資料請求資料請求
無料申込無料申込

トップへ戻る

「○○PAY」を導入するなら?無料キャンペーンを延長したau PAYがおすすめ!

「○○PAY」を導入するなら?無料キャンペーンを延長したau PAYがおすすめ!

主要なキャッシュレス決済に定着したQRコード決済。2021年にPayPayが決済手数料有料化に踏み切り話題となりました。各社対抗策を打ち出していますが、今店舗に導入するならどの「○○PAY」がおトクでしょうか?au PAYなら、来年9月末まで決済手数料無料キャンペーンを延長しているのでおすすめです。


QRコード決済の利用率は50%超!数年後に市場規模は10兆円に

まず、QRコード決済の普及状況や将来性を確認してみましょう。QRコード決済は2020年時点で主要な決済方法として定着し、数年後の市場規模は数倍になると予測されています。

au PAYをはじめとするQRコード決済ですが、インフキュリオンが行った調査によると2021年4月の利用率が54%と過半数の大台を超えました。

出典:インフキュリオン

利用率の推移を見ると、QRコード決済は右肩上がりで伸びていることが特徴です。2020年のQRコード決済市場は4兆円規模でしたが、矢野経済研究所では2024年には取扱高ベースで10兆円規模まで拡大すると予測しています。

現金決済比率が高いことで知られる日本ですが、政府も将来的には世界最高水準の80%を目指す目標を打ち出しており、「キャッシュレス・ポイント還元事業」や「マイナポイント事業」を相次いで実施していて、今後もキャッシュレス化を推進していく姿勢です。

見逃せない!高還元率で人気のQRコード決済x自治体キャンペーン

新型コロナウイルス感染症の影響で低迷する地域経済を支援するため、各自治体がQRコード決済を活用した消費喚起キャンペーンを実施していて、その数は全国で200超に達するとのことです。

これらのキャンペーンは、地元の店舗でau PAYなどのQRコード決済を利用すると、ポイント還元でおトクにお買い物ができ、消費者・地元の店舗・自治体ともにメリットがある仕組み。

特筆すべき点は、自治体の予算が加わることで20%〜30%と高還元率(※)なことで、消費を刺激する効果がより高まると期待されます。直近では総額70億円を還元するキャンペーン「かながわPay」が大きな話題となりました。
※ポイント還元率はキャンペーンごとに異なります。

店舗側がこのキャンペーンの対象店になるには、自治体が指定したQRコード決済の加盟店になっている必要があります。キャンペーンの直前でも加盟可能ですが、使い方に慣れお客さまにもQRコード決済が使える店舗として認知してもらうには、今のうちに参加しておくことをおすすめします。

今QRコード決済を導入するなら、決済手数料無料のau PAY

そもそもQRコード決済が各店に急速に導入されたのは、導入費用が無料だったことが大きいとされています。さらに、多くのQRコード決済で決済手数料も無料キャンペーンが行われました。

キャッシュレス決済のなかでも、従来のキャッシュレスカードやICカード決済では読取端末の初期投資が必要で、またクレジットカードの決済手数料も、利益率が低い業態や中小店舗の導入ハードルとなっていました。QRコード決済にはこれらの課題を解決し、無料で導入できるメリットがあります。

一方、2021年10月にQRコード決済大手のPayPayが決済手数料有料化に踏み切るという大きな動きがありました。QRコード決済各社も対抗策を発表しましたが、なかでもau PAYは、従来2021年9月30日までとしていた導入費用・決済手数料・入金手数料すべて無料のキャンペーンを、1年延長となる2022年9月30日まで大きく延長しました。

つまり、これからQRコード決済を導入するなら、au PAYがおすすめです。

今だけ!au PAYなら導入費用・決済手数料・入金手数料すべて無料!

KDDIが提供するQRコード決済サービスau PAYは、導入費用・入金手数料が2022年9月30日まですべて無料です。特定金融機関ではなく、どの銀行からでも入金手数料が無料なのは、au PAYだけの強みです。

このようにau PAYなら導入費用をかけることなくキャッシュレス決済の導入をはじめることができ、決済手数料有料化後の料率も2.6%となっています。たとえ決済手数料無料期間が終了しても、お店の負担を最小限に抑えられます。

業界最大級!会員数2,500万突破

複数のQRコード決済があるなかで、初めて導入するなら会員数が多いサービスが良いでしょう。その点au PAYは、2021年1月に会員数2,500万を突破するなど業界最大級の会員数を誇ります。

また、2020年5月には大手ポイントサービスの「Pontaポイント」と提携しました。「Pontaポイント」をすでに持っている方も多いので、au PAYでのお買い物に使ってもらえる確率があがります。

通信大手のKDDIが運営し豊富なキャンペーン!

QRコード決済各社が実施するキャンペーンは、ポイント還元などでおトクにお買い物ができ、店舗にとっては集客の機会になります。また、こうしたキャンペーンは運営会社の原資で行われるため、自社で販促する体力がない中小店舗にとっても、持ち出しなしに売上UPできるメリットがあります。

一方で、「○○PAY」が乱立し各社が対抗キャンペーンを打ち出していた時期は一段落し、体力がない運営会社はキャンペーンを実施できなくなりつつあります。その点、au PAYは通信大手のKDDIが運営しているので、今後も安心です。

初めての方も複数導入する方も!QRコード決済を導入するならau PAY


2021年には利用率が50%を超えるなど、主要なキャッシュレス決済として定着したQRコード決済。今後も数倍利用されるとされるQRコード決済の需要を取り込むには、au PAYの導入がおすすめです。

決済手数料を有料化したサービスがある今、これからQRコード決済を導入するなら、決済手数料が無料のサービスが選択肢となります。なかでもau PAYは、従来2021年9月30日までとしていた導入費用・決済手数料・入金手数料すべて無料のキャンペーンを、1年延長となる2022年9月30日まで大きく延長しました。

なお、既にQRコード決済を導入している店舗にとっても、au PAYを導入するメリットがあります。決済手数料が無料な分利益率が上がり、また各社それぞれのキャンペーンによる消費需要を取り込めます。

初めての方も複数導入する方も、au PAYの導入をご検討ください。

こちらの記事もあわせてどうぞ

au PAYは今なら導入費用・手数料ともすべて無料

KDDIが提供するau PAYは、導入費用・入金手数料がすべて無料となっています。また、2022年9月30日まで決済手数料率が0%になるキャンペーンを実施しています。

※お申込み状況により、決済手数料率が異なる場合がございます。 決済合計額に、決済手数料率を乗じて計算された手数料の金額に、消費税10%を加算した額をお支払いいただきます。

関連するキーワード


QRコード決済

関連する投稿


【2022年版】QRコード決済サービス大手6社のユーザー数を比較!

【2022年版】QRコード決済サービス大手6社のユーザー数を比較!

QRコード決済は、スマートフォンひとつでお買い物ができ、ここ数年でユーザー数がどんどん増えています。この記事では、人気のQRコード決済サービス各社の「ユーザー数」をご紹介していきます。 QRコード決済の導入を検討されている事業者のなかには、「サービスの種類が多く、どれを導入したらいいか迷ってしまう」という方も少なくありません。この記事を参考に、ぜひ自分に合ったQRコード決済サービスを見つけてみてください。


飲食店でキャッシュレス決済を導入し売り上げUP!導入のメリットを解説

飲食店でキャッシュレス決済を導入し売り上げUP!導入のメリットを解説

近年キャッシュレス決済が急速に普及し、従来から使われているクレジットカードに加え、電子マネーやQRコード決済など種類も多様化しています。 新型コロナウイルス感染症の影響もあり、居酒屋やレストランなどの飲食店でも非接触型の決済を導入するところも増えてきています。この記事では、飲食店での支払いに関する消費者動向や、飲食店でのキャッシュレス決済導入メリットを解説します。


自分のお店でau PAYが使えることをアピールするには?店頭シールやPOPだけじゃない告知方法まとめ

自分のお店でau PAYが使えることをアピールするには?店頭シールやPOPだけじゃない告知方法まとめ

QRコード決済はポイント還元もあり、キャンペーンも充実しています。お客さまにおトクにお買い物や食事を楽しんでもらうためにも、お店側が積極的に「キャッシュレス決済が使えること」をアピールすることはとても重要です。今回はau PAYを例に、キャッシュレス決済対応店舗であることを効果的にアピールする方法をご紹介します。


au PAY導入店舗事例 「コスタクラシック ピアノスタジオ」様

au PAY導入店舗事例 「コスタクラシック ピアノスタジオ」様

au PAYをご導入いただいた店舗のみなさまに、導入のきっかけやコストや集客面などのメリットを伺いました。スマホ決済にau PAYの導入をご検討の方は、ご参考にしてください。 今回は、世田谷区の「コスタクラシック ピアノスタジオ」様の事例をご紹介します。au PAYは導入費用・決済手数料・入金手数料すべて無料なので、とりあえず取り組んで、試してみやすいのがポイント!


QRコード決済の自治体キャンペーンが急増!ポイント還元で消費者・事業者ともにメリットあり

QRコード決済の自治体キャンペーンが急増!ポイント還元で消費者・事業者ともにメリットあり

新型コロナウイルス感染症の影響で低迷する地域経済の活性化策として、各自治体がポイント還元キャンペーンを実施しています。au PAYなどのQRコード決済を活用し、通常より高還元率でおトクなことも多いことも特徴です。飲食店や小売業などau PAY加盟店にもメリットが多いキャンペーンなので、制度の内容や各地の事例を把握しておきましょう。


最新の投稿


飲食店の販促に“使える”5つのアイデア

飲食店の販促に“使える”5つのアイデア

期間限定メニューや記念日コースの設定など、飲食店の販促に使えるアイデアをご紹介します。多くのお店が取り入れている手法には、参考事例も多く、取り組みやすいメリットがあります。まだ取り組んでいないアイデアがあれば、お店の売上を伸ばせる余地があることに。どんなアイデアがあるか、一通り目を通してみましょう。


なぜ上手くいかない?飲食店の集客失敗事例

なぜ上手くいかない?飲食店の集客失敗事例

費用や手間暇をかけたのに失敗する事態は避けたいもの。飲食店の集客でよくある失敗事例をまとめました。多くの飲食店から選んでもらうには、競合より見栄えがしたり、わかりやすい情報提供を心がける必要があります。さまざまな失敗事例を知っていれば、より確実な集客につなげられます。


拡大するキャッシュレス決済市場!2021年度から2025年度で1.5倍に成長する予測

拡大するキャッシュレス決済市場!2021年度から2025年度で1.5倍に成長する予測

現金を用いないキャッシュレス決済市場が拡大しています。2021年度の100兆円から2025年度に1.5倍成長する見通しも出ています。海外ではキャッシュレス化比率が日本の数倍あるほか、政府もキャッシュレス化を推進する方針です。従来のクレジットカードに加え、QRコード決済が特に伸びています。


QRコード決済の仕組みとメリットを解説

QRコード決済の仕組みとメリットを解説

QRコード決済の仕組みとメリットとは? 2021年には利用率が50%を超えたQRコード決済。今後ますますの普及が見込まれます。QRコード決済の基本と仕組みを解説します。そして、お店とお客さま、両方の立場から見たメリットも紹介します。



無料相談
自治体相談窓口
受付:平日/10:00〜19:00(12月29日〜1月3日を除く)