トップへ戻る

au PAY導入店舗事例 表参道のヘアサロン「Lani5710」様

au PAY導入店舗事例 表参道のヘアサロン「Lani5710」様

au PAYをご導入いただいた店舗のみなさまに、導入のきっかけやコストや集客面などのメリットを伺いました。スマホ決済にau PAYの導入をご検討の方は、ご参考にしてください。 今回は、表参道のヘアサロン「Lani5710」様のインタビューをご紹介します。au PAYは導入費用・決済手数料・入金手数料すべて無料なので「とりあえず取り組む」がしやすいのがポイント! ※決済手数料・入金手数料無料は2021年7月まで


ヘアサロンが集まる原宿・表参道エリアにある「Lani5710」は、神宮前交差点そば。

Lani5710では、素敵なヘアースタイルを提案するには、ベースとなる毛髪、頭皮の悩みや問題を解決することが大事と考え、美髪に特化したメニューを提供。

お洋服は日々チェンジできても、髪型は毎日変えられません。丁寧な接客とカウンセリングからお客さまの悩みを引き出し、最善の解決方法とヘアスタイルをご提案。スタッフも、時代に合わせた提案力を身につけるべく日々研鑽しています。

新型コロナ感染症対策には前向きに取り組んでいる

--新型コロナ感染症の影響や対策はどうされていますか?
街の人手が減った結果、何割か来店機会が減少したものの、Lani5710はお客さまの年齢層も幅広く、緊急事態宣言下の成人式の影響も少ない状況で済んでいます。

また15席と大型で席間が広く、キッズスペースもあることから、お子さま連れにもやさしいヘアサロンです。

Lani5710では、消毒や換気の徹底などお客さまの安全を最優先しています。また、同時接客数を減らす代わりに時間を長く取って満足度を高めるなど、新型コロナ感染症対策には前向きに取り組んでいます。

コストは一番のメリット。「◯◯PAY」が出始めたころ、すぐ取り組んだ

-- QRコード決済には早い時期からお取り組みいただいていますね
はい!Lani5710では「◯◯PAY」が出始めたころ、すぐau PAYを導入しました。クレジットカードより決済手数料が安く、導入費用も無料だったので、取り組みやすかったです。

au PAYはTV CMもやっているので認知度も高く、お客さまからも「au PAY始めたんですね!」と良い反応がありました。流行に敏感な原宿・表参道という土地柄、お客さまもモバイル決済に理解があり、導入はスムーズだったと思います。

au PAYなら、どの銀行でも入金手数料が無料!

--さまざまある「◯◯PAY」のなかで、au PAYを選んでいただいた理由をおしえてください
au PAYを選んだ理由として、導入費用・決済手数料が無料で取り組みやすいことに加え、au PAYならどの銀行でも入金手数料が無料なので、都度費用がかからないメリットがあります。

実際に導入してみると、手持ちがなかったお客さまでもその場でチャージして支払えたりする手軽さのほか、業務面でも大きなメリットがありました。

例えば、キャッシュレスだと現金を取り扱わないので、レジの打ち間違いがなくなり、閉店後のレジ締め作業時間が不要になるなど管理面のメリットがあります。

また、非接触なので衛生面でお客さまにもスタッフにも安心で、新型コロナ感染症対策としてアピールできるのもメリットです。

キャンペーン期間にプラスアルファの提案をすることで、単価アップが期待できる

--au PAYのキャンペーンを通じて、売上がアップした事例があるそうですね
大々的なCMやキャンペーンでお客さまの認知度も高いのもau PAYのメリット。例えば、還元率が高いキャンペーン実施期間に、そのことに触れた上でヘッドスパやトリートメントなどプラスアルファの提案をすることで、お客さまも得をした上でサロンも単価が上がる効果がありました。

導入を検討している店舗には、「とりあえず取り組む」というやり方が可能と言いたい

-- 導入を検討されているお店の方へメッセージをいただけますか
「◯◯PAY」にも色々ありますが、導入費用・決済手数料に加えau PAYは入金手数料も無料(※)なので、「とりあえず取り組む」というやり方も可能!と言いたいです。CMやキャンペーンを通じたお客さまの認知度が高いのもメリットでしょう。
※決済手数料・入金手する手数料が無料なのは2021年7月まで

店舗概要

店名:Lani5710(ラニゴーナナイチゼロ)
住所:東京都渋谷区神宮前6-28-3 Gビル神宮前06 2F
URL:http://lanihair.com/, https://beauty.hotpepper.jp/slnH000422571/

原宿・表参道はヘアサロンが集中するお洒落スポット

Lani5710様がある原宿・表参道エリアは、ファッションや流行の発信地。原宿側には、若者が集まる竹下通り、古着やシューズなどストリートファッションのお店が集まる裏原、パンケーキなど原宿発信の人気スイーツも。神宮前交差点を渡った表参道側は、GUCCIやLUIS VUITTONなど高級ブランドショップが立ち並ぶ大人のエリア。表参道のイルミネーションは冬の風物詩です。

この原宿・表参道エリアは、日本一ヘアサロンが密集する激戦区。全国の美容室・ヘアサロンが掲載されているHOT PEPPER Beautyには、2021年4月時点で表参道255店原宿・明治神宮前263店のサロンが掲載され、銀座の306店を上回っています。

芸能人御用達のサロンも多く、競争も激しいこのエリアでは、QRコード決済をはじめ、新しいものを取り入れる風土があるようです。

au PAY導入店舗事例インタビューのまとめ

au PAYをご導入いただいた店舗のみなさまに、導入のきっかけやコストや集客面などのメリットを伺いましたが、いかがだったでしょうか。

au PAYは、携帯大手のKDDIが運営しているので、ユーザー数が多く安心できる上、au以外のお客さまも利用できます。また、豊富なキャンペーンは、効果的な集客に役立ちます。

コスト面では、導入費用・初期費用とも無料に加え、どの銀行からでも入金手数料無料と、初めてでも取り組みやすい環境をご提供しています。

スムーズな会計による省力化や、レジ締め工数の削減、非接触決済による新型コロナウイルス感染症の対策になる点もメリットです。

気になった方は、資料も用意していますので、併せてご確認の上、ぜひau PAYの導入をご検討ください。


資料の請求はこちら >>
導入のご相談・お問合せ
サービスの内容やお手続き方法など、au PAY導入に関するご相談は下記のフリーダイヤルまでお気軽にお問い合わせください。
au PAY加盟店サポート 0120-977-352
受付時間:平日10:00~18:00 ※12月29日~1月3日を除く
※本記事の内容は、記事公開時点の情報に基づいて掲載しています。
※本記事に掲載されている商品またはサービスなどの名称は、一般に各社の商標または登録商標です。なお、本文および図表中では、「™」、「®」は明記しておりません。
※QRコードは株式会社デンソーウェーブの登録商標です。

関連する投稿


 au PAY導入店舗事例 居酒屋「モダン酒場KANPAI」様

au PAY導入店舗事例 居酒屋「モダン酒場KANPAI」様

au PAYをご導入いただいた店舗のみなさまに、導入のきっかけやコストや集客面などのメリットを伺いました。スマホ決済にau PAYの導入をご検討の方は、ご参考にしてください。 今回は、居酒屋「モダン酒場KANPAI」様の事例インタビューをご紹介します。au PAYは導入費用・決済手数料・入金手数料すべて無料なので「とりあえず取り組む」がしやすいのがポイント! ※決済手数料・入金手数料無料は2021年7月まで


au PAY導入店舗事例 赤坂のカフェ「SPROUT Café さくら坂」様

au PAY導入店舗事例 赤坂のカフェ「SPROUT Café さくら坂」様

au PAYをご導入いただいた店舗のみなさまに、導入のきっかけやコストや集客面などのメリットを伺いました。スマホ決済にau PAYの導入をご検討の方は、ご参考にしてください。 今回は、赤坂のカフェ「SPROUT Café さくら坂」様のインタビューをご紹介します。au PAYは導入費用・決済手数料・入金手数料すべて無料なので「とりあえず取り組む」がしやすいのがポイント! ※決済手数料・入金手数料無料は2021年7月まで


キャッシュレス決済の自治体共同キャンペーン!地域限定キャンペーンでポイント還元される消費刺激策

キャッシュレス決済の自治体共同キャンペーン!地域限定キャンペーンでポイント還元される消費刺激策

新型コロナウイルス感染症の影響で経済が停滞するなか、地域経済の消費刺激策として、QRコード決済サービス事業者と自治体が共同で地域限定キャンペーンを行う事例が増えています。この記事では、自治体がキャンペーンを行う背景や仕組み、各地の還元キャンペーン事例もご紹介しています。QRコード決済を活用したキャッシュレス還元キャンペーンを検討されている自治体の方は、au PAYにご相談ください。


キャッシュレス決済を導入するなら?QRコード決済主要6社の費用面を比較!

キャッシュレス決済を導入するなら?QRコード決済主要6社の費用面を比較!

近年、クレジットカードだけでなく、電子マネーやQRコード決済など、様々なキャッシュレス決済が登場しています。そのため、お店でキャッシュレス決済導入を検討する際、どれを選べばよいのか迷ってしまうケースも少なくありません。そこで、この記事ではキャッシュレス決済サービスのなかでも人気が高まっているQRコード決済サービスの主要6社について、導入費用・決済手数料を比較していきます。


QRコード決済サービス各社の還元率を比較。導入の参考に!

QRコード決済サービス各社の還元率を比較。導入の参考に!

「◯◯PAY」として各社が参入した「QRコード決済」。ユーザー目線では、ポイント還元などを通じて、現金よりおトクにお買い物できる点が最大のメリットです。一方で、各社がキャンペーンを繰り広げるなか、どのサービスが良いか迷う方も出てきています。QRコード決済導入を検討している店舗の目線でも、よりユーザーが興味を示しているサービスを導入したいところ。QRコード決済各社の還元率やその仕組についてまとめました。


最新の投稿


 au PAY導入店舗事例 居酒屋「モダン酒場KANPAI」様

au PAY導入店舗事例 居酒屋「モダン酒場KANPAI」様

au PAYをご導入いただいた店舗のみなさまに、導入のきっかけやコストや集客面などのメリットを伺いました。スマホ決済にau PAYの導入をご検討の方は、ご参考にしてください。 今回は、居酒屋「モダン酒場KANPAI」様の事例インタビューをご紹介します。au PAYは導入費用・決済手数料・入金手数料すべて無料なので「とりあえず取り組む」がしやすいのがポイント! ※決済手数料・入金手数料無料は2021年7月まで


au PAY導入店舗事例 赤坂のカフェ「SPROUT Café さくら坂」様

au PAY導入店舗事例 赤坂のカフェ「SPROUT Café さくら坂」様

au PAYをご導入いただいた店舗のみなさまに、導入のきっかけやコストや集客面などのメリットを伺いました。スマホ決済にau PAYの導入をご検討の方は、ご参考にしてください。 今回は、赤坂のカフェ「SPROUT Café さくら坂」様のインタビューをご紹介します。au PAYは導入費用・決済手数料・入金手数料すべて無料なので「とりあえず取り組む」がしやすいのがポイント! ※決済手数料・入金手数料無料は2021年7月まで


キャッシュレス決済の自治体共同キャンペーン!地域限定キャンペーンでポイント還元される消費刺激策

キャッシュレス決済の自治体共同キャンペーン!地域限定キャンペーンでポイント還元される消費刺激策

新型コロナウイルス感染症の影響で経済が停滞するなか、地域経済の消費刺激策として、QRコード決済サービス事業者と自治体が共同で地域限定キャンペーンを行う事例が増えています。この記事では、自治体がキャンペーンを行う背景や仕組み、各地の還元キャンペーン事例もご紹介しています。QRコード決済を活用したキャッシュレス還元キャンペーンを検討されている自治体の方は、au PAYにご相談ください。


QRコード決済とクレジットカード導入はどちらがよい?クレカでは読取端末導入費用と決済手数料がハードルに

QRコード決済とクレジットカード導入はどちらがよい?クレカでは読取端末導入費用と決済手数料がハードルに

QRコード決済とクレジットカード決済はともに広く利用されているキャッシュレス決済。クレジットカード決済の導入にあたっては、読取端末導入費用と高い決済手数料がハードルとなっていますが、導入費用・決済手数料とも無料のQRコード決済が最近伸びています。QRコード決済とクレジットカード決済の特徴とメリット・デメリットの比較、導入の準備や費用面の違いについて、詳しく説明します。


【2021年】ジャンル別!おすすめのキャッシュレス決済アプリ7選

【2021年】ジャンル別!おすすめのキャッシュレス決済アプリ7選

キャッシュレス決済アプリを利用すると、スマホで支払いできてポイント還元などで現金払いよりおトクにお買い物できるメリットがあります。この記事では、様々なジャンルのキャッシュレス決済アプリを紹介していきます。 キャッシュレス決済は種類も多いので、すべて見比べるのは困難です。お店にキャッシュレス決済導入を検討されている方も、どんなジャンルやアプリがあるかの参考にご活用ください。