資料請求資料請求
無料申込無料申込

トップへ戻る

キャッシュレス決済導入するならどれがいい?市場動向をもとに徹底解説

キャッシュレス決済導入するならどれがいい?市場動向をもとに徹底解説

クレジットカード、QRコード決済、電子マネー…。キャッシュレス決済サービスが多様化するなか、事業者はどのキャッシュレス決済を導入すればいいのでしょうか。 この記事では、キャッシュレス決済の市場動向を元に、今からキャッシュレス決済を始めるならどれがよいかを検証していきます。

[PR]本ページはプロモーションが含まれています
⏳この記事は約2~3分で読めます。


一番使われているキャッシュレス決済はどれ?

クレジットカードやQRコード決済をはじめとするキャッシュレス決済は、政府のキャッシュレス化推進の方針もあって、日本でも年々利用者が増えています。

今お店にキャッシュレス決済の導入を検討するなら、各種調査を元に利用動向を把握して、お店の業態や顧客層にあった決済サービスを導入することがおすすめです。

東京都内のキャッシュレス決済比率は54%

東京都が出している「令和4年度都内キャッシュレス決済比率に関する 調査結果」によれば、2023年3年時点の都内のキャッシュレス決済比率は54.1%と発表されています。

2014年度調査のキャッシュレス決済比率は21.6%だったので、この10年でキャッシュレス決済比率が倍以上に増えたことがわかります。

また、キャッシュレス決済の種類別では、クレジットカードの利用が最多で、次に多いのがQRコード決済です。

Suicaやnanacoなどでおなじみの電子マネーは3番手となっており、金額ベースのシェアではQRコード決済の半分以下にとどまります。

年代別のキャッシュレス比率を見ると、20代の61.4%がもっとも高く、年代が高くなるにつれて徐々に減っていく傾向です。

ただし、60代以上でもキャッシュレス比率4割を超えており、幅広い世代でキャッシュレス化が進んでいることがわかります。

日本全体のキャッシュレス決済比率は36%

東京都内のキャッシュレス決済比率は54.1%と、50%の大台を超えましたが、都市部だけではないことを見るために、日本全体の数字も確認しましょう。

キャッシュレス推進協議会が出している「キャッシュレス・ロードマップ 2023」によれば、日本全体のキャッシュレス決済比率は2022年時点で36.0%に達しました。

東京都の水準には及ばないものの、それでも「2025年6月までにキャッシュレス比率を4割程度に引き上げる」という政府のキャッシュレス比率目標はほぼ達成される見込みです。

なお、キャッシュレス決済の種類別内訳は東京都の調査とほぼ同様の傾向です。

クレジットカードがトップで、その後にQRコード決済、電子マネーが続きます。

2021年の調査では電子マネーのほうが多くなっていましたが、2022年QRコード決済は2年連続で150%の伸びをみせ、電子マネーの利用率を抜いたことが注目されます。

 キャッシュレス全体額に占める割合増減率
2020年2021年2022年2021年2022年
クレジットカード86.8%85.3%84.5%8.8%15.8%
QRコード決済3.7%5.6%7.1%66.3%50.3%
電子マネー7.0%6.3%5.5%-1.1%1.9%
デビットカード2.5%2.8%2.9%25.1%19.3%
キャッシュレス全体の金額の増減率10.6%16.9

消費者の約9割はキャッシュレス決済を保有

続いて、同じくキャッシュレス推進協議会の「消費者インサイト調査」の結果を確認していきましょう。これを見ると現在のよりリアルなキャッシュレス決済市場や消費者動向が見えてきます。

2022年度消費者インサイト調査によると、「何らかのキャッシュレス決済を保有している」と答えた割合は93%、「キャッシュレス決済手段を普段から持ち歩いている」という割合でも89.7%に上ります。

 何らかのキャッシュレス決済を保有している割合
キャッシュレス決済全体93%
クレジットカード(接触式)82%
クレジットカード(非接触式)42%
QRコード決済(コード決済型アプリ)73%
電子マネー73%
デビットカード24%

また、金額別の利用傾向を見ると、クレジットカードは1~10万円の支払いによく利用されています。

一方、QRコード決済や電子マネーは1,000~3,000円の支払いで割合が高くなっています。

このことから客層や客単価などによっても、利用されているキャッシュレス決済は異なることがわかります。

キャッシュレス決済を導入するならどれがいい?

事業者や店舗経営者がいま導入すべきキャッシュレス決済は、利用率の面から見ると「クレジットカード」や「QRコード決済」がおすすめです。

すでに説明したようにこの2つの決済手段は、キャッシュレス決済の利用率の1位と2位です。ユーザーが多ければ、それだけ大きな導入効果が期待できます。

ちなみに経産省が小売、飲食、宿泊、生活関連などの中小企業1,031社を対象にした調査では、80%がキャッシュレス決済を導入しています。

種類別にはクレジットカードが63.3%、QRコード決済は55.6%という結果です。

つまり、2つに1つのお店はいずれかもしくは両方を導入していということです。

クレジットカードとQRコード決済には、それぞれ以下のような特徴があります。双方の特徴を理解し、お店に合ったものを選ぶことが大切です。

クレジットカードの特徴QRコード決済の特徴
・利用者が多い
・国際ブランドであれば訪日外国人客にも対応できる
・決済手数料がQRコード決済と比べると高め
・専用の読み取り端末が必要
・利用者が年々増加中
・初期費用をかけずに導入できる
・決済手数料はクレジットカード比較すると低め
・ポイント還元キャンペーンが販促になる

初期費用ゼロで導入できるau PAY

「初期費用が気になる」という場合は、QRコード決済サービスから始めてみるのがおすすめです。

クレジットカードのように読取専用端末が不要なため無料で始めることができ、利用ごとにかかる決済手数料も、一般にクレジットカードより低く抑えられます。

日本の通信大手KDDIが提供するQRコード決済サービスau PAYは、経済的な負担を抑えながらお店のキャッシュレス化を進めたいという小規模店舗や個人経営者に好評です。

初期費用がかからないのはもちろん、決済手数料も2.6%とリーズナブル。

一般にクレジットカードの方が決済手数料が高いため、薄利多売の小売業態などでは、決済手数料が低いキャッシュレス決済を利用することがおすすめです。

インバウンドも急回復!au PAYなら「WeChat pay」と「Alipay」への同時申し込みも可能

新型コロナウイルス感染症でダメージを受けた観光業界ですが、訪日外国人観光客の数が急速に回復しつつあります。そのなかでも、「爆買い」が流行語大賞にもなった中国は、世界的にもキャッシュレス決済化比率が高い国として知られています。

au PAYなら、中国の2大QR決済サービス「WeChat pay」と「Alipay」への同時申し込みも可能です。訪日外国人客が増えてくる今だからこそ、導入を検討しましょう。

データが示すインバウンド急回復!2023年の旅行業界動向

https://media.aupay.wallet.auone.jp/articles/945

日本を訪れる外国人旅行者数も急速に回復しています。直近の調査では訪日外国人観光客の数はインバウンドのピークを迎えた2019年の約6割の水準まで戻っています。2023年のインバウンドの動向について、最新データとともに詳しくお伝えしていきます。

Alipayとは?Alipay を導入するならau PAYとの同時申し込みがおすすめ

https://media.aupay.wallet.auone.jp/articles/633

スマホでコードを読み取るだけで支払いができるQRコード決済。日本でも定着したQRコード決済ですが、中国の方が先行して普及していたことが知られています。中国では、お買い物から個人間送金まで、いたるところでQRコード決済が使えます。 そんな中国でトップシェアを誇るQRコード決済「Alipay」について解説。サービスの特長や決済方法の種類、日本での導入方法などを紹介するので、「Alipayをお店に導入したい」という事業者さまはぜひ参考にしてみてください。

まとめ

キャッシュレス決済は過去10年で急速に進化し、現金離れが全国で進んでいます。

本記事で見てきたように、2023年3年時点の都内のキャッシュレス決済比率は54.1%に達し、日本全体でも2022年間で36.0%と、確実にキャッシュレス時代が到来しつつあります。

また、消費者の約9割が何らかのキャッシュレス決済手段を持ち歩いており、なかでもクレジットカードとQRコード決済は主流の決済手段です。

初期投資を抑えたいという事業者には「au PAY」のような低コストでの導入が可能なサービスもおすすめです。

申し込みから導入まで最短1週間ほどで完了するので、ぜひ以下も参考にしてみてください。

au PAY 導入の流れ

https://media.aupay.wallet.auone.jp/articles/13

この記事ではau PAY導入を検討されている方に、導入の流れや各ステップで必要な書類や入力内容についてご説明し、au PAYのスムーズな導入にお役立ていただけます。お申込み内容に不備がなければ、1週間から10日程度でau PAYをご利用開始いただけます。



この記事に記載された情報は、掲載日時点のものです。
表記の金額は、特に記載のある場合を除きすべて税込です。
会社名、製品名は、一般に各社の商標または登録商標です。(商標について
商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

集客力アップが期待できるキャッシュレス決済なら「au PAY」

KDDIが提供するau PAYは、導入費用・入金手数料がすべて無料。導入コストゼロで始められるだけでなく、約3,438万人(2024年3月時点)の会員数を保有し、専用アプリの店舗検索にもお店が表示されるので集客力アップも期待できます。

※決済手数料率は2.6%です。 決済合計額に、決済手数料率を乗じて計算された手数料の金額に、消費税10%を加算した額をお支払いいただきます。

関連する投稿


自動車税の支払方法を徹底解説!便利でかんたんな支払方法はどれ?

自動車税の支払方法を徹底解説!便利でかんたんな支払方法はどれ?

自動車・軽自動車を所有していると、毎年納税することになる自動車税・軽自動車税。「支払いに行くのが面倒」「少しでもおトクな方法で払いたい」と感じている方も多いのではないでしょうか。 その自動車税・軽自動車税も、ポイント還元が得られるキャッシュレス決済など、現金より便利でおトクな支払方法が出てきています。 例えば「au PAY 請求書支払い」のようなキャッシュレス決済を使えば、自宅等からスマホで支払えるようになり、時間や場所の制約がなくなって便利です。 本記事では、自動車税・軽自動車税の支払方法の種類及び、それぞれのメリット・デメリットなどを紹介します。


【新生活を始める方必見】公共料金には何がある?支払い方法や平均金額も解説

【新生活を始める方必見】公共料金には何がある?支払い方法や平均金額も解説

春は就職や進学で一人暮らしをはじめる方も多い季節。その新生活をスタートするにあたり、気になるのが「公共料金の支払い」です。 電気・ガス・水道など、公共料金は毎月発生するため、どのような料金がいくら必要になるのかを把握することが大切です。 また、公共料金の支払い方法も近年多様化しています。従来の現金払いや口座振替以外にも、クレジットカードやQRコード決済などのキャッシュレス決済を利用する方も増えています。 本記事では、新生活で発生する公共料金の種類や金額、au PAYなどキャッシュレス決済によるおトクな支払い方法について、わかりやすく解説していきます。


キャッシュレス決済導入のメリット・デメリット!自分のお店にも導入したほうがいい?

キャッシュレス決済導入のメリット・デメリット!自分のお店にも導入したほうがいい?

現金を使わずに支払うキャッシュレス決済のお店側のメリット・デメリットについて。2023年8月に一般社団法人キャッシュレス推進協議会より公表された、「キャッシュレス・ロードマップ 2023」によると、2022年のキャッシュレス決済比率は36.0%に達し、2025年6月までに4割程度とする政府目標の達成も目前となっています。 本記事では、キャッシュレス化の進行状況や、お店が導入するメリット・デメリットを解説していきます。本記事を参考に、自分のお店にあうキャッシュレス決済を選択してみてください。


現金管理の悩みも解消!飲食フェスや催事等イベント出店にキャッシュレス決済を導入するメリット

現金管理の悩みも解消!飲食フェスや催事等イベント出店にキャッシュレス決済を導入するメリット

飲食イベント、ロックフェス、物産展、雑貨やグッズの即売会など、さまざまなイベントでキャッシュレス決済に対応したお店を見かけるようになりました。 これらのお店がイベント出店にあたりキャッシュレス決済を導入した背景には、現金の盗難・紛失リスクを減らしたい、手持ちがない等の販売機会損失を避けたいなどのニーズがあったと考えられます。 この記事では、以下のようなイベント出店を計画されている事業者さまに向けて、キャッシュレス決済を使うと、イベント出店における現金決済のどういう悩みが解消されるのか、またその導入方法をご紹介します。


中小企業の80%でキャッシュレス決済導入済!2021年の国の調査

中小企業の80%でキャッシュレス決済導入済!2021年の国の調査

世界的なキャッシュレス決済化の流れの中で、政府もキャッシュレス決済比率向上の目標を掲げるなど、日本でもキャッシュレス決済化が進む流れができつつあります。 そのキャッシュレス決済の普及には、「使える場所」と「使える人」の両方が必要です。この記事では、「キャッシュレス決済の導入率」をテーマに、中小店舗におけるキャッシュレス決済の現状をお伝えします。 導入済店舗での導入効果、消費者側のキャッシュレス決済に対するイメージについても解説しているので、動向の把握にお役立てください。


最新の投稿


au PAY、PAL CLOSETでau PAYを使うとPontaポイントを最大10%還元(2024年4月23日~)

au PAY、PAL CLOSETでau PAYを使うとPontaポイントを最大10%還元(2024年4月23日~)

2024年4月23日から5月22日の間、「PAL CLOSET」でau PAY(ネット支払い)をご利用いただくと、Pontaポイントを最大10%還元(上限あり)するキャンペーンを開催します。※要エントリー


【自治体キャンペーン】福島県 浜通り(12市町村)の対象店舗でau PAYを使うとお支払いの最大20%が戻ってくる(2024年4月25日~)

【自治体キャンペーン】福島県 浜通り(12市町村)の対象店舗でau PAYを使うとお支払いの最大20%が戻ってくる(2024年4月25日~)

福島県 浜通り(12市町村)にて2024年4月25日から5月8日の間、対象店舗にてau PAY(コード支払い)を利用すると、au PAY 残高に決済額の最大20%を還元する「do!浜通り キャッシュレス・ポイント還元キャンペーン」を開催します。


【自治体キャンペーン】福島県 浜通り(3市町)の対象店舗でau PAYを使うとお支払いの最大10%が戻ってくる(2024年4月25日~)

【自治体キャンペーン】福島県 浜通り(3市町)の対象店舗でau PAYを使うとお支払いの最大10%が戻ってくる(2024年4月25日~)

福島県 いわき市、相馬市、新地町にて2024年4月25日から5月8日の間、対象店舗にてau PAY(コード支払い)を利用すると、au PAY 残高に決済額の最大10%を還元する「do!浜通り キャッシュレス・ポイント還元キャンペーン」を開催します。


au PAY、珈琲屋OBの対象店舗で使える最大5%割引クーポンプレゼント(2024年4月23日~)

au PAY、珈琲屋OBの対象店舗で使える最大5%割引クーポンプレゼント(2024年4月23日~)

2024年4月23日から5月6日まで、珈琲屋OBの対象店舗にてau PAY(コード支払い)で1回1,000円(税込)以上のお支払いで使える最大5%割引クーポン(割引上限:500円/回)をプレゼントします。


au PAY、しまむらグループでのお買い物で抽選で13,100名様に最大10,000Pontaポイントをプレゼント(2024年4月22日~)

au PAY、しまむらグループでのお買い物で抽選で13,100名様に最大10,000Pontaポイントをプレゼント(2024年4月22日~)

2024年4月22日から5月14日の間、しまむらグループにてau PAY(コード支払い)でお支払いいただくと抽選で13,100名様に最大10,000Pontaポイントをプレゼント!さらに期間中合計で、5,000円(税込)以上購入いただくと当選確率3倍、10,000円(税込)以上購入いただくと当選確率10倍となるキャンペーンを開催します。※要エントリー




キャッシュレス決済 | キャッシュレス決済 導入 | QRコード決済 | QRコード決済 導入 | 販促 アイデア |
販促ツール | 販促ツール アイデア | クーポン 販促 | 飲食店 販促 | 小売 販促 | 美容院 販促 |
集客 販促 | 雨の日 集客 | 集客 事例 | auPAY 導入 | マイナポイント | ネット支払い