トップへ戻る

QRコード決済サービス各社の還元率を比較。導入の参考に!

QRコード決済サービス各社の還元率を比較。導入の参考に!

「◯◯PAY」として各社が参入した「QRコード決済」。ユーザー目線では、ポイント還元などを通じて、現金よりおトクにお買い物できる点が最大のメリットです。一方で、各社がキャンペーンを繰り広げるなか、どのサービスが良いか迷う方も出てきています。QRコード決済導入を検討している店舗の目線でも、よりユーザーが興味を示しているサービスを導入したいところ。QRコード決済各社の還元率やその仕組についてまとめました。


この記事を読むと...

  • QRコード決済各社の還元率がわかる
  • au PAYで実施中のおトクなキャンペーン内容がわかる

今さら聞けない?QRコード決済の“還元率”について

高いものでは還元率20%に達することもあるQRコード決済各社のキャンペーンですが、その仕組みについて、おさらいしましょう。

QRコード決済では、ユーザーの決済金額に応じて、現金ではなくポイントまたは電子マネーとして還元されます。その際、ポイント還元率がそれぞれ設定されており、その率によって「決済金額に対して何%のポイントが加算されるか」が決まります。

例えば還元率が5%の場合、1,000円の買い物をした際に還元されるポイントは「50円相当」です。還元されるタイミングには、即時または後日のパターンがあります。

QRコード決済各社のポイント還元率は通常1%から数%ですが、利用条件を満たすと還元率が上がるキャンペーンは、よりおトクにお買い物ができるチャンスです。

還元率の高さはお店にとっても重要!

還元率の高さやキャンペーン内容は、店舗にとっても重要です。ユーザーは、ポイントをためられるお店を優先的に選ぶようになり、その傾向はキャンペーン期間中により高まります。

競合店が導入済のQRコード決済を自分のお店が導入していない場合、お客さんが競合店に流れる動機になっているかもしれません。またキャンペーンでは、TVやWebで広告が流れますが、自分のお店の販促をQRコード決済社側でやってくれていることになり、自社でマーケティングする体力がない中小店舗にとっても、大きなメリットです。

QRコード決済各社の還元率とキャンペーンを紹介

それでは、QRコード決済サービス主要各社の還元率とキャンペーン内容を比較してみましょう。還元率とたまるポイントの種類、さらに過去に行ったキャンペーンについてまとめたので、QRコード決済サービスの比較にご利用ください。

サービス名運営元ポイントの種類
au PAYKDDI株式会社Pontaポイント
PayPayPayPay株式会社PayPayボーナス
LINE PayLINE Pay株式会社LINEポイント
楽天ペイ楽天ペイメント株式会社楽天ポイント
d払い株式会社NTTドコモdポイント
ご利用可能なクレジットカードやチャージ金額など、詳細についてはこちらの「チャージ(入金)方法」内「クレジットカード」項目からご確認ください。

「au PAY」の還元率とキャンペーン

通信大手のKDDIが運営するQRコード決済サービス「au PAY」。au PAYという名前ですが、auスマホのユーザーでなくても利用できます。定期的にユーザーにとっておトクなキャンペーンを行っており、過去には「誰でも!毎週10億円!もらえるキャンペーン」や「au PAYのお支払いで!どこでもポイント2倍企画」などを実施しています。実施されるキャンペーン数、還元率ともに業界トップクラスを誇ります。

また、au PAYの最大の特徴として、「Pontaポイント」がたまる点が挙げられます。日常のお買い物や、au関連サービスの利用を通じてたまる「au WALLET ポイント」が2020年5月21日より、国内最大級の共通ポイントサービス「Ponta ポイント」に変更されました。2020年1月末時点で会員数9,300万人を超えるPontaポイントは利用できる場所も多く、消費者にとってはポイントをためる・つかう選択肢が広いのが魅力です。

au PAYの還元率とオトクな利用パターン

au PAYを利用すると200円ごとに1Pontaポイント(0.5%)たまるのが基本ですが、提携する「au PAYカード」からau PAY残高にチャージすると、100円につき1Pontaポイントがたまります。この、ダブルでたまるau PAY 残高チャージがau PAYのおトクな利用パターンです。

au PAYカードでのチャージ(1%)+au PAY利用(0.5%)=1.5%

さらに、Pontaポイントは日々のお買い物にくわえて、au携帯電話やauでんきの支払いでもためられます。還元率は利用料金によって異なり、例えばauでんきの料金が5,000円未満なら1%、5,000円~8,000円未満なら3%、8,000円以上なら5%と段階的な還元率が設定されています。毎月かかる固定費でPontaポイントが還元されるので、知らず知らずのうちに効率的にポイントをためられるでしょう。

こうしてたまったPontaポイントは、au PAY残高にチャージして、au PAYでお買い物をするときに利用可能です。

au PAYでたまる「Pontaポイント」!ため方やつかい方を解説

https://media.aupay.wallet.auone.jp/articles/33

通信大手のKDDIが運営するQRコード決済サービス「au PAY」でたまるPontaポイントの仕組みと、店舗側がau PAYを導入するメリットを紹介します。

「PayPay」の還元率とキャンペーン

ソフトバンクグループの「PayPay」は、QRコード決済サービスのなかでもトップクラスのユーザー数を抱え、知名度も高いのが特徴です。PayPayで決済をすると「PayPayポイント」が還元され、還元率は0.5%~最大1.5%。還元率は前月の利用状況によって決まる仕組みです。

PayPayの還元率

還元率は0.5%が基本で、前月に「100円以上の決済を50回以上」行っていると0.5%増しに、前月の「利用金額が10万円を超えている」とさらに0.5%増しになります。最大1.5%還元されるので、QRコード決済を頻繁または高額利用する人ほど還元率が高くなります。

基本0.5%+前月に「100円以上の決済を50回以上」で0.5%+前月の「利用金額が10万円を超えている」で0.5%=最大1.5%

PayPayでも随時キャンペーンを行っていて、過去には抽選でポイントバックされるキャンペーンや、100億円還元キャンペーンなどが注目を集めました。

「LINE Pay」の還元率とキャンペーン

LINE Payの利用でたまるポイントは「LINEポイント」です。LINE Payは従来、0.5〜2%のポイント還元を行ってきましたが、2020年5月から還元率が原則0%となり、還元を受けるには「Visa LINE Payクレジットカード」登録が必須となっています。

「Visa LINE Payクレジットカード」提携時の還元率は1%。2021年4月30日までは、クレジットカード登録で3%還元を受けられるキャンペーンを行っています。

上限額が定められているキャンペーンが多いなか、上記キャンペーンでは上限はありません(2021年5月以降は未発表)。ためたLINEポイントは、1ポイント1円としてコンビニやスーパーなどLINE Payの加盟店で利用できます。

「楽天ペイ」の還元率とキャンペーン

楽天グループが運営する「楽天ペイ」は、楽天会員に人気のQRコード決済サービス。

楽天ペイで決済を行うと、楽天ポイントをためられ、基本の還元率は1%。1.5%還元を受けるには、楽天カードからチャージする必要があります。この1.5%還元キャンペーンは2020年7月1日開始で終了日は未定です。

さらに、楽天ポイントカード加盟店でお買い物をする場合、楽天カードからチャージし楽天ペイで支払い、さらに楽天ポイントカードを掲示することで還元率がさらに1%加算されます。つまり、合計で最大2.5%の楽天ポイントを受け取れるということです。

楽天ペイアプリでのお支払いで最大1.5%還元+楽天ポイントカード加盟店での利用で最大1%還元=最大2.5%還元

「d払い」の還元率とキャンペーン

「d払い」はNTTドコモが運営するQRコード決済サービス。d払いを利用してお買い物すると、お支払い金額200円につき「1dポイント」たまり、ネットでお買い物をすると100円につき「1dポイント」がたまります。

d払いの還元率が高まるキャンペーン中

クレジットカード「dカード」と連携してつかうことで通常の受け取れるdポイントの還元率が、条件付きで最大7%までアップするキャンペーンも常時行っています。キャンペーンに参加するには別途エントリーが必要で、還元率を7%にするためには、複数の条件をクリアする必要があります。

項目名還元率アップ条件還元率
dポイントプログラム プラチナステージ当月のdポイントクラブステージがプラチナステージ+1%
dポイントをためた回数前月のdポイントをためた回数の合計50〜99回/月で+0.5%または100回以上/月で+1%
dカードでのドコモご利用料金お支払い前月末時点のドコモ料金支払設定がdカード
(GOLD会員限定)
+1%
ネットのお店のお買物前月の以下1~4のネットのお店のお買物の合計金額 1.d払いネット 2.ドコモ払い 3.SPモードコンテンツ 決済 4.dマーケット等(月額・都度課金)20,000〜49,999円/月で+1%または50,000円以上/月で+2%
dカード請求額前月のdカード請求額(毎月10日頃の確定請求額)100,000〜199,999円/月で+1%または200,000円以上/月で+2%

なお、d払いは2020年からメルペイとの連携を開始しています。決済に用いられるQRコードも共通となっていて、d払いユーザー・メルペイユーザーはそれぞれの加盟店でQRコード決済できます。ただ、メルペイではマイナポイントなどのキャンペーンは実施されていますが、基本のポイント還元はありません。

au PAYの豊富なキャンペーン!ユーザー数も急増中

au PAYと言えば、高感度が高い「三太郎」シリーズのCMなどで知名度も高いQRコード決済サービス。また、通信大手のKDDIが運営する安心感に、Pontaポイントと合わせて1億超と、日本最大級の会員基盤を誇ります。そのau PAYでは、3月にスーパー・ドラッグストア・ローソン・飲食店で20%のPontaポイントを還元するキャンペーンを行っていますので、ご紹介します。

au PAYでは2020年12月から2021年3月にかけて、キャンペーン内容が毎月変わる「たぬきの大恩返しキャンペーン」を実施しています。3月は、「イトーヨーカドー」や「オーケー」などのスーパー、「ウエルシア薬局」や「サンドラッグ」をはじめとするドラッグストア、すき家やガストなどの飲食店でau PAYを利用すると、最大20%のPontaポイントが還元されています。

さらに、2021年1月12日から2月28日までの期間限定で、ローソン銀行ATMからau PAYに残高チャージをするだけで5%のPontaポイントが還元されるキャンペーンも行っています。チャージだけでPontaポイントが還元されるので、太っ腹なキャンペーンと言えるでしょう。

なお、PayPayやLINE Payなどでは、「PayPayボーナス」「LINEポイント」のように各社独自のポイント制を導入しています。一方、au PAYの場合は大手共通ポイントサービス「Pontaポイント」と連携しているので、消費者にとってためられる・つかえる場所が多いのも魅力です。

au PAYのメリット・デメリット(店舗向け)

https://media.aupay.wallet.auone.jp/articles/15

au PAYをはじめ、ここ数年で急速に普及したキャッシュレス決済。キャッシュレス決済は、店舗にも消費者にも多くのメリットをもたらします。この記事ではau PAYの特徴と、導入した店舗にとってのメリット・デメリットについて説明します。

まとめ

QRコード決済サービスにはさまざまな種類があり、それぞれで還元の仕組みが異なります。利用の際には、各社のポイント還元の内容をしっかりと理解し、上手に利用することが大事です。一方、お店にとっても還元率の高いキャンペーンは需要喚起につながり、売り上げアップが期待できます。QRコード決済への対応を検討する際は、サービスごとのポイント還元率も参考にすると良いでしょう。

au PAYは国内最大級の会員基盤を有し、「街ごと」「商店街ごと」「業態ごと」などのおトクなキャンペーンも随時行っています。さらに、導入費用もかからず、2020年7月末までは決済手数料・振込手数料もすべて無料です。

「キャッシュレス決済の導入がまだ」という事業者の方は、この機会にau PAYを試してみてはいかがでしょうか。


資料の請求はこちら >>
導入のご相談・お問合せ
サービスの内容やお手続き方法など、au PAY導入に関するご相談は下記のフリーダイヤルまでお気軽にお問い合わせください。
au PAY加盟店サポート 0120-977-352
受付時間:平日10:00~18:00 ※12月29日~1月3日を除く
※本記事の内容は、記事公開時点の情報に基づいて掲載しています。
※本記事に掲載されている商品またはサービスなどの名称は、一般に各社の商標または登録商標です。なお、本文および図表中では、「™」、「®」は明記しておりません。
※QRコードは株式会社デンソーウェーブの登録商標です。

関連する投稿


 au PAY導入店舗事例 居酒屋「モダン酒場KANPAI」様

au PAY導入店舗事例 居酒屋「モダン酒場KANPAI」様

au PAYをご導入いただいた店舗のみなさまに、導入のきっかけやコストや集客面などのメリットを伺いました。スマホ決済にau PAYの導入をご検討の方は、ご参考にしてください。 今回は、居酒屋「モダン酒場KANPAI」様の事例インタビューをご紹介します。au PAYは導入費用・決済手数料・入金手数料すべて無料なので「とりあえず取り組む」がしやすいのがポイント! ※決済手数料・入金手数料無料は2021年7月まで


au PAY導入店舗事例 赤坂のカフェ「SPROUT Café さくら坂」様

au PAY導入店舗事例 赤坂のカフェ「SPROUT Café さくら坂」様

au PAYをご導入いただいた店舗のみなさまに、導入のきっかけやコストや集客面などのメリットを伺いました。スマホ決済にau PAYの導入をご検討の方は、ご参考にしてください。 今回は、赤坂のカフェ「SPROUT Café さくら坂」様のインタビューをご紹介します。au PAYは導入費用・決済手数料・入金手数料すべて無料なので「とりあえず取り組む」がしやすいのがポイント! ※決済手数料・入金手数料無料は2021年7月まで


キャッシュレス決済の自治体共同キャンペーン!地域限定キャンペーンでポイント還元される消費刺激策

キャッシュレス決済の自治体共同キャンペーン!地域限定キャンペーンでポイント還元される消費刺激策

新型コロナウイルス感染症の影響で経済が停滞するなか、地域経済の消費刺激策として、QRコード決済サービス事業者と自治体が共同で地域限定キャンペーンを行う事例が増えています。この記事では、自治体がキャンペーンを行う背景や仕組み、各地の還元キャンペーン事例もご紹介しています。QRコード決済を活用したキャッシュレス還元キャンペーンを検討されている自治体の方は、au PAYにご相談ください。


QRコード決済とクレジットカード導入はどちらがよい?クレカでは読取端末導入費用と決済手数料がハードルに

QRコード決済とクレジットカード導入はどちらがよい?クレカでは読取端末導入費用と決済手数料がハードルに

QRコード決済とクレジットカード決済はともに広く利用されているキャッシュレス決済。クレジットカード決済の導入にあたっては、読取端末導入費用と高い決済手数料がハードルとなっていますが、導入費用・決済手数料とも無料のQRコード決済が最近伸びています。QRコード決済とクレジットカード決済の特徴とメリット・デメリットの比較、導入の準備や費用面の違いについて、詳しく説明します。


キャッシュレス決済サービスを比較!最初に導入すべきはこれ!

キャッシュレス決済サービスを比較!最初に導入すべきはこれ!

一口にキャッシュレス決済と言っても、そのサービスの種類は100種類以上あります。そのため、キャッシュレス決済を導入する際、どのサービスにすべきか悩んでしまうお店の方も少なくありません。初めてキャッシュレス決済を導入するなら、利用者数が多いクレジットカード、電子マネー、QRコード決済から選ぶと良いでしょう。 また、導入する際の契約方法には、「直接契約」と「決済代行会社と契約」の2つの方法があります。この記事ではキャッシュレス決済サービスの種類ごとの特徴や導入費用を比較します。最初に導入すべきキャッシュレス決済も紹介しているのでぜひ参考にしてください。


最新の投稿


 au PAY導入店舗事例 居酒屋「モダン酒場KANPAI」様

au PAY導入店舗事例 居酒屋「モダン酒場KANPAI」様

au PAYをご導入いただいた店舗のみなさまに、導入のきっかけやコストや集客面などのメリットを伺いました。スマホ決済にau PAYの導入をご検討の方は、ご参考にしてください。 今回は、居酒屋「モダン酒場KANPAI」様の事例インタビューをご紹介します。au PAYは導入費用・決済手数料・入金手数料すべて無料なので「とりあえず取り組む」がしやすいのがポイント! ※決済手数料・入金手数料無料は2021年7月まで


au PAY導入店舗事例 赤坂のカフェ「SPROUT Café さくら坂」様

au PAY導入店舗事例 赤坂のカフェ「SPROUT Café さくら坂」様

au PAYをご導入いただいた店舗のみなさまに、導入のきっかけやコストや集客面などのメリットを伺いました。スマホ決済にau PAYの導入をご検討の方は、ご参考にしてください。 今回は、赤坂のカフェ「SPROUT Café さくら坂」様のインタビューをご紹介します。au PAYは導入費用・決済手数料・入金手数料すべて無料なので「とりあえず取り組む」がしやすいのがポイント! ※決済手数料・入金手数料無料は2021年7月まで


キャッシュレス決済の自治体共同キャンペーン!地域限定キャンペーンでポイント還元される消費刺激策

キャッシュレス決済の自治体共同キャンペーン!地域限定キャンペーンでポイント還元される消費刺激策

新型コロナウイルス感染症の影響で経済が停滞するなか、地域経済の消費刺激策として、QRコード決済サービス事業者と自治体が共同で地域限定キャンペーンを行う事例が増えています。この記事では、自治体がキャンペーンを行う背景や仕組み、各地の還元キャンペーン事例もご紹介しています。QRコード決済を活用したキャッシュレス還元キャンペーンを検討されている自治体の方は、au PAYにご相談ください。


QRコード決済とクレジットカード導入はどちらがよい?クレカでは読取端末導入費用と決済手数料がハードルに

QRコード決済とクレジットカード導入はどちらがよい?クレカでは読取端末導入費用と決済手数料がハードルに

QRコード決済とクレジットカード決済はともに広く利用されているキャッシュレス決済。クレジットカード決済の導入にあたっては、読取端末導入費用と高い決済手数料がハードルとなっていますが、導入費用・決済手数料とも無料のQRコード決済が最近伸びています。QRコード決済とクレジットカード決済の特徴とメリット・デメリットの比較、導入の準備や費用面の違いについて、詳しく説明します。


【2021年】ジャンル別!おすすめのキャッシュレス決済アプリ7選

【2021年】ジャンル別!おすすめのキャッシュレス決済アプリ7選

キャッシュレス決済アプリを利用すると、スマホで支払いできてポイント還元などで現金払いよりおトクにお買い物できるメリットがあります。この記事では、様々なジャンルのキャッシュレス決済アプリを紹介していきます。 キャッシュレス決済は種類も多いので、すべて見比べるのは困難です。お店にキャッシュレス決済導入を検討されている方も、どんなジャンルやアプリがあるかの参考にご活用ください。