資料請求資料請求
無料申込無料申込

トップへ戻る

au PAYの決済の流れを解説!使い方と注意点

au PAYの決済の流れを解説!使い方と注意点

KDDIのQRコード決済「au PAY」 の決済の流れと、加盟店さま・お客さまそれぞれの使い方と注意点についてご説明します。 au PAYのQRコード決済には、顧客提示型と店舗提示型の2種類があります。au PAYは店頭の商品・サービス以外にバーコード付きの公共料金や払込票の支払いにも使えます。 au PAYの支払いには残高が必要ですが、現金やクレジットカードによるチャージのほかに、提携サービス利用やポイント還元によってたまるPontaポイントもつかえる点は、au PAYならではの特徴です。 au PAYの導入を検討されている方は、決済の流れを把握したり、返金のオペレーションをイメージしてみましょう。


au PAYは、QRコード/バーコード決済に対応

QRコード/バーコード決済のau PAYのコード読み取り方法はMPM方式(店舗提示型)とCPM方式(顧客提示型)の2種類があります。

MPM(店舗提示型)はお客さまが加盟店さま専用のコードを読み取り決済を行います。

「au PAY」QRコード読み取り

一方、CPM(顧客提示型)はお客さまがQRコードを提示して加盟店さまが読み取り決済を行います。

「au PAY」QRコードのレジ対応

MPMとCPMでは加盟店さまスタッフのPOSレジのオペレーション方法が異なりますのでそれぞれ確認して慣れておく必要があります。

MPM(店舗提示型)利用イメージ

加盟店さまは事前に紙等でQRコード表示が必要です。これが無いと決済できないので注意しましょう。

① 会計処理
お客さまがお支払を「au PAY」で申し出た際、加盟店さまスタッフはPOSレジでの処理を行います。

② 決済処理

「au PAY」QRコード支払い対応

事前に準備したQRコードをお客さまに読み取ってもらいます。

「au PAY」QRコード支払い処理

読み取った後はお客さまがお支払金額を入力し、決済実行ボタンを押します。

③ 結果確認
加盟店さまスタッフがお客さまの決済完了画面を確認して決済完了となります。

CPM(顧客提示型)利用イメージ

① 会計処理
お客さまがお支払を「au PAY」と申し出た際、加盟店さまスタッフはPOSレジでの対応もしくはau PAY for BIZアプリ/端末で金額の入力を行います。

② 決済処理

「au PAY」QRコード表示

お客さまがアプリでコードを表示するので加盟店さまスタッフはレジスキャナもしくはau PAY for BIZ端末/タブレット等のカメラ/スキャナで読取りを行います。読取りが完了し問題なければ決済を確定します。

③ 結果通知

決済が完了するとお客さまのau PAYアプリには決済完了画面が表示され、決済完了の通知がメールで届きます。

決済が失敗した場合、au PAYアプリには決済エラー画面が表示され、決済エラーの通知がメールで届きます。エラーになった際は、再度決済処理が必要となります。

公共料金などの請求書もau PAYで!店頭以外での使用方法

au PAYは電気・ガス料金などの公共料金や、ショッピング代金などの請求書(払込票)をスマホ読み取り、au PAY残高からお支払いすることもできます。

現在請求書払いに対応しているサービスとしては電気・ガス・水道・NHK、地方自治体の各種支払などがあります。

請求書のお支払い方法

① 請求書を準備する

請求書

お客さまは請求書とスマートフォンをお手元にご用意します。

② バーコードを読み取る

「au PAY」請求書の処理

お客さまはバーコード読み取りボタンをタップし、請求書のバーコードを読み取ります。

③ 支払う

「au PAY」請求書の支払い

お客さまは確認画面に表示される支払い内容に間違いがないことを確認して「支払いを確定」ボタンをタップします。

④ 支払い完了

「au PAY」請求書の支払い完了

お客さまは支払いの詳細は履歴よりご確認いただけます。

注意点について

全ての請求書が対応している訳ではなく、対応サービスの確認が必要です。


また、その他注意点としては下記となります。

・決済上限額はau PAYの決済上限額に依存します。

・支払い先企業によって、お客さま負担手数料が加算される場合がございます。

・請求書(紙払込票)の状態およびご利用の端末のカメラの性能によっては、読み取りが正常に行われない場合がございます。

・請求書(紙払込票)に印字された情報が決済確認画面と同一であることをご確認の上、決済していただきますようお願いいたします。

・請求書(紙払込票)を破棄されますと、お支払照会等にお時間を要する可能性がございますので、ご注意ください。

・請求書支払いの完了後に誤って、店舗等でお支払いをした場合、au PAYでは返金できませんのでご注意ください。

・請求書支払いの履歴画面およびお手元の請求書(紙払込票)にて領収証に代えさせていただきます。

・KDDI株式会社が不正のおそれがあると判断した場合、au PAYのご利用を停止させて頂く場合があります。

・ベースポイント(0.5%)以外の特典は、各キャンペーンページをご確認ください。

・全加盟店対象クーポンはご利用いただけませんので、ご注意ください。

・掲載内容について予告なく変更する場合や、中止する場合があります。


au PAYにチャージする方法

「au PAY」チャージ方法

au PAYで支払うには、au PAY残高(旧au WALLET残高)が必要です。お客さまが決済を行おうとしたときエラーとなる原因の1つが残高不足です。


残高不足のお客さまへ原因を説明し、問題を解決して決済をスムーズに行うため、加盟店さまもau PAYの残高チャージ方法を理解しておく必要があります。


残高のチャージ方法は、現金(セブン銀行ATM/ローソン店頭/auショップ)、クレジットカード、auかんたん決済、Pontaポイント(旧au WALLETポイント)/auポイント、銀行口座等からできます。



利用代金が月々の通信料金と合算して請求される「auかんたん決済」は、オートチャージを設定できるので便利です。Pontaポイント(旧au WALLETポイント)/auポイントについては色々ためる方法があるので、上手く活用するとお得にチャージすることができます。


ポイントのチャージ方法の詳細はFAQをご確認ください。


決済後の返品はau PAY残高に対する返金

決済後の返品(返金)について、現金での返金は原則不可となっています。

返品(返金)が完了するとリアルタイムでお客さまのau PAY残高に返金が行われます。返金可能期間は決済日を含む90日間となっているので注意が必要です。

まとめ

au PAYの決済の流れやチャージ方法についてご紹介しました。店頭での決済は基本的にスマートフォンまたはQRコード対応レジで操作が完結するので、オペレーションは難しくありません。決済の流れを理解してau PAYを導入し、多くのメリットを受けましょう。

au PAYでの決済の流れに関するFAQ

Q:au PAYでの支払い方法の種類は?

au PAYではQRコードまたはバーコードを読み取って決済します。お支払い方法は、お店に掲示されたQRコードをスキャンする方法(MPM方式/店舗提示型)と、コード支払い画面をお店に提示する方法(CPM方式/顧客提示型)の2種類があります。両者の違いについて詳しくは本文にてご確認ください。

Q:お店でau PAYで支払うには?

前提条件として、お客さまのスマートフォンにau PAYアプリをインストールして初期設定済である必要があります。

後は、au PAY加盟店にて、お支払い時に「au PAY(えーゆーぺい)で」と伝え、お支払いをしてください。お支払い方法には、お店に掲示されたQRコードをスキャンする方法と、コード支払い画面をお店に提示する方法の2種類があります。au PAYアプリの使い方やインストール方法は、『スマホでかんたんに決済できる「au PAY アプリ」とは』の記事をご覧ください。

Q:au PAYで決済ができません

ケースにより対応が変わりますが、お客さまの残高不足、あるいはお支払い可能額が上限を超えている場合などがあります。残高不足の場合はお客さまにチャージ(入金)していただく必要があります。

詳しくは、加盟店向けのよくあるご質問の「決済ができません。」の項目もご覧ください。

Q:au PAYにチャージ(入金)する方法は?

au PAYでは、お支払い前にお客さまにチャージ(入金)していただく必要があります。チャージ方法は複数あり、詳しくは「au PAY 残高にチャージ(入金)する7つの方法」の記事をご覧ください。残高不足を気にしなくて良いオートチャージ設定も用意されています。

こちらの記事もあわせてどうぞ

au PAYは今なら導入費用・手数料ともすべて無料

KDDIが提供するau PAYは、導入費用・入金手数料がすべて無料となっています。また、2022年9月30日まで決済手数料率が0%になるキャンペーンを実施しています。

※お申込み状況により、決済手数料率が異なる場合がございます。 決済合計額に、決済手数料率を乗じて計算された手数料の金額に、消費税10%を加算した額をお支払いいただきます。

関連する投稿


au PAY決済時にPontaカードを提示してもらう理由と仕方

au PAY決済時にPontaカードを提示してもらう理由と仕方

お客さまがau PAYで決済するときに、Pontaカードの提示もお願いしますが、その理由をご存知ですか?au PAYを使ってPonta提携社で決済するとき、ポイントカードの提示によりダブルでポイントがたまるメリットがあります。お客さまから質問されたときに答えられるよう、理由や掲示の仕方を改めておさらいしましょう。


2022年現在は何%?au PAYのポイント還元率情報

2022年現在は何%?au PAYのポイント還元率情報

2020年にPontaと連携し、つかえる場所・たまる場所がさらに増えたau PAY。ポイント還元で現金よりおトクにお買い物でき、「たぬきの大恩返し」など豊富なキャンペーンも魅力です。2022年現在のau PAYの還元率の基本とより還元率が高い使い方やキャンペーンについて解説します。


【2022年版】QRコード決済サービス大手6社のユーザー数を比較!

【2022年版】QRコード決済サービス大手6社のユーザー数を比較!

QRコード決済は、スマートフォンひとつでお買い物ができ、ここ数年でユーザー数がどんどん増えています。この記事では、人気のQRコード決済サービス各社の「ユーザー数」をご紹介していきます。 QRコード決済の導入を検討されている事業者のなかには、「サービスの種類が多く、どれを導入したらいいか迷ってしまう」という方も少なくありません。この記事を参考に、ぜひ自分に合ったQRコード決済サービスを見つけてみてください。


飲食店でキャッシュレス決済を導入し売り上げUP!導入のメリットを解説

飲食店でキャッシュレス決済を導入し売り上げUP!導入のメリットを解説

近年キャッシュレス決済が急速に普及し、従来から使われているクレジットカードに加え、電子マネーやQRコード決済など種類も多様化しています。 新型コロナウイルス感染症の影響もあり、居酒屋やレストランなどの飲食店でも非接触型の決済を導入するところも増えてきています。この記事では、飲食店での支払いに関する消費者動向や、飲食店でのキャッシュレス決済導入メリットを解説します。


自分のお店でau PAYが使えることをアピールするには?店頭シールやPOPだけじゃない告知方法まとめ

自分のお店でau PAYが使えることをアピールするには?店頭シールやPOPだけじゃない告知方法まとめ

QRコード決済はポイント還元もあり、キャンペーンも充実しています。お客さまにおトクにお買い物や食事を楽しんでもらうためにも、お店側が積極的に「キャッシュレス決済が使えること」をアピールすることはとても重要です。今回はau PAYを例に、キャッシュレス決済対応店舗であることを効果的にアピールする方法をご紹介します。


最新の投稿



「Google ビジネス プロフィール」でお店の口コミ情報を管理したり削除する方法

「Google ビジネス プロフィール」でお店の口コミ情報を管理したり削除する方法

Googleの口コミ情報、チェックされていますか?良いお店と評価されれば、検索結果の上位表示につながります。Googleの口コミは「ローカルユーザー」と呼ばれるユーザーが投稿していますが、お店側は「Google ビジネス プロフィール」の機能で返信したり、誹謗中傷の削除申請をすることも可能です。


au PAY決済時にPontaカードを提示してもらう理由と仕方

au PAY決済時にPontaカードを提示してもらう理由と仕方

お客さまがau PAYで決済するときに、Pontaカードの提示もお願いしますが、その理由をご存知ですか?au PAYを使ってPonta提携社で決済するとき、ポイントカードの提示によりダブルでポイントがたまるメリットがあります。お客さまから質問されたときに答えられるよう、理由や掲示の仕方を改めておさらいしましょう。


【店舗向け】さまざまなツールを用いた集客成功事例

【店舗向け】さまざまなツールを用いた集客成功事例

新型コロナウイルス感染症の影響が長期化しています。こうした厳しい営業環境の中で売上を補っていくには、集客によって新しいお客さまを獲得していくのも、一つの方法です。主にオンラインのツールを用いて集客に成功した店舗・企業の事例をご紹介していきます。


業務効率化など、数字で見るキャッシュレス決済のメリット

業務効率化など、数字で見るキャッシュレス決済のメリット

au PAYを筆頭に「キャッシュレス決済」の普及を受け、自店舗での導入を検討……するものの、これといった決め手に欠き、キャッシュレス決済導入を見送っていませんか?今回はキャッシュレス決済の現状、メリット、デメリットなどを紹介します。


無料相談
自治体相談窓口
受付:平日/10:00〜19:00(12月29日〜1月3日を除く)