資料請求資料請求
無料申込無料申込

トップへ戻る

【2022年版】QRコード決済サービス大手6社のユーザー数を比較!

【2022年版】QRコード決済サービス大手6社のユーザー数を比較!

QRコード決済は、スマートフォンひとつでお買い物ができ、ここ数年でユーザー数がどんどん増えています。この記事では、人気のQRコード決済サービス各社の「ユーザー数」をご紹介していきます。 QRコード決済の導入を検討されている事業者のなかには、「サービスの種類が多く、どれを導入したらいいか迷ってしまう」という方も少なくありません。この記事を参考に、ぜひ自分に合ったQRコード決済サービスを見つけてみてください。


急拡大するQRコード決済サービス市場

国内のQRコード決済サービス市場は、急速に拡大しています。矢野経済研究所の調査では、2018年度に3,042億円だったQRコード決済サービスの市場規模は、2019年度に1兆円を超え、2024年には市場規模が約5倍に膨らむと予想されています。

QRコード決済の加盟店になることで、年々増え続けるQRコード決済ユーザーへのアピールにつながります。また、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点でもメリットがあり、非接触で会計ができるQRコード決済を導入することは、お客さまや従業員の安心にもつながるでしょう。

QRコード決済市場は4兆円超!今後数年で10兆円規模に成長の予測も

https://media.aupay.wallet.auone.jp/articles/67

QRコード決済の市場が急拡大!2020年のQRコード決済各社の取扱高をまとめたところ、前年比4倍の4兆円超に達したことがわかりました。さらに、矢野経済研究所では今後のQRコード決済市場について、2024年には10兆円規模に達すると予測しています。日常の消費に加え、コロナ対策の自治体キャンペーンでもQRコード決済が活用されるなど、利用シーンが広がっています。

QRコード決済サービス主要6社のユーザー数を比較

QRコード決済サービスのユーザー数は以下の通りです。いずれのサービスも利用者数・登録者数が1,000万人を超えていて、3,000万人以上の5社が大手を形成しています。

名称ユーザー数(降順)補足
PayPay4,230万人(2021年9月時点)アカウント登録を行ったユーザー数の累計
LINE Pay4,000万人(2021年6月時点) 
d払い3,943万人(2021年9月時点)d払いアプリダウンロード数とd払い(iD)会員数
au PAY3,460万人(2021年9月時点)au PAYとau PAYカードの合計会員数
メルペイ1,135万人(2021年9月時点) メルペイ「電子マネー」の登録を行ったユーザーと「メルペイコード決済」「ネット決済」「メルペイスマート払い(翌月払い・定額払い)」等の利用者の合計(重複を除く)
楽天ペイ非公開 

【事業者・店舗向け】QRコード決済サービスを選ぶ際のポイント

QRコード決済各社のユーザー数がわかったところで、QRコード決済選びのポイントをお伝えしていきます。お店で導入するサービスを検討する際にはユーザー数だけでなく、使える場所や手数料、サポート体制なども事前に確認しておきましょう。

ユーザー数とキャンペーンの実施数

QRコード決済のユーザー数は、サービスを選ぶときのひとつの基準となります。QRコード決済ユーザーは、意図的にそのサービスが利用できるお店に足を運ぶ傾向にあります。そのため、導入するQRコード決済のユーザー数は、将来お店に訪れる潜在客の数ともいえます。

なお、先に紹介した各社のユーザー数はいずれも、登録者の累計数です。日常的に利用している「アクティブユーザー」とは必ずしも一致しないことを理解しておきましょう。

その意味では、ユーザー数に加えて「キャンペーンの豊富さ」も重要です。ポイントの還元率が上がるキャンペーンは、ユーザーの消費を促します。キャンペーンは、非アクティブユーザーが実際にQRコード決済を利用するきっかけにもなります。キャンペーンが定期的に開催されるQRコード決済サービスを導入しておくことで、売り上げアップが期待できるでしょう。

QRコード決済主要6社の使えるお店を比較!加盟店数の規模は?

https://media.aupay.wallet.auone.jp/articles/44

QRコードをスマホで読み取るだけで決済できる「QRコード決済」。その手軽さやおトクにお買い物できる特徴から、ユーザー数・加盟店数とも増えています。QRコード決済の導入にあたっては、導入費用や決済手数料などコスト面も大事ですが、集客効果も大事。加盟店と使える場所が多いQRコード決済には、よりユーザーが集まることが期待されます。この記事では、主要なQRコード決済サービスの加盟店数とユーザー数を比較します。

決済手数料・入金手数料

QRコード決済は、初期費用無料で導入できます。専用端末を用意しなくてはいけないクレジットカードや電子マネーよりも、手軽に始められるキャッシュレス決済手段といえるでしょう。

一方で、決済手数料は他の決済手段同様、QRコード決済でもかかる場合があります。QRコード決済は2018年ごろからさまざまなサービスが登場しています。QRコード決済サービス各社は多くのお店に導入してもらえるよう、「決済手数料が無料になる期間」を設けていました。ただそれも一巡し、2021年中ごろから決済手数料の有料化に踏み切るところも出てきています。

導入するQRコード決済を選ぶ際には、決済手数料の体系がどのようになっているのかを必ず確認しましょう。また同時に、入金手数料や入金サイクルについてもチェックすることをおすすめします。

2021年最新版 QRコード決済各社還元率を比較!おトクなキャンペーン情報も

https://media.aupay.wallet.auone.jp/articles/63

主要なキャッシュレス決済として定着してきたQRコード決済。暗証番号やサインなども不要で、ポイント還元を通じて現金よりオトクにお買い物できます。利用者もどのQRコード決済サービスがおすすめなのか知りたい所でしょう。また、QRコード決済の導入を検討しているお店にとっても、よく使われているサービスを選ぶことが大事です。今回は、2021年8月時点の、QRコード決済サービス各社の還元率とキャンペーンを比較していきます。

サポート体制やセキュリティ

サポート体制やセキュリティも大切なポイントです。

不明点や問題が発生したときに、パソコンやデジタルツールに詳しくない方がその問題を自力で解決するのは簡単ではありません。そのため、もし技術面で不安があるのであれば、サポート体制が充実しているサービスを選ぶようにしましょう。

また、セキュリティ面では、「2段階認証」や「通信の暗号化」の仕組みを設けているところなどを選ぶといいでしょう。

au PAYのセキュリティは万全? 3つの安全・安心対策

https://media.aupay.wallet.auone.jp/articles/7

各社から参入が相次ぎ、急速に普及が進むQRコード決済。au PAYは、通信大手のKDDIが運営するQR決済サービスです。au PAYでは、加盟店さま向け<a href="https://biz.aupay.wallet.auone.jp/">公式サイト</a>で安全・安心対策として「現金不要」「24時間のサポート」「2段階認証」の3つを掲げています。本記事ではau PAYの安全・安心対策の中身について解説します。

QRコード決済サービス主要6社のユーザー数と特徴

ここでは、冒頭で紹介した人気のQRコード決済サービス6社をさらに詳しく紹介していきます。

au PAY

ユーザー数:3,460万人(2021年9月時点)
導入費用:無料
決済手数料:2022年9月30日まで無料
ポイントの種類:Pontaポイント

「au PAY」は、通信大手KDDIが運営するQRコード決済サービスです。ユーザーがau PAYの利用でためられるのは「Pontaポイント」。Pontaポイントは会員数1億人を誇る国内最大級の共通ポイントです。この大きな会員基盤は、加盟店にとっても魅力です。

また、au PAYは導入費用が無料なのはもちろんのこと、決済手数料が2022年9月30日までかからないのも特徴です(通常時は2.6%)。さらに、入金手数料は振込先の金融機関を問わず、無料となっています。新たに指定銀行口座を開設する必要がなく、お手持ちの口座でスムーズに導入できるでしょう。

また、au PAYは費用面に優れることに加えて、キャンペーンも豊富です。大小さまざまな還元キャンペーンを実施しており、商店街や市区町村などエリア限定の企画も行っています。

また、「24時間サポートサービス」や「2段階認証」も取り入れており、初めてQRコード決済を導入するという事業者の方でも安心して利用できるでしょう。

PayPay

ユーザー数:4,230万人(2021年9月時点)
導入費用:無料
決済手数料:1.6%もしくは1.98%
ポイントの種類:PayPayボーナス

国内最大級のユーザー数を誇るQRコード決済「PayPay」は、知名度が高く誰もが一度は聞いたことのあるサービスでしょう。国内の加盟店も300万店舗越えと、多くの場所で使える点がユーザーにとってのメリットです。ユーザーは「PayPayボーナス」と呼ばれるポイントをためられます。

PayPayも導入費用は無料で、還元率20%など大規模なキャンペーンを積極的に実施しているので顧客集客や売り上げアップが期待できます。かつては決済手数料が無料でしたが、2021年10月1日から有料となっています。

「PayPayマイストア ライトプラン」に加入するかどうかで、決済手数料率は変わります。PayPayマイストア ライトプランとは、店舗情報の掲載や独自クーポンの発行などができるサービスです。

加入には1,980円の月額利用料がかかり、プラン加入した場合の決済手数料率は1.6%。未加入の場合はそれよりも料率が高くなり1.98%です。ちなみに、PayPayを通じた月間売上が約50万円になると、加入と未加入の手数料が同じくらいになります。

LINE Pay

ユーザー数:4,000万人(2021年6月時点)
導入費用:無料
決済手数料:1.98%
ポイントの種類:LINEポイント

「LINE Pay」は、コミュニケーションアプリ「LINE」のQRコード決済サービスです。すでにLINEを持っている人なら登録後、すぐに利用開始できます。2021年6月時点のユーザー数は約4,000万人。

LINE Payは、au PAYやPayPayと比較すると、キャンペーンの種類や頻度は少ないかもしれません。ただ一方で、加盟店になるメリットのひとつに、LINEを通じた顧客接点をつくれる点が挙げられます。決済をしたユーザーに対して店舗アカウントの友達追加を促すことができ、お客さんがお店のアカウントを友達追加してくれれば、お得なキャンペーン情報などを送れます。

なお、導入費用や入金手数料は無料で、決済手数料は1.98%となっています。

楽天ペイ

ユーザー数:非公開
導入費用:無料
決済手数料:2022年9月30日まで手数料全額キャッシュバック(新規申し込みに限る)
ポイントの種類:楽天ポイント

「楽天ペイ」は、楽天グループのQRコード決済サービスです。楽天ペイのみのユーザー数は公開されていませんが、楽天カードの利用者は2020年6月に2,000万人を突破し、楽天会員数は1億人を超えています。楽天ペイの利用で「楽天ポイント」がたまり、たまったポイントは次回の楽天ペイの支払いやインターネットショッピングサイト「楽天市場」などで利用できます。

楽天ペイを導入する場合、初期費用は無料です。決済手数料は2022年9月30日まで全額キャッシュバックキャンペーンが行われています(通常時は3.24%)。また、カードリーダーをプレゼントするキャンペーンも実施しており、これを利用することでQRコード決済だけでなく主要ブランドのクレジットカードや電子マネーにも対応できます。

d払い

ユーザー数:3,943万人(2021年9月時点)
導入費用:無料
決済手数料:2022年9月30日まで無料(新規申し込みに限る)
ポイントの種類:dポイント

「d払い」は、NTTドコモが提供しているQRコード決済サービスです。ドコモのスマホユーザーでなくても利用することができます。2021年9月時点のユーザー数は3,943万人。2020年9月時点でのユーザー数は2,999万人だったので、約1年で31%と大幅に増加しています。ユーザーがためられるポイントは「dポイント」で、たまったポイントは次回のお買い物や、携帯料金の支払いなどに利用できます。

d払いを導入する場合の費用は他のQRコード決済同様、初期費用はかかりません。決済手数料は新規申し込みに限り、2022年9月30日まで無料です(通常時は2.6%)。

メルペイ

ユーザー数:1,000万人(2021年4月時点)
導入費用:無料
決済手数料:2022年9月30日まで無料(新規申し込みに限る)
ポイントの種類:メルペイポイント

「メルペイ」は、「株式会社メルペイ」が運営するQRコード決済サービスです。フリマアプリ「メルカリ」での売り上げをメルペイでそのまま利用できるため、メルカリを利用しているユーザーに人気の決済手段です。

メルペイはd払いとの提携をしているため、サービスの共通化が進められています。そのため、メルペイの加盟店申し込みをするとd払いも使えるようになります。また、決済手数料は従来1.5%でしたが、提携後はd払いと同じ2.6%に変更となっています。また、決済手数料は2022年9月30日まで無料になるd払いのキャンペーンが適用されます。

まとめ

今回は、QRコード決済主要6社のユーザー数と特徴を比較しました。QRコード決済市場は年々拡大しており、どのサービスも軒並みユーザー数を伸ばしています。

また、QRコード決済の導入を考える際には、ユーザー数やキャンペーンの豊富さ、決済手数料の有無などを総合的に判断するのがおすすめです。ある会社がキャンペーンを実施したとき、対抗キャンペーンを実施できる経営体力があるかが問われつつあります。

その点では大手携帯電話会社が運営する「PayPay」「d払い」「au PAY」が選択肢になってきます。各社とも導入費用は無料ですが、PayPayは2021年10月1日から決済手数料無料に踏み切りました。

QRコード決済をこれから導入するのであれば、2022年9月30日まで決済手数料無料キャンペーンを延長したau PAYがおすすめです。

こちらの記事もあわせてどうぞ

au PAYは今なら導入費用・手数料ともすべて無料

KDDIが提供するau PAYは、導入費用・入金手数料がすべて無料となっています。また、2022年9月30日まで決済手数料率が0%になるキャンペーンを実施しています。

※お申込み状況により、決済手数料率が異なる場合がございます。 決済合計額に、決済手数料率を乗じて計算された手数料の金額に、消費税10%を加算した額をお支払いいただきます。

関連するキーワード


QRコード決済

関連する投稿


キャッシュレス決済はどれがいい?おすすめキャッシュレス決済16選とその選び方

キャッシュレス決済はどれがいい?おすすめキャッシュレス決済16選とその選び方

クレジットカードにQRコード決済など、キャッシュレス決済サービスの種類もさまざま。スムーズに支払いができてポイントがたまるメリットがある一方、「どれがいいかわからない」という方も少なくありません。 種類別におすすめキャッシュレス決済サービスをご紹介します。選び方のコツも解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。


QRコード決済の手数料はどれぐらい?主要サービスの手数料をチェック

QRコード決済の手数料はどれぐらい?主要サービスの手数料をチェック

スマートフォンがあれば、QRコードを読み取ってサッと会計できる「QRコード決済」。お客さまだけではなくお店側にもメリットがあり、急速に利用率を伸ばしているキャッシュレス決済のひとつです。主要なQRコード決済サービスは導入費用はかかりませんが、決済手数料や入金手数料が有料化に向かっています。この記事では、2022年版の主要なQRコード決済サービス手数料を紹介します。


今からでも遅くない!キャッシュレス決済始めるならどれがいい?

今からでも遅くない!キャッシュレス決済始めるならどれがいい?

ポイント付与などにより、現金払いよりもおトクに買い物できるとして、現金以外で支払う決済方法「キャッシュレス決済」の普及が日本でも進んでいます。これからキャッシュレス決済を始めたい、キャッシュレス決済についてよくわからないという方のためにキャッシュレス決済の種類やメリットなどを紹介します。


飲食店でキャッシュレス決済を導入し売り上げUP!導入のメリットを解説

飲食店でキャッシュレス決済を導入し売り上げUP!導入のメリットを解説

近年キャッシュレス決済が急速に普及し、従来から使われているクレジットカードに加え、電子マネーやQRコード決済など種類も多様化しています。 新型コロナウイルス感染症の影響もあり、居酒屋やレストランなどの飲食店でも非接触型の決済を導入するところも増えてきています。この記事では、飲食店での支払いに関する消費者動向や、飲食店でのキャッシュレス決済導入メリットを解説します。


自分のお店でau PAYが使えることをアピールするには?店頭シールやPOPだけじゃない告知方法まとめ

自分のお店でau PAYが使えることをアピールするには?店頭シールやPOPだけじゃない告知方法まとめ

QRコード決済はポイント還元もあり、キャンペーンも充実しています。お客さまにおトクにお買い物や食事を楽しんでもらうためにも、お店側が積極的に「キャッシュレス決済が使えること」をアピールすることはとても重要です。今回はau PAYを例に、キャッシュレス決済対応店舗であることを効果的にアピールする方法をご紹介します。


最新の投稿





東京都も都民割を開始!Go To トラベルの代わりに県民割を全国に拡大させる動きも

東京都も都民割を開始!Go To トラベルの代わりに県民割を全国に拡大させる動きも

たび重なる緊急事態宣言で中断を余儀なくされた「Go To トラベル」。その代替策となる「県民割」のうち、唯一対象外だった東京都も、都民割と言える「もっとTokyo」を再開しました。今後は、県民割のエリアを全国に拡大することで「Go To トラベル」の代わりとする話が出ています。


飲食店の販促イベントとクリスマス等の年間スケジュール

飲食店の販促イベントとクリスマス等の年間スケジュール

飲食店の集客施策として、卒業式やクリスマスなどイベント用の特別なメニューやサービスを提供するのは、よくある施策の一つ。こうした年間行事は事前に準備しやすい販促イベントと言えるでしょう。そこで、今回は飲食店で行えるイベントを季節ごと、年間通じて紹介します。


無料相談
自治体相談窓口
受付:平日/10:00〜19:00(12月29日〜1月3日を除く)