資料請求資料請求
無料申込無料申込

トップへ戻る

キャッシュレス決済とは?日本の現状と世界の動向

キャッシュレス決済とは?日本の現状と世界の動向

現金での支払いに代わる方法として注目を集める「キャッシュレス決済」。キャッシュレス決済とは現金を使わずに決済することで、代表的な種類としてクレジットカードや電子マネー、QRコード決済などがあります。 この記事では、キャッシュレス決済の概要や、注目を集める背景、さらには世界各国のキャッシュレス事情などをまとめてご紹介していきます。


「キャッシュレス決済」とは?

キャッシュレス決済

「キャッシュレス決済」とは、現金を使うことなく支払いできる決済方法のことです。キャッシュは「現金」、レスは「不要」を意味します。

決済方法には、クレジットカード、電子マネー、QRコード決済などがあります。また、人との接触の有無で「接触型」と「非接触型」、支払いのタイミングで「前払い型」「即時払い型」「後払い型」として分類されることもあります。たとえばクレジットカードは接触がある後払い型、チャージ式のIC電子マネーであれば、非接触の前払い型です。

最近利用者が増えているQRコード決済は非接触型で、支払いのタイミングはチャージ式の前払いのものもあれば、クレジットカードと連動させて後払いできるものの、両方があります。

キャッシュレス決済のメリット・デメリット

メリットとデメリット

キャッシュレス決済のメリットとして、まず挙げられるのが「支払いがスムーズに済ませられる」点です。現金のやりとりがないため会計時間の短縮や会計ミスの減少につながり、お客さま側・事業者の双方にメリットがあります。特に大きな金額や、ネットショッピングの場合には、現金で準備するより安全で手軽です。

このほか、「データで決済履歴が残るのでお金の管理がしやすい」「支払いでポイントが付くのでおトク」など、いろいろなメリットがあります。

現金のやりとりや人との接触機会も減るので、衛生面でもメリットがあり、最近ではコロナ対策としても注目されています。

一方で、キャッシュレス決済のデメリットには、広がりつつあるとはいえ、利用可能な店舗がまだ限られている点があります。大手スーパーやコンビニ、量販店などではすでにキャッシュレス決済への対応が進んでいます。しかし、経営規模が大きくない中小店舗では、いまだに「現金のみ」というお店も少なくありません。

また、ネット環境や電気がないと決済できないのも、デメリットの一つです。災害や停電時など、決済ができる環境が整わない場合どうするかは、キャッシュレス決済の課題です。

キャッシュレス化がすすむ世界各国とその状況

近年、日本でも「キャッシュレス決済」という言葉を耳にする機会が増えてきており、利用者も年々増えています。しかし、国外に目を向けてみると、キャッシュレス決済の方が現金決済より使われている国もあるほどです。世界のキャッシュレス決済の普及率、各国がキャッシュレス化のために行った施策などを見ていきましょう。

キャッシュレス推進協議会発表の「キャッシュレス・ロードマップ 2020」によれば、2017年の日本のキャッシュレス決済比率が21.4%である一方で、アメリカは45.5%、イギリスは56.1%など多くの先進国で40%を超えています。70〜90%台と特に普及率が高い中韓では、キャッシュレスの方がメインになっている状況が伺えます。

犯罪防止のため、高額な現金決済に制限を設ける国も

世界各国では、脱税やマネーロンダリングを防止するため、高額な現金決済を規制する施策が行われている国もあります。たとえば、フランスやポルトガルでは1,000ユーロ(約12万円)以上の決済で現金を使うことができません。特にギリシャでは500ユーロ、つまり日本円で約6万円以上と、強力な制限がかけられています。
※ユーロ/円の為替レートは2020年3月時点のもの

中国と韓国は世界有数のキャッシュレス超先進国

先進国のなかでも、日本のお隣である中国と韓国は、もっともキャッシュレス化が進んでいる国のひとつです。訪日観光客が多い国でもあり、これらの国の動向は、日本のインバウンド需要の取り込みのためにも、把握しておきましょう。

中国では、QRコード決済が急速に拡大中

2017年時点の中国のキャッシュレス決済比率は70.2%と高く、その特徴は「Alipay(支付宝)」「WeChat Pay(微信支付)」など、QRコード決済が主流である点です。

Alipay(アリペイ)は、中国のEC大手であるアリババグループが提供する決済サービス。また、WeChat Pay(ウィーチャットペイ)は、中国トップシェアのメッセンジャーアプリ「WeChat」に備わっているQRコード決済システムです。この2つのサービスが中国のモバイル決済シェアの9割を占めています。

日本でもインバウンド対策として、この2つのQRコード決済に対応する動きがあり、店頭やレジ回りで、AlipayやWeChat Payのロゴを見たことがある方も多いのではないでしょうか。

キャッシュレス決済比率ほぼ100%の韓国

そして、そんな中国よりもさらに先を行くのが「韓国」です。韓国のキャッシュレス決済比率はなんと90%以上で、先進国でもっとも高いキャッシュレス比率を誇ります。

どうしてここまでキャッシュレス化が進んでいるのかというと、韓国政府が国を挙げてクレジットカードの普及を推進してきた背景があります。

1997年、タイを震源として各国通貨が同時多発的に大幅下落しました。この「アジア通貨危機」を打開するため、韓国政府は景気刺激策として「クレジットカードの普及」を進めました。

具体的には、クレジットカード利用額の20%を、年間300万ウォン(当時約30万円)までを上限に所得控除の対象にしたり、クレジットカード決済に宝くじの参加権を付与したり、さらに店舗側にはクレジットカードの取扱義務を課したりと、さまざま手立てを打ちました。

これらの施策の結果、1999年から2002年にかけて、クレジットカード発行枚数は2.7倍、クレジットカード利用金額は6.9倍に急拡大したとされています。

韓国では以前から個人番号制度が普及していて、これがクレジットカード番号と紐づくことで消費活動がデータ化され、最近ではコロナ対策における感染経路の追跡に役立てられています。

日本のキャッシュレス決済普及状況

上昇率

現金決済への信頼度が高いこともあり、世界各国よりキャッシュレス決済の普及が遅れている日本ですが、政府がキャッシュレス化を推進する方針を打ち出すなど、今後は数倍の勢いでキャッシュレス化が進む可能性があります。

目標を前倒し!政府もキャッシュレス決済化を推進

人手不足がすでに問題になっているように、少子高齢化が進む日本では、今後も労働人口が大幅に減少すると予想されていて、社会全体として効率化を進め、より少ない人数でより多い成果を出していくことが求められています。


ATM維持費や決済関連の人件費など、現金決済のインフラ維持には見えない所で多額の費用がかかっています。決済インフラの見直しや経済成長戦略の一環で、日本政府もキャッシュレス化に積極的な姿勢を見せています。


たとえば、政府の「未来戦略2017」では、「今後10年間に、キャッシュレス決済比率を倍増し、4割程度とすること」が目標であった所、2019年の「成長戦略フォローアップ」では2025年までに4割程度と目標達成を2年前倒ししています。さらに、将来的には世界最高水準の80%を目指すとしているので、現在の数倍キャッシュレス化が進むことになります。


政府のポイント還元事業で大きな効果!QRコード決済が特に伸びる

「2025年に4割程度、将来的には80%」というキャッシュレス化の目標をクリアすべく、政府はさまざまな施策を打ち出しています。

その一つが「キャッシュレス・ポイント還元事業」で、消費税が増税された2019年10月から実施され、利用者は対象店舗でキャッシュレス決済を行うと最大5%のポイント還元を受けられる制度でした。

この「キャッシュレス・ポイント還元事業」には大きな成果があり、キャッシュレス決済比率が大幅に上がるとともに、全国の中小店舗の半数以上が参加するなど、キャッシュレス決済が使える場所も増加しました。

また、2018年から2019年にかけてQRコード決済金額が6倍に伸びるなど、人気がある決済手段となっています。

2020年9月からは新たに「マイナポイント事業」もスタートしていて、「キャッシュレス・ポイント還元事業」のように大きな効果が期待されています。

日本でキャッシュレス化が進んでこなかった理由

日本のキャッシュレス化が各国より進んでこなかった理由として、よく整った現金決済インフラがあるから、という事情もあります。

たとえば、国内には20万台以上ATMがあるといわれ、コンビニや郵便局、銀行などで、いつでもどこでも安全にお金を引き出せます。また、他国通貨と比べ、日本円は信頼性が高いことも、現金が根強く使われる理由の一つに挙げられるでしょう。

海外の例では、キャッシュレス化を進めたスウェーデンで、2008年に110件あった強盗の発生件数が2015年には7件まで激減するなど、キャッシュレス化の進展には、社会の治安状況もかかわってきます。

一方で、ATMの維持費や現金決済に関わる人件費など、現金決済インフラには多額の社会的なコストがかかっています。銀行支店の統廃合やATMの削減がニュースになっているように、今後はキャッシュレス等の効率的な決済インフラが求められています。

キャッシュレス化を阻む「3つの壁」

新しい決済方法には、「使う人」と「使う場所」の両方が必要です。使う場所の面では、特に中小店舗ではキャッシュレス決済導入にあたり決済手数料・初期費用・入金サイクルの「3つの壁」があると言われています。

まず、少額決済や営業利益率が低い業態では、数%の決済手数料も重い負担となり、導入に躊躇する材料となっています。

さらにクレジットカードや電子マネーの支払いに対応するには、専用の端末を導入する必要があり、数万円から十数万円の設備投資が必要です。

最後の入金サイクルですが、振込手数料の負担が気になって入金頻度が下がるなどの理由で、資金繰りに影響する場合があります。

従来のキャッシュレス決済のハードルを解消したQRコード決済

QRコード決済が少額決済や中小店舗でも普及した理由には、au PAYのように当面導入費用・決済手数料・振込手数料すべて無料にするなど、従来のキャッシュレス決済のハードルを解消したことが挙げられます。

au PAYでは、スマホで読み取れば決済できるので、専用端末の整備が不要です。さらに2022年9月30日まで決済手数料が無料になるキャンペーンを実施しているので、費用面で導入を見送っていた店舗にもおすすめです。

さらに入金サイクルについても、「月1回払い」と「月2回払い」から選べるほか、早期振込サービスもあり、柔軟です。au PAYなら「どの銀行でも」振込手数料が無料なので、全国の店舗で安心して導入可能です。

また、au PAYではユーザー向けのキャンペーンも豊富で、店舗の集客に役立ちます。スーパーなど業態ごとにポイント還元率が上がるキャンペーンのほか、政府の「マイナポイント事業」の対象決済サービスでもあり、au PAYの加盟店であることは、新たな客層獲得に役立ちます。

「キャッシュレス決済の導入を検討している」「まずは低コストでキャッシュレス決済を試してみたい」という場合には、まずはau PAYの導入からはじめてみてはいかがでしょうか。

au PAYは今なら導入費用・手数料ともすべて無料

KDDIが提供するau PAYは、導入費用・入金手数料がすべて無料となっています。また、2022年9月30日まで決済手数料率が0%になるキャンペーンを実施しています。

※お申込み状況により、決済手数料率が異なる場合がございます。 決済合計額に、決済手数料率を乗じて計算された手数料の金額に、消費税10%を加算した額をお支払いいただきます。

関連する投稿


【導入店舗向け】キャッシュレス決済の導入効果、どう測る?メリットの検証方法

【導入店舗向け】キャッシュレス決済の導入効果、どう測る?メリットの検証方法

クレジットカードに加え、QRコード決済が急速に普及しつつある日本。キャッシュレス決済導入によるメリットには何があって、その効果を計測するにはどうしたらよいでしょうか。経済産業省がキャッシュレス決済の導入効果の「見える化」として検討している項目を元に、自社で当てはまる項目を検証してみましょう。


客単価をアップするには?売上を増やすau PAY活用方法

客単価をアップするには?売上を増やすau PAY活用方法

キャッシュレス決済は、カードやスマホひとつで支払いができ、ユーザーはポイント還元も受けられます。そして、お店側にもさまざまなメリットをもたらします。「客単価アップ」もそのひとつ。一般論の後、キャッシュレス決済を活用して、客単価を上げる方法をご紹介します。


自分のお店でau PAYが使えることをアピールするには?店頭シールやPOPだけじゃない告知方法まとめ

自分のお店でau PAYが使えることをアピールするには?店頭シールやPOPだけじゃない告知方法まとめ

QRコード決済はポイント還元もあり、キャンペーンも充実しています。お客さまにおトクにお買い物や食事を楽しんでもらうためにも、お店側が積極的に「キャッシュレス決済が使えること」をアピールすることはとても重要です。今回はau PAYを例に、キャッシュレス決済対応店舗であることを効果的にアピールする方法をご紹介します。


au PAY導入店舗事例 「コスタクラシック ピアノスタジオ」様

au PAY導入店舗事例 「コスタクラシック ピアノスタジオ」様

au PAYをご導入いただいた店舗のみなさまに、導入のきっかけやコストや集客面などのメリットを伺いました。スマホ決済にau PAYの導入をご検討の方は、ご参考にしてください。 今回は、世田谷区の「コスタクラシック ピアノスタジオ」様の事例をご紹介します。au PAYは導入費用・決済手数料・入金手数料すべて無料なので、とりあえず取り組んで、試してみやすいのがポイント!


「○○PAY」を導入するなら?無料キャンペーンを延長したau PAYがおすすめ!

「○○PAY」を導入するなら?無料キャンペーンを延長したau PAYがおすすめ!

主要なキャッシュレス決済に定着したQRコード決済。2021年にPayPayが決済手数料有料化に踏み切り話題となりました。各社対抗策を打ち出していますが、今店舗に導入するならどの「○○PAY」がおトクでしょうか?au PAYなら、来年9月末まで決済手数料無料キャンペーンを延長しているのでおすすめです。


無料相談
自治体相談窓口
受付:平日/10:00〜19:00(12月29日〜1月3日を除く)