資料請求資料請求
無料申込無料申込

トップへ戻る

業務効率化など、数字で見るキャッシュレス決済のメリット

業務効率化など、数字で見るキャッシュレス決済のメリット

au PAYを筆頭に「キャッシュレス決済」の普及を受け、自店舗での導入を検討……するものの、これといった決め手に欠き、キャッシュレス決済導入を見送っていませんか?今回はキャッシュレス決済の現状、メリット、デメリットなどを紹介します。

[PR]本ページはプロモーションが含まれています
⏳この記事は約2~3分で読めます。


キャッシュレス決済とは?

キャッシュレス決済とは、キャッシュ=現金、レス=不要、つまり現金を使わない決済方法です。キャッシュレス決済の代表例として、交通系ICカード、クレジットカードがすでに浸透していますが、近年はこれにスマホを用いたキャッシュレス決済、QRコード決済も普及し始めています。

支払いのタイミングは「前払い」「即時払い」「後払い」に分類されます。そして、人との接触の有無で「接触型」と「非接触型」があります。

キャッシュレス決済の普及率や消費者の意識は?

2021年9月、三菱UFJリサーチ&コンサルティングが発表した「キャリア決済を中心としたキャッシュレス決済の動向整理」によれば、2020年の日本のキャッシュレス決済比率は29.7%とのこと。2015年は18.2%だったので、10%以上の伸びとなっています。

新型コロナウイルス感染症の影響で民間最終消費支出は落ち込んだものの、キャッシュレス決済の金額は増加しています。

このように見るとまだそれほど普及しているように見えないかもしれませんが、消費者庁が2020年に発表した「キャッシュレス決済に関する消費者の意識」では、キャッシュレス決済を利用している割合は2019年12月の調査で84.7%にも上っています。

そして、キャッシュレス決済利用者の4割強はキャッシュレス決済非対応のお店は避けるというデータもあります。

キャッシュレス決済導入の5大メリット

キャッシュレス決済導入のメリットについて、具体的な数値をもとにした5つの定量的、定性的なメリットを紹介します。エビデンスとなるのは2022年3月に経済産業省が発表したこちらの資料です。

レジ業務にかかる時間が約1/3減少

レジの決済にかかる時間が減少すれば、人件費が減り人手不足にも役立ちます。

JCBが行った決済速度に関する実証事件では、レジ業務にかかる時間は現金払いが28秒(平均)に対し、キャッシュレス決済は12秒(平均)という結果になりました。現金のやりとりがないため会計時間の短縮や会計ミスの減少につながり、お客さま、事業者双方にメリットがあります。

この短縮時間を労働量に換算した場合、顧客の半数がキャッシュレス決済を行うと、労働時間が約4時間減少する試算になります。

セルフレジで両替頻度を約2/3減らせる

現金とキャッシュレス決済を比べたとき、現金商売の場合お釣り用の小銭を準備する必要があります。今まで当たり前だった業務も、キャッシュレス化が進むことで減らせます。

キャッシュレス決済対応のセルフレジ導入によって、金融機関で両替する頻度が週3回程度から週1回程度に減少したデータがあります。業務時間の短縮につながったほか、月に2万円程度かかっていた両替時の手数料が8,000円/月程度に抑えられるという副次的な効果もあるようです。

また、現金払いでは1,000円を超えると支払いをためらってしまう場合でも、心理的な抵抗が薄まるのか、キャッシュレス決済対応のセルフレジだと客単価が若干上がる効果も報告されています。

モバイルオーダーの注文受け時間が最大80%減

飲食業等で、お客さまから注文を受ける「オーダー時間」は、そのために人を配置する必要がある業務でしたが、QRコードからメニューを読み込んだり、タブレット端末導入によるモバイルオーダーの導入が進み始めています。

1件あたり約3分かかっていたオーダー時間は、モバイルによるオーダーではゼロになります。そのため、通常オーダーとモバイルオーダーのお客さまが混在した状態で、オーダーの時間を最大で8割削減できます。

さらにはレジ対応、売上金の振込や両替といった業務時間の削減にもつながっています。ほかにも客単価や決済件数の増加にもつながります。

違算金確認の業務時間を100%削減

違算金確認とは、レジ締め業務に関連して発生する金額の差異をどうするかという業務です。

現金決済の場合、違算金が発生した場合は対応に30分〜1時間ほどかかってしまいますが、キャッシュレス決済の場合はこの時間がまったくかからないため、100%削減=ゼロになります。

違算金確認をせずにすむ定性的な効果として、レジ対応業務、従業員の精神的負担、窃盗リスクなどを軽減する効果も期待できます。

会計システムとの連携で決算関連業務時間を100%削減

キャッシュレス決済に加えて会計システムを導入すると、確定申告や決算、売上伝票入力といった経理的な業務時間の大幅削減、場合によってはほぼゼロにできます。

具体的な例としては、6~8時間かかっていた伝票入力・勘定項目登録作業や毎月の給与明細作成時間が自動化されるため、これらの時間がかからなくなります。そして、税理士への書類作成依頼も楽になり、税理士への支払金額を約85%削減できたというケースもあります。

まとめ

キャッシュレス決済のメリットは、なんといっても「スムーズな支払い」です。現金を扱わないために会計時間の短縮はもちろんですが、会計ミスをなくすこともできます。また、大きな金額を扱う場合は安全で手軽になります。このように、お店・お客さま双方にメリットをもたらしてくれます。

お客さまのメリットとして、データにて決済履歴が残るので金銭管理をしやすい、支払い時にポイントがたまるのでおトクといったものが挙げられます。

お店側にはお金にまつわる業務コストを大幅に圧縮できたり、お金を扱うにあたっての心理的負担を和らげるといったメリットがあります。

こちらの記事もあわせてどうぞ



この記事に記載された情報は、掲載日時点のものです。
表記の金額は、特に記載のある場合を除きすべて税込です。
会社名、製品名は、一般に各社の商標または登録商標です。(商標について
商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

集客力アップが期待できるキャッシュレス決済なら「au PAY」

KDDIが提供するau PAYは、導入費用・入金手数料がすべて無料。導入コストゼロで始められるだけでなく、約3,510万人(2024年5月時点)の会員数を保有し、専用アプリの店舗検索にもお店が表示されるので集客力アップも期待できます。

※決済手数料率は2.6%です。 決済合計額に、決済手数料率を乗じて計算された手数料の金額に、消費税10%を加算した額をお支払いいただきます。

関連するキーワード


キャッシュレス決済

関連する投稿


【2024年版】電子マネーおすすめ9選!ここから選べば間違いなし

【2024年版】電子マネーおすすめ9選!ここから選べば間違いなし

Suica、PASMO、WAON、楽天Edy…。電子マネーにはさまざまなサービスがあり、これからつかい始めようとする方には「どれを選べばいいのかわからない」という方も少なくないでしょう。そこでこの記事では、電子マネーの選び方を徹底解説します。電子マネー選びのポイントや2024年のおすすめ電子マネーサービス、さらにほかのキャッシュレス決済との違いもわかりやすく紹介します。


【5分でわかる】NFCとは?仕組みや活用シーンをわかりやすく解説

【5分でわかる】NFCとは?仕組みや活用シーンをわかりやすく解説

「NFC」とは、端末をかざすだけでデータ通信できる技術のこと。スマホやキャッシュレス決済の普及により、NFCの技術が注目され始め、今や私たちの生活に欠かせない存在となっています。 今回は、そんなNFCについて仕組みや活用例などをくわしく解説します。FeliCaやおサイフケータイとの違い、NFCがキャッシュレス決済に及ぼす影響などについてもご紹介するので、ぜひ最後までご覧ください。


キャッシュレス決済でも住民税が払える!ポイント還元や手数料はどうなる?

キャッシュレス決済でも住民税が払える!ポイント還元や手数料はどうなる?

普及が進むキャッシュレス決済ですが、近年では住民税もキャッシュレス決済で支払えるようになったことをご存知でしょうか。キャッシュレス決済ならいつでも支払えて、ポイント還元があれば現金よりおトクになるメリットがあります。 毎月・毎年の納税負担を少しでも軽くしたいと考えている方は、ぜひ最後までご覧ください。


ニーズ別!お店に適したキャッシュレス決済の導入ガイド

ニーズ別!お店に適したキャッシュレス決済の導入ガイド

キャッシュレス決済をお店に導入するならどのサービスがおすすめ? 導入費用を抑えたい、客単価に合ったサービスを選びたいなど、お店によってニーズはさまざま。本記事では、業態やニーズ別の導入パターンを元に、キャッシュレス決済の導入方法を探っていきます。


自動車税の支払方法を徹底解説!便利でかんたんな支払方法はどれ?

自動車税の支払方法を徹底解説!便利でかんたんな支払方法はどれ?

自動車・軽自動車を所有していると、毎年納税することになる自動車税・軽自動車税。「支払いに行くのが面倒」「少しでもおトクな方法で払いたい」と感じている方も多いのではないでしょうか。 その自動車税・軽自動車税も、ポイント還元が得られるキャッシュレス決済など、現金より便利でおトクな支払方法が出てきています。 例えば「au PAY 請求書支払い」のようなキャッシュレス決済を使えば、自宅等からスマホで支払えるようになり、時間や場所の制約がなくなって便利です。 本記事では、自動車税・軽自動車税の支払方法の種類及び、それぞれのメリット・デメリットなどを紹介します。


最新の投稿


au PAY、西松屋の対象店舗で使える最大10%割引クーポンをプレゼント(2024年6月17日~)

au PAY、西松屋の対象店舗で使える最大10%割引クーポンをプレゼント(2024年6月17日~)

2024年6月17日から6月30日まで、西松屋の対象店舗にてau PAY(コード支払い)で1回3,000円(税込)以上のお支払いで使える最大10%割引クーポン(上限あり)をプレゼントするキャンペーンを開催します。


au PAY、とらコインSHOPでau PAYを使うとPontaポイントを最大10%還元(2024年6月16日~)

au PAY、とらコインSHOPでau PAYを使うとPontaポイントを最大10%還元(2024年6月16日~)

2024年6月16日から6月30日の間、とらコインSHOPで「とらコイン」をau PAY(ネット支払い)を利用してご購入いただくと、Pontaポイントを最大10%還元(上限あり)するキャンペーンを開催します。※要エントリー


最大5%割引!さえきセルバグループの対象店舗で使える au PAY クーポン(2024年6月30日まで有効)

最大5%割引!さえきセルバグループの対象店舗で使える au PAY クーポン(2024年6月30日まで有効)

さえきセルバグループの対象店舗にてau PAY(コード支払い)で1回1,000円(税込)以上のお支払いで使える最大5%割引クーポン(割引上限:1,000円/回)をau PAY アプリにてプレゼントします。


最大10%割引!農家の店 トマト上山店、ファーマーズマーケット上山店で使える au PAY クーポン(2024年6月30日まで有効)

最大10%割引!農家の店 トマト上山店、ファーマーズマーケット上山店で使える au PAY クーポン(2024年6月30日まで有効)

農家の店 トマト上山店、ファーマーズマーケット上山店にてau PAY(コード支払い)で1回1,000円(税込)以上のお支払いで使える最大10%割引クーポン(割引上限:1,000円/回)をau PAY アプリにてプレゼントします。


最大5%割引!西武・そごうの対象店舗で使える au PAY クーポン(2024年7月8日まで有効)

最大5%割引!西武・そごうの対象店舗で使える au PAY クーポン(2024年7月8日まで有効)

西武・そごうの対象店舗にてau PAY(コード支払い)で1回3,000円(税込)以上のお支払いで使える最大5%割引クーポン(割引上限:1,000円/回)をau PAY アプリにてプレゼントします。




キャッシュレス決済 | キャッシュレス決済 導入 | QRコード決済 | QRコード決済 導入 | 販促 アイデア |
販促ツール | 販促ツール アイデア | クーポン 販促 | 飲食店 販促 | 小売 販促 | 美容院 販促 |
集客 販促 | 雨の日 集客 | 集客 事例 | auPAY 導入 | マイナポイント | ネット支払い