニューや店内演出など、飲食店向けの販促アイデアをご紹介します。 さまざまなアイデアを豊富に掲載しているので、販促に力を入れたい飲食店の方はぜひ参考にしてください。


自動車税の支払方法を徹底解説!便利でかんたんな支払方法はどれ?

自動車税の支払方法を徹底解説!便利でかんたんな支払方法はどれ?

自動車・軽自動車を所有していると、毎年納税することになる自動車税・軽自動車税。「支払いに行くのが面倒」「少しでもおトクな方法で払いたい」と感じている方も多いのではないでしょうか。 その自動車税・軽自動車税も、ポイント還元が得られるキャッシュレス決済など、現金より便利でおトクな支払方法が出てきています。 例えば「au PAY 請求書支払い」のようなキャッシュレス決済を使えば、自宅等からスマホで支払えるようになり、時間や場所の制約がなくなって便利です。 本記事では、自動車税・軽自動車税の支払方法の種類及び、それぞれのメリット・デメリットなどを紹介します。


【新生活を始める方必見】公共料金には何がある?支払い方法や平均金額も解説

【新生活を始める方必見】公共料金には何がある?支払い方法や平均金額も解説

春は就職や進学で一人暮らしをはじめる方も多い季節。その新生活をスタートするにあたり、気になるのが「公共料金の支払い」です。 電気・ガス・水道など、公共料金は毎月発生するため、どのような料金がいくら必要になるのかを把握することが大切です。 また、公共料金の支払い方法も近年多様化しています。従来の現金払いや口座振替以外にも、クレジットカードやQRコード決済などのキャッシュレス決済を利用する方も増えています。 本記事では、新生活で発生する公共料金の種類や金額、au PAYなどキャッシュレス決済によるおトクな支払い方法について、わかりやすく解説していきます。


キャッシュレス決済導入のメリット・デメリット!自分のお店にも導入したほうがいい?

キャッシュレス決済導入のメリット・デメリット!自分のお店にも導入したほうがいい?

現金を使わずに支払うキャッシュレス決済のお店側のメリット・デメリットについて。2023年8月に一般社団法人キャッシュレス推進協議会より公表された、「キャッシュレス・ロードマップ 2023」によると、2022年のキャッシュレス決済比率は36.0%に達し、2025年6月までに4割程度とする政府目標の達成も目前となっています。 本記事では、キャッシュレス化の進行状況や、お店が導入するメリット・デメリットを解説していきます。本記事を参考に、自分のお店にあうキャッシュレス決済を選択してみてください。




キャッシュレス決済 | キャッシュレス決済 導入 | QRコード決済 | QRコード決済 導入 | 販促 アイデア |
販促ツール | 販促ツール アイデア | クーポン 販促 | 飲食店 販促 | 小売 販促 | 美容院 販促 |
集客 販促 | 雨の日 集客 | 集客 事例 | auPAY 導入 | マイナポイント | ネット支払い