資料請求資料請求
無料申込無料申込

トップへ戻る

au PAY導入店舗事例 赤坂のカフェ「SPROUT Café さくら坂」様

au PAY導入店舗事例 赤坂のカフェ「SPROUT Café さくら坂」様

au PAYをご導入いただいた店舗のみなさまに、導入のきっかけやコストや集客面などのメリットを伺いました。スマホ決済にau PAYの導入をご検討の方は、ご参考にしてください。 今回は、赤坂のカフェ「SPROUT Café さくら坂」様のインタビューをご紹介します。au PAYは導入費用・決済手数料・入金手数料すべて無料なので、とりあえず取り組んで、試してみやすいのがポイント!


赤坂アークヒルズの一角にあるカフェ「SPROUT Café さくら坂」。

「SPROUT Café さくら坂」では、生産者が丹精込めて作った旬のフルーツを使ったパフェやケーキなど、その季節にしか食べることのできない、素材の味を生かしたフレッシュなスイーツをお召し上がりいただけます。

サンドイッチやドリアなどのランチメニューも充実。

生産者こだわりのフルーツを使ったパフェやケーキに特徴

-- お店の特徴や利用形態を教えてください
SPROUT Café さくら坂は、生産者が丹精込めて作ったフルーツを使ったパフェやケーキが特徴。季節ごとに旬のフルーツを使うことで、素材の味を生かしたフレッシュなスイーツに仕立てています。

お客さまは近隣住民の方を中心に、平日ならOLやサラリーマンのランチ、週末はスイーツ目当てのお客さんで賑わいます。テラス席があり、犬の散歩のついでに寄っていただくご利用方法もあるのも、特徴の一つです。

新型コロナウイルス感染症の関係では、2020年に緊急事態宣言が出た時期はテレワークになった在勤の方が多かったものの、夏以降客足は戻りつつあります。

旬のフルーツを生かしたショートケーキ

au PAY導入の決め手はコストと非接触

--au PAYを導入いただいた決め手は何でしたか?
キャッシュレス決済導入を検討したとき、au PAYなら導入費用はもちろん、決済手数料も無料。新型コロナウイルス感染症の影響下では、経費がかかる話には慎重になりますが、au PAYではクレジットカードのように決済手数料もかからないので安心できました。

また非接触決済という要素も、新型コロナウイルス感染症の対策になりメリット。レジで現金を扱いますが、衛生面で気にするお客さまもいらっしゃいます。au PAYのように非接触なら、お客さまにもスタッフにも安全・安心な環境を作れます。

落ち着いた雰囲気の内装

au PAYに期待するのは集客と業務効率の向上

-- au PAYの効果として期待するものを教えてください
au PAYはユーザー数が多く、auの携帯電話以外のお客さまでも使えるので、集客に効果的と期待しています。また、ランチ時はレジ渋滞ができることもありましたが、au PAYならスムーズな会計で三密の解消にも役立つはずです。

店舗概要

店名:SPROUT Café さくら坂(スプラウトカフェ サクラザカ)
住所:東京都港区六本木1-3-37 アークヒルズアネックス
URL:https://www.arkhills.com/shops_restaurants/restaurants/00087.html , @sproutcafe0511

au PAYがソーシャルディスタンスの確保に役立つ理由

「SPROUT Café さくら坂」様に、au PAYを導入いただいた決め手の一つとして「非接触」を挙げていただきました。飲食店の新型コロナウイルス感染症対策として、こまめな消毒やアクリル板等のパーティションの設置などもありますが、会計のタイミングもお客様とスタッフの距離が近くなるので、ソーシャルディスタンスの確保が望ましいポイントです。

au PAYは、キャッシュレス決済のなかでもQRコードを読み込むだけの非接触型で、ウイルスが付着している可能性のある不衛生な現金を触らずに済み、会計時間も短くなるため、お客さまとスタッフ双方の感染予防に役立ちます。

またau PAYでは、席等に設置したQRコードをお客さまのスマホで読み込んで決済する方式にも対応しているので、ランチタイムにできがちなレジ前行列の緩和も期待できます。


新型コロナウイルスが飲食店に与える影響とキャッシュレス決済が衛生対策になる理由

https://media.aupay.wallet.auone.jp/articles/1

現在も続く新型コロナウイルス感染症対策で、一時は全国に緊急事態宣言が発令されるなど、飲食業界や観光業界は特に大きなダメージを受けました。各店では、こまめな消毒や衝立の設置、営業時間や滞在時間の短縮など、安全・安心な営業継続のため努力を続けています。au PAYなどのキャッシュレス決済は、不衛生な現金を取り扱わないため、店員・お客さま双方の新型コロナウイルス感染症の予防に役立つ対策の一つです。本記事ではキャッシュレス決済のひとつであるQRコード決済を中心にコロナウイルス感染症対策としてご紹介していきます。

au PAYの導入について

au PAYをご導入いただいた赤坂のカフェ「SPROUT Café さくら坂」様に、導入のきっかけやコストや集客面などのメリットを伺いましたが、いかがだったでしょうか。

au PAYは、携帯大手のKDDIが運営しているので、ユーザー数が多く安心できる上、au以外のお客さまも利用できます。また、豊富なキャンペーンは、効果的な集客に役立ちます。

コスト面では、導入費用・初期費用とも無料に加え、どの銀行からでも入金手数料無料と、初めてでも取り組みやすい環境をご提供しています。

スムーズな会計による省力化や、レジ締め工数の削減、非接触決済による新型コロナウイルス感染症の対策になる点もメリットです。

気になった方は、資料も用意していますので、併せてご確認の上、ぜひau PAYの導入をご検討ください。

au PAYは今なら導入費用・手数料ともすべて無料

KDDIが提供するau PAYは、導入費用・入金手数料がすべて無料となっています。また、2022年9月30日まで決済手数料率が0%になるキャンペーンを実施しています。

※お申込み状況により、決済手数料率が異なる場合がございます。 決済合計額に、決済手数料率を乗じて計算された手数料の金額に、消費税10%を加算した額をお支払いいただきます。

関連するキーワード


QRコード決済 事例

関連する投稿


QRコード決済の自治体キャンペーンが急増!ポイント還元で消費者・事業者ともにメリットあり

QRコード決済の自治体キャンペーンが急増!ポイント還元で消費者・事業者ともにメリットあり

新型コロナウイルス感染症の影響で低迷する地域経済の活性化策として、各自治体がポイント還元キャンペーンを実施しています。au PAYなどのQRコード決済を活用し、通常より高還元率でおトクなことも多いことも特徴です。飲食店や小売業などau PAY加盟店にもメリットが多いキャンペーンなので、制度の内容や各地の事例を把握しておきましょう。


au PAY導入店舗事例 「ぬくもりエステSmileSKD」様

au PAY導入店舗事例 「ぬくもりエステSmileSKD」様

au PAYをご導入いただいた店舗のみなさまに、導入のきっかけやコストや集客面などのメリットを伺いました。スマホ決済にau PAYの導入をご検討の方は、ご参考にしてください。 今回は、愛知県あま市の「ぬくもりエステSmileSKD」様の事例をご紹介します。au PAYは導入費用・決済手数料・入金手数料すべて無料なので、とりあえず取り組んで、試してみやすいのがポイント!


QRコード決済の現場でも使われている?売上UPに役立つ行動経済学の基礎知識

QRコード決済の現場でも使われている?売上UPに役立つ行動経済学の基礎知識

購買などの日常的な経済行動を心理学を交えて分析する「行動経済学」。サンクコストや現状維持バイアスなど一般にも知られた理論も、行動経済学の一部です。行動経済学が注目されているのは、マーケティングなどビジネスでも活用できるとみなされているからです。QRコード決済の現場でも活用されている行動経済学の例をご紹介します。


【成功事例】QRコード決済で課題解決!7つのキャッシュレス化事例を紹介

【成功事例】QRコード決済で課題解決!7つのキャッシュレス化事例を紹介

キャッシュレス決済は、現金を持ち歩かずに済んだり、ポイントが貯まったりとユーザーにさまざまなメリットをもたらします。一方、事業者にとっては「業務効率化を図れる」「現金に触らないので衛生的」など、お店にも利点があります。特にQRコード決済は完全非接触で一連の会計処理を行うことができ、ここ数年導入店舗が右肩上がりに延びています。 この記事では、QRコード決済を中心とした「キャッシュレス化の成功事例」を紹介していきます。導入すべきか判断がつかず、二の足を踏んでいる事業者様はぜひ参考にしてみてください。


au PAYは使えるお店が少ないって本当?2021年現在QRコード決済の大手に成長

au PAYは使えるお店が少ないって本当?2021年現在QRコード決済の大手に成長

インターネットで検索すると「au PAY 使える店 少ない」という候補が示されることがあります。これは本当でしょうか?サービス開始直後と異なり、au PAYではPontaポイントも使えるなど、2021年にはQRコード決済の大手サービスに成長しています。au PAYでは2021年10月時点で440万カ所のポイント・決済加盟店で利用でき、これはQRコード決済各社のなかでも使えるお店が多いサービスとなっています。


最新の投稿




【加盟店向け】キャッシュレス決済の売上はどう仕訳する?会計処理の方法を解説

【加盟店向け】キャッシュレス決済の売上はどう仕訳する?会計処理の方法を解説

キャッシュレス決済を導入すると、現金決済の場合とは経理の「仕訳」も変わってきます。QRコード決済などキャッシュレス決済の会計処理では、売上と入金のタイミングが異なる点に注意が必要です。そこで仕訳としては、売上を「売掛金」として扱い後日の入金を待ちます。また、決済手数料がかかる場合は「支払手数料」として記帳します。ポイントについては仕訳上、特別な処理は不要です。


再開が期待される「Go To トラベル」前回実施時の効果はどうだった?

再開が期待される「Go To トラベル」前回実施時の効果はどうだった?

国が旅行・宿泊代金の一部を割引したり、地域共通クーポンを発行する「Go To トラベル」。観光客にオトクなのはもちろん、地域経済にとっても売上回復のきっかけになると期待されています。各種調査に基づく「Go To トラベル」前回実施時の効果や、今後の動向についてお伝えします。


QRコード決済の自治体キャンペーンが急増!ポイント還元で消費者・事業者ともにメリットあり

QRコード決済の自治体キャンペーンが急増!ポイント還元で消費者・事業者ともにメリットあり

新型コロナウイルス感染症の影響で低迷する地域経済の活性化策として、各自治体がポイント還元キャンペーンを実施しています。au PAYなどのQRコード決済を活用し、通常より高還元率でおトクなことも多いことも特徴です。飲食店や小売業などau PAY加盟店にもメリットが多いキャンペーンなので、制度の内容や各地の事例を把握しておきましょう。


最近話題のキーワード

au PAY magazineで話題のキーワード


キャンペーン 自治体キャンペーン
無料相談
自治体相談窓口
受付:平日/10:00〜19:00(12月29日〜1月3日を除く)