資料請求資料請求
無料申込無料申込

トップへ戻る

au PAY導入店舗 飲食店のテイクアウト強化施策事例「名店館日本橋本店」様

au PAY導入店舗 飲食店のテイクアウト強化施策事例「名店館日本橋本店」様

飲食店にとって、新型コロナウイルス感染症の影響による稼働率の低下は大きな問題です。au PAYを導入いただいている東京・馬喰町のハンバーガー「MONKEY TREE(モンキーツリー)」様では、「名店館」ブランドで、既存店舗のキッチンを活用してハンバーガーやカレーなどのテイクアウトやデリバリーを提供する「バーチャルレストラン」に取り組んでいます。


非接触型決済のau PAYは、会計時にソーシャルディスタンスの確保に役立ち、お客さまと従業員双方が安心できる店舗環境の構築に貢献します。導入費用・決済手数料・入金手数料すべて無料なので、取り組んで試して見やすいのがポイント!

「名店館日本橋店」は、“街の名店を集めた専門店”をコンセプトに、藤沢・鎌倉名物「里のうどん」、横浜のハワイアンレストラン「サンアロハ」、グルメハンバーガーの「MONKEY TREE(モンキーツリー)」などのブランドを展開するバーチャルレストラン。

「MONKEY TREE(モンキーツリー)」の実店舗のキッチンを、複数ブランドのテイクアウトやデリバリーに活用することで、コストを抑えつつ売上拡大できる施策です。

飲食店がテイクアウトやデリバリーに取り組むには?

新型コロナウイルス感染症の影響が長期化するなか、飲食店でも席数を減らしたり、滞在時間を制限するなど、従来の来客や売上を見込めない状況が続いています。その売上を補う手段として多くの店が取り組んでいるのが、持ち帰りのテイクアウトや、お客さまの所に宅配するデリバリーです。

デリバリーの場合は、大手の「出前館」や「Uber Eats」などを活用することで、集客と配送を任せることができるのがメリットです。

既存のメニューをテイクアウトしたりデリバリーする場合は大丈夫ですが、営業形態や品目によっては、保健所から新たな営業許可を得る必要があります。詳しくは、以下の記事をご覧ください。

飲食店がテイクアウトやデリバリーを始めるには?必要な準備と注意点

https://media.aupay.wallet.auone.jp/articles/9

コロナ対策が長期化し、飲食店でも売上を増やすため、テイクアウトやデリバリーを強化する流れが出ています。テイクアウトやデリバリーを行うには、包装容器や配送システム、衛生管理など固有の準備や注意事項があります。また、au PAYなどのキャッシュレス決済は、現金を取り扱わず衛生的なので、これらのテイクアウトやデリバリーの決済方法に適しています。

「名店館日本橋本店」に見る複数ブランドの飲食店展開

「名店館日本橋本店」は、“街の名店を集めた専門店”をコンセプトに、藤沢・鎌倉名物「里のうどん」、横浜のハワイアンレストラン「サンアロハ」、グルメハンバーガーの「MONKEY TREE(モンキーツリー)」などのブランドを展開するバーチャルレストラン。

「里のうどん」は食べログで3.4点台を獲得している人気店で、メディアでも何度も取り上げられています。名物は、迫力ある豚バラを使った「バラ丼」。

「里のうどん」バラ丼セット(実店舗メニュー)

ハワイアンレストラン「サンアロハ」の名物は、150gのサーロインをガッツリ味わえる「ビーフステーキカレー」。オリジナルのカレーは、水を一切使用せず、玉ネギの甘みと幾種類ものスパイスを効かせたコク深い味わいの逸品です。

「サンアロハ」の「ビーフステーキカレー」(デリバリーメニュー)

日本橋馬喰町にある「MONKEY TREE(モンキーツリー)」は、潮見の有名ハンバーガー店がプロデュースしたグルメハンバーガー店。

ステーキ肉の牛ミンチとロースを使った自家製パテやフカフカのバンズを使用し、昆布や椎茸出汁をブレンドした玉ねぎ醤油ソースなど自家製ソースも絶品!

MONKEY TREEの「ハニーマスタードベーコンチーズバーガー」

日本橋馬喰町にある「MONKEY TREE(モンキーツリー)」では、ハンバーガーに加え、「里のうどん」「サンアロハ」メニューのデリバリーも準備中です。

またランチでは、アプリで注文して店頭で受け取るTOKYO MIX CURRYのカレーテイクアウトにも対応するなど、様々な施策を行っています。

au PAYならコロナ対策アピールにもなり、入金手数料も無料

--au PAYを導入してみていかがでしたか?
新型コロナウイルス感染症の影響が長引く中、飲食店としては新たな売上を模索していかなければなりません。

ハンバーガーやカレーなどテイクアウトに適したメニューを導入するとともに、au PAYでスムーズな決済を実現し、ランチの会計待ちが発生しないようにしています。

テイクアウトを選ぶお客様は忙しく、また衛生意識が高いと考えられます。au PAYのようなQRコード決済は、クレジットカードのように物理的なやりとりが不要。衛生面でのアピールにもなります。

また、いろいろなサービスがある中でau PAYはどの金融機関でも入金手数料が無料なのでありがたいです。

au PAYの導入で飲食店の集客が期待できる理由

日本も最近ではキャッシュレス化が進みつつありますが、従来のクレジットカード決済は、決済手数料の負担感から、導入をためらうお店も多い状況でした。

これに対しau PAYをはじめとするQRコード決済では、決済手数料が無料またはクレジットカードより抑えられているため、コンビニや飲食店など少額決済が中心のお店でも導入されていることが特徴です。

QRコード決済は「○○PAY」として一般に認知されていますが、各社が参入し普及段階にあることから、各社がキャンペーン合戦を繰り広げています。キャンペーンでは20%等のポイント還元が行なわれることがあり、現金よりおトクにお買い物ができることから、お店にとっては大きな集客チャンスです。

こうしたキャンペーンの原資はQRコード決済運営会社が負担しているので、加盟店にとっては無料の販促になりますが、au PAYなら通信大手のKDDIが運営しているので経営体力的にも安心です。

また、加盟店は公式サイトやau PAYアプリ内の「使えるお店」に掲載されるため、新しいお客さまが来訪する機会になります。

最大20%還元も!au PAYのさまざまなキャンペーン【2020-2021】

https://media.aupay.wallet.auone.jp/articles/31

携帯大手のKDDIが提供するQRコード決済サービス「au PAY」。スマートフォンだけで支払いができるキャッシュレス決済のひとつで、使い方も簡単。au PAY アプリをダウンロードして、登録・設定をするだけで誰でも利用できます。 経営母体が大きいメリットとして、au PAYの豊富なキャンペーンが挙げられます。「三太郎の日」をはじめ、「たぬきの大恩返し」など、個性的で還元率も高いキャンペーンを随時実施しています。ここでは、そんなau PAYの最新キャンペーン情報をまとめてお伝えします。

au PAYの導入について

au PAYは、携帯大手のKDDIが運営しているので、ユーザー数が多く安心できる上、au以外のお客さまも利用できます。また、豊富なキャンペーンは、効果的な集客に役立ちます。

コスト面では、導入費用・初期費用とも無料に加え、どの銀行からでも入金手数料無料と、初めてでも取り組みやすい環境をご提供しています。

スムーズな会計による省力化や、レジ締め工数の削減、非接触決済による新型コロナウイルス感染症の対策になる点もメリットです。

気になった方は、資料も用意していますので、併せてご確認の上、ぜひau PAYの導入をご検討ください。

au PAYは今なら導入費用・手数料ともすべて無料

KDDIが提供するau PAYは、導入費用・入金手数料がすべて無料となっています。また、2022年9月30日まで決済手数料率が0%になるキャンペーンを実施しています。

※お申込み状況により、決済手数料率が異なる場合がございます。 決済合計額に、決済手数料率を乗じて計算された手数料の金額に、消費税10%を加算した額をお支払いいただきます。

関連するキーワード


事例 飲食 QRコード決済

関連する投稿


QRコード決済の自治体キャンペーンが急増!ポイント還元で消費者・事業者ともにメリットあり

QRコード決済の自治体キャンペーンが急増!ポイント還元で消費者・事業者ともにメリットあり

新型コロナウイルス感染症の影響で低迷する地域経済の活性化策として、各自治体がポイント還元キャンペーンを実施しています。au PAYなどのQRコード決済を活用し、通常より高還元率でおトクなことも多いことも特徴です。飲食店や小売業などau PAY加盟店にもメリットが多いキャンペーンなので、制度の内容や各地の事例を把握しておきましょう。


au PAY導入店舗事例 「ぬくもりエステSmileSKD」様

au PAY導入店舗事例 「ぬくもりエステSmileSKD」様

au PAYをご導入いただいた店舗のみなさまに、導入のきっかけやコストや集客面などのメリットを伺いました。スマホ決済にau PAYの導入をご検討の方は、ご参考にしてください。 今回は、愛知県あま市の「ぬくもりエステSmileSKD」様の事例をご紹介します。au PAYは導入費用・決済手数料・入金手数料すべて無料なので、とりあえず取り組んで、試してみやすいのがポイント!


QRコード決済の現場でも使われている?売上UPに役立つ行動経済学の基礎知識

QRコード決済の現場でも使われている?売上UPに役立つ行動経済学の基礎知識

購買などの日常的な経済行動を心理学を交えて分析する「行動経済学」。サンクコストや現状維持バイアスなど一般にも知られた理論も、行動経済学の一部です。行動経済学が注目されているのは、マーケティングなどビジネスでも活用できるとみなされているからです。QRコード決済の現場でも活用されている行動経済学の例をご紹介します。


【成功事例】QRコード決済で課題解決!7つのキャッシュレス化事例を紹介

【成功事例】QRコード決済で課題解決!7つのキャッシュレス化事例を紹介

キャッシュレス決済は、現金を持ち歩かずに済んだり、ポイントが貯まったりとユーザーにさまざまなメリットをもたらします。一方、事業者にとっては「業務効率化を図れる」「現金に触らないので衛生的」など、お店にも利点があります。特にQRコード決済は完全非接触で一連の会計処理を行うことができ、ここ数年導入店舗が右肩上がりに延びています。 この記事では、QRコード決済を中心とした「キャッシュレス化の成功事例」を紹介していきます。導入すべきか判断がつかず、二の足を踏んでいる事業者様はぜひ参考にしてみてください。


au PAYは使えるお店が少ないって本当?2021年現在QRコード決済の大手に成長

au PAYは使えるお店が少ないって本当?2021年現在QRコード決済の大手に成長

インターネットで検索すると「au PAY 使える店 少ない」という候補が示されることがあります。これは本当でしょうか?サービス開始直後と異なり、au PAYではPontaポイントも使えるなど、2021年にはQRコード決済の大手サービスに成長しています。au PAYでは2021年10月時点で440万カ所のポイント・決済加盟店で利用でき、これはQRコード決済各社のなかでも使えるお店が多いサービスとなっています。


最新の投稿




【加盟店向け】キャッシュレス決済の売上はどう仕訳する?会計処理の方法を解説

【加盟店向け】キャッシュレス決済の売上はどう仕訳する?会計処理の方法を解説

キャッシュレス決済を導入すると、現金決済の場合とは経理の「仕訳」も変わってきます。QRコード決済などキャッシュレス決済の会計処理では、売上と入金のタイミングが異なる点に注意が必要です。そこで仕訳としては、売上を「売掛金」として扱い後日の入金を待ちます。また、決済手数料がかかる場合は「支払手数料」として記帳します。ポイントについては仕訳上、特別な処理は不要です。


再開が期待される「Go To トラベル」前回実施時の効果はどうだった?

再開が期待される「Go To トラベル」前回実施時の効果はどうだった?

国が旅行・宿泊代金の一部を割引したり、地域共通クーポンを発行する「Go To トラベル」。観光客にオトクなのはもちろん、地域経済にとっても売上回復のきっかけになると期待されています。各種調査に基づく「Go To トラベル」前回実施時の効果や、今後の動向についてお伝えします。


QRコード決済の自治体キャンペーンが急増!ポイント還元で消費者・事業者ともにメリットあり

QRコード決済の自治体キャンペーンが急増!ポイント還元で消費者・事業者ともにメリットあり

新型コロナウイルス感染症の影響で低迷する地域経済の活性化策として、各自治体がポイント還元キャンペーンを実施しています。au PAYなどのQRコード決済を活用し、通常より高還元率でおトクなことも多いことも特徴です。飲食店や小売業などau PAY加盟店にもメリットが多いキャンペーンなので、制度の内容や各地の事例を把握しておきましょう。


最近話題のキーワード

au PAY magazineで話題のキーワード


キャンペーン 自治体キャンペーン
無料相談
自治体相談窓口
受付:平日/10:00〜19:00(12月29日〜1月3日を除く)