資料請求資料請求
無料申込無料申込

トップへ戻る

ゆうちょ銀行で現金取り扱い有料化!現金決済のコストを考える

ゆうちょ銀行で現金取り扱い有料化!現金決済のコストを考える

すでに話題になっているように、2022年1月17日からゆうちょ銀行で現金取り扱いが有料化されました。硬貨を窓口やATMで預け入れる際に、枚数に応じて手数料がかかるようになります。金融機関の支店が削減されていることなど、現金決済をめぐるコストについて改めて考えてみましょう。

[PR]本ページはプロモーションが含まれています
⏳この記事は約2~3分で読めます。


ついにゆうちょ銀行も!大手金融機関で相次ぐ現金有料化

「ゆうちょ銀行」は、全国に2万3,000を超える店舗数、3万2,000台のATM設置数という巨大なネットワークを誇る金融機関。郵政3事業の民営化により2007年に誕生して以来、多くの国民や事業者に利用されてきました。

そんなゆうちょ銀行が、2022年1月17日からサービス利用料の大幅改定に踏み出しました。ここでは、ゆうちょ銀行サービスの主な変更点を紹介します。

ATMでの入出金が一部有料に

ほとんどの金融機関で夜間・休日のATM利用が有料であるなか、ゆうちょ銀行はこれまで平日や休日、時間帯にかかわらず、ATMでの現金の引き出しサービスを無料で提供していました。「24時間ATM手数料無料」はゆうちょ銀行の強みでしたが、今回の改定では一部利用料がかかるようになります。

具体的には、ファミリーマートやショッピングセンター、駅などに設置されたゆうちょ銀行のATMを、下記の時間以外に利用すると、1回あたり110円の利用料がかかるようになります。

【平日】8:45~18:00
【土曜日】9:00~14:00

ただ、郵便局内やゆうちょ銀行の店舗内に設置されているATMは、これまで通り日時にかかわらず無料で利用可能です。今後は利用料がかかるATMにはステッカーが貼られ、端末の画面にも料金がかかる旨が表示されるようになります。

硬貨の入出金が一部有料化

ゆうちょ銀行は、これまでATMによる硬貨の入出金を無料で行っていました。それが改定後は、手数料がかかる場合が出てきます。具体的には、ATMで硬貨を払戻しする場合の手数料が110円、預け入れの場合は25枚までが110円、50枚までが220円、100枚までが330円に変更されます。

また、窓口での硬貨預け入れ・払戻しは50枚までは無料です。ただ、50~100枚まで550円、500枚までが825円、501~1000枚は1,100円の手数料がかかるようになります(金種指定の払戻しも同料金)。

枚数によっては、ATMで預け入れをしたほうが安くなります。また、ゆうちょ銀行のATMでの小銭の入出金は平日7~18時のみに限られます。平日時間外や土日祝日は小銭の入出金ができないので気を付けましょう。

各種払い込みも現金の場合は有料に

ゆうちょ銀行の現金取り扱いの改定によって、各種払い込みも現金の場合は手数料が加算されることになります。例えば、ゆうちょ銀行の窓口やATMで現金による払い込みを行う場合、これまでの払込み料金に加えて1件ごとに110円の手数料がプラスされます。なお、口座からの振り込みの場合は、これまで通りの料金体系が維持されています。

メガバンクも各種サービスを続々有料化

現金取り扱いの有料化は、ゆうちょ銀行に限ったことではありません。今まで顧客サービスの一環で現金に関する業務を無料としていた銀行も、2019年ごろから手数料規定を新たに設けるところが増えています。「りそな銀行」や「三菱UFJ銀行」といった大手銀行も例外でなく、現金や紙の通帳にまつわる各種サービスを有料化しています。ここではその例を2つ紹介します。

りそな銀行は硬貨入金手数料を大幅に値上げ

りそな銀行は2021年10月1日から、硬貨の入金手数料を値上げしています。改定前は1日1回500枚までは無料で、それ以上は1,000枚まで550円かかりました。改定後は1日1回の無料の入金限度枚数が500枚から100枚に引き下げられ、100~500枚は660円、1,000枚までは1,320円となっています。

りそな銀行では、募金や義援金を目的とする入金の場合は手数料を取られませんが、売上を小銭で預け入れる場合などには手数料がかかります。

3大メガバンクは紙の通帳を有料に

現金だけでなく、「通帳」も近年各銀行で有料化する流れが出てきています。「みずほ銀行」では、2021年1月18日以降に口座を新規開設した場合、通帳発行と通帳の繰り越しごとに1冊1100円の手数料が発生します。この改定はマスコミなどでも報道され、注目を集めました。

さらにこれに続く形で、東京三菱UFJ銀行や三井住友銀行でも紙の通帳の有料化が行われており、ネットバンキングの利用促進が進められています。

政府もキャッシュレス化を推進!今後も現金決済比率が下がる流れ

2020年の日本のキャッシュレス決済比率は29.7%でしたが、政府は2025年までにキャッシュレス決済比率を40%とする目標を打ち出しており、「キャッシュレス・ポイント還元事業」「マイナポイント事業」などの支援策も、相次いで実施しています。

社会全体にとっては、キャッシュレス化を進めることで、現金に関連する社会的コストを削減できます。現金決済の利用には紙幣や硬貨の製造、確認、輸送、流通、それに伴う人件費などがかかっています。社会全体の現金インフラにかかるコストは少なくとも年間1兆円以上という推計もあるほどです。

金融機関で言えば支店を設け、窓口関連業務の人件費や警備や輸送の費用、ATMの維持管理、店舗側で言えばレジ締め等の人件費、キャッシャー等の設備投資、紛失や盗難などのコストがかかっています。

少子高齢化で働き手も減ることが確実な日本では、社会全体のコストを削減し、業務を効率化していく方向性になっているのです。

キャッシュレス決済普及に大きな効果があった「キャッシュレス・消費者還元事業」とは

https://media.aupay.wallet.auone.jp/articles/27

2019年から実施された「キャッシュレス・消費者還元事業(キャッシュレス・ポイント還元事業)」は、キャッシュレス決済の普及に大きな効果がありました。この記事では、国の方針や「キャッシュレス・消費者還元事業」の概要と成果について、わかりやすく紹介します。また、2020年9月から始まった「マイナポイント事業」や、Go Toキャンペーンなど、キャッシュレス決済のトレンドについても解説していきます。

QRコード決済の自治体キャンペーンも相次ぐ。先手を打ってキャッシュレス決済に対応を

新型コロナウイルス感染症で低迷する地域経済活性化のため、QRコード決済の自治体キャンペーンも相次いでいます。また、マイナポイントの第2弾も2022年1月から実施されています。政府や地方自治体のこうしたキャンペーンは消費者にとってはおトクにお買い物ができ、店舗にとってはその需要を取り込むチャンスとなります。

社会全体として現金決済関係が有料化し、キャッシュレス決済化を推進する方向性である以上、新たな決済インフラとして定着しつつあるキャッシュレス決済化にいち早く対応し、積極的に取り組むことをおすすめします。

QRコード決済の自治体キャンペーンが急増!ポイント還元で消費者・事業者ともにメリットあり

https://media.aupay.wallet.auone.jp/articles/102

新型コロナウイルス感染症の影響で低迷する地域経済の活性化策として、各自治体がポイント還元キャンペーンを実施しています。au PAYなどのQRコード決済を活用し、通常より高還元率でおトクなことも多いことも特徴です。飲食店や小売業などau PAY加盟店にもメリットが多いキャンペーンなので、制度の内容や各地の事例を把握しておきましょう。

au PAYも対象!マイナポイント第二弾は消費者にも加盟店にもメリット

https://media.aupay.wallet.auone.jp/articles/238

マイナンバーカードやキャッシュレス決済の普及を目的に実施されるマイナポイント事業。2022年1月から、マイナポイント第二弾が始まっています。au PAYも対象なので、お客さまにおトクにお買いものをしていただくチャンスです。

こちらの記事もあわせてどうぞ



この記事に記載された情報は、掲載日時点のものです。
表記の金額は、特に記載のある場合を除きすべて税込です。
会社名、製品名は、一般に各社の商標または登録商標です。(商標について
商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

集客力アップが期待できるキャッシュレス決済なら「au PAY」

KDDIが提供するau PAYは、導入費用・入金手数料がすべて無料。導入コストゼロで始められるだけでなく、約3,510万人(2024年6月時点)の会員数を保有し、専用アプリの店舗検索にもお店が表示されるので集客力アップも期待できます。

※決済手数料率は2.6%です。 決済合計額に、決済手数料率を乗じて計算された手数料の金額に、消費税10%を加算した額をお支払いいただきます。

関連するキーワード


キャッシュレス決済

関連する投稿


【2024年版】電子マネーおすすめ9選!ここから選べば間違いなし

【2024年版】電子マネーおすすめ9選!ここから選べば間違いなし

Suica、PASMO、WAON、楽天Edy…。電子マネーにはさまざまなサービスがあり、これからつかい始めようとする方には「どれを選べばいいのかわからない」という方も少なくないでしょう。そこでこの記事では、電子マネーの選び方を徹底解説します。電子マネー選びのポイントや2024年のおすすめ電子マネーサービス、さらにほかのキャッシュレス決済との違いもわかりやすく紹介します。


【5分でわかる】NFCとは?仕組みや活用シーンをわかりやすく解説

【5分でわかる】NFCとは?仕組みや活用シーンをわかりやすく解説

「NFC」とは、端末をかざすだけでデータ通信できる技術のこと。スマホやキャッシュレス決済の普及により、NFCの技術が注目され始め、今や私たちの生活に欠かせない存在となっています。 今回は、そんなNFCについて仕組みや活用例などをくわしく解説します。FeliCaやおサイフケータイとの違い、NFCがキャッシュレス決済に及ぼす影響などについてもご紹介するので、ぜひ最後までご覧ください。


キャッシュレス決済でも住民税が払える!ポイント還元や手数料はどうなる?

キャッシュレス決済でも住民税が払える!ポイント還元や手数料はどうなる?

普及が進むキャッシュレス決済ですが、近年では住民税もキャッシュレス決済で支払えるようになったことをご存知でしょうか。キャッシュレス決済ならいつでも支払えて、ポイント還元があれば現金よりおトクになるメリットがあります。 毎月・毎年の納税負担を少しでも軽くしたいと考えている方は、ぜひ最後までご覧ください。


ニーズ別!お店に適したキャッシュレス決済の導入ガイド

ニーズ別!お店に適したキャッシュレス決済の導入ガイド

キャッシュレス決済をお店に導入するならどのサービスがおすすめ? 導入費用を抑えたい、客単価に合ったサービスを選びたいなど、お店によってニーズはさまざま。本記事では、業態やニーズ別の導入パターンを元に、キャッシュレス決済の導入方法を探っていきます。


自動車税の支払方法を徹底解説!便利でかんたんな支払方法はどれ?

自動車税の支払方法を徹底解説!便利でかんたんな支払方法はどれ?

自動車・軽自動車を所有していると、毎年納税することになる自動車税・軽自動車税。「支払いに行くのが面倒」「少しでもおトクな方法で払いたい」と感じている方も多いのではないでしょうか。 その自動車税・軽自動車税も、ポイント還元が得られるキャッシュレス決済など、現金より便利でおトクな支払方法が出てきています。 例えば「au PAY 請求書支払い」のようなキャッシュレス決済を使えば、自宅等からスマホで支払えるようになり、時間や場所の制約がなくなって便利です。 本記事では、自動車税・軽自動車税の支払方法の種類及び、それぞれのメリット・デメリットなどを紹介します。


最新の投稿


最大10%割引!山食で使える au PAY クーポン(2024年10月31日まで有効)

最大10%割引!山食で使える au PAY クーポン(2024年10月31日まで有効)

神奈川県横浜市 山食にてau PAY(コード支払い)で1回2,000円(税込)以上のお支払いで使える最大10%割引クーポン(割引上限:10,000円/回)をau PAY アプリにてプレゼントします。


500円割引!hair&care biancaで使える au PAY クーポン(2024年9月30日まで有効)

500円割引!hair&care biancaで使える au PAY クーポン(2024年9月30日まで有効)

岐阜県美濃加茂市 hair&care biancaにてau PAY(コード支払い)で1回6,000円(税込)以上のお支払いで使える500円割引クーポンをau PAY アプリにてプレゼントします。


100円割引!RED LINEで使える au PAY クーポン(2024年9月30日まで有効)

100円割引!RED LINEで使える au PAY クーポン(2024年9月30日まで有効)

愛知県愛知郡東郷町 RED LINEにてau PAY(コード支払い)で1回3,000円(税込)以上のお支払いで使える100円割引クーポンをau PAY アプリにてプレゼントします。


最大5%割引!アクセサリ-HAKUで使える au PAY クーポン(2024年10月20日まで有効)

最大5%割引!アクセサリ-HAKUで使える au PAY クーポン(2024年10月20日まで有効)

東京都台東区 アクセサリ-HAKUにてau PAY(コード支払い)で1回5,500円(税込)以上のお支払いで使える最大5%割引クーポン(割引上限:500円/回)をau PAY アプリにてプレゼントします。


最大5%割引!gigi-fabbricaで使える au PAY クーポン(2024年10月20日まで有効)

最大5%割引!gigi-fabbricaで使える au PAY クーポン(2024年10月20日まで有効)

東京都台東区 gigi-fabbricaにてau PAY(コード支払い)で1回9,000円(税込)以上のお支払いで使える最大5%割引クーポン(割引上限:500円/回)をau PAY アプリにてプレゼントします。




キャッシュレス決済 | キャッシュレス決済 導入 | QRコード決済 | QRコード決済 導入 | 販促 アイデア |
販促ツール | 販促ツール アイデア | クーポン 販促 | 飲食店 販促 | 小売 販促 | 美容院 販促 |
集客 販促 | 雨の日 集客 | 集客 事例 | auPAY 導入 | マイナポイント | ネット支払い