資料請求資料請求
無料申込無料申込

トップへ戻る

QRコード決済でも後払い!?チャージ不要で利用できるスマホ決済を紹介

QRコード決済でも後払い!?チャージ不要で利用できるスマホ決済を紹介

現金を持ち歩かなくてもお買い物できるキャッシュレス決済。後払いできる決済方法といえばクレジットカードが代表的でしたが、前払い中心のQRコード決済でも後払いに対応しているのをご存じでしょうか。この記事では、au PAYで後払いする方法をご紹介します。au PAYとau PAYカードを連携させることで、ポイントの還元率も上がります。


QRコード決済の支払い方法

QRコード決済の支払い方法は、「前払い」「後払い」「即時払い」の3つがあります。前払いを基本とするQRコード決済サービスが多いですが、なかには後払いや即時払いに対応しているサービスもあります。まずはそれぞれの支払い方法の違いをみていきましょう。

前払い(プリペイド)

「プリペイド方式」とも呼ばれる前払いは、QRコード決済で最もメジャーな支払い方法といえます。決済を利用する前に、専用のアプリにチャージし、その残高でお買い物をします。チャージ方法はさまざまで、ATMから現金で入金する方法、銀行口座からチャージする方法、またコンビニのレジでチャージできる決済アプリも少なくありません。さらに事前に銀行口座を登録し、チャージ残高がある一定の金額を下回ると自動でチャージされる「オートチャージ機能」を用意しているQRコード決済サービスもあります。

前払いの場合、残高がなくなる度にチャージしなくてはなりません。残高がないままレジで支払いをすると、「決済ができない」ということも起きえます。ただ逆にいえば、つかいすぎる心配がなく管理がしやすいのが前払い方式のメリットです。

後払い(ポストペイ)

後払い方式は、クレジットカードと同様の支払い方式です。「ポストペイ」とも呼ばれ、QRコード決済アプリ内でお買い物した分の決済を、後からまとめて支払います。QRコード決済を後払いにするためには多くの場合、決済アプリとクレジットカードを紐づける必要があります。支払い日になるとQRコード決済で支払った額が、クレジットカードの支払額に加算されます。

二度手間のように思えるこの方法にもメリットがいくつかあります。例えば、通常クレジットカードによる支払いをすると、暗証番号の入力やサインを書かなくてはなりません。一方QRコード決済ならそれらを行う必要がなく、お店でスムーズに会計を済ませられます。

また、QRコード決済を後払いにするには、クレジットカードと紐づけるほかに「キャリア決済」という方法もあります。キャリア決済とは、毎月の携帯利用料とQRコード決済でのお買い物額を合算し、まとめて支払いをする方法です。キャリア決済ならクレジットカードを所持していない人でも利用でき、毎月の支払いもスマホや携帯代金と一緒に引き落とされるので手間もかかりません。

即時支払い(リアルタイムペイメント)

「リアルタイムペイメント」と呼ばれる即時支払いができるQRコード決済サービスも存在します。デビットカードの支払い方法と同様、即時払いで決済を行うと、その代金が連携している銀行口座からリアルタイムで引き落とされます。即時支払いのメリットは、口座残高の範囲内なら自由にお買い物ができ、何度もチャージする手間がかからない点です。一方で、事前に口座残高を確認しておかないと、残高不足で決済ができないという事態も起こりうるので注意が必要です。

QRコード決済を後払いにするメリットとデメリット

QRコード決済は事前にチャージをして利用する前払い方式が最も主流です。しかし、後払い方式を利用すればチャージが不要で、QRコード決済アプリ内に残高が残っていなくても決済ができます。続いては、QRコード決済を後払いにするメリットとデメリットをもう少し詳しく見ていきましょう。

クレジットカードと紐づければポイントの二重取りが可能

QRコード決済は少額のお買い物でよく利用される決済方法ですが、後払いができるようになれば高額な支払いにも使用しやすくなります。支払額が高くなればなるほど、還元されるポイントも増えるため、QRコード決済を利用するメリットがより大きくなります。

さらに、クレジットカードと紐づけて後払いをすることで、ポイントの二重取りをすることもできます。例えばQRコード決済とクレジットカードの還元率をそれぞれ1%とした場合。10,000円の買い物をQRコード決済かクレジットカードかどちらかで支払えば還元されるのは100円相当のポイントです。これをクレジットカードを紐づけたQRコード決済で支払うと、200円相当のポイントがたまります。

「QRコード決済での支払い」で1%、「クレジットカードの支払い」で1%、合計2%の還元率になるということです。これは支払い方法を後払いにしたときにしか得られないメリットです。

商品を確認してから支払える

商品を確認してから支払いができる点も、後払いのメリットです。特にオンラインショッピングなどでは、直接商品を手に取って確認することができません。そこを後払いにしておくことで、自分が購入した商品に納得したうえで支払いができます。

また、購入した商品が届いた後で「違う商品が届いた」「サイズが合わない」などにより返品する場合、銀行振り込みだと時間がかかったり、手数料がとられたりすることもあります。後払いならその手間も最小限に減らすことができ、安心してお買い物ができます。

利用限度額は低め

後払いQRコード決済は、さまざまなメリットがある一方で、利用限度額が低いというデメリットがあります。後払いの限度額を5万円前後に設定しているQRコード決済サービスもあります。ユーザー保護の観点から、利用者の年齢によっては限度額が1万円以下に定められていることもあります。

au PAYは後払いができる便利なQRコード決済サービス

KDDIが2014年から開始したQRコード決済サービス「au PAY」では、クレジットカードを紐づけることで後払いにすることが可能です。クレジットカードの種類はVISA、Mastercard、JCBなどブランドを問いません。

au PAYの利用ではPontaポイントが還元され、通常のポイント還元率は0.5%。200円に1Pontaポイントがたまります。クレジットカードと紐づけた場合、この0.5%の還元に加え、クレジットカード側にもそれぞれポイントが還元されるのでとてもおトクです。auの各種サービスと相性のよい「au PAYカード」を紐づけると、還元率がさらにアップ。チャージをする度に1%Pontaポイントが加算されるので、au PAY残額で支払えば合計1.5%のPontaポイントがたまります。「au PAYゴールドカード」なら上記にくわえてさらに還元率が1%加算されます。

また、au PAYは「auかんたん決済」と呼ばれるキャリア決済にも対応しています。au PAYアプリ内にチャージをする際に、auかんたん決済を選択すると、月々の通信料金と合算して後から支払いができます。限度額は年齢や回線契約月数によって異なります。

また、「リアルタイムチャージ」に設定しておくことで、支払い時に残高が不足している場合に足りない分だけを自動チャージすることもできます。au PAYカード、auかんたん決済、auじぶん銀行口座のいずれかから設定でき、この場合は「即時払い」方式に近いといえるでしょう。

au PAYなら、後払い可能で還元率も高い

後払いが可能なQRコード決済の中でも、au PAYはユーザーにとってメリットが多いおトクなサービスです。上記で紹介したように前払い・後払い・即時払いに対応しており、ユーザーは自身のライフスタイルに合った支払い方法を選択できます。その利便性の高さから、2021年に行われた「QRコード・バーコード決済満足度調査」ではau PAYが顧客満足度1位を獲得しました。

国内最大級の会員規模を誇るPontaポイントと提携しているのもau PAYの特徴です。au PAYの利用ごとにポイントがたまり、たまったPontaポイントは、日々のお買い物や公共料金の支払いなどに充当できます。そしてPontaポイントは、加算された最後の日、もしくはポイントをつかった日から有効期限が1年間延長されます。そのためPontaポイントは実質永久的に保持でき、定期的につかい続けていれば「せっかくためたポイントが失効してしまった」ということもありません。

さらに、au PAYはQRコード決済サービス各社の中でもトップクラスのキャンペーン数を誇ります。例えば2021年7月20日から8月31日に行われた「たぬきの大恩返し夏」では、キャンペーン対象のお店でau PAYをつかい決済をすることで、決済金額200円ごとに40Pontaポイントがもらえました。また、還元率が高いキャンペーンが行われると、ユーザーは積極的に加盟店でお買い物をするようになり、加盟店にも大きな恩恵をもたらします。「還元率が高いときに」と、キャンペーン中にau PAYを高額商材決済に活用するユーザーも多く、加盟店にとっては単価アップが期待できます。

まとめ

後払いができるQRコード決済サービスはユーザーにとって利便性が高く、手持ちのお金がないときでも支払いができます。QRコード決済サービスを選ぶ際には、自分に合った支払い方法ができるかどうかを基準にするのもいいでしょう。

一方、お店にとっても後払いができるQRコード決済サービスは、「チャージ残高がなくて支払いできない」という事態が起きづらいので機会損失をなくすことにもつながります。その点、au PAYは後払いでの支払いができるほか、ユーザーに対するキャンペーンも豊富です。au PAYの加盟店になることで単価アップや売上アップが期待できるでしょう。

なお、au PAYは中小店舗でも導入しやすいよう、手数料無料キャンペーンを行っています。2022年9月末まで導入費用・決済手数料・入金手数料すべて0円で導入可能です。導入がお済みでない事業者様は、これを機にau PAYの導入を検討してみてはいかがでしょうか?

au PAYは今なら導入費用・手数料ともすべて無料

KDDIが提供するau PAYは、導入費用・入金手数料がすべて無料となっています。また、2022年9月30日まで決済手数料率が0%になるキャンペーンを実施しています。

※お申込み状況により、決済手数料率が異なる場合がございます。 決済合計額に、決済手数料率を乗じて計算された手数料の金額に、消費税10%を加算した額をお支払いいただきます。

関連する投稿


QRコード決済の自治体キャンペーンが急増!ポイント還元で消費者・事業者ともにメリットあり

QRコード決済の自治体キャンペーンが急増!ポイント還元で消費者・事業者ともにメリットあり

新型コロナウイルス感染症の影響で低迷する地域経済の活性化策として、各自治体がポイント還元キャンペーンを実施しています。au PAYなどのQRコード決済を活用し、通常より高還元率でおトクなことも多いことも特徴です。飲食店や小売業などau PAY加盟店にもメリットが多いキャンペーンなので、制度の内容や各地の事例を把握しておきましょう。


QRコード決済の現場でも使われている?売上UPに役立つ行動経済学の基礎知識

QRコード決済の現場でも使われている?売上UPに役立つ行動経済学の基礎知識

購買などの日常的な経済行動を心理学を交えて分析する「行動経済学」。サンクコストや現状維持バイアスなど一般にも知られた理論も、行動経済学の一部です。行動経済学が注目されているのは、マーケティングなどビジネスでも活用できるとみなされているからです。QRコード決済の現場でも活用されている行動経済学の例をご紹介します。


au PAYは使えるお店が少ないって本当?2021年現在QRコード決済の大手に成長

au PAYは使えるお店が少ないって本当?2021年現在QRコード決済の大手に成長

インターネットで検索すると「au PAY 使える店 少ない」という候補が示されることがあります。これは本当でしょうか?サービス開始直後と異なり、au PAYではPontaポイントも使えるなど、2021年にはQRコード決済の大手サービスに成長しています。au PAYでは2021年10月時点で440万カ所のポイント・決済加盟店で利用でき、これはQRコード決済各社のなかでも使えるお店が多いサービスとなっています。


小売業がキャッシュレス決済を導入すべき理由を解説!集客効果も!

小売業がキャッシュレス決済を導入すべき理由を解説!集客効果も!

キャッシュレス化の流れが加速化する昨今、小売業でもクレジットカードやQRコード決済などを使えるお店が増えています。この記事では、小売業者がキャッシュレス決済を導入すべき理由、導入するメリットや注意点などを詳しく解説します。小売業における「キャッシュレス決済の平均的な導入率」についても紹介しているので、お店のキャッシュレス化にお悩みの小売事業者様はぜひ参考にしてみてください。


QRコード決済市場は4兆円超!今後数年で10兆円規模に成長の予測も

QRコード決済市場は4兆円超!今後数年で10兆円規模に成長の予測も

QRコード決済の市場が急拡大!2020年のQRコード決済各社の取扱高をまとめたところ、前年比4倍の4兆円超に達したことがわかりました。さらに、矢野経済研究所では今後のQRコード決済市場について、2024年には10兆円規模に達すると予測しています。日常の消費に加え、コロナ対策の自治体キャンペーンでもQRコード決済が活用されるなど、利用シーンが広がっています。


最新の投稿




【加盟店向け】キャッシュレス決済の売上はどう仕訳する?会計処理の方法を解説

【加盟店向け】キャッシュレス決済の売上はどう仕訳する?会計処理の方法を解説

キャッシュレス決済を導入すると、現金決済の場合とは経理の「仕訳」も変わってきます。QRコード決済などキャッシュレス決済の会計処理では、売上と入金のタイミングが異なる点に注意が必要です。そこで仕訳としては、売上を「売掛金」として扱い後日の入金を待ちます。また、決済手数料がかかる場合は「支払手数料」として記帳します。ポイントについては仕訳上、特別な処理は不要です。


再開が期待される「Go To トラベル」前回実施時の効果はどうだった?

再開が期待される「Go To トラベル」前回実施時の効果はどうだった?

国が旅行・宿泊代金の一部を割引したり、地域共通クーポンを発行する「Go To トラベル」。観光客にオトクなのはもちろん、地域経済にとっても売上回復のきっかけになると期待されています。各種調査に基づく「Go To トラベル」前回実施時の効果や、今後の動向についてお伝えします。


QRコード決済の自治体キャンペーンが急増!ポイント還元で消費者・事業者ともにメリットあり

QRコード決済の自治体キャンペーンが急増!ポイント還元で消費者・事業者ともにメリットあり

新型コロナウイルス感染症の影響で低迷する地域経済の活性化策として、各自治体がポイント還元キャンペーンを実施しています。au PAYなどのQRコード決済を活用し、通常より高還元率でおトクなことも多いことも特徴です。飲食店や小売業などau PAY加盟店にもメリットが多いキャンペーンなので、制度の内容や各地の事例を把握しておきましょう。


最近話題のキーワード

au PAY magazineで話題のキーワード


キャンペーン 自治体キャンペーン
無料相談
自治体相談窓口
受付:平日/10:00〜19:00(12月29日〜1月3日を除く)