資料請求資料請求
無料申込無料申込

トップへ戻る

今からでも遅くない!キャッシュレス決済始めるならどれがいい?

今からでも遅くない!キャッシュレス決済始めるならどれがいい?

ポイント付与などにより、現金払いよりもおトクに買い物できるとして、現金以外で支払う決済方法「キャッシュレス決済」の普及が日本でも進んでいます。これからキャッシュレス決済を始めたい、キャッシュレス決済についてよくわからないという方のためにキャッシュレス決済の種類やメリットなどを紹介します。

[PR]本ページはプロモーションが含まれています
⏳この記事は約2~3分で読めます。


キャッシュレス決済の種類

キャッシュレス決済は支払のタイミングによって、3種類に分類されます。

前払い
前払いとは、お金を事前にチャージして利用する支払い方法です。「Suica」や「nanaco」といった「電子マネー」が代表的な前払いによるキャッシュレス決済です。「Apple Gift Card(旧iTunes ギフトカード)」「Google Play ギフトカード」といった「プリペイドカード」もこの方法に含まれます。

即時払い
即時払いとは、支払いのタイミングで紐づけられた銀行口座からすぐに代金が引き落とされる支払い方法です。具体的には「デビットカード」が挙げられます。デビットカードは、銀行が発行するキャッシュカードにその機能が付帯している「J-Debit(ジェイデビット)」や「Visa」「JCB」といったクレジットカードの国際ブランドがついた「ブランドデビット」があります。ブランドデビットは海外でも利用できます。

後払い
後払いとは、支払額が後日請求される支払い方法です。「クレジットカード」がその代表例と言えます。

「au PAY」をはじめとする「QRコード決済」は、一般には「前払い」方式に分類されますが、クレジットカード連携などで後払いにも対応しています。

主要なキャッシュレス決済サービス

支払いタイミングで紹介した、それぞれの決済方法の詳細を紹介します。

電子マネー
電子マネーは「Suica」「PASMO」「ICOCA」「SUGOCA」といった交通系ICカードや「nanaco」「楽天Edy」「WAON」といった流通系ICカードが代表例です。

クレジットカード
「Visa」「JCB」「Mastercard」「American Express」「Diners Club」といったブランドがクレジットカードの代表例です。

QRコード決済
「au PAY」「PayPay」「楽天Pay」「d払い」「メルペイ」が代表的なQRコード決済会社です。

キャッシュレス決済 QRコード/バーコード決済の種類とその特徴を解説!

https://media.aupay.wallet.auone.jp/articles/3

現金決済に変わる支払い方法として注目を集める「キャッシュレス決済」。一口にキャッシュレス決済と言っても、クレジットカードや電子マネー、最近伸びているQRコードなど、さまざまな種類があります。そこで今回は、キャッシュレス決済の種類ごとの特徴や、QRコード/バーコード決済のメリットなどをまとめてご紹介してきます。

キャッシュレス決済の仕組みを解説!種類ごとの特徴や違いを理解しよう

https://media.aupay.wallet.auone.jp/articles/34

「キャッシュレス決済」は新しい仕組みではなく、クレジットカード、電子マネー、QRコード決済など、すでにさまざまな種類が使われています。政府もキャッシュレス化を推進する方向性を打ち出し、民間でも完全キャッシュレス店舗が現れるなど、キャッシュレス化の流れは今後もすすんでいくと予想されます。 ただ、キャッシュレス決済にも種類が多く、それぞれの仕組みや違いを理解している方は多くありません。そこで、この記事ではキャッシュレス決済の種類ごとの仕組みをわかりやすく解説します。

キャッシュレス決済を利用するメリット

キャッシュレス決済の利用は、お客さま、お店側の双方にメリットがあります。

お客さまのメリットですが、支払いをスムーズに行えます。レジで紙幣や硬貨を出す手間が省け、おつりを待つ時間もないので、ストレスなく買い物ができます。また、現金を持ち歩かなければ、銀行からお金を下ろす手間やATM手数料が不要になります。

このほか、キャッシュレス決済ならではの利点として、割引キャンペーンやポイントが貯まるなど、現金での買い物よりもおトクというケースもあります。そして、紙幣や硬貨に触れないため、新型コロナウイルスなどの感染症対策にもつながります。

続いて、お店側のメリットですが、第一にレジ業務の効率化が挙げられます。レジ業務時間の減少分はほかの業務に振り分けられるほか、レジでのカウントミスといったトラブルの削減にもつながります。

また、キャッシュレス決済導入に伴うレジ業務の効率化は、金銭をデータ上で扱うことになるため、金銭管理、申告業務の低減にも一役買ってくれます。

さらに、キャッシュレス決済を希望するお客さまが一定数いますので、支払いの選択肢を増やすことにより、新規のお客さまの獲得にもつながる期待度が高くなります。

キャッシュレス決済を利用するデメリット

キャッシュレス決済には、メリットも多い反面、デメリットもお客さまとお店側の双方に存在します。

まず、お客さまにとってのデメリットは、お店がキャッシュレス決済に対応しているかどうかを事前に確認しなければならない手間が発生します。そして、セキュリティ面での不安があります。

カードやスマホといったキャッシュレス決済を行うものを紛失したり、盗まれてしまい不正利用された……場合によっては現金を落としてしまったり盗まれてしまったときよりも大きな被害を受ける恐れがあります。

不正利用への対抗策として、破られないようなパスワードの設定、スマホならば生体認証の利用がありますが、現金と同等、それ以上に慎重な取り扱いが必要になります。

不正利用のほかに、自分で使いすぎてしまうというリスクも出てきます。また、カードやスマホの破損や災害などで電気が不通になり、キャッシュレス決済を使えなくなるといった危険性もあります。

お店側のデメリットとしては、初期費用、決済手数料といったランニングコストの負担があります。売上規模によっては、ランニングコストが負担になってしまい、商品価格の見直しを迫られることも考えられます。

このほかにも、いきなり完全キャッシュレス化できないので、現金管理も引き続き行わなければならない、新たにキャッシュレス決済を導入するにあたり、スタッフにそのための方法を教育しなければならないといった、新たな業務の発生も考えられます。

災害などで停電になってしまうと、キャッシュレス決済を使えない事態になるのは、お客さまだけではなく、お店側にとってもデメリットになってしまいます。

キャッシュレス決済がもっとも使われるシーンや決済方法

キャッシュレスで決済する側のお客さまは、TPO(おもに支払う店舗)によって、決済方法を変えています。株式会社電通マクロミルインサイトが2021年12月に行った「第2回 コロナ禍における生活者のキャッシュレス意識調査」によれば、キャッシュレス決済が増えたシーンとして、コンビニエンスストア、スーパー・ショッピングモール、ドラッグストアが挙げられています。中小店舗での支払いも伸びてはいますが、同時に「キャッシュレス決済で支払えず困っている」といった意見も増えている点にご注目ください。

キャッシュレス決済 支払い 場所

出典:第2回 コロナ禍における生活者のキャッシュレス意識調査 株式会社電通マクロミルインサイト

そして、キャッシュレス決済のなかでどの手段がもっとも使われているかという質問の回答でもっとも多かったものは「モバイルQR決済」つまり「QRコード決済」という結果になっています。

キャッシュレス決済 QRコード決済 割合

出典:第2回 コロナ禍における生活者のキャッシュレス意識調査 株式会社電通マクロミルインサイト

この結果から、お客さまは少額の支払いの場合はQRコード決済したいことが読み取れます。

調査で見る!現金とキャッシュレスの使い分け

https://media.aupay.wallet.auone.jp/articles/306

年々キャッシュレス化比率が高まっていますが、当面は現金とキャッシュレス両方が使われる時代が続きます。例えば、高価な商品・サービスではクレジットカードが使われやすいと言われてきました。少額決済に向くQRコード決済も普及してきた今、現金とキャッシュレスがどう使い分けられ、店舗側はどう対応すればよいか確認しましょう。

お店でキャッシュレス決済を導入する場合はどれがいい?

さきほど紹介した「第2回 コロナ禍における生活者のキャッシュレス意識調査」の結果にもあるように、QRコード決済が大きく伸びています。数年内に、クレジットカードに次ぐ主要なキャッシュレス決済として成長するでしょう。

支払場所によるキャッシュレス決済の使用率をインフォキュリオンが調査した「決済動向2021年4月」によると、QRコード決済はコンビニ、ドラッグストア、日用雑貨といった、比較的少額決済で用いられていることがわかります。

これは先ほど紹介した「第2回 コロナ禍における生活者のキャッシュレス意識調査」と一致します。反対にガソリンスタンド、家電量販店といった、単価が高い買い物での支払いには、クレジットカードが使われる傾向がある、と出ています。

キャッシュレス決済 QRコード決済 単価別

出典:決済動向2021年4月 インフォキュリオン

したがって、これまでに紹介した事例をもとに、キャッシュレス決済はどれがいいか?というひとつの判断基準を提示するならば、まず自店舗の営業スタイル、取り扱っている商品・サービスの種類や金額を考えて、となります。

まとめ

キャッシュレス決済は「先払い」「即時払い」「後払い」の3つの支払い発生タイミングに分類できます。

先払いの代表例が電子マネーで、即時払いがデビットカード、後払いがクレジットカードです。au PAYなどのQRコード決済は、先払いをベースに後払いにも対応しています。

このようにキャッシュレス決済にはさまざまな種類があり、自店舗に導入する場合どれがいい?と悩まれる場合、まずは最近勢いのあるQRコード決済に注目してみてはいかがでしょうか。

QRコード決済が好まれるシーンは、比較的少額の決済時です。自店舗がこれに当てはまるようであればQRコード決済を、高額商品が中心ならクレジットカード決済の導入を検討してみてはいかがでしょうか。

集客力アップが期待できるキャッシュレス決済なら「au PAY」

KDDIが提供するau PAYは、導入費用・入金手数料がすべて無料。導入コストゼロで始められるだけでなく、約3,370万人(2024年1月時点)の会員数を保有し、専用アプリの店舗検索にもお店が表示されるので集客力アップも期待できます。

※決済手数料率は2.6%です。 決済合計額に、決済手数料率を乗じて計算された手数料の金額に、消費税10%を加算した額をお支払いいただきます。

関連する投稿


【2024】キャッシュレス決済導入どれがいい?クレジットカード/QRコード/電子マネーの主要3種類を比較

【2024】キャッシュレス決済導入どれがいい?クレジットカード/QRコード/電子マネーの主要3種類を比較

キャッシュレス決済が広く普及するようになり、街中のいたるところでキャッシュレス決済を導入している店舗を見かけるようになりました。 周りを見回しても、以前と比べて現金のやりとりを目にすることも減ってきているのではないでしょうか。 事業者にとってはすでにお店のキャッシュレス化は避けて通れない道となりつつあります。 この記事では、導入を検討している事業者様に向けて、キャッシュレス決済の3種類「クレジットカード/ QRコード/電子マネー」の特徴を詳しく解説します。 それぞれメリット・デメリットを理解し、自分のお店に合ったキャッシュレス決済を選びましょう。


複数のQRコード決済サービスをまとめて導入する方法

複数のQRコード決済サービスをまとめて導入する方法

スマートフォンでQRコードを読み取るだけで決済ができる「QRコード決済」。色々なサービスが普及する一方で、導入を検討しているお店の担当者様は、どれを導入すべきか悩まれることもあるでしょう。そんなときは、複数のQRコード決済をまとめて導入できる「マルチ決済サービス」という方法があります。一つの端末で複数の決済方法に対応し、契約も一つにまとめられて便利です。


au  PAY 残高にチャージ(入金)する7つの方法!上限や利用条件に注意

au PAY 残高にチャージ(入金)する7つの方法!上限や利用条件に注意

au PAYは、実店舗でのQRコード/バーコード決済、請求書払い、ネットショッピングなどのオンライン決済に対応するスマホ決済サービスです。 au PAYは原則として前払い方式なので、支払いの前にau PAY 残高にチャージ(入金)する必要があります。 au PAY 残高にチャージする方法は、auかんたん決済/クレジットカード/Pontaポイント/現金など7種類。 特徴や利用条件、上限金額が異なりますので、自分にあったチャージ方法を選びましょう 。 また、店舗のオペレーションにあたっても、お客さまがレジで残高不足だった際に、どのようなチャージ方法があるかを把握しておくと役立つでしょう。


色々あるけどどれがおすすめ?スマホ決済の種類と仕組み

色々あるけどどれがおすすめ?スマホ決済の種類と仕組み

現金をもたずにスマートフォンひとつで決済できる「スマホ決済」。QRコード決済やタッチ決済も、スマートフォンで決済できるという意味では、スマホ決済のひとつです。 つまり、スマホ決済でどれがおすすめかは、スマホ決済にはどんな種類や特徴があって、ご自分のつかい方にはどれが向いているかを知る必要があります。


自治体マイナポイントとは?仕組みから受け取りまでまとめて解説

自治体マイナポイントとは?仕組みから受け取りまでまとめて解説

自治体マイナポイントは、マイナンバーカードの普及を促進するとともに、地域独自のポイント給付施策をオンラインで迅速かつ効果的に実施可能にする仕組みです。 自治体マイナポイントは2022年度から始まった制度で、マイナンバーカード保有やキャッシュレス決済の登録などの条件を満たすことで、自治体からポイントが付与されます。 ただ、知名度はまだまだ低く、「これまでのマイナポイントとどう違うの?」という人も少なくありません。 この記事では、自治体マイナポイントの仕組み、受け取り方法、実際に行われている施策内容をまとめて紹介します。


最新の投稿


au PAY、八食センター内の対象店舗でのお買い物で抽選で100名様に1,000Pontaポイントをプレゼント(2024年3月1日~)

au PAY、八食センター内の対象店舗でのお買い物で抽選で100名様に1,000Pontaポイントをプレゼント(2024年3月1日~)

2024年3月1日から3月31日の間、青森県八戸市 八食センター内の対象店舗にてau PAY(コード支払い)で1回500円(税込)以上お支払いいただくと抽選で100名様に1,000Pontaポイントをプレゼントするキャンペーンを開催します。


【自治体キャンペーン】千葉県 袖ケ浦市の対象店舗でau PAYを使うとお支払いの最大20%が戻ってくる(2024年3月1日~)

【自治体キャンペーン】千葉県 袖ケ浦市の対象店舗でau PAYを使うとお支払いの最大20%が戻ってくる(2024年3月1日~)

千葉県 袖ケ浦市にて2024年3月1日から3月31日の間、対象店舗にてau PAY(コード支払い)を利用すると、au PAY 残高に決済額の最大20%を還元する「第2弾 キャッシュレスで最大20%戻ってくる!そでがうら春の買物大作戦!」を開催します。


【自治体キャンペーン】鹿児島県 薩摩川内市の対象店舗でau PAYを使うとお支払いの最大20%が戻ってくる(2024年3月1日~)

【自治体キャンペーン】鹿児島県 薩摩川内市の対象店舗でau PAYを使うとお支払いの最大20%が戻ってくる(2024年3月1日~)

鹿児島県 薩摩川内市にて2024年3月1日から3月31日の間、対象店舗にてau PAY(コード支払い)を利用すると、au PAY 残高に決済額の最大20%を還元する「キャッシュで薩摩川内市を応援しよう!」を開催します。


【自治体キャンペーン】埼玉県 伊奈町の対象店舗でau PAYを使うとお支払いの最大30%が戻ってくる(2024年3月1日~)

【自治体キャンペーン】埼玉県 伊奈町の対象店舗でau PAYを使うとお支払いの最大30%が戻ってくる(2024年3月1日~)

埼玉県 伊奈町にて2024年3月1日から3月31日の間、対象店舗にてau PAY(コード支払い)を利用すると、au PAY 残高に決済額の最大30%を還元する「2024 伊奈町キャッシュレス決済キャンペーン!!」を開催します。


最大20%割引!マルイチの対象店舗で使える au PAY クーポン(2024年3月10日まで有効)

最大20%割引!マルイチの対象店舗で使える au PAY クーポン(2024年3月10日まで有効)

岩手県 マルイチの対象店舗にてau PAY(コード支払い)で1回2,000円(税込)以上のお支払いで使える最大20%割引クーポン(割引上限:1,000円/回)をau PAY アプリにてプレゼントします。


最近話題のキーワード

au PAY magazineで話題のキーワード


キャンペーン auPAY 自治体キャンペーン 九州 四国 関東


キャッシュレス決済 | キャッシュレス決済 導入 | QRコード決済 | QRコード決済 導入 | 販促 アイデア |
販促ツール | 販促ツール アイデア | クーポン 販促 | 飲食店 販促 | 小売 販促 | 美容院 販促 |
集客 販促 | 雨の日 集客 | 集客 事例 | auPAY 導入 | マイナポイント | ネット支払い