資料請求資料請求
無料申込無料申込

トップへ戻る

キャッシュレス決済導入のメリット・デメリット!自分のお店にも導入したほうがいい?

キャッシュレス決済導入のメリット・デメリット!自分のお店にも導入したほうがいい?

現金を使わずに支払うキャッシュレス決済のお店側のメリット・デメリットについて。2023年8月に一般社団法人キャッシュレス推進協議会より公表された、「キャッシュレス・ロードマップ 2023」によると、2022年のキャッシュレス決済比率は36.0%に達し、2025年6月までに4割程度とする政府目標の達成も目前となっています。 本記事では、キャッシュレス化の進行状況や、お店が導入するメリット・デメリットを解説していきます。本記事を参考に、自分のお店にあうキャッシュレス決済を選択してみてください。

[PR]本ページはプロモーションが含まれています
⏳この記事は約2~3分で読めます。


キャッシュレス決済を導入していないお店は2割だけ?!

上記、キャッシュレス推進協議会の資料「キャッシュレス・ロードマップ 2023」によれば、2022年のキャッシュレス決済比率は、2022 年に36.0%に達しました。しかも、その成長スピードは近年早まる状況にあります。

一方、キャッシュレス決済の普及には、使える場所と使える人の両方が必要です。

2023年3月に経済産業省より公表された資料「キャッシュレスの将来像に関する検討会とりまとめ」によれば、調査対象加盟店でなんらかのキャッシュレス決済を導入しているお店は80%にも達します。

【キャッシュレス決済の導入状況】
決済手段導入率
クレジットカード63.3%
コード決済55.6%
電子マネー29.7%
すべての決済手段トータル80%
キャッシュレスの将来像に関する検討会 とりまとめ(2023年3月)

クレジットカードとコード決済は過半数以上のお店で使える状況となり、一種類も導入していないお店は、20%しかないことがわかります。

コード決済が急速に普及したことにくわえ、2019年10月の消費増税後に政府が実施した「キャッシュレス・ポイント還元事業」も、キャッシュレス決済の普及に大きく貢献しました。

この事業では、中小店舗におけるキャッシュレス決済の導入に補助金が出たり、決済手数料の一部を負担するなど、お店側の導入ハードルを下げる施策が実施されています。

その結果、全国中小店舗の過半数となる115万店舗が参加し、事後調査によるとそのうち約46%は売上に効果があったと回答しています。

このように、使える場所と使える人が揃ったことで、キャッシュレス決済の普及が加速していると考えられます。

政府目標のキャッシュレス決済比率4割達成は間近!キャッシュレス決済の最新市場動向

https://media.aupay.wallet.auone.jp/articles/1226

日本社会でもキャッシュレス決済の普及が進んでいますが、直近のキャッシュレス決済比率を見ると、政府が掲げる2025年までに4割程度という目標達成が見えてきた状況です。この記事では、各種調査を元に、キャッシュレス決済比率の推移や、お店や消費者の利用動向など、最新のキャッシュレス決済市場動向を紹介していきます。

キャッシュレス決済普及に大きな効果があった「キャッシュレス・消費者還元事業」とは

https://media.aupay.wallet.auone.jp/articles/27

2019年から実施された「キャッシュレス・消費者還元事業(キャッシュレス・ポイント還元事業)」は、キャッシュレス決済の普及に大きな効果がありました。この記事では、国の方針や「キャッシュレス・消費者還元事業」の概要と成果について、わかりやすく紹介します。また、2020年9月から始まった「マイナポイント事業」や、Go Toキャンペーンなど、キャッシュレス決済のトレンドについても解説していきます。

キャッシュレス決済を導入するメリット

大半のお店がキャッシュレス決済を導入済とわかった所で、改めてお店にとってのキャッシュレス決済のメリット・デメリットを整理してみましょう。周りが導入しているからだけでなく、メリット・デメリットに納得した上で導入することが大事です。

集客に役立つ

キャッシュレス決済を導入すると、各社によるポイント還元キャンペーンなどが開催されているためお客さまの来店動機として役立ちます。

そのため、新規顧客の獲得や既存客の来店頻度アップなど、集客全般の向上が期待できます。

また、政府が推進するキャッシュレス決済化の流れに沿って、自治体が主催する地域経済活性化キャンペーンも、キャッシュレス決済を通じておこなわれるようになっています。

こうした自治体キャンペーンを自分のお店の集客につなげるためにも、キャッシュレス決済の導入は有効です。

【2024年4月】au PAYのおトクなキャンペーンまとめ

https://media.aupay.wallet.auone.jp/articles/1578

au PAYでは割引クーポンやポイント還元など、毎月おトクなキャンペーンを開催しています。こちらでは2024年4月開催のキャンペーンをまとめて紹介!新情報は追加・更新していきます。(2024年3月28日更新)

au PAYであなたの街を応援しよう!いろんな街でキャンペーン開催!

https://media.aupay.wallet.auone.jp/support-local/

au PAYが全国の地方自治体と協力して、地域経済を盛り上げていきます!

客単価の向上

キャッシュレス決済の導入は、客単価の向上にも役立ちます。

たとえば、クレジットカードによる分割払いは、高額な商品・サービスの客単価向上に役立つことがよく知られています。

また、au PAYなどのコード決済には、手持ちの現金が足りない等の理由による販売機会損失を避けられるメリットもあります。

お客さまは、その場で必要な金額をチャージできる方法があるため、予定外の買い物にも対応しやすくなります。

さらに、キャッシュレス決済サービス各社が提供するポイント還元などの特典もあり、お客さまは、ポイントをためるために購入金額を増やしたり、ポイントを使って追加の購入をしたりするため客単価アップに貢献します。

QRコード決済とクレジットカード決済の特徴と比較

https://media.aupay.wallet.auone.jp/articles/8

2017年から2018年にかけ、大企業各社がスマホを使ったQRコード決済に参入し、さまざまなキャンペーンを通じて急速に普及が進んでいます。2018年では24.1%だったキャッシュレス比率ですが、政府が従来の計画を先倒しして「キャッシュレス比率を2025年末までに40%に高める」 との目標を立てるなど、今後もキャッシュレス化が進むと見られます。クレジットカード決済とQRコード決済それぞれの特徴と違い、au PAYならではのメリットについて解説します。

【2023年版】auサービスでたまる「Pontaポイント」のおトクなつかい方

https://media.aupay.wallet.auone.jp/articles/790

QRコード決済サービス「au PAY」では、決済ごとにPontaポイントがたまります。Pontaポイントは、1億人以上の会員を誇るポイントサービス。ためる・つかうの選択肢が多く、利便性が高いポイントといえるでしょう。この記事では、Pontaポイントの概要や上手なつかい方を紹介します。

スムーズな会計の実現

キャッシュレス決済を導入することで、会計処理がスムーズになり、レジ待ちの時間を短縮できます。

現金払いの場合、レジスタッフは現金を受け取り、つり銭を計算して手渡す必要がありますが、キャッシュレス決済なら、カードやスマートフォンをかざす、あるいはQRコードを提示するだけで決済が完了します。

つり銭の計算ミスや受け渡しミスといったトラブルも防げ、レジスタッフの負担も軽減されます。

キャッシュレス決済は、お客さまの会計待ち時間を減らし、スタッフの作業負担を減らすことで、店舗運営の効率化に貢献します。

こうしたキャッシュレス決済導入のメリットについては、「業務効率化など、数字で見るキャッシュレス決済のメリット」の記事で詳しく解説していますので、合わせてご覧ください。

業務効率化など、数字で見るキャッシュレス決済のメリット

https://media.aupay.wallet.auone.jp/articles/421

au PAYを筆頭に「キャッシュレス決済」の普及を受け、自店舗での導入を検討……するものの、これといった決め手に欠き、キャッシュレス決済導入を見送っていませんか?今回はキャッシュレス決済の現状、メリット、デメリットなどを紹介します。

非接触型決済で衛生面もアップ

キャッシュレス決済は、現金の受け渡しによる接触を避けられるため、衛生面でのリスク軽減につながります。

また、レジでの現金の受け渡しに比べて、決済がスピーディーに完了するため、店舗内での滞在時間を短縮することにもなり、感染リスクを下げる効果が期待できます。

お客さまはもちろん、従業員が新型コロナウイルスやその他の感染症にかかって勤務できなくなった場合、お店の運営にも支障が出かねません。

キャッシュレス決済の導入は、顧客と従業員双方の安全・安心につながる取り組みと言えるでしょう。

新型コロナウイルスが飲食店に与える影響とキャッシュレス決済が衛生対策になる理由

https://media.aupay.wallet.auone.jp/articles/1

現在も続く新型コロナウイルス感染症対策で、一時は全国に緊急事態宣言が発令されるなど、飲食業界や観光業界は特に大きなダメージを受けました。各店では、こまめな消毒や衝立の設置、営業時間や滞在時間の短縮など、安全・安心な営業継続のため努力を続けています。au PAYなどのキャッシュレス決済は、不衛生な現金を取り扱わないため、店員・お客さま双方の新型コロナウイルス感染症の予防に役立つ対策の一つです。本記事ではキャッシュレス決済のひとつであるQRコード決済を中心にコロナウイルス感染症対策としてご紹介していきます。

売上管理の効率化

キャッシュレス決済を導入すれば、売上管理の効率化が可能になります。

特に、人手不足に悩む店舗にとって、レジ締めの作業は大きな課題です。現金払いの場合、レジスタッフは現金とレシートを照合し、つり銭を確認するなどの手間がかかります。

しかし、キャッシュレス決済なら、売上データが自動的に記録されるため、レジ締めの作業が大幅に簡略化されます。現金の計算や金融機関への入金にかかる時間と手間を削減できるのです。

また売上データを元に、日々の売上報告や月次の決算作業も効率化できる点も、メリットのひとつです。

キャッシュレス決済を導入するデメリット

続いては、キャッシュレス決済導入のデメリットを確認していきましょう。

導入費用や決済手数料がかかることもある

キャッシュレス決済の導入時やその後の運用には、一般的に以下のような費用がかかります。

・導入費用:決済端末やキャッシュレス決済対応レジの導入費用など
・決済手数料:売上に対して一定割合かかる手数料
・振込手数料:売上が振り込まれるたびにかかる手数料(無料の場合もある)

導入費用として、クレジットカードや電子マネー決済を導入する場合は、ICカードを読み取るための専用端末が必要です。

決済手数料は、たとえば1万円(税込)の売上に対して3%の300円というように、決済の都度発生する料金です。実際の決済手数料は、キャッシュレス決済サービスや売上規模など、複数要因で変わってきます。

キャッシュレス決済の場合、売上は後ほど口座に振り込まれる形になります。その際、サービスによっては振込手数料が発生します。

そのほか、決済端末が不要なサービスでは、スマホやタブレットを端末代わりにします。既存の端末があれば、それらを使うことも可能です。

キャッシュレス決済の導入費用については、こちらの記事も参考にしてください。

導入費用から見たキャッシュレス決済、どれが一番低コスト?

https://media.aupay.wallet.auone.jp/articles/600

キャッシュレス決済の利用者は年々増加し、利用できるお店も増えてきました。未導入の店舗の方も「そろそろうちでも」とお考えになられているのではないでしょうか?どのくらい導入費用がかかるのかをキャッシュレス決済の種類別に紹介します。

売上から入金までにタイムラグがある

キャッシュレス決済では、決済が完了してから口座にお金が振り込まれるまでタイムラグが発生します。

キャッシュレス決済サービスによっては翌月や翌々月に振り込まれるケースもあるため、計画的な資金繰りが必要です。

なお、キャッシュレス決済サービスのなかには、入金サイクルが短いものもあります。

たとえば、au PAYでは月1回と月2回で入金サイクルを選択でき、月2回を選べばおよそ2週間ごとに売上が口座に振り込まれます。

また、最短翌々営業日に入金される「早期振込サービス」も提供しています。

au PAYの手数料と入金サイクルは?今なら導入費用・決済手数料・入金手数料引き続き無料

https://media.aupay.wallet.auone.jp/articles/2

au PAYなどのQRコード決済を導入すると、新しい顧客層を取り込めたり、現金の管理が不要で感染症対策になるなど、多くのメリットがあります。導入費用や決済手数料に懸念のある方や、複数のキャッシュレス決済サービスと比較したい方向けに、au PAYを導入した際の導入費用・決済手数料や入金サイクルについて解説します。

インターネット環境が必要な場合も

多くのキャッシュレス決済は、インターネット回線を通じて決済データをやり取りするため、お店にインターネット環境が必要になります。

例えば、クレジットカードや電子マネー、QRコード決済には、決済情報を処理するため、インターネット接続を必要とするタイプがあります。

また、自然災害やシステム障害などによって、インターネット接続が途絶えてしまった場合、これらのキャッシュレス決済が利用できなくなってしまうリスクもあります。

多くの場合は、既存のインターネット環境があるため、地下など電波が繋がりにくい場所や、災害時のリスクを念のため頭に入れておく程度でよいでしょう。

キャッシュレス決済を導入する方法

キャッシュレス決済を導入する方法は、大きく以下の2通りあります。

・決済代行会社を通じてマルチ決済端末を導入する
・キャッシュレス決済サービスと直接契約で導入する

決済代行会社を通じてマルチ決済端末を導入する

決済代行会社とは、クレジットカードや電子マネーなど複数の決済手段をとりまとめ、ひとつの決済システムとして仲介提供する会社です。決済代行会社のマルチ決済端末は、クレジットカードや電子マネー、コード決済など、複数のキャッシュレス決済に対応しています。

決済代行会社を利用することで、複数のキャッシュレス決済を一度に導入でき、個別に契約する時間や手間を省けます。

一方で、仲介手数料がかかるぶん、キャッシュレス決済サービスと直接契約をするよりも月額利用料や決済手数料などは、割高になる傾向があります。

なお、決済代行サービスにもさまざまな種類があります。
・SBペイメントサービス
・Square
・サブスクペイ
・GMOペイメントゲートウェイ
・Airペイ
・STORES 決済

複数のQRコード決済サービスをまとめて導入する方法

https://media.aupay.wallet.auone.jp/articles/64

スマートフォンでQRコードを読み取るだけで決済ができる「QRコード決済」。色々なサービスが普及する一方で、導入を検討しているお店の担当者様は、どれを導入すべきか悩まれることもあるでしょう。そんなときは、複数のQRコード決済をまとめて導入できる「マルチ決済サービス」という方法があります。一つの端末で複数の決済方法に対応し、契約も一つにまとめられて便利です。

キャッシュレス決済サービスと直接契約をして導入する

決済代行会社に対して、各決済サービス会社と個別に直接契約をして導入する方法もあります。

仲介手数料がないぶん手数料は割安で、キャッシュレス決済導入にかかる費用をできるだけ抑えたいというお店に向いています。

直接契約のデメリットとしては、複数のサービスを導入しようとすると手続きに時間と手間がかかり、入金サイクルもばらばらなので入金管理が煩雑化してしまう点が挙げられます。

はじめてのキャッシュレス決済導入はQRコード決済がおすすめ

「キャッシュレス決済に興味はあるけど踏み切れない」という事業者さまは、ぜひQRコード決済ではじめの一歩を踏み出してみましょう。

QRコード決済は専用端末が不要なので、導入費用がかからないコスパに優れた決済サービスです。

お手持ちのスマホやタブレットのアプリでQRコードの読み取りができるので、キャッシュレス初心者の方にもかんたんに扱えます。

QRコード決済のやり方ガイド!仕組みや種類を徹底解説

https://media.aupay.wallet.auone.jp/articles/1168

すっかり社会に定着したQRコード決済。周りは使っているけれども今さら聞けない、あるいは店舗にQRコード決済サービスを導入したいという方もいるのではないでしょうか。 そこで、今回は「QRコード決済のやり方ガイド」として、あらためてその仕組みや使い方、導入方法について解説していきます。

なかでもau PAYは、KDDIが運営するキャッシュレス決済サービスで、サポート体制も充実しています。

決済方法や操作方法についてわからないことがあれば、専用の管理画面から24時間いつでも質問ができます。

導入の手間もほとんどかからないので、どのサービスを選べばいいかわからないという方はぜひau PAYから利用してみてはいかがでしょうか。

まとめ

キャッシュレス決済は社会のいたるところに浸透し、すでに社会の生活基盤となっています。

そのため店舗運営する方にとっては、キャッシュレス決済の導入は重要な経営課題といっても過言ではありません。

導入を検討するうえでは、メリットとデメリットの両方をしっかりと理解して自店舗にあったサービスを選びましょう。



この記事に記載された情報は、掲載日時点のものです。
表記の金額は、特に記載のある場合を除きすべて税込です。
会社名、製品名は、一般に各社の商標または登録商標です。(商標について
商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

集客力アップが期待できるキャッシュレス決済なら「au PAY」

KDDIが提供するau PAYは、導入費用・入金手数料がすべて無料。導入コストゼロで始められるだけでなく、約3,438万人(2024年4月時点)の会員数を保有し、専用アプリの店舗検索にもお店が表示されるので集客力アップも期待できます。

※決済手数料率は2.6%です。 決済合計額に、決済手数料率を乗じて計算された手数料の金額に、消費税10%を加算した額をお支払いいただきます。

関連するキーワード


キャッシュレス決済

関連する投稿


ニーズ別!お店に適したキャッシュレス決済の導入ガイド

ニーズ別!お店に適したキャッシュレス決済の導入ガイド

キャッシュレス決済をお店に導入するならどのサービスがおすすめ? 導入費用を抑えたい、客単価に合ったサービスを選びたいなど、お店によってニーズはさまざま。本記事では、業態やニーズ別の導入パターンを元に、キャッシュレス決済の導入方法を探っていきます。


自動車税の支払方法を徹底解説!便利でかんたんな支払方法はどれ?

自動車税の支払方法を徹底解説!便利でかんたんな支払方法はどれ?

自動車・軽自動車を所有していると、毎年納税することになる自動車税・軽自動車税。「支払いに行くのが面倒」「少しでもおトクな方法で払いたい」と感じている方も多いのではないでしょうか。 その自動車税・軽自動車税も、ポイント還元が得られるキャッシュレス決済など、現金より便利でおトクな支払方法が出てきています。 例えば「au PAY 請求書支払い」のようなキャッシュレス決済を使えば、自宅等からスマホで支払えるようになり、時間や場所の制約がなくなって便利です。 本記事では、自動車税・軽自動車税の支払方法の種類及び、それぞれのメリット・デメリットなどを紹介します。


【新生活を始める方必見】公共料金には何がある?支払い方法や平均金額も解説

【新生活を始める方必見】公共料金には何がある?支払い方法や平均金額も解説

春は就職や進学で一人暮らしをはじめる方も多い季節。その新生活をスタートするにあたり、気になるのが「公共料金の支払い」です。 電気・ガス・水道など、公共料金は毎月発生するため、どのような料金がいくら必要になるのかを把握することが大切です。 また、公共料金の支払い方法も近年多様化しています。従来の現金払いや口座振替以外にも、クレジットカードやQRコード決済などのキャッシュレス決済を利用する方も増えています。 本記事では、新生活で発生する公共料金の種類や金額、au PAYなどキャッシュレス決済によるおトクな支払い方法について、わかりやすく解説していきます。


現金管理の悩みも解消!飲食フェスや催事等イベント出店にキャッシュレス決済を導入するメリット

現金管理の悩みも解消!飲食フェスや催事等イベント出店にキャッシュレス決済を導入するメリット

飲食イベント、ロックフェス、物産展、雑貨やグッズの即売会など、さまざまなイベントでキャッシュレス決済に対応したお店を見かけるようになりました。 これらのお店がイベント出店にあたりキャッシュレス決済を導入した背景には、現金の盗難・紛失リスクを減らしたい、手持ちがない等の販売機会損失を避けたいなどのニーズがあったと考えられます。 この記事では、以下のようなイベント出店を計画されている事業者さまに向けて、キャッシュレス決済を使うと、イベント出店における現金決済のどういう悩みが解消されるのか、またその導入方法をご紹介します。


中小企業の80%でキャッシュレス決済導入済!2021年の国の調査

中小企業の80%でキャッシュレス決済導入済!2021年の国の調査

世界的なキャッシュレス決済化の流れの中で、政府もキャッシュレス決済比率向上の目標を掲げるなど、日本でもキャッシュレス決済化が進む流れができつつあります。 そのキャッシュレス決済の普及には、「使える場所」と「使える人」の両方が必要です。この記事では、「キャッシュレス決済の導入率」をテーマに、中小店舗におけるキャッシュレス決済の現状をお伝えします。 導入済店舗での導入効果、消費者側のキャッシュレス決済に対するイメージについても解説しているので、動向の把握にお役立てください。


最新の投稿


最大20%割引!東京靴流通センター、チヨダ、シュー・プラザの対象店舗で使える au PAY クーポン(2024年6月2日まで有効)

最大20%割引!東京靴流通センター、チヨダ、シュー・プラザの対象店舗で使える au PAY クーポン(2024年6月2日まで有効)

東京靴流通センター、チヨダ、シュー・プラザの対象店舗にてau PAY(コード支払い)で1回6,000円(税込)以上のお支払いで使える最大20%割引クーポン(割引上限:3,000円/回)をau PAY アプリにてプレゼントします。


au PAY、沖縄県内の対象店舗でカレーを2回以上食べると抽選で100名様に1,000Pontaポイントをプレゼント(2024年5月17日~)

au PAY、沖縄県内の対象店舗でカレーを2回以上食べると抽選で100名様に1,000Pontaポイントをプレゼント(2024年5月17日~)

2024年5月17日から6月30日の間、沖縄限定カレーキャンペーン!参加店舗にてにてau PAY(コード支払い)で1回200円(税込)以上、かつ2回以上決済いただいた方の中から、抽選で100名様に1,000Pontaポイントをプレゼントするキャンペーンを開催します。さらに、対象店舗のカレーへの投票で、抽選で合計20名様に賞品をプレゼント。


100円割引!さっぽろライラックまつり会場内店舗で使える au PAY クーポン(2024年5月26日まで有効)

100円割引!さっぽろライラックまつり会場内店舗で使える au PAY クーポン(2024年5月26日まで有効)

さっぽろライラックまつり会場内店舗にてau PAY(コード支払い)で1回1,000円(税込)以上のお支払いで使える100円割引クーポンをau PAY アプリにてプレゼントします。


最大10%割引!沖縄県「本部町 お得に買い物キャンペーン」の対象店舗で使える au PAY クーポン(2024年5月31日まで有効)

最大10%割引!沖縄県「本部町 お得に買い物キャンペーン」の対象店舗で使える au PAY クーポン(2024年5月31日まで有効)

沖縄県「本部町 お得に買い物キャンペーン」の対象店舗にてau PAY(コード支払い)で1回10円(税込)以上のお支払いで使える最大10%割引クーポン(割引上限:1,000円/回)をau PAY アプリにてプレゼントします。


500円割引!シューズ愛ランドの対象店舗で使える au PAY クーポン(2024年5月19日まで有効)

500円割引!シューズ愛ランドの対象店舗で使える au PAY クーポン(2024年5月19日まで有効)

シューズ愛ランドの対象店舗にてau PAY(コード支払い)で1回2,500円(税込)以上のお支払いで使える500円割引クーポンをau PAY アプリにてプレゼントします。




キャッシュレス決済 | キャッシュレス決済 導入 | QRコード決済 | QRコード決済 導入 | 販促 アイデア |
販促ツール | 販促ツール アイデア | クーポン 販促 | 飲食店 販促 | 小売 販促 | 美容院 販促 |
集客 販促 | 雨の日 集客 | 集客 事例 | auPAY 導入 | マイナポイント | ネット支払い