資料請求資料請求
無料申込無料申込

トップへ戻る

イベントで人を集めるには?イベント集客の具体事例も紹介

イベントで人を集めるには?イベント集客の具体事例も紹介

体験型イベント、オンラインイベント、ファンミーティングなど近年、集客・マーケティング手法のひとつとしてイベントが注目を集めています。 イベントの開催方法や内容は多様化しており、告知チャネルの広がりもイベントマーケティングの潮流を後押ししています。 その一方で「イベントは開催したいけど集客に不安がある」というイベント主催者の方も少なくありません。 この記事ではそんな方に向けて、イベントの集客をするうえでのポイントや集客ができない原因を解説します。 イベントの具体事例も紹介するので、ぜひご自身のビジネスにご活用ください。

[PR]本ページはプロモーションが含まれています
⏳この記事は約2~3分で読めます。


イベントの集客に悩む事例・事業者は多い

イベント集客のメリットは、売上など直接的なメリットにくわえ、お客さまと直接やり取りできるので、製品やサービスの理解を深めてもらったり、その反応を得られることにあります。

小売店等を通じた間接的な販売方法では、お客さまの反応をその目で見ることは、なかなか難しいからです。

その一方、お客さまあってのイベントなので、イベントを企画するうえでは「集客」が最重要課題のひとつといえるでしょう。

実際、イベント・コミュニティ管理サービスを提供するPeatix Japanの調査によると、イベント主催者の6割以上が「集客・視聴者集め」が課題と回答しています。

【質問】オンラインイベントを実際に主催する際、課題として感じたものを全て選んでください。(N=415)
【回答の多い上位3項目】
集客、視聴者集め:65.6%
配信サービス(Zoomなど)の利用:44.4%
イベント中に、コメントなどを拾って双方向性をもたせること:43.7%
参考:2021 Peatixイベント調査レポート

上記はオンラインイベントに限った質問ですが、おそらくオフラインイベントでも同様の傾向が見られるでしょう。

イベントによる集客のメリット・デメリット

イベントはその他の集客・マーケティング方法にはない特徴があり、イベントを運営するうえではイベントならではのメリット・デメリットを理解することが大切です。

■イベント開催のメリット
・商品やサービスの魅力をダイレクトに伝えられる
・お客さまとの新たな接点をつくれる(顧客データの収集ができる)
・顧客満足度、カスタマーロイヤリティのアップにつながる

■イベント開催のデメリット
・時間と費用がかかる
・告知に手間がかかる
・アフターフォローが必要になる

そして、イベントを企画する際にはまず「開催目的」を明確にします。

「新規顧客を獲得したい」「既存のお客さまに自社の商品やサービスをもっと好きになってもらいたい」「お店の認知度を上げたい」など、開催目的はそのお店、事業者ごとに異なります。

まずは「なぜイベントをやるのか」をはっきりさせ、そのうえで参加を促したいターゲット層を決めましょう。

開催目的とターゲットが固まってはじめて、イベントの具体的な内容や告知方法を決めていきます。

また、目指すべき人数も開催目的によって決まります。

多ければいいわけではないので、目的に合わせて適切な参加目標人数を設定しましょう。

イベントの集客が伸び悩む原因を探ろう

ここでは、イベントの集客に苦戦してしまう原因について見ていきましょう。

「AIDMA(アイドマ)」というフレームワークを活用すると、状況を整理しやすくなるのでおすすめです。

AIDMAとは、購買決定までのプロセスを説明したマーケティングモデルのひとつで、Attention(注意)、Interest(関心)、Desire(欲求)、Memory(記憶)、Action(行動)の頭文字をとっています。

購買決定プロセス認知段階感情段階行動段階
Attention (注意)Interest (関心)Desire (欲求)Memory (記憶)Action (行動)
顧客の状況知らない知っているけど興味がない興味はあるけど行かない行きたいと思っていたことを 忘れている行く

もともとは人の商品・サービスを購入するプロセスを表すフレームワークですが、イベント集客にも応用可能です。

イベント情報が届けたい人に届いているか

イベントの集客を進めるうえで、まずはターゲット層にイベントの存在を知ってもらわないと始まりません。

認知されていない段階では、「いかにAttention(注意)を増やすか」に焦点を当てましょう。

告知チャネルにはいくつかの方法が考えられますが、もっとも手軽に始められるのはSNSやWebサイトでのイベント告知でしょう。

■代表的な告知チャネル
・SNS
・ホームページ
・チラシ配布
・イベント告知サイト
・メールマガジン
・プレスリリース

特定のチャネル(接点)に頼るのではなく、可能な限りいろいろな告知手法を試してみることが大切です。

そして、なにより認知度を上げるために必要なのが「時間的な余裕をもつ」ことです。

可能であれば1~2ヵ月前にはイベント告知を始め、できるだけ多くの人に情報が届くよう発信を続けます。

そのイベントはお客さまから見て楽しく役に立つか

認知してもらえても、イベント自体に「Interest(関心)」「Desire(欲求)」が湧かなければお客さんはイベントに参加してくれません。

「告知期間を十分にとっているけど人が集まらない」という場合は、イベントの内容が適切かを、あらためて見直しましょう。

その際に抑えるべきポイントは、「参加するとお客さま側にどのようなメリットがあるのか」という点です。

例えば、事業者側が新商品発表会を企画しても、そのイベントが単なる商品紹介なのであれば、お客さまはメリットを感じられないかもしれません。

これは、提供側の都合を優先するproduct outと、買い手のニーズから考えるmarket inの関係でも説明可能です。

イベント参加で特典が得られる、抱えている悩みの解決につながるなど、関心や参加意欲をかき立てるようなイベントを企画することが大切です。

お客さまがイベントのことを忘れていないか

告知も2ヵ月前にスタートし、申し込み数も堅調に伸びている、でも蓋を開けてみると参加者が少ない…。

このような事態もイベント開催ではよく起きます。

申し込みはしたものの、イベント開催日が近くなると関心が薄れたり忘れてしまったりするケースは珍しくありません。

そのためイベント申込者に対しても、本番当日まで継続的にフォローを行いましょう。

以上、イベントに人が集まらないよくある原因をご紹介しました。

すでにイベントを企画していて集客に悩んでいる場合は、どのフェーズに問題がありそうかを今一度考えてみてはいかがでしょうか。

イベント集客のアイデア!事例も紹介

最後に、実際に行われているイベントの事例を紹介していきます。

イベントの企画やアイデア出しの参考にしてみてください。

ライブコマース(株式会社資生堂)

化粧品メーカーの「資生堂」では、イベントマーケティングに積極的に取り組んでいて、最近ではライブコマースに力を入れている話をご紹介しましょう。

ライブ配信では、美容のプロやメイクアップアーティストが資生堂商品を使いながら、化粧品の選び方、メイクのアドバイスを解説します。

ライブ配信を通じて商品が販売されるほか、視聴者側からはリアルタイムで質問できるため、企業と顧客のコミュニケーションの場としても機能しています。

SHISEIDO GLOBAL FLAGSHIP STORE ライブ配信

https://brand.shiseido.co.jp/gfs-livestream.html

SHISEIDO GLOBAL FLAGSHIP STORE ライブ配信では、パーソナルビューティーパートナーがリアルタイムで化粧品や美容法をご紹介いたします。終了後はアーカイブをご覧いただけます。

よなよなエール 大人の醸造所見学ツアー(株式会社ヤッホーブルーイング)

ヤッホーブルーイングは、「よなよなエール」などのクラフトビールを製造販売している企業です。

コミュニティづくり、ファンミーティングに力を入れており、オンライン・オフラインに限らず多種多様なイベントを実施しています。

そのなかでも「よなよなエール 大人の醸造所見学ツアー」は、人気イベントのひとつです。

クラフトビールの製造工程を間近で見られるイベントで、2023年7~9月の全18日間で延べ1,279人と、多くの方がツアーに参加しました。

「よなよなエールの超宴2018 in お台場」に登場した盆踊りセット

こうした成功をうけて東京で開催された「よなよなエールの超宴2018 in お台場」なども、屋台や音楽を絡めてまるでフェスのようなイベントづくりをおこない、約5,000人もの参加者がありました。

参加者のイベント満足度が高く、ファンとの絆づくりに成功している事例といえるでしょう。

オンラインバスツアー(琴平バス株式会社)

香川県に本社を置く琴平バス株式会社の「オンラインバスツアー」は、メディアでも頻繁に取り上げられているオンラインイベントの成功事例です。

もともとは新型コロナウイルス感染症の流行により誕生したサービスで、このツアーでは観光スポットや史跡などを画面上で巡りながら、その地域ならではの魅力を疑似体験できます。

現地ガイドとのインタラクティブなコミュニケーションが評価され、2022年には「第4回日本サービス大賞」の地方創生大臣賞を受賞しています。

オンラインお菓子作りワークショップ(株式会社御素麺屋)

福井県にある老舗菓子店「御素麺屋」が、オンラインお菓子作りワークショップを開催している事例について、ご紹介しましょう。

Zoomを通じて和菓子職人から直接お菓子作りを学べる、オンラインイベントです。

参加者にはお菓子作りワークショップキットが事前に送られ、職人さんの解説を見聞きしながら実際に手を動かして自分だけの和菓子を作ります。

2024年時点でオンラインワークショップは開催されていませんが、引き続きキットは販売されています。

注文すれば材料が自宅に届き、公式YouTube動画を見ながらお菓子作りに挑戦できるので、くわしくは公式サイトをご確認ください。

オンラインお菓子作りワークショップ特集ページ | お誕生日ケーキ(バースデーケーキ)は福井の御素麺屋

https://www.osoumenya.jp/user_data/online

御素麺屋では、定期的にWEB会議システム(zoom)を使って、お子様向けにお菓子作りのワークショップを実施してます。

よなごバル(鳥取県米子市)

最後にご紹介するのは、鳥取県米子市の取り組みです。

米子市では中心市街地にある宿泊施設や飲食店の活性化イベントを例年行っており、2021年には「475 BAR HOPPING(米子はしご酒)」を実施しました。

市内宿泊客に特定の飲食店で利用できるチケットを提供し、旅行客や出張客に飲食店をはしごしてもらおうという企画です。

さらに、2023年には「よなごバル」と題するイベントが開催され、期間中はイベント参加店舗で特別メニューが提供されました。

はしご酒をするとスタンプラリーに参加できたり、振舞い酒のイベントが行われたりと、「酒の名産地」という地域の特長を活かしたイベントづくりに取り組んでいます。

よなごバルについて | よなごバル

https://yonago-bar.com/2023/08/22/%e3%82%88%e3%81%aa%e3%81%94%e3%83%90%e3%83%ab%e3%81%ae%e6%a5%bd%e3%81%97%e3%81%bf%e6%96%b9/

●よなごバルの楽しみ方●関連イベント開催します!よなごバルにイベントを盛り上げてくれる特別ゲストが登場【2023 Miss SAKE鳥取による 振る舞い酒】2023 Miss...

まとめ

イベントには決まった型がないため、企画内容や告知方法は千差万別です。

実施する際には、まず開催目的やターゲットを定め、それに合ったイベント内容や集客活動を行いましょう。

告知は開催日の1~2ヵ月前から始めるのが理想で、SNS、HP、告知サイト、メルマガなどできる限り幅広いチャネルを活用して多くの人にイベントの情報を届けます。

申込者に対してのフォローも忘れずに、万全の状態で開催当日を迎えましょう。

今回ご紹介した事例も参考にしながら、参加者にとって魅力的なイベントを企画してみてください。

集客力アップが期待できるキャッシュレス決済なら「au PAY」

KDDIが提供するau PAYは、導入費用・入金手数料がすべて無料。導入コストゼロで始められるだけでなく、約3,370万人(2024年1月時点)の会員数を保有し、専用アプリの店舗検索にもお店が表示されるので集客力アップも期待できます。

※決済手数料率は2.6%です。 決済合計額に、決済手数料率を乗じて計算された手数料の金額に、消費税10%を加算した額をお支払いいただきます。

関連するキーワード


販促・集客

関連する投稿


au PAY グロースパック クーポン導入事例「クスリの健康堂」様

au PAY グロースパック クーポン導入事例「クスリの健康堂」様

au PAY アプリにau PAY加盟店様のクーポンを掲載できるサービス「au PAY グロースパック クーポン」。チラシ配布等の販促方法より安価で、必要な時にすぐ発行できる特徴があります。東京都荒川区の町屋駅から徒歩1分の場所で創業から41年の歴史を持つ、地元に根付いた薬局「クスリの健康堂」様に「au PAYグロースパック クーポン」の活用方法についてお話をお伺いしました。


ネタ切れ無用!すぐできる販促アイデア10選

ネタ切れ無用!すぐできる販促アイデア10選

「販売促進」は、ビジネスオーナー、店舗運営者、マーケティング担当者のだれしもが直面する課題のひとつです。 この記事では、「いいアイデアが浮かばない」「すでに取り組んでいるけどネタ切れ気味」という事業者に向けて販促アイデアを紹介してきます。 どんなビジネスでも導入できる販促ヒントを集めたので、ぜひ参考にしてあなたのビジネスに合わせて実践してみてください。


一歩すすんだ活用法!クーポン利用率をUPするテクニック

一歩すすんだ活用法!クーポン利用率をUPするテクニック

せっかく時間と手間をかけてクーポンを配るなら、利用率を上げて販促を成功させたいもの。 しかし現実には「配るんだけど反応がイマイチ」「どうやってクーポンを配ればいいのかわからない」というケースが少なくありません。 それでは、クーポンはどのように設計して、配ればいいのでしょうか? この記事では、クーポン販促の効果的な実施方法を解説します。 クーポン利用率の計算方法にはじまり、利用率が上がらない理由、その解決方法までをまとめて見ていきましょう。


年末年始、今年のトレンドは?!クリスマス&忘年会シーズンの販促アイデア

年末年始、今年のトレンドは?!クリスマス&忘年会シーズンの販促アイデア

ビジネスを営む事業者のみなさまにとって、クリスマスと年末年始は売上の山をつくれる大切な時期です。 クリスマスプレゼント、忘年会、新年会など、この時期はビジネスチャンスが多く、効果的な販促を行えれば新規顧客の獲得やリピーターの育成にもつなげられます。 一方で、どんな販促を行えばいいのか、効果的なアイデアが浮かばないという事業者の方も少なくありません。 この記事では、2023-2024年の年末年始商戦を成功させるヒントを解説しながら、この時期に実施したい販促アイデアを紹介します。


販促の定番!クーポン活用の基礎とコツ

販促の定番!クーポン活用の基礎とコツ

販促に使われるクーポンは、よく目にする一方で、施策の目的や効果測定が曖昧なまま実施されていることもあるようです。 最近はau PAY グロースパック クーポンのように、デジタル化されたクーポン配信サービスもあり、位置情報をもとに近隣のユーザーに配信したり、レポート画面からすぐ効果を確認できるなど、便利になっています。 この記事では、クーポンという販促方法の基礎と、その効果を引き出すためのポイントを解説します。 クーポン戦略をこれから検討する経営者の方や、すでに配布しているクーポン効果をさらに上げたい担当者の方は、ぜひ参考にしてみてください。


最新の投稿


最大20%割引!マルイチの対象店舗で使える au PAY クーポン(2024年3月10日まで有効)

最大20%割引!マルイチの対象店舗で使える au PAY クーポン(2024年3月10日まで有効)

岩手県 マルイチの対象店舗にてau PAY(コード支払い)で1回2,000円(税込)以上のお支払いで使える最大20%割引クーポン(割引上限:1,000円/回)をau PAY アプリにてプレゼントします。


最大10%割引!フレッシュフィールドで使える au PAY クーポン(2024年3月3日まで有効)

最大10%割引!フレッシュフィールドで使える au PAY クーポン(2024年3月3日まで有効)

岩手県北上市 フレッシュフィールドにてau PAY(コード支払い)で1回2,000円(税込)以上のお支払いで使える最大10%割引クーポン(割引上限:500円/回)をau PAY アプリにてプレゼントします。


最大10%割引!まつばやの対象店舗で使える au PAY クーポン(2024年3月28日まで有効)

最大10%割引!まつばやの対象店舗で使える au PAY クーポン(2024年3月28日まで有効)

長崎県・佐賀県 まつばやの対象店舗にてau PAY(コード支払い)で1回1,500円(税込)以上のお支払いで使える最大10%割引クーポン(割引上限:500円/回)をau PAY アプリにてプレゼントします。


最大20%割引!ショッピングセンターのぐち本店・湯沢ハーツ店で使える au PAY クーポン(2024年2月29日まで有効)

最大20%割引!ショッピングセンターのぐち本店・湯沢ハーツ店で使える au PAY クーポン(2024年2月29日まで有効)

新潟県 ショッピングセンターのぐち本店・湯沢ハーツ店にてau PAY(コード支払い)で1回500円(税込)以上のお支払いで使える最大20%割引クーポン(割引上限:1,000円/回)をau PAY アプリにてプレゼントします。


最大20%割引!グリーンマート桂店で使える au PAY クーポン(2024年3月17日まで有効)

最大20%割引!グリーンマート桂店で使える au PAY クーポン(2024年3月17日まで有効)

仙台市 グリーンマート桂店にてau PAY(コード支払い)で1回500円(税込)以上のお支払いで使える最大20%割引クーポン(割引上限:1,000円/回)をau PAY アプリにてプレゼントします。


最近話題のキーワード

au PAY magazineで話題のキーワード


キャンペーン auPAY 自治体キャンペーン 九州 四国


キャッシュレス決済 | キャッシュレス決済 導入 | QRコード決済 | QRコード決済 導入 | 販促 アイデア |
販促ツール | 販促ツール アイデア | クーポン 販促 | 飲食店 販促 | 小売 販促 | 美容院 販促 |
集客 販促 | 雨の日 集客 | 集客 事例 | auPAY 導入 | マイナポイント | ネット支払い