資料請求資料請求
無料申込無料申込

トップへ戻る

au PAYは使えるお店が少ないって本当?2021年現在QRコード決済の大手に成長

au PAYは使えるお店が少ないって本当?2021年現在QRコード決済の大手に成長

インターネットで検索すると「au PAY 使える店 少ない」という候補が示されることがあります。これは本当でしょうか?サービス開始直後と異なり、au PAYではPontaポイントも使えるなど、2021年にはQRコード決済の大手サービスに成長しています。au PAYでは2021年10月時点で440万カ所のポイント・決済加盟店で利用でき、これはQRコード決済各社のなかでも使えるお店が多いサービスとなっています。


2021年現在、au PAYが使える場所は440万カ所!

「〇〇PAY」で知られるQRコード決済は、豊富なキャンペーンやオトクなポイント還元が特徴です。豊富なキャンペーンがあるとしても、実際に利用できる場所があるかが大事。

au PAYは、2021年10月時点で440万カ所ものポイント・決済加盟店で利用できる、QRコード決済の大手サービスです。

QRコード決済各社の加盟店数を見ると、2020年末時点の以下記事では、楽天ペイで約500万カ所、LINE Payで309万カ所以上、PayPayで286万カ所、d払いで266万店カ所以上となっています。

PayPayで使える場所が2021年10月現在344万カ所とされているので、au PAYの440万カ所は大手サービスのなかでも多い方と言えます。

QRコード決済主要6社の使えるお店を比較!加盟店数の規模は?

https://media.aupay.wallet.auone.jp/articles/44

QRコードをスマホで読み取るだけで決済できる「QRコード決済」。その手軽さやおトクにお買い物できる特徴から、ユーザー数・加盟店数とも増えています。QRコード決済の導入にあたっては、導入費用や決済手数料などコスト面も大事ですが、集客効果も大事。加盟店と使える場所が多いQRコード決済には、よりユーザーが集まることが期待されます。この記事では、主要なQRコード決済サービスの加盟店数とユーザー数を比較します。

au PAYが使える場所の例

ユーザーとしては、身近に使えるお店が多いQRコード決済が嬉しいですよね。どんな場所でau PAYが使えるか、具体的に見ていきましょう。

まず、「ローソン」「セブン-イレブン」「ファミリーマート」のコンビニエンスストア大手三社で使えます。

さらに、「イトーヨーカドー」「サミットストア」「東急ストア」をはじめとする大手スーパー、各種飲食チェーン、各種ドラッグストア、家電量販店各社などで、au PAYを利用できます。au PAY公式サイトの「au PAYの使えるお店」を見ると、毎月のように新たに使えるお店が増えていることがおわかりいただけるでしょう。

au PAYでは、実店舗のほか、公共料金の請求書払いのほかデリバリー&テイクアウトの「menu」、映画の「ムビチケ」などのネット支払いにも対応するなど、コロナ下の衛生対策としても役立つ利用シーンが拡大しています。

ますます拡大、使えるお店!au PAYの導入実績

https://media.aupay.wallet.auone.jp/articles/17

KDDIの「au PAY」は大手通信会社の運営という安心感と、積極的なCMやキャンペーンを通じて着々と会員数と使えるお店を増やし続けています。お店には「どのくらい使われているサービスか」、利用者には「どれだけ身近に使えるお店があるか」が気になるところです。この記事では、au PAYの導入実績と、使えるお店が増えている背景について説明します。

au PAYの使える場所の数と会員数が増えた理由

au PAYの会員数は2021年10月現在約2,700万に達していますが、使える場所と会員数がこれだけ増えてきたのには、理由があります。

1つ目は、au PAYは通信大手のKDDIが運営しているという安心感です。QRコード決済では各社によるキャンペーン合戦が繰り広げられましたが、経営母体が大きくないと、こうしたキャンペーンは続けられません。また、好感度が高い「三太郎」シリーズを通じたCMも、au PAYの認知拡大に貢献しています。

2つ目は、2019年8月からau契約者以外でもau PAYを利用可能になったことです。au PAYはそのサービス名から、au契約者専用サービスと誤解されがちですが、スマホにアプリをインストールして初期設定するだけ。au契約者以外も利用できることで、会員数が増加しました。

3つ目は、2020年5月に「au WALLETポイント」が「Pontaポイント」へ移行したことです。「Pontaポイント」は国内最大級のポイントサービスで、使える場所が飛躍的に増加するとともに、au PAYとあわせた会員基盤は1億超という国内最大級の会員基盤が誕生しました。

経営母体が大きく、会員数も多いサービスの方が、お店も集客や売上UPが期待できます。これらが、au PAYの使える場所と会員数がQRコード決済大手に成長した理由です。

「au PAY」とは?その特徴とメリット

https://media.aupay.wallet.auone.jp/articles/24

au PAYは、通信大手のKDDIが提供するスマホ決済サービス。QRコードをスマホで読み取るだけで決済できる手軽さが特徴です。初期費用・決済手数料・入金手数料すべて0円と導入しやすく、好感度が高いauのTV CMを始め、さまざまなキャンペーンを通じて集客に役立ち、スムーズな決済で効率化・人手不足の対策にもなります。この記事では、au PAYの特徴とメリットについて解説します。

auポイントがPontaポイントへ。ためやすいPontaポイントはメリットが沢山!

https://media.aupay.wallet.auone.jp/articles/69

2020年5月21日から、「au WALLETポイント」が「Pontaポイント」へ移行しました。Pontaポイントへ移行したことで、会員基盤が大きくなり、ポイントをためたりつかったりできる場所が増えました。この記事ではau PAYでたまるPontaポイントについて詳しく解説しています。

キャッシュレス決済の手段として急速に普及するQRコード決済

各社がQRコード決済に参入し「○○PAY」が乱立した2019年は「キャッシュレス元年」と呼ばれ、おトクなポイント還元キャンペーンによって、QRコード決済の認知度は大いに高まりました。

2021年4月の調査によればQRコード決済の利用率は54%に達し、主要なキャッシュレス決済手段として定着しつつあります。また、2020年のQRコード決済各社の取扱高をまとめたところ、前年比4倍の4兆円超に達したことがわかりました。

前年度比4倍という数字が示す通り、QRコード決済市場は急成長しています。そのため、利用できるお店がどんどん増えるなど、数年前の状況から大きく変わっていることに注意が必要です。

QRコード決済の利用率は2021年に54%!大台を超え主要な決済方法として普及

https://media.aupay.wallet.auone.jp/articles/66

新しい決済方法として急速に普及するQRコード決済。2021年4月の調査では利用率54%と過去最高を記録し、主要なキャッシュレス決済として定着しています。その他のキャッシュレス決済と比べても伸びが大きく、今後クレジットカードに次ぐ決済方法になると予想されます。

QRコード決済市場は4兆円超!今後数年で10兆円規模に成長の予測も

https://media.aupay.wallet.auone.jp/articles/67

QRコード決済の市場が急拡大!2020年のQRコード決済各社の取扱高をまとめたところ、前年比4倍の4兆円超に達したことがわかりました。さらに、矢野経済研究所では今後のQRコード決済市場について、2024年には10兆円規模に達すると予測しています。日常の消費に加え、コロナ対策の自治体キャンペーンでもQRコード決済が活用されるなど、利用シーンが広がっています。

まとめ

通信大手KDDIが運営するau PAYは、Pontaポイントとあわせた会員数が国内最大級の1億超、使える場所が440万カ所に達する、QRコード決済の大手サービスです。

「○○PAY」で知られるQRコード決済は、主要なキャッシュレス決済の手段として定着しつつあり、数年後にはさらに数倍利用される予測も出ています。au PAYを活用して、オトクにお買い物を楽しんだり、お店の集客に役立てましょう。

au PAYは今なら導入費用・手数料ともすべて無料

KDDIが提供するau PAYは、導入費用・入金手数料がすべて無料となっています。また、2022年9月30日まで決済手数料率が0%になるキャンペーンを実施しています。

※お申込み状況により、決済手数料率が異なる場合がございます。 決済合計額に、決済手数料率を乗じて計算された手数料の金額に、消費税10%を加算した額をお支払いいただきます。

関連するキーワード


QRコード決済

関連する投稿


自分のお店でau PAYが使えることをアピールするには?店頭シールやPOPだけじゃない告知方法まとめ

自分のお店でau PAYが使えることをアピールするには?店頭シールやPOPだけじゃない告知方法まとめ

QRコード決済はポイント還元もあり、キャンペーンも充実しています。お客さまにおトクにお買い物や食事を楽しんでもらうためにも、お店側が積極的に「キャッシュレス決済が使えること」をアピールすることはとても重要です。今回はau PAYを例に、キャッシュレス決済対応店舗であることを効果的にアピールする方法をご紹介します。


au PAY導入店舗事例 「コスタクラシック ピアノスタジオ」様

au PAY導入店舗事例 「コスタクラシック ピアノスタジオ」様

au PAYをご導入いただいた店舗のみなさまに、導入のきっかけやコストや集客面などのメリットを伺いました。スマホ決済にau PAYの導入をご検討の方は、ご参考にしてください。 今回は、世田谷区の「コスタクラシック ピアノスタジオ」様の事例をご紹介します。au PAYは導入費用・決済手数料・入金手数料すべて無料なので、とりあえず取り組んで、試してみやすいのがポイント!


「○○PAY」を導入するなら?無料キャンペーンを延長したau PAYがおすすめ!

「○○PAY」を導入するなら?無料キャンペーンを延長したau PAYがおすすめ!

主要なキャッシュレス決済に定着したQRコード決済。2021年にPayPayが決済手数料有料化に踏み切り話題となりました。各社対抗策を打ち出していますが、今店舗に導入するならどの「○○PAY」がおトクでしょうか?au PAYなら、来年9月末まで決済手数料無料キャンペーンを延長しているのでおすすめです。


QRコード決済の自治体キャンペーンが急増!ポイント還元で消費者・事業者ともにメリットあり

QRコード決済の自治体キャンペーンが急増!ポイント還元で消費者・事業者ともにメリットあり

新型コロナウイルス感染症の影響で低迷する地域経済の活性化策として、各自治体がポイント還元キャンペーンを実施しています。au PAYなどのQRコード決済を活用し、通常より高還元率でおトクなことも多いことも特徴です。飲食店や小売業などau PAY加盟店にもメリットが多いキャンペーンなので、制度の内容や各地の事例を把握しておきましょう。


QRコード決済の現場でも使われている?売上UPに役立つ行動経済学の基礎知識

QRコード決済の現場でも使われている?売上UPに役立つ行動経済学の基礎知識

購買などの日常的な経済行動を心理学を交えて分析する「行動経済学」。サンクコストや現状維持バイアスなど一般にも知られた理論も、行動経済学の一部です。行動経済学が注目されているのは、マーケティングなどビジネスでも活用できるとみなされているからです。QRコード決済の現場でも活用されている行動経済学の例をご紹介します。


無料相談
自治体相談窓口
受付:平日/10:00〜19:00(12月29日〜1月3日を除く)