資料請求資料請求
無料申込無料申込

トップへ戻る

QRコード決済主要6社の使えるお店を比較!加盟店数の規模は?

QRコード決済主要6社の使えるお店を比較!加盟店数の規模は?

QRコードをスマホで読み取るだけで決済できる「QRコード決済」。その手軽さやおトクにお買い物できる特徴から、ユーザー数・加盟店数とも増えています。QRコード決済の導入にあたっては、導入費用や決済手数料などコスト面も大事ですが、集客効果も大事。加盟店と使える場所が多いQRコード決済には、よりユーザーが集まることが期待されます。この記事では、主要なQRコード決済サービスの加盟店数とユーザー数を比較します。


この記事を読むと...

  • QRコード決済各社の加盟店数とユーザー数がわかる
  • au PAYで実施中のおトクなキャンペーン内容がわかる

QRコード決済の導入にかかるコストや確認したいポイント

キャッシュレス決済の導入にあたり、QRコード決済の大きな特徴は、導入費用を抑えられることです。店頭にQRコードを設置してユーザーのスマホで読み込むタイプの場合、クレジットカードなどのようにカード読取端末の初期投資が不要で、無料で始めることも可能です。

また、クレジットカードの決済手数料は少額決済が主体の店舗にとっては重い負担になります。QRコード決済の決済手数料は、クレジットカードより低いか当面無料のキャンペーンを行っています。したがって、とりあえず取り組んで効果を見る、という方法も可能になっています。

このように導入費用や決済手数料など、費用面ではクレジットカードよりメリットがあるQRコード決済ですが、具体的にどのサービスを選べばよいか、ユーザー目線と店舗目線から確認しましょう。

加盟店数とユーザー数によるサービス規模、還元率やセキュリティなども関わってきます。

ユーザーから見たチェックポイント

QRコード決済を使うと、おトクにお買い物できるのがユーザーにとり最大のメリットです。したがって、通常時の還元率やキャンペーンの内容がサービスを選ぶかのチェックポイントになってきます。

またQRコード決済では、サービスそれぞれでポイントの種類が異なるので、たまったポイントの使い道の多さも決め手のひとつ。使えるお店や場所が多ければ、効率よくポイントをためたりキャンペーンに参加できます。

店舗目線から見たチェックポイント

還元率やキャンペーンの豊富さは導入店舗目線でも重要です。おトクなサービスは来店動機になり、キャンペーン期間は売上アップが期待できます。その際、ユーザー数が多いサービスの方が、潜在顧客が多いことになります。

また、普及期にある「◯◯PAY」では各社がキャンペーン合戦を繰り広げているため、経営母体が大きなサービスの方が安心です。このほか、セキュリティや導入後のサポート体制もチェックポイントです。

QRコード決済サービス主要6社+αを比較!各サービスの違いはココ

https://media.aupay.wallet.auone.jp/articles/36

お買い物をする際にQRコードを読み取るだけで支払いができる「QRコード決済」。スマホひとつでいろいろなところでお買い物ができる便利さから、人気が出ているキャッシュレス決済サービスです。QRコード決済各社の違いを紹介します。

QRコード決済各社の加盟店数と特徴を紹介!

QRコード決済各社の加盟店数と特徴を紹介します。QRコード決済導入を検討している店舗担当者様は、ぜひ参考にしてください。なお、加盟店数やカ所数は、サービスごとに定義や発表時期が異なるので、単純比較はできません。あくまで参考程度にとどめ、加盟店数やポイントの還元率、キャンペーン内容なども勘案して、自分のお店にあったサービスを選ぶようにしましょう。

サービス名加盟店数ユーザー数
au PAY355万ヵ所以上(2020年12月時点)2,500万超(2021年1月時点)、Ponta会員と合わせ1億超
PayPay286万カ所(2020年末時点)3,500万人以上
LINE Pay309万カ所以上(2019年12月末時点)3,880万人
楽天ペイ約500万カ所(2020年11月30日時点)5,000万人以上(2020年9月時点)、楽天会員は1億超
d払い266万店カ所以上(2020年9月末時点)3,255万人(2020年度3Q)
メルペイ170万店以上(2020年9月末時点)非公表

au PAYの加盟店数と使える場所

項目内容
加盟店数355万カ所(2020年12月時点)
ユーザー数2,500万超(2021年1月時点) 、Ponta会員と合わせ1億超
導入費用無料
決済手数料2022年9月30日まで無料
還元ポイントの種類Pontaポイント


au PAYは、通信大手のKDDIが運営するQRコード決済サービス。導入費用が無料で、決済手数料も9月30日まで無料のキャンペーンを行っています。

多くのQRコード決済サービスが振込手数料無料を指定銀行のみにしている中、au PAYの場合は金融機関を問わず振込手数料ゼロ。運営費用がほとんどかからないので、導入しやすいQRコード決済です。

加盟店数は355万カ所を超え、使えるお店もコンビニ各社をはじめ、「イトーヨーカドー」をはじめとする大手スーパー、飲食店やドラッグストア、さらに家電量販店・スポーツ用品店・カラオケなどのエンタメ施設でも利用可能です。この355万カ所という数字は前期比で2倍と、利用できる場所が急拡大しています。

会員数は2020年1月時点で2,500万を超え、Ponta会員と合わせて1億超に達し日本最大級の会員基盤となっています。

PayPayの加盟店数と使える場所

項目内容
加盟店数286万カ所 (2020年末時点)
ユーザー数3,500万人以上(2021年1月時点)
導入費用無料
決済手数料2021年9月30日まで無料
還元ポイントの種類PayPayボーナス

PayPayは、QRコード決済各社の中でトップクラスの会員数を誇ります。2018年には大規模な不正利用が発生したものの、その後はセキュリティも強化されています。

加盟店数は286万カ所以上、ユーザー数は3,500万人を突破。コンビニやスーパー、ドラッグストア、居酒屋やレストラン、さらには一部の宅配便サービスなどでも利用できます。

LINE Payの加盟店数と使える場所

項目内容
加盟店数309万カ所以上(2021年1月末時点)
ユーザー数国内での登録者数は約3,880万人(2020年6月末時点)
導入費用無料
決済手数料2021年7月31日まで無料
還元ポイントの種類LINEポイント

「LINE Pay」は、SNSのLINE関連サービス。LINE Payは海外展開もしていますが、国内に限ると加盟店数は309万ヵ所、ユーザー数は約3,880万人。LINEの月間利用者数は8,600万人(2020年9月時点)なので、その45%がLINE Payに登録したことになります。

LINE Payが使えるお店は、コンビニ各社に「スギ薬局」や「クスリのアオキ」などの薬局、「くら寿司」などのレストランなど。

また、LINE Payの特徴として、LINEポイントクラブ制があります。LINE Payでお買い物をするとLINEポイントがたまり、過去6か月のポイント獲得量に応じてランクが変動します。ランクアップするほどお得な特典が付与される仕組みです。

楽天ペイの加盟店数と使える場所

項目内容
加盟店数約500万カ所(2020年11月末時点)
ユーザー数5,000万人(2020年9月時点)、楽天会員は1億以上
導入費用2021年4月30日までカードリーダーを無償提供 
決済手数料3.24%~
還元ポイントの種類楽天ポイント

「楽天ペイ」は、ECサイトなどを運営する楽天系のQRコード決済サービス。利用できる店舗は約500万カ所。楽天会員は1億人超の会員規模を持ち、楽天ペイのユーザー数も2020年に5,000万人を超えています。使えるお店は、全国のコンビニやドラッグストア、飲食店、家電量販店など、様々なお店が対応しています。

d払いの加盟店数と使える場所

項目内容
加盟店数266万店ヵ所(2020年9月末時点) 
ユーザー数3,255万人(2020年度3Q)
導入費用無料
決済手数料2021年3月31日まで無料
還元ポイントの種類dポイント

「d払い」はNTTドコモが運営するQRコード決済サービスです。加盟店数は266万店。なお、この数字はdポイント・iD・d払い決済の利用可能カ所数の合計数です。d払いのユーザー数は2,999万人を突破し、d払いを使えるお店は、コンビニ、スーパー、ドラッグストア、レストランの他、一部のタクシーなどでも利用することができます。

メルペイの加盟店数と使える場所

項目内容
加盟店数170万店以上(2020年9月末時点)
ユーザー数非公表
導入費用無料
決済手数料2021年6月30日まで無料
還元ポイントの種類メルカリポイント

メルペイはフリマアプリ「メルカリ」系のQRコード決済。2020年9月からはd払いと提携し、QRコードの共用化を開始しています。

加盟店舗数は約170万店。ユーザー数は非公表ですが、メルカリの月間利用者数は1,755万人。メルカリの売上金をメルペイで利用できるため、メルカリユーザーの利用が多いのが特徴です。

QRコード決済を導入する店舗は国内で増加中!コロナ対策にも

2019年10月から実施された政府の「キャッシュレス・消費者還元事業」をきっかけに、QRコード決済を導入する店舗は、国内で急増しています。

また、新型コロナウイルスの影響で、感染媒体になりうる現金やカードのやりとりを避けるためにQRコード決済を導入し始めた店舗も多く存在します。顧客やスタッフへの感染を防げる点はもちろんですが、QRコード決済を導入することで、「コロナウイルスに対しての理解・対策が進んでいるお店」としてのアピールにもつながります。

QRコード決済導入は新規顧客獲得・売り上げUPにつながる!

クレジットカードのように審査なく利用できるQRコード決済は、幅広い年代の人に利用されています。QRコード決済ユーザーはポイント還元を受けられることから、加盟店に足を運ぶ傾向にあります。そのため、お店でQRコード決済を導入することは、新規顧客獲得や売り上げUPにつながります。

逆にライバル店がQRコード決済を導入しているのに、未だ導入しないでいると、QRコード決済ユーザーの来店機会を逃してしまいかねません。

まとめ

QRコード決済各社の加盟店数やユーザー数は、多いほどユーザー・店舗側それぞれにメリットがあります。利用や導入の前には必ずチェックすべき重要な点といえます。記事の中でお伝えしたように、QRコード決済を導入することは、機会損失を減らすことにつながり、新規顧客獲得も期待できます。

加盟店355万カ所以上、かつPonta会員と合わせて国内最大級となる1億超の会員基盤を誇る「au PAY」は、導入費用が無料で決済手数料も2022年9月30日まで無料です。キャンペーン期間を利用して、まずはau PAYからキャッシュレス決済への対応を始めてみましょう。

au PAYは今なら導入費用・手数料ともすべて無料

KDDIが提供するau PAYは、導入費用・入金手数料がすべて無料となっています。また、2022年9月30日まで決済手数料率が0%になるキャンペーンを実施しています。

※お申込み状況により、決済手数料率が異なる場合がございます。 決済合計額に、決済手数料率を乗じて計算された手数料の金額に、消費税10%を加算した額をお支払いいただきます。

関連するキーワード


QRコード決済

関連する投稿


QRコード決済の自治体キャンペーンが急増!ポイント還元で消費者・事業者ともにメリットあり

QRコード決済の自治体キャンペーンが急増!ポイント還元で消費者・事業者ともにメリットあり

新型コロナウイルス感染症の影響で低迷する地域経済の活性化策として、各自治体がポイント還元キャンペーンを実施しています。au PAYなどのQRコード決済を活用し、通常より高還元率でおトクなことも多いことも特徴です。飲食店や小売業などau PAY加盟店にもメリットが多いキャンペーンなので、制度の内容や各地の事例を把握しておきましょう。


QRコード決済の現場でも使われている?売上UPに役立つ行動経済学の基礎知識

QRコード決済の現場でも使われている?売上UPに役立つ行動経済学の基礎知識

購買などの日常的な経済行動を心理学を交えて分析する「行動経済学」。サンクコストや現状維持バイアスなど一般にも知られた理論も、行動経済学の一部です。行動経済学が注目されているのは、マーケティングなどビジネスでも活用できるとみなされているからです。QRコード決済の現場でも活用されている行動経済学の例をご紹介します。


au PAYは使えるお店が少ないって本当?2021年現在QRコード決済の大手に成長

au PAYは使えるお店が少ないって本当?2021年現在QRコード決済の大手に成長

インターネットで検索すると「au PAY 使える店 少ない」という候補が示されることがあります。これは本当でしょうか?サービス開始直後と異なり、au PAYではPontaポイントも使えるなど、2021年にはQRコード決済の大手サービスに成長しています。au PAYでは2021年10月時点で440万カ所のポイント・決済加盟店で利用でき、これはQRコード決済各社のなかでも使えるお店が多いサービスとなっています。


QRコード決済でも後払い!?チャージ不要で利用できるスマホ決済を紹介

QRコード決済でも後払い!?チャージ不要で利用できるスマホ決済を紹介

現金を持ち歩かなくてもお買い物できるキャッシュレス決済。後払いできる決済方法といえばクレジットカードが代表的でしたが、前払い中心のQRコード決済でも後払いに対応しているのをご存じでしょうか。この記事では、au PAYで後払いする方法をご紹介します。au PAYとau PAYカードを連携させることで、ポイントの還元率も上がります。


小売業がキャッシュレス決済を導入すべき理由を解説!集客効果も!

小売業がキャッシュレス決済を導入すべき理由を解説!集客効果も!

キャッシュレス化の流れが加速化する昨今、小売業でもクレジットカードやQRコード決済などを使えるお店が増えています。この記事では、小売業者がキャッシュレス決済を導入すべき理由、導入するメリットや注意点などを詳しく解説します。小売業における「キャッシュレス決済の平均的な導入率」についても紹介しているので、お店のキャッシュレス化にお悩みの小売事業者様はぜひ参考にしてみてください。


最新の投稿




【加盟店向け】キャッシュレス決済の売上はどう仕訳する?会計処理の方法を解説

【加盟店向け】キャッシュレス決済の売上はどう仕訳する?会計処理の方法を解説

キャッシュレス決済を導入すると、現金決済の場合とは経理の「仕訳」も変わってきます。QRコード決済などキャッシュレス決済の会計処理では、売上と入金のタイミングが異なる点に注意が必要です。そこで仕訳としては、売上を「売掛金」として扱い後日の入金を待ちます。また、決済手数料がかかる場合は「支払手数料」として記帳します。ポイントについては仕訳上、特別な処理は不要です。


再開が期待される「Go To トラベル」前回実施時の効果はどうだった?

再開が期待される「Go To トラベル」前回実施時の効果はどうだった?

国が旅行・宿泊代金の一部を割引したり、地域共通クーポンを発行する「Go To トラベル」。観光客にオトクなのはもちろん、地域経済にとっても売上回復のきっかけになると期待されています。各種調査に基づく「Go To トラベル」前回実施時の効果や、今後の動向についてお伝えします。


QRコード決済の自治体キャンペーンが急増!ポイント還元で消費者・事業者ともにメリットあり

QRコード決済の自治体キャンペーンが急増!ポイント還元で消費者・事業者ともにメリットあり

新型コロナウイルス感染症の影響で低迷する地域経済の活性化策として、各自治体がポイント還元キャンペーンを実施しています。au PAYなどのQRコード決済を活用し、通常より高還元率でおトクなことも多いことも特徴です。飲食店や小売業などau PAY加盟店にもメリットが多いキャンペーンなので、制度の内容や各地の事例を把握しておきましょう。


最近話題のキーワード

au PAY magazineで話題のキーワード


キャンペーン 自治体キャンペーン
無料相談
自治体相談窓口
受付:平日/10:00〜19:00(12月29日〜1月3日を除く)