資料請求資料請求
無料申込無料申込

トップへ戻る

au PAY導入店舗事例 うどん「肉と干物と麺 はなれ 東中野」様

au PAY導入店舗事例 うどん「肉と干物と麺 はなれ 東中野」様

au PAYをご導入いただいた店舗のみなさまに、導入のきっかけやコストや集客面などのメリットを伺いました。スマホ決済にau PAYの導入をご検討の方は、ご参考にしてください。 今回は、東京・東中野のうどん「肉と干物と麺 はなれ 東中野」様の事例をご紹介します。au PAYは導入費用・決済手数料・入金手数料すべて無料なので、とりあえず取り組んで、試してみやすいのがポイント!


東京・東中野にあるうどん「肉と干物と麺 はなれ 東中野」。

新宿区にある東中野は、昔ながらの商店街が残り、個性的なお店が数多く集まるエリアです。そのなかのひとつ「肉と干物と麺 はなれ 東中野」は、長崎五島うどんをメインに入手困難な南の島豚やハイパー干物クリエイター藤間さんの干物、店長自慢の明石焼きなど夜のおつまみ類も豊富で、居酒屋的な使い方も可能。

日本酒や焼酎も多数の銘柄をラインアップし、このお店でしか飲めないプレミアムなお酒も用意。さらに、お酒が飲めない方でも楽しめるよう、全国47都道府県のご当地サイダーが飲めるのも特徴です。

うま味たっぷり!あご出汁が香る長崎五島うどん

「長崎五島うどん」とは、長崎県の上五島で古くから作られている手延べうどんのこと。日本三大うどんのひとつにも数えられ、ぷるんとしたなめらかな食感とコシの強さが特徴です。また、上五島の特産である食用椿油を塗りながら、麺を延ばしていく製法も長崎五島うどんならでは。

「肉と干物と麺 はなれ 東中野」の長崎五島うどんは、あご出汁の風味豊かな香りと、コシのあるうどんが特徴。

看板メニューは「冷やしすだちうどん」。どんぶりの一面にスライスしたすだちが並び、柑橘系のさわやかな香りがただよいます。香りも見栄えもよい一品です。

そのほかにも、シンプルな「青柚子かけうどん」、エスニックにアレンジした「グリーンカレーうどん」、とろっとした豆乳ベースのスープが特徴の「濃厚白胡麻坦々うどん」などのメニューもあります。

ハイパー干物クリエイター藤間さんの絶品干物

静岡県の伊豆半島にある網代から直送される干物は、イワシやアジ、サバなどの種類を用意しています。

牛・豚・羊・鶏!多彩な食材を備長炭で焼き上げる

お肉料理も「肉と干物と麺 はなれ 東中野」のウリのひとつ。 牛・豚・鶏・羊など様々な食材を、備長炭でじっくりと焼き上げます。

なかでも「南の島豚特上バラ焼き」は、月に20頭前後しか出荷されない希少な宮崎県産ブランド豚肉「南の島豚」を使用。歯ごたえがありながらも、きめのこまかい豚肉を堪能いただけます。

ノンアルコールも大歓迎!47都道府県のご当地サイダーを用意

「肉と干物と麺 はなれ 東中野」では、日本酒や焼酎を数多く取り揃えています。お店のオーナー自ら酒屋を巡り、珍しい地酒を集めてくることもあるそう。

さらに、お酒をたしなむ方だけでなく、お酒が苦手な方、小さな子どもさんでもお店を楽しめるようノンアルコールドリンクも豊富に用意。

特に、北海道から沖縄まで47都道府県のご当地サイダーをそろえているので、サイダーをおともに食事を堪能してみてはいかがでしょうか。

子ども連れ歓迎でベビーカー入店可。まさに老若男女が楽しめるお店です。

ランチ営業・テイクアウト・出前にも対応!

ランチタイムでは、うどんや一品料理がディナーの時間帯よりもさらにお得に楽しめます。また、より多くのお客さまにお店の料理を味わってもらうため、テイクアウトや出前にも対応。五島うどん各種、はなれの豚丼、自家製炙りチャーシュー丼をご自宅でいただけます。

店舗概要

店名:肉と干物と麺 はなれ 東中野
住所:東京都中野区東中野4-20-20 MOONSAGA 1F
URL:食べログ, ぐるなび

入手続きが簡単で、費用面でも手軽!au PAYなら集客面でもメリット

--au PAYを導入した理由や決め手について教えてください。
「肉と干物と麺 はなれ 東中野」では、クレジットカードやQRコード決済をはじめ、キャッシュレス決済の導入を積極的におこなっています。au PAYを選んだ理由は、キャンペーンが豊富な点、導入コストがかからない点などが大きな決め手でした。

手持ちがなくても支払いができるので客単価アップにもつながり、さらに豊富なキャンペーンが特徴のau PAYなら、お客さまの来店機会にもつながると考えています。

au PAYの導入について

au PAYをご導入いただいたうどん「肉と干物と麺 はなれ 東中野」様に、導入のきっかけやコスト、集客面などのメリットを伺いましたが、いかがだったでしょうか。

au PAYは、携帯大手のKDDIが運営しているので、ユーザー数が多く安心できる上、au以外のお客さまも利用できます。また、豊富なキャンペーンは、効果的な集客に役立ちます。

コスト面では、導入費用・初期費用とも無料に加え、どの銀行からでも入金手数料無料と、初めてでも取り組みやすい環境をご提供しています。

スムーズな会計による省力化や、レジ締め工数の削減、非接触決済による新型コロナウイルス感染症の対策になる点もメリットです。

気になった方は、資料も用意していますので、併せてご確認の上、ぜひau PAYの導入をご検討ください。

au PAYは今なら導入費用・手数料ともすべて無料

KDDIが提供するau PAYは、導入費用・入金手数料がすべて無料となっています。また、2022年9月30日まで決済手数料率が0%になるキャンペーンを実施しています。

※お申込み状況により、決済手数料率が異なる場合がございます。 決済合計額に、決済手数料率を乗じて計算された手数料の金額に、消費税10%を加算した額をお支払いいただきます。

関連するキーワード


飲食 QRコード決済 事例

関連する投稿


QRコード決済の自治体キャンペーンが急増!ポイント還元で消費者・事業者ともにメリットあり

QRコード決済の自治体キャンペーンが急増!ポイント還元で消費者・事業者ともにメリットあり

新型コロナウイルス感染症の影響で低迷する地域経済の活性化策として、各自治体がポイント還元キャンペーンを実施しています。au PAYなどのQRコード決済を活用し、通常より高還元率でおトクなことも多いことも特徴です。飲食店や小売業などau PAY加盟店にもメリットが多いキャンペーンなので、制度の内容や各地の事例を把握しておきましょう。


au PAY導入店舗事例 「ぬくもりエステSmileSKD」様

au PAY導入店舗事例 「ぬくもりエステSmileSKD」様

au PAYをご導入いただいた店舗のみなさまに、導入のきっかけやコストや集客面などのメリットを伺いました。スマホ決済にau PAYの導入をご検討の方は、ご参考にしてください。 今回は、愛知県あま市の「ぬくもりエステSmileSKD」様の事例をご紹介します。au PAYは導入費用・決済手数料・入金手数料すべて無料なので、とりあえず取り組んで、試してみやすいのがポイント!


QRコード決済の現場でも使われている?売上UPに役立つ行動経済学の基礎知識

QRコード決済の現場でも使われている?売上UPに役立つ行動経済学の基礎知識

購買などの日常的な経済行動を心理学を交えて分析する「行動経済学」。サンクコストや現状維持バイアスなど一般にも知られた理論も、行動経済学の一部です。行動経済学が注目されているのは、マーケティングなどビジネスでも活用できるとみなされているからです。QRコード決済の現場でも活用されている行動経済学の例をご紹介します。


【成功事例】QRコード決済で課題解決!7つのキャッシュレス化事例を紹介

【成功事例】QRコード決済で課題解決!7つのキャッシュレス化事例を紹介

キャッシュレス決済は、現金を持ち歩かずに済んだり、ポイントが貯まったりとユーザーにさまざまなメリットをもたらします。一方、事業者にとっては「業務効率化を図れる」「現金に触らないので衛生的」など、お店にも利点があります。特にQRコード決済は完全非接触で一連の会計処理を行うことができ、ここ数年導入店舗が右肩上がりに延びています。 この記事では、QRコード決済を中心とした「キャッシュレス化の成功事例」を紹介していきます。導入すべきか判断がつかず、二の足を踏んでいる事業者様はぜひ参考にしてみてください。


au PAYは使えるお店が少ないって本当?2021年現在QRコード決済の大手に成長

au PAYは使えるお店が少ないって本当?2021年現在QRコード決済の大手に成長

インターネットで検索すると「au PAY 使える店 少ない」という候補が示されることがあります。これは本当でしょうか?サービス開始直後と異なり、au PAYではPontaポイントも使えるなど、2021年にはQRコード決済の大手サービスに成長しています。au PAYでは2021年10月時点で440万カ所のポイント・決済加盟店で利用でき、これはQRコード決済各社のなかでも使えるお店が多いサービスとなっています。


最新の投稿




【加盟店向け】キャッシュレス決済の売上はどう仕訳する?会計処理の方法を解説

【加盟店向け】キャッシュレス決済の売上はどう仕訳する?会計処理の方法を解説

キャッシュレス決済を導入すると、現金決済の場合とは経理の「仕訳」も変わってきます。QRコード決済などキャッシュレス決済の会計処理では、売上と入金のタイミングが異なる点に注意が必要です。そこで仕訳としては、売上を「売掛金」として扱い後日の入金を待ちます。また、決済手数料がかかる場合は「支払手数料」として記帳します。ポイントについては仕訳上、特別な処理は不要です。


再開が期待される「Go To トラベル」前回実施時の効果はどうだった?

再開が期待される「Go To トラベル」前回実施時の効果はどうだった?

国が旅行・宿泊代金の一部を割引したり、地域共通クーポンを発行する「Go To トラベル」。観光客にオトクなのはもちろん、地域経済にとっても売上回復のきっかけになると期待されています。各種調査に基づく「Go To トラベル」前回実施時の効果や、今後の動向についてお伝えします。


QRコード決済の自治体キャンペーンが急増!ポイント還元で消費者・事業者ともにメリットあり

QRコード決済の自治体キャンペーンが急増!ポイント還元で消費者・事業者ともにメリットあり

新型コロナウイルス感染症の影響で低迷する地域経済の活性化策として、各自治体がポイント還元キャンペーンを実施しています。au PAYなどのQRコード決済を活用し、通常より高還元率でおトクなことも多いことも特徴です。飲食店や小売業などau PAY加盟店にもメリットが多いキャンペーンなので、制度の内容や各地の事例を把握しておきましょう。


最近話題のキーワード

au PAY magazineで話題のキーワード


キャンペーン 自治体キャンペーン
無料相談
自治体相談窓口
受付:平日/10:00〜19:00(12月29日〜1月3日を除く)