資料請求資料請求
無料申込無料申込

トップへ戻る

「au PAY」とは?その特徴とメリット

「au PAY」とは?その特徴とメリット

au PAYは、通信大手のKDDIが提供するスマホ決済サービス。QRコードをスマホで読み取るだけで決済できる手軽さが特徴です。初期費用・決済手数料・入金手数料すべて0円と導入しやすく、好感度が高いauのTV CMを始め、さまざまなキャンペーンを通じて集客に役立ち、スムーズな決済で効率化・人手不足の対策にもなります。この記事では、au PAYの特徴とメリットについて解説します。


KDDIのスマホ決済サービス「au PAY」

キャッシュレス決済

KDDIの「au PAY」は、会員数2,300万超(※)のau PAYアプリから、かんたんな操作で使えるスマホ決済サービスです。普段持ち歩いているスマホだけでお買いものができるため、お財布を持ち歩いたり、小銭を取り出す手間もかかりません。
※2020年5月時点

au PAYの特徴・メリット

au PAYの特徴として、以下の5つが挙げられます。


●自然にたまるポイント

●au以外のお客さまも利用可能

●通信大手KDDIが運営する安心感

●おトクなキャンペーンで集客に役立つ

●利用者が気軽に始められる環境


au PAYでは、お買いものに対するポイント還元に加え、au携帯電話の利用料やauでんきなど、日々のau関連サービス利用でもポイントがたまる特徴があります。


また、2019年8月29日からau以外のお客さまも利用可能になった点は、知っておきたいポイントです。


色々な「◯◯Pay」があってどれを選べばよいか悩んでいる方も、通信大手のKDDIが運営し、ローソンなどでお馴染みの「Pontaポイント」が使えるau PAYなら、知名度があり安心です。


au PAYでは、TV CMも流れた「三太郎の日」をはじめ、スーパーやドラッグストアを利用した場合にポイント還元率がアップする業界別キャンペーンなど、さまざまなキャンペーンを実施していて、おトクに利用できます。


大企業が運営する安心感に加え、おトクなキャンペーンも随時実施されることで、加盟店にとっては利用者の来店動機となり、集客に役立ちます。


このように、au PAYは、日々のサービス利用でたまったポイントや、共通ポイントサービス「Ponta」との統合によって、ポイントがある状態で使い始められる「使ってもらいやすい」決済サービスとなっています。


au PAYのQRコード決済とは

au PAYは、現金を使わずお買い物ができる「キャッシュレス決済」のひとつです。キャッシュレス決済の代表的な種類としては、クレジットカード・電子マネー・QRコード決済が挙げられます。au PAYは、スマホでQRコード決済ができる決済サービスです。

 

キャッシュレス決済 QRコード/バーコード決済の種類とその特徴を解説!

https://media.aupay.wallet.auone.jp/articles/3

現金決済に変わる支払い方法として注目を集める「キャッシュレス決済」。一口にキャッシュレス決済と言っても、クレジットカードや電子マネー、最近伸びているQRコードなど、さまざまな種類があります。そこで今回は、キャッシュレス決済の種類ごとの特徴や、QRコード/バーコード決済のメリットなどをまとめてご紹介してきます。

政府もキャッシュレス化を推進!現在の決済比率の数倍が目標

ところで、最近ではよく聞くようになったキャッシュレス決済ですが、世界には日本よりキャッシュレス決済比率が高い国がいくつもあります。日本のキャッシュレス決済比率は約20%にとどまっていますが、主要各国では40%~60%台で、中国や韓国のようにキャッシュレス決済が社会インフラとして使われている国もあります。

こうした状況を受けて政府もキャッシュレス化を推進しており、2025年6月までに、キャッシュレス決済比率を倍増し、4割程度とすることを目指す」目標を立て、将来的には、世界最高水準の80%を目指していく方針を打ち出しています。

キャッシュレス決済の店舗向けメリット

キャッシュレス決済の消費者のメリットを以下に列挙しました。特にポイント還元などでおトクにお買い物ができる点は、現金と比べわかりやすいメリットになっています。
●支払いがスムーズになり便利になる
●ポイント還元などでおトクにお買い物ができる
●データの家計簿ソフト連携などで消費履歴管理が楽になる
●現金より紛失・盗難時の被害リスクが低い

これに対して、キャッシュレス決済の店舗側のメリットには、大きく4つあると言われています。
●レジまわりの作業時間削減
●インバウンド需要に対応できる
●非接触型なら新型コロナ対策になる
●決済データの利活用

人手不足が長期化し、少子高齢化で今後もその傾向が続くことを考えると、少人数で効率化できる点は、キャッシュレス決済の大きなメリットです。レジまわりの作業時間削減には、スムーズな会計に加えて、営業終了後に時間をとられている「レジ締め作業」が不要になることも含まれています。

非接触型のキャッシュレス決済とは、QRコード決済やタッチ型の電子マネーを指していますが、コロナ対策については後述します。

キャッシュレス決済のなかでも、急速に普及する「QRコード決済」

スマホによるQRコード決済

2019年は、日本の「キャッシュレス元年」と呼ばれ、「◯◯Pay」各社がポイント還元キャンペーンを繰り広げ、政府も「キャッシュレス・ポイント還元事業」を実施するなどキャッシュレス化を後押した結果、QRコード決済の認知度や利用率が大幅にアップしました。

 

「キャッシュレス・ポイント還元事業」は、消費税が増税された201910月から実施され、利用者は対象店舗でキャッシュレス決済を利用すると最大5%のポイント還元を受けられる制度でした。


この「キャッシュレス・ポイント還元事業」では、全国に200万店ある中小店舗の過半数が参加し、2018年から2019年にかけてQRコード利用金額が6倍に伸びるなど、「使える場所」と「使う人」が両方増える結果となりました。


また、ICT総研の推計では、2018年度に約1.1兆円だったモバイル電子マネー・QR/バーコード決済額は、2020年度に2.9兆円規模に成長するとともに、2020年度にはスマホ決済比率でコード決済が電子マネーを上回る、としています。


「au WALLET」と「au PAY」の違い

そういえば以前からある「au WALLET」との違いや関係性は?と思った方がいるかもしれません。KDDIが2014年から提供していた決済サービス「au WALLET」は、2020年2月以降「au PAY」に名称変更されています。

また、「au WALLET」で提供されていた「au WALLETポイント」は2020年5月21日以降、共通ポイントサービス「Ponta」に統一されました。両者を合わせると1億人超と、国内最大級の会員基盤が誕生したことになります。

これにより、さまざまな提携社での商品購入やサービスの利用でたまる「Pontaポイント」が、スマホ決済サービス「au PAY」や「au PAY カード」の決済利用分とダブルでたまるようになるなど、お客さまにも加盟店にもメリットのある環境が整いました。

au PAYの加盟店側のメリット

レジスタッフの笑顔

au PAYの概要やメリット、キャッシュレス決済をとりまく動向からQRコード決済が伸びている状況をご説明してきましたが、ここからはau PAYの加盟店向けのメリットに注目していきます。

au PAYが選ばれる理由

QRコード決済としてau PAYが選ばれる理由には、大きく7つのポイントがあります。


●初期費用・決済手数料・入金手数料すべて0円

●選べる入金サイクルで資金繰りも安心

●豊富なキャンペーン

●大きな会員基盤で将来も安心

●店舗の集客力アップ

●「マイナポイント事業」の対象決済事業者に選ばれている

●非接触型で新型コロナウイルス対策になる


au PAYのメリット・デメリット(店舗向け)

https://media.aupay.wallet.auone.jp/articles/15

au PAYをはじめ、ここ数年で急速に普及したキャッシュレス決済。キャッシュレス決済は、店舗にも消費者にも多くのメリットをもたらします。この記事ではau PAYの特徴と、導入した店舗にとってのメリット・デメリットについて説明します。

初期費用・決済手数料・入金手数料すべて0円

無料

これまで、中小店舗や少額決済の現場でキャッシュレス決済が普及していなかった理由として、主に費用面で導入のハードルがあったことが挙げられます。キャッシュレス決済で一番普及しているクレジットカード決済では、専用の読取端末の用意で数万〜十数万かかったり、手数料が高いため、気軽に導入できない事情がありました。

 

これに対し、QRコード決済各社では、初期費用・決済手数料とも無料の所が多く、まず導入して効果を見よう、という使い方も可能です。たとえば、au PAYでは2022年9月30日まで初期費用・決済手数料に加え、振込手数料まですべて無料です。

 

なぜクレジットカードのように専用の読取端末が要らないかというと、QRコード決済では、店舗またはお客さまが提示したQRコードをスマホで読み込んで決済するだけでよいためです。

QRコード決済とクレジットカード決済の特徴と比較

https://media.aupay.wallet.auone.jp/articles/8

2017年から2018年にかけ、大企業各社がスマホを使ったQRコード決済に参入し、さまざまなキャンペーンを通じて急速に普及が進んでいます。2018年では24.1%だったキャッシュレス比率ですが、政府が従来の計画を先倒しして「キャッシュレス比率を2025年末までに40%に高める」 との目標を立てるなど、今後もキャッシュレス化が進むと見られます。クレジットカード決済とQRコード決済それぞれの特徴と違い、au PAYならではのメリットについて解説します。

選べる入金サイクルで資金繰りも安心

キャッシュレス決済によっては、入金までのタイムラグや振込手数料がかかるサービスもあり、資金繰りにも影響してきます。


au PAYでは、入金サイクルとして、月1回(末日締め→翌月末日払い)と月2回(15日締め/翌月15日払い、末日締め/翌月末日払い)の2種類が選べるとともに、どの銀行でも振込手数料が0円なので安心です。


さらに、お急ぎの場合は、最短2営業日で入金される「早期振込サービス」も用意されていて、別途事務手数料がかかりますが、こちらは当面無料です。

au PAYの費用と入金サイクルは?今なら導入費用・手数料ともすべて無料

https://media.aupay.wallet.auone.jp/articles/2

au PAYなどのQRコード決済を導入すると、新しい顧客層を取り込めたり、現金の管理が不要で感染症対策になるなど、多くのメリットが存在します。導入コストに懸念のある方や、複数のキャッシュレス決済サービスと比較したい方向けに、au PAYを導入した際の費用や入金サイクルについて解説します。

豊富なキャンペーン

auは、「三太郎」シリーズが5年連続CM好感度No.1を受賞するなど、CMに定評があり、認知度も高いブランドになっています。一連のCMでは、au PAYの紹介に加え、毎月3・13・23日にポイント還元率がアップする「三太郎の日」キャンペーンの告知など、au PAYの利用拡大に向けてさまざまな施策を実施しています。

このほか、au PAYのキャンペーンの例としては、スーパーや飲食店利用など業界別のもの、全国の特定エリアでの利用に対するものなどが実施されてきました。現在実施中のau PAYキャンペーンについては、公式サイトをご確認ください。

これらのキャンペーンはKDDIの費用負担で行われ、au PAYの会員数が増えれば、それだけ加盟店にも来客が期待できるメリットがあります。

大きな会員基盤で将来も安心

au PAY会員数は20205月時点で2,300万人を超えるとともに、国内有数の会員基盤を持つPontaポイントと統合されたことで、「使える場所」「使える人」ともに大幅にアップしています。

 

2019年が日本の「キャッシュレス決済元年」と呼ばれ、「◯◯Pay」各社がキャンペーンを繰り広げたことは記憶に新しいですが、将来性を考えればau PAYのように会員数が大きく、運営会社も安心できるサービスを選ぶことが大事です。

ますます拡大、使えるお店!au PAYの導入実績

https://media.aupay.wallet.auone.jp/articles/17

KDDIの「au PAY」は大手通信会社の運営という安心感と、積極的なCMやキャンペーンを通じて着々と会員数と使えるお店を増やし続けています。お店には「どのくらい使われているサービスか」、利用者には「どれだけ身近に使えるお店があるか」が気になるところです。この記事では、au PAYの導入実績と、使えるお店が増えている背景について説明します。

店舗の集客力アップ

au PAYの各種キャンペーンは、お客さまにとってはポイント還元という直接的なメリットがあり、加盟店にとってはau PAYを利用するために来客するお客さまが増えるチャンスとなります。

 

また、加盟店は公式サイトやau PAYアプリ内の「使えるお店」に掲載されるため、新しいお客さまが来訪する機会になります。

集客に役立つ?決済手数料は安い?au PAY加盟店の利益を考える

https://media.aupay.wallet.auone.jp/articles/18

「キャッシュレス元年」と言われた2019年、各社の参入が相次ぎ、認知度や普及率も高まっています。なかでもau PAYなどのQRコード決済は大きな成長を見せ、2020年には電子マネーの決済額を上回るとの予測も出ています。2020年には「マイナポイント事業」も始まり、さらに盛り上がりを見せるQRコード決済を導入する意義と、au PAYなら集客や利益にどう貢献してくれるのか、加盟店さまの利益についてご紹介します。

「マイナポイント事業」の対象決済事業者に選ばれている

政府の「キャッシュレス・ポイント還元事業」でQRコード決済が伸びた話をしましたが、20209月からは新たに「マイナポイント事業」が始まっていて、同じようにポイント還元事業であることから、QRコード決済を導入しておくと、利用者を取り込めます。

 

「マイナポイント事業」は、マイナンバーカードとキャッシュレス決済の普及を目的とした取り組みで、マイナンバーカードを使って、マイナポイントの予約・申込をおこない、選択したキャッシュレス決済サービスでチャージやお買い物をするとポイントが付与される仕組みです。

 

対象キャッシュレス決済サービスの利用額・チャージ額の25%(上限5,000円)分がポイントとして還元されます。対象期間は、20209月から20213月までの予定です。

 

この「選択したキャッシュレス決済サービスで」という所がポイントで、利用者は申込時に対象キャッシュレス決済サービスのなかから一社を選ぶ必要があります。au PAYはこの対象キャッシュレス決済サービスに選ばれ、au PAYでの利用を申し込めば、マイナポイントに加えて、独自に1,000ポイント加算するキャンペーンを実施しています。

au PAYも対象!「マイナポイント」のメリットを確認

https://media.aupay.wallet.auone.jp/articles/11

KDDIの「au PAY」は、スマホだけで支払いができるキャッシュレス決済サービス。au PAYユーザーにとって一番の魅力はPontaポイントでお買い物できたり、提携社でお買い物をするとPontaポイントがたまる点ではないでしょうか。さらに「三太郎の日」などのキャンペーンを利用すれば、お得にお買い物や食事ができます。 さらにau PAYは、2020年9月から始まる政府の「マイナポイント事業」にも対応しています。au PAYでの利用を申し込めば、独自の1,000ポイントにくわえて最大5,000円分のポイントが還元されます。この記事では、マイナポイント事業の概要や申し込み方法、キャッシュレス決済の種類、利用時の注意点などを紹介します。

非接触型なので新型コロナウイルス対策になる

新型コロナウィルスが収束しない環境下では、店舗にはコロナ対策をしつつ営業する「withコロナ」の対策が求められています。

 

au PAYなどのQRコード決済は、現金やキャッシュカードなどを手渡ししない「非接触型」の決済なので、お客さま・従業員双方にとってソーシャルディスタンスを保てる新型コロナウイルス感染対策としてアピールポイントになります。

新型コロナウイルスが飲食店に与える影響とキャッシュレス決済が衛生対策になる理由

https://media.aupay.wallet.auone.jp/articles/1

現在も続く新型コロナウイルス感染症対策で、一時は全国に緊急事態宣言が発令されるなど、飲食業界や観光業界は特に大きなダメージを受けました。各店では、こまめな消毒や衝立の設置、営業時間や滞在時間の短縮など、安全・安心な営業継続のため努力を続けています。au PAYなどのキャッシュレス決済は、不衛生な現金を取り扱わないため、店員・お客さま双方の新型コロナウイルス感染症の予防に役立つ対策の一つです。本記事ではキャッシュレス決済のひとつであるQRコード決済を中心にコロナウイルス感染症対策としてご紹介していきます。

まとめ

au PAYは、通信大手のKDDIが提供するスマホ決済サービスで、QRコードをスマホで読み取るだけで決済できる手軽さが特徴です。導入を検討されている場合、費用面でハードルがあるクレジットカード決済に比べ、初期費用・決済手数料・入金手数料すべて0円である分、中小店舗や少額決済でも利用しやすくなっていることが特徴です。

また、大手のQRコード決済サービスはそれぞれの経済圏を持っているため、複数のサービスを導入する方が、それぞれのキャンペーンで来訪するお客さまを取りこぼさないメリットがあります。すでに別のQRコード決済を導入されている方も、ぜひau PAYの導入をご検討ください。

au PAYは今なら導入費用・手数料ともすべて無料

KDDIが提供するau PAYは、導入費用・入金手数料がすべて無料となっています。また、2022年9月30日まで決済手数料率が0%になるキャンペーンを実施しています。

※お申込み状況により、決済手数料率が異なる場合がございます。 決済合計額に、決済手数料率を乗じて計算された手数料の金額に、消費税10%を加算した額をお支払いいただきます。

関連する投稿


【加盟店向け】キャッシュレス決済の売上はどう仕訳する?会計処理の方法を解説

【加盟店向け】キャッシュレス決済の売上はどう仕訳する?会計処理の方法を解説

キャッシュレス決済を導入すると、現金決済の場合とは経理の「仕訳」も変わってきます。QRコード決済などキャッシュレス決済の会計処理では、売上と入金のタイミングが異なる点に注意が必要です。そこで仕訳としては、売上を「売掛金」として扱い後日の入金を待ちます。また、決済手数料がかかる場合は「支払手数料」として記帳します。ポイントについては仕訳上、特別な処理は不要です。


再開が期待される「Go To トラベル」前回実施時の効果はどうだった?

再開が期待される「Go To トラベル」前回実施時の効果はどうだった?

国が旅行・宿泊代金の一部を割引したり、地域共通クーポンを発行する「Go To トラベル」。観光客にオトクなのはもちろん、地域経済にとっても売上回復のきっかけになると期待されています。各種調査に基づく「Go To トラベル」前回実施時の効果や、今後の動向についてお伝えします。


QRコード決済の自治体キャンペーンが急増!ポイント還元で消費者・事業者ともにメリットあり

QRコード決済の自治体キャンペーンが急増!ポイント還元で消費者・事業者ともにメリットあり

新型コロナウイルス感染症の影響で低迷する地域経済の活性化策として、各自治体がポイント還元キャンペーンを実施しています。au PAYなどのQRコード決済を活用し、通常より高還元率でおトクなことも多いことも特徴です。飲食店や小売業などau PAY加盟店にもメリットが多いキャンペーンなので、制度の内容や各地の事例を把握しておきましょう。


QRコード決済の現場でも使われている?売上UPに役立つ行動経済学の基礎知識

QRコード決済の現場でも使われている?売上UPに役立つ行動経済学の基礎知識

購買などの日常的な経済行動を心理学を交えて分析する「行動経済学」。サンクコストや現状維持バイアスなど一般にも知られた理論も、行動経済学の一部です。行動経済学が注目されているのは、マーケティングなどビジネスでも活用できるとみなされているからです。QRコード決済の現場でも活用されている行動経済学の例をご紹介します。


【成功事例】QRコード決済で課題解決!7つのキャッシュレス化事例を紹介

【成功事例】QRコード決済で課題解決!7つのキャッシュレス化事例を紹介

キャッシュレス決済は、現金を持ち歩かずに済んだり、ポイントが貯まったりとユーザーにさまざまなメリットをもたらします。一方、事業者にとっては「業務効率化を図れる」「現金に触らないので衛生的」など、お店にも利点があります。特にQRコード決済は完全非接触で一連の会計処理を行うことができ、ここ数年導入店舗が右肩上がりに延びています。 この記事では、QRコード決済を中心とした「キャッシュレス化の成功事例」を紹介していきます。導入すべきか判断がつかず、二の足を踏んでいる事業者様はぜひ参考にしてみてください。


最新の投稿




【加盟店向け】キャッシュレス決済の売上はどう仕訳する?会計処理の方法を解説

【加盟店向け】キャッシュレス決済の売上はどう仕訳する?会計処理の方法を解説

キャッシュレス決済を導入すると、現金決済の場合とは経理の「仕訳」も変わってきます。QRコード決済などキャッシュレス決済の会計処理では、売上と入金のタイミングが異なる点に注意が必要です。そこで仕訳としては、売上を「売掛金」として扱い後日の入金を待ちます。また、決済手数料がかかる場合は「支払手数料」として記帳します。ポイントについては仕訳上、特別な処理は不要です。


再開が期待される「Go To トラベル」前回実施時の効果はどうだった?

再開が期待される「Go To トラベル」前回実施時の効果はどうだった?

国が旅行・宿泊代金の一部を割引したり、地域共通クーポンを発行する「Go To トラベル」。観光客にオトクなのはもちろん、地域経済にとっても売上回復のきっかけになると期待されています。各種調査に基づく「Go To トラベル」前回実施時の効果や、今後の動向についてお伝えします。


QRコード決済の自治体キャンペーンが急増!ポイント還元で消費者・事業者ともにメリットあり

QRコード決済の自治体キャンペーンが急増!ポイント還元で消費者・事業者ともにメリットあり

新型コロナウイルス感染症の影響で低迷する地域経済の活性化策として、各自治体がポイント還元キャンペーンを実施しています。au PAYなどのQRコード決済を活用し、通常より高還元率でおトクなことも多いことも特徴です。飲食店や小売業などau PAY加盟店にもメリットが多いキャンペーンなので、制度の内容や各地の事例を把握しておきましょう。


最近話題のキーワード

au PAY magazineで話題のキーワード


キャンペーン 自治体キャンペーン
無料相談
自治体相談窓口
受付:平日/10:00〜19:00(12月29日〜1月3日を除く)