トップへ戻る

QRコード決済が「めんどうくさい」と言われる3つの理由

QRコード決済が「めんどうくさい」と言われる3つの理由

近年話題のキャッシュレス決済ですが、既存で広く普及しているクレジットカード決済に加えて、「au PAY」などのQRコード決済の導入を検討している店舗も多いのではないでしょうか。そんな中、「QRコード決済はめんどうくさい」という声も聞かれます。QRコード決済が「めんどうくさい」と言われる理由と、それらがどう解消されたかについて解説します。


「◯◯PAY」で知られるQRコード決済とは

まず、QRコード決済とは何か、基礎知識をおさらいしましょう。QRコード決済は、「◯◯PAY」などのサービス名で認知される、QRコードを読み取るタイプのスマホ決済です。

例えば、au PAYでは通常、支払い金額200円(税込)ごとに1Pontaポイントがたまります。随時実施されているキャンペーンによっては、20%の還元を受けることも可能です。現金よりおトクにお買い物ができることから、多くのユーザーがQRコード決済の利用をはじめています。

QRコード決済の決済方法の手順

QRコード決済の決済方法についても確認しておきましょう。

QRコードの読み取り方法には、「ユーザースキャン方式=店舗側がQRコードを提示し、ユーザーがスキャンをする方法」と「ストアスキャン方式=ユーザー側がスマホなどの端末でQRコードを提示し、店舗がスキャンをする方法」の2種類があります。それぞれお客さま提示型(CPM)と店舗提示型(MPM)とも呼ばれます。QRコード決済サービス「au PAY」では、両方に対応しています。

■ユーザースキャン方式の決済方法
1. 店舗に掲示してあるQRコードをユーザー側のスマートフォンでスキャンする
2.QRコードアプリに金額を入力し、決済を実行する
3.決済が完了する

■ストアスキャン方式の決済方法
1.ユーザー側のQRコード決済アプリでQRコードを表示する
2.店舗側のスマートフォンまたはPOS端末のスキャナでQRコードを読み取る
3.決済が完了する

店舗がQRコード決済を導入する時、ユーザースキャン方式には店舗にQRコードを設置するだけで導入できるメリットが、ストアスキャン方式にはPOSシステムと連動できるメリットがあります。新しい決済方法を導入するには、店舗・ユーザーともに慣れが必要ですが、どちらの方式であれ、数回やれば把握できるレベルと言えるでしょう。

au PAYの決済の流れを解説!使い方と注意点

https://media.aupay.wallet.auone.jp/articles/14

KDDIのQRコード決済「au PAY」 の決済の流れと、加盟店さま・お客さまそれぞれの使い方と注意点についてご説明します。 au PAYのQRコード決済には、顧客提示型と店舗提示型の2種類があります。au PAYは店頭の商品・サービス以外にバーコード付きの公共料金や払込票の支払いにも使えます。 au PAYの支払いには残高が必要ですが、現金やクレジットカードによるチャージのほかに、提携サービス利用やポイント還元によってたまるPontaポイントもつかえる点は、au PAYならではの特徴です。 au PAYの導入を検討されている方は、決済の流れを把握したり、返金のオペレーションをイメージしてみましょう。

au PAY契約後の店頭準備は?QRコードの設置方法や設置場所の工夫

https://media.aupay.wallet.auone.jp/articles/12

au PAYに加盟する手続きをした店舗で、お客さまに※QRコード決済が使えることを告知するために必要な店頭準備について説明します。au PAYに申し込んで審査が通ると、販促用のステッカーやQRコードのスタンドなどの一式が入った「導入ツール」が送られてきます。同梱されたスタートガイドにしたがってこれらを設置して、決済の練習をしたら、au PAYの導入準備が完了です。

QRコード決済が“めんどうくさい”と言われる3つの理由

上で紹介したように、QRコード決済の流れはとてもシンプルです。それではなぜ、QRコード決済は「めんどうくさい」と言われてしまうのでしょうか。考えられる理由を、順を追って説明します。

アプリを起動する手間が“めんどうくさい”?

「決済方法の手順」のところで説明したように、QRコードを読み取るにはスマホでQRコード決済アプリを起動する必要があります。ICカードや「おサイフケータイ」などのタッチ決済と比べると、ワンステップ増えるので“めんどう”と言えるかもしれません。

この辺りは全体のバランスで、普及期にあるQRコード決済では、ポイント還元10〜20%のキャンペーンを実施している時期もあり、ワンステップ増えてもユーザーが使いたい!と思うおトクさを提供しています。

また、QRコード決済は導入費用が無料です。店舗から見ると、クレジットカードやタッチ決済のように読取端末の導入費用がかかるキャッシュレス決済と比べ、導入しやすいメリットがあります。

【店舗向け】キャッシュレス決済を導入するならどれがいい?選び方のポイント

https://media.aupay.wallet.auone.jp/articles/35

最近何かと耳にする「キャッシュレス決済」。年々、利用者が増えており、キャッシュレス決済できるお店も増えてきました。この記事では「キャッシュレス決済の導入を検討している方」向けに、キャッシュレス決済を導入する際のポイントをご紹介していきます。クレジットカード、電子マネー、QRコード決済など、種類も色々です。各種キャッシュレス決済サービスの仕組みや導入費用・決済手数料などの導入の検討にあたり比較すべき要素をご説明します。

店舗側が慣れていないと“めんどうくさい”?

QRコード決済は新しい決済方法なので、店舗側のスタッフが不慣れだと、決済がスムーズにいかず、“めんどうくさい”と感じる方もいるようです。

この状況は、QRコード決済各社によるキャンペーン合戦で利用者が増えたことや、2019年から実施された国の「キャッシュレス・ポイント還元事業」で全国中小店舗の過半数となる約115万店舗が参加したことで、店舗側も慣れてきたことで、大幅に改善されています。

この事業終了後の調査では、参加店の4割前後が売上拡大したと回答、9割前後の店舗がキャッシュレス決済を継続する意向で、8割前後の利用者が事業終了後もキャッシュレス決済の利用意向ありなど、全体にポジティブな結果が出ています。

キャッシュレス決済を「使えるお店」と「使える人」の両方が増えた「キャッシュレス・消費者還元事業」は、大きな成功を収めたと評価されています。

ますます拡大、使えるお店!au PAYの導入実績

https://media.aupay.wallet.auone.jp/articles/17

KDDIの「au PAY」は大手通信会社の運営という安心感と、積極的なCMやキャンペーンを通じて着々と会員数と使えるお店を増やし続けています。お店には「どのくらい使われているサービスか」、利用者には「どれだけ身近に使えるお店があるか」が気になるところです。この記事では、au PAYの導入実績と、使えるお店が増えている背景について説明します。

キャッシュレス決済普及に大きな効果があった「キャッシュレス・消費者還元事業」とは

https://media.aupay.wallet.auone.jp/articles/27

2019年から実施された「キャッシュレス・消費者還元事業(キャッシュレス・ポイント還元事業)」は、キャッシュレス決済の普及に大きな効果がありました。この記事では、国の方針や「キャッシュレス・消費者還元事業」の概要と成果について、わかりやすく紹介します。また、2020年9月から始まった「マイナポイント事業」や、Go Toキャンペーンなど、キャッシュレス決済のトレンドについても解説していきます。

どのQRコード決済がよいか選ぶのが“めんどうくさい”?

ポイント還元率の高さやキャンペーンの豊富さがQRコード決済の魅力のひとつですが、そのキャンペーンや機能はそれぞれのサービスによって異なります。QRコード決済サービスは2018年ごろから種類が一気に増えました。

ユーザーはその時々でおトクなQRコード決済を選べますが、どのサービスを導入するとよいかわからない、というお店もでてきています。

まず、多くの大手QRコード決済サービスは導入費用・決済手数料が無料です。そのため、お店の戦略としては、複数のQRコード決済を導入し、それぞれのユーザーやキャンペーンを集客に活かすのも、有効な手法と考えられます。

QRコード決済は普及期にあり、各社の「◯◯PAY」が乱立するなか、より会員数が多く経営体力があるサービスを選んでいきたいものです。その意味では、通信大手のKDDIが運営するau PAYの会員数は、2020年11月30日時点で2450万を突破し、Pontaポイントと合わせた会員基盤は1億超に達しています。

また、auブランドや「三太郎シリーズ」のCMにより知名度も高いため、豊富なキャンペーンを通じて集客に役立ちます。

最大20%還元も!au PAYのさまざまなキャンペーン【2020-2021】

https://media.aupay.wallet.auone.jp/articles/31

携帯大手のKDDIが提供するQRコード決済サービス「au PAY」。スマートフォンだけで支払いができるキャッシュレス決済のひとつで、使い方も簡単。au PAY アプリをダウンロードして、登録・設定をするだけで誰でも利用できます。 経営母体が大きいメリットとして、au PAYの豊富なキャンペーンが挙げられます。「三太郎の日」をはじめ、「たぬきの大恩返し」など、個性的で還元率も高いキャンペーンを随時実施しています。ここでは、そんなau PAYの最新キャンペーン情報をまとめてお伝えします。

QRコード決済の利用率が急増!大きなメリットがデメリットをカバー

めんどうくさいという意見が出ながらも、QRコード決済がここまで普及しているのは、それを補ってあまりあるほどのメリットがあるからです。ここではQRコード決済のユーザー側、お店側双方にとってのメリットを確認してみましょう。

「au PAY」とは?その特徴とメリット

https://media.aupay.wallet.auone.jp/articles/24

au PAYは、通信大手のKDDIが提供するスマホ決済サービス。QRコードをスマホで読み取るだけで決済できる手軽さが特徴です。初期費用・決済手数料・入金手数料すべて0円と導入しやすく、好感度が高いauのTV CMを始め、さまざまなキャンペーンを通じて集客に役立ち、スムーズな決済で効率化・人手不足の対策にもなります。この記事では、au PAYの特徴とメリットについて解説します。

ユーザー側のメリット

QRコード決済のメリットとして一番に挙げられるのは、ポイント還元やキャンペーンによる恩恵です。多くのQRコード決済は、それぞれ独自のポイントがたまるようになっています。そのため、現金で支払うよりもおトクに食事や買い物を楽しめます。

ちなみに、au PAYでは利用ごとにPontaポイントがたまります。クレジットカードと連携すれば、チャージと支払いのダブルでポイントをためることも可能です。

au PAYでたまる「Pontaポイント」!ため方やつかい方を解説

https://media.aupay.wallet.auone.jp/articles/33

近年普及しつつあるQRコード決済。多くの「◯◯PAY」がそれぞれキャンペーンを実施していて、消費者はよりメリットの大きいQRコード決済サービスに集まります。今回は、通信大手のKDDIが運営するQRコード決済サービス「au PAY」でたまるPontaポイントの仕組みと、店舗側がau PAYを導入するメリットを紹介します。

また、クレジットカードの場合年齢による制限や審査など、発行にハードルがあります。これに対しau PAYなら、アプリをインストールするだけで利用開始可能。現金を持ち歩かないので、大きなお金を持ち歩いたり、小銭を取り出す手間も省けます。非接触型決済なので、QRコード決済導入店はソーシャルディスタンスを保てるお店です。

なお、新しい決済方法ということで、セキュリティ面に不安を持つ利用者も少なくありません。au PAYの場合、ログイン時に認証コードを発行する2段階認証を採用しているので、簡単に他人がログインできない仕組みになっています。紐づけ口座もau系サービスに限定しているので、万が一不正利用が起きた際にも追跡しやすい環境が整備されています。

店舗側のメリット

QRコード決済には、導入費無料や集客効果に加え、レジ締め時間の削減やレジ渋滞解消など、「最初の慣れ」を乗り越えて使うだけのメリットがあります。

au PAYでは申し込みが完了したら、導入ツールがお店に送られてきてすぐに利用開始できます。もしわからないことがあれば、24時間体制のサポートサービスに問い合わせることも可能です。申し込みから導入までが非常にスムーズで、そのぶんスタッフのトレーニングにもリソースを割くことができるでしょう。

また、昨今のコロナウイルスの蔓延により、衛生面に敏感なお客様にもアピールになります。現金決済では少なからず物理的なやり取りが生じますが、QRコード決済では非接触で会計を済ませられます。

お店にとってはQRコード決済への対応が集客につながる

キャッシュレス決済の中では、クレジットカードがもっとも普及したサービスですが、QRコード決済利用者も年々増加傾向にあり、今後さらなる普及が見込まれます。お店にQRコード決済を導入することで、ポイントをためたいお客さまを呼び込む効果が期待できます。

またau PAYのように、公式サイトやアプリで加盟店を検索することも可能です。QRコード決済ユーザーは、意識的にQRコード決済サービスを利用できる店舗を探すようになるので、QRコード決済を導入することは、新規顧客の獲得を狙えるチャンスにつながります。

また、クレジットカード決済を導入する場合は、読取専用端末などを購入するため、初期費用がかかってしまいます。一方、QRコード決済を導入する場合、専用端末が不要なので、初期費用を抑えられます。

QRコード決済とクレジットカード決済の特徴と比較

https://media.aupay.wallet.auone.jp/articles/8

2017年から2018年にかけ、大企業各社がスマホを使ったQRコード決済に参入し、さまざまなキャンペーンを通じて急速に普及が進んでいます。2018年では24.1%だったキャッシュレス比率ですが、政府が従来の計画を先倒しして「キャッシュレス比率を2025年末までに40%に高める」 との目標を立てるなど、今後もキャッシュレス化が進むと見られます。クレジットカード決済とQRコード決済それぞれの特徴と違い、au PAYならではのメリットについて解説します。

au PAYなら導入費用・決済手数料・入金手数料すべて無料

QRコード決済のメリットをご紹介しましたが、導入する店舗として気になるのは、「数あるQRコード決済サービスの中でどれを選べばいいのか」ではないでしょうか。最後にQRコード決済サービスの中でも年々人気が高まっている「au PAY」独自のメリットを紹介します。

まず、多くのQRコード決済同様、「au PAY」の導入費用も無料です。クレジットカードのように読取専用端末を用意する必要はなく、スマホやタブレットだけで導入可能です。

店頭にQRコードを提示する「ユーザースキャン方式」なら、スマホやタブレットを持っていないお店でもau PAYを導入可能です。お店に設置するQRコードは、KDDIから「導入キット」として送付されるので安心です。

クレジットカードの決済手数料はお店の売り上げ規模が小さければ割高になる傾向にあり、中小店舗でのキャッシュレス決済導入のハードルになっています。一方au PAYでは2021年7月31日まで決済手数料無料のキャンペーンを行っています。

au PAYは、キャンペーンの豊富さも魅力です。テレビCMでもおなじみの「三太郎の日」をはじめ、多彩なキャンペーンを行っています。キャンペーンをきっかけに来店や売上増につながると期待できます。

なお、au PAYはau ユーザーでなくても利用できる点も重要です。au PAYの会員数は2020年11月30日時点で2450万を突破し、Pontaポイントと合わせた会員基盤は1億超に達しています。普及しつつあるQRコード決済の導入の際には、ぜひau PAYを選択肢のひとつとして考えてみてはいかがでしょうか。

まとめ

QRコード決済が“めんどうくさい”と言われるのは、「決済時にアプリを起動する必要がある」「店舗側の慣れ」「どのQRコード決済がよいかわからない」などの理由がありました。

ただ、考えてみればすでに広く普及しているクレジットカードは、財布からカードを取り出し、暗証番号を入力、もしくはサインしなくてはいけません。その手間を含めると、QRコード決済の方が簡単です。

QRコード決済はまだ歴史が浅く、利用者もお店側も不慣れな部分があるのは事実です。しかし、日本政府では「キャッシュレス決済比率を倍増し、4割程度とすること」を目標とし、ポイント還元事業やマイナポイント事業などを通じて、キャッシュレス決済の普及を強力に後押しするなど、QRコード決済を含むキャッシュレス決済比率は今後も高まると想定されます。

最後に、au PAYではユーザー向けのキャンペーンや、決済手数料が無料になる加盟店様向けのキャンペーンを行っています。「au PAYが利用できる店舗」として認知を上げることで、au PAYユーザーを呼び込むことができ、売り上げ拡大にもつながるでしょう。導入費用や決済手数料が一切かからない今のうちに、QRコード決済の導入を検討してみてはいかがでしょうか。


資料の請求はこちら >>
導入のご相談・お問合せ
サービスの内容やお手続き方法など、au PAY導入に関するご相談は下記のフリーダイヤルまでお気軽にお問い合わせください。
au PAY加盟店サポート 0120-977-352
受付時間:平日10:00~18:00 ※12月29日~1月3日を除く
※本記事の内容は、記事公開時点の情報に基づいて掲載しています。
※本記事に掲載されている商品またはサービスなどの名称は、一般に各社の商標または登録商標です。なお、本文および図表中では、「™」、「®」は明記しておりません。
※QRコードは株式会社デンソーウェーブの登録商標です。

関連する投稿


 au PAY導入店舗事例 居酒屋「モダン酒場KANPAI」様

au PAY導入店舗事例 居酒屋「モダン酒場KANPAI」様

au PAYをご導入いただいた店舗のみなさまに、導入のきっかけやコストや集客面などのメリットを伺いました。スマホ決済にau PAYの導入をご検討の方は、ご参考にしてください。 今回は、居酒屋「モダン酒場KANPAI」様の事例インタビューをご紹介します。au PAYは導入費用・決済手数料・入金手数料すべて無料なので「とりあえず取り組む」がしやすいのがポイント! ※決済手数料・入金手数料無料は2021年7月まで


au PAY導入店舗事例 赤坂のカフェ「SPROUT Café さくら坂」様

au PAY導入店舗事例 赤坂のカフェ「SPROUT Café さくら坂」様

au PAYをご導入いただいた店舗のみなさまに、導入のきっかけやコストや集客面などのメリットを伺いました。スマホ決済にau PAYの導入をご検討の方は、ご参考にしてください。 今回は、赤坂のカフェ「SPROUT Café さくら坂」様のインタビューをご紹介します。au PAYは導入費用・決済手数料・入金手数料すべて無料なので「とりあえず取り組む」がしやすいのがポイント! ※決済手数料・入金手数料無料は2021年7月まで


キャッシュレス決済の自治体共同キャンペーン!地域限定キャンペーンでポイント還元される消費刺激策

キャッシュレス決済の自治体共同キャンペーン!地域限定キャンペーンでポイント還元される消費刺激策

新型コロナウイルス感染症の影響で経済が停滞するなか、地域経済の消費刺激策として、QRコード決済サービス事業者と自治体が共同で地域限定キャンペーンを行う事例が増えています。この記事では、自治体がキャンペーンを行う背景や仕組み、各地の還元キャンペーン事例もご紹介しています。QRコード決済を活用したキャッシュレス還元キャンペーンを検討されている自治体の方は、au PAYにご相談ください。


QRコード決済とクレジットカード導入はどちらがよい?クレカでは読取端末導入費用と決済手数料がハードルに

QRコード決済とクレジットカード導入はどちらがよい?クレカでは読取端末導入費用と決済手数料がハードルに

QRコード決済とクレジットカード決済はともに広く利用されているキャッシュレス決済。クレジットカード決済の導入にあたっては、読取端末導入費用と高い決済手数料がハードルとなっていますが、導入費用・決済手数料とも無料のQRコード決済が最近伸びています。QRコード決済とクレジットカード決済の特徴とメリット・デメリットの比較、導入の準備や費用面の違いについて、詳しく説明します。


キャッシュレス決済サービスを比較!最初に導入すべきはこれ!

キャッシュレス決済サービスを比較!最初に導入すべきはこれ!

一口にキャッシュレス決済と言っても、そのサービスの種類は100種類以上あります。そのため、キャッシュレス決済を導入する際、どのサービスにすべきか悩んでしまうお店の方も少なくありません。初めてキャッシュレス決済を導入するなら、利用者数が多いクレジットカード、電子マネー、QRコード決済から選ぶと良いでしょう。 また、導入する際の契約方法には、「直接契約」と「決済代行会社と契約」の2つの方法があります。この記事ではキャッシュレス決済サービスの種類ごとの特徴や導入費用を比較します。最初に導入すべきキャッシュレス決済も紹介しているのでぜひ参考にしてください。


最新の投稿


 au PAY導入店舗事例 居酒屋「モダン酒場KANPAI」様

au PAY導入店舗事例 居酒屋「モダン酒場KANPAI」様

au PAYをご導入いただいた店舗のみなさまに、導入のきっかけやコストや集客面などのメリットを伺いました。スマホ決済にau PAYの導入をご検討の方は、ご参考にしてください。 今回は、居酒屋「モダン酒場KANPAI」様の事例インタビューをご紹介します。au PAYは導入費用・決済手数料・入金手数料すべて無料なので「とりあえず取り組む」がしやすいのがポイント! ※決済手数料・入金手数料無料は2021年7月まで


au PAY導入店舗事例 赤坂のカフェ「SPROUT Café さくら坂」様

au PAY導入店舗事例 赤坂のカフェ「SPROUT Café さくら坂」様

au PAYをご導入いただいた店舗のみなさまに、導入のきっかけやコストや集客面などのメリットを伺いました。スマホ決済にau PAYの導入をご検討の方は、ご参考にしてください。 今回は、赤坂のカフェ「SPROUT Café さくら坂」様のインタビューをご紹介します。au PAYは導入費用・決済手数料・入金手数料すべて無料なので「とりあえず取り組む」がしやすいのがポイント! ※決済手数料・入金手数料無料は2021年7月まで


キャッシュレス決済の自治体共同キャンペーン!地域限定キャンペーンでポイント還元される消費刺激策

キャッシュレス決済の自治体共同キャンペーン!地域限定キャンペーンでポイント還元される消費刺激策

新型コロナウイルス感染症の影響で経済が停滞するなか、地域経済の消費刺激策として、QRコード決済サービス事業者と自治体が共同で地域限定キャンペーンを行う事例が増えています。この記事では、自治体がキャンペーンを行う背景や仕組み、各地の還元キャンペーン事例もご紹介しています。QRコード決済を活用したキャッシュレス還元キャンペーンを検討されている自治体の方は、au PAYにご相談ください。


QRコード決済とクレジットカード導入はどちらがよい?クレカでは読取端末導入費用と決済手数料がハードルに

QRコード決済とクレジットカード導入はどちらがよい?クレカでは読取端末導入費用と決済手数料がハードルに

QRコード決済とクレジットカード決済はともに広く利用されているキャッシュレス決済。クレジットカード決済の導入にあたっては、読取端末導入費用と高い決済手数料がハードルとなっていますが、導入費用・決済手数料とも無料のQRコード決済が最近伸びています。QRコード決済とクレジットカード決済の特徴とメリット・デメリットの比較、導入の準備や費用面の違いについて、詳しく説明します。


【2021年】ジャンル別!おすすめのキャッシュレス決済アプリ7選

【2021年】ジャンル別!おすすめのキャッシュレス決済アプリ7選

キャッシュレス決済アプリを利用すると、スマホで支払いできてポイント還元などで現金払いよりおトクにお買い物できるメリットがあります。この記事では、様々なジャンルのキャッシュレス決済アプリを紹介していきます。 キャッシュレス決済は種類も多いので、すべて見比べるのは困難です。お店にキャッシュレス決済導入を検討されている方も、どんなジャンルやアプリがあるかの参考にご活用ください。