資料請求資料請求
無料申込無料申込

トップへ戻る

9月から開始予定の全国旅行支援と再開する都民割の動向

9月から開始予定の全国旅行支援と再開する都民割の動向

中断された「Go To トラベル」に代わる支援策「全国旅行支援」。「第7波」感染急拡大に伴い9月以降に延期される見込みです。再開された「都民割」とあわせ最新動向をまとめました。

[PR]本ページはプロモーションが含まれています
⏳この記事は約2~3分で読めます。


全国旅行支援とは?


全国旅行支援とは、新型コロナウイルス感染症のまん延によって、多大なる被害を受けた観光業界や地域経済を活性化するため、2022年7月中旬から開始される予定だった支援策です。しかし、新型コロナウイルス感染症第7波の広がりを受け、2022年9月以降に延期されました。

全国旅行支援を受ける条件として、ワクチン接種を3回完了していること、もしくはPCR検査等で陰性を証明、そして本人確認書類の提出が義務付けられています。

全国旅行支援の内容は旅行代金を40%割引し、お土産屋さんや飲食店などで利用できる地域クーポンを発行するというものです。

なお、旅行代金に関しては、1人1泊の上限が飛行機や新幹線等の鉄道、バスといった公共交通機関を利用する場合8,000円、そのほかが5,000円、地域クーポンについては平日3,000円分、休日1,000円分という条件がついています。

Go To トラベルと全国旅行支援の違い

従来行われていた「Go To トラベル」と「全国旅行支援」はなにが違うのでしょうか?おおまかな違いは、割引率と実施主体の2点です。

Go To トラベル全国旅行支援
実施主体都道府県
割引率旅行代金30%OFF旅行代金40%OFF
地域クーポン平日3,000円分 / 休日1,000円分平日3,000円分 / 休日1,000円分
割引上限交通付き宿泊10,000円 / 宿泊のみ7,000円 / 日帰り旅行3,000円交通付き宿泊8,000円 / 宿泊のみ5,000円 / 日帰り旅行5,000円
最大補助額13,000円11,000円

支援内容は似ていますが、実施主体が異なっています。

Go To トラベルは国主導、つまり政府が内容を決定し、全国一斉に実施します。仮に新たなGo To トラベルがスタートした後、また新型コロナウイルス感染症が一部地域ででも広がると全国一斉にストップしてしまう可能性があります。

一方、全国旅行支援については開始・終了の判断は各都道府県知事が判断できるため、もし遠く離れた地域で新型コロナウイルス感染症が拡大しても、都道府県知事が継続を決定すれば、引き続きそこでは全国旅行支援を続けられます。

したがって、ある都道府県では全国旅行支援がストップしているものの、ほかの場所では継続しているという状態も考えられます。また、場所によって開始や終了のタイミングがずれることもあるかもしれません。

県民割と全国旅行支援の違い

2022年8月で終了した「県民割」。こちらは全国を「北海道・東北ブロック」「関東ブロック」「北陸信越・中部ブロック」「近畿ブロック」「中国・四国ブロック」「九州・沖縄ブロック」の6つに分け、居住するブロック内での旅行に対して補助するという内容でした。

例えば、大阪府に居住している方は近畿ブロック内で旅行する場合に補助が出ます。大阪府居住の方が、近畿ブロック外の関東ブロックへ旅行した場合には、補助の対象外です。例外として、奈良県は全国からの受け入れを行っていました。

対象外という点では、人口密集地で感染者が多い東京都は、関東ブロックの他県から対象外とされていたため、東京への旅行は県民割の対象外でした。

全国旅行支援は各都道府県の判断による開催になりますが、対象となる範囲は全国(ただし全国旅行支援非開催地は除く)になる点が、全国旅行支援と県民割の最大の違いになります。

そのほかの違いを参考としてご紹介しておきます。

 県民割全国旅行支援旅行代金
割引率旅行代金最大50%OFF40%OFF
地域クーポン最大2,000円分平日3,000円分 / 休日1,000円分
割引上限5,000円交通付き宿泊8,000円 / 宿泊のみ5,000円 / 日帰り旅行5,000円

再開される「都民割」とは?

都民割「もっとTokyo」は、2020年10月にスタートしたものの、新型コロナウイルス感染症のまん延によって1か月ほどで中止になってしまい、その後、他の地域で県民割が始まっているにも関わらず、東京都内の新型コロナウイルス感染者数が高止まりしている状況から、同ブロック内から対象外となっていました。

2020年6月10日より始まった都民割「もっとTokyo」ですが、感染拡大に伴い8月に中断、9月からまた再開と複雑な経緯をたどっています。こうした経緯についてはこちらの記事をご参照ください。

東京都が都民割を再開!全国旅行支援やGo To トラベルの開始にも期待

https://media.aupay.wallet.auone.jp/articles/482

たび重なる緊急事態宣言で中断を余儀なくされた「Go To トラベル」。その代替策となる「県民割」のうち、東京都が実施する都民割「もっとTokyo」の再開が発表されました。今後は、県民割のエリアを全国に拡大した全国旅行支援やGo To トラベルの再開も期待されます。

なお、都民割の支援内容は、東京都民が都内(島しょ部を含む)への宿泊、宿泊を伴う旅行、日帰り旅行を対象に、宿泊旅行であれば1人1泊6,000円以上の宿泊代金を5,000円割引(旅行1回あたり5泊が上限)、日帰り旅行代金が3,000円以上の場合、2,500円が割り引かれるというものです。

なお、都民割の支援内容は、東京都民が都内(島しょ部を含む)への宿泊、宿泊を伴う旅行、日帰り旅行を対象に、宿泊旅行であれば1人1泊6,000円以上の宿泊代金を5,000円割引(旅行1回あたり5泊が上限)、日帰り旅行代金が3,000円以上の場合、2,500円が割り引かれます。

旅行支援策で客足の回復は見込めるか?

2022年9月以降、全国旅行支援の開始、そして中断していた都民割「もっとTokyo」が再開されます。こうした支援策が始まれば人の流れも増え、落ち込んでいた客足も戻るでしょうか。

観光庁が2022年7月29日に発表した「宿泊旅行統計調査」によれば、2022年6月の日本人延べ宿泊者数は、新型コロナウイルス感染症以前となる2019年6月との同月比で-6.5%、2022年5月と2019年5月との同月比で-13.5%となっています。

このように、日本人の延べ宿泊者数は新型コロナウイルス感染症のまん延前の水準近くまで回復しているので、全国旅行支援や都民割によってさらなる客足の回復が見込め、宿泊業やその周辺事業においても売上の回復・増加が予測されます。

新型コロナウイルス感染症には波があり、収まっている時期には新型コロナウイルス感染症前に近い水準に旅行需要が戻ると考えられるので、操作の慣れも含め、事前にau PAYの導入をすすめておきましょう。



この記事に記載された情報は、掲載日時点のものです。
表記の金額は、特に記載のある場合を除きすべて税込です。
会社名、製品名は、一般に各社の商標または登録商標です。(商標について
商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

集客力アップが期待できるキャッシュレス決済なら「au PAY」

KDDIが提供するau PAYは、導入費用・入金手数料がすべて無料。導入コストゼロで始められるだけでなく、約3,438万人(2024年3月時点)の会員数を保有し、専用アプリの店舗検索にもお店が表示されるので集客力アップも期待できます。

※決済手数料率は2.6%です。 決済合計額に、決済手数料率を乗じて計算された手数料の金額に、消費税10%を加算した額をお支払いいただきます。

最新の投稿


滋賀県 大津市で同市が発行するOTSU POINT(おおつポイント)を自治体マイナポイントに交換できるキャンペーンを開催(2024年4月15日~)

滋賀県 大津市で同市が発行するOTSU POINT(おおつポイント)を自治体マイナポイントに交換できるキャンペーンを開催(2024年4月15日~)

滋賀県 大津市にて2024年4月15日から2025年2月16日の間、au PAYをご利用且つマイナンバーをお持ちの方を対象に、同市が発行するOTSU POINT(おおつポイント)を自治体マイナポイント(au PAY 残高)に交換する「滋賀県大津市マイナポイント」を開催します。


さまざまな利用シーン別!飲食店の販促アイデア

さまざまな利用シーン別!飲食店の販促アイデア

「日々の営業で忙しく、販促を考える暇がない」「売上アップのための販促アイデアが思い浮かばない」そんな悩みを抱える飲食店経営者は少なくありません。 この記事では、ランチやディナーなど利用シーン別のほか、メニューや店内演出など、飲食店向けの販促アイデアをご紹介します。 さまざまなアイデアを豊富に掲載しているので、販促に力を入れたい飲食店の方はぜひ参考にしてください。


自動車税の支払方法を徹底解説!便利でかんたんな支払方法はどれ?

自動車税の支払方法を徹底解説!便利でかんたんな支払方法はどれ?

自動車・軽自動車を所有していると、毎年納税することになる自動車税・軽自動車税。「支払いに行くのが面倒」「少しでもおトクな方法で払いたい」と感じている方も多いのではないでしょうか。 その自動車税・軽自動車税も、ポイント還元が得られるキャッシュレス決済など、現金より便利でおトクな支払方法が出てきています。 例えば「au PAY 請求書支払い」のようなキャッシュレス決済を使えば、自宅等からスマホで支払えるようになり、時間や場所の制約がなくなって便利です。 本記事では、自動車税・軽自動車税の支払方法の種類及び、それぞれのメリット・デメリットなどを紹介します。


【新生活を始める方必見】公共料金には何がある?支払い方法や平均金額も解説

【新生活を始める方必見】公共料金には何がある?支払い方法や平均金額も解説

春は就職や進学で一人暮らしをはじめる方も多い季節。その新生活をスタートするにあたり、気になるのが「公共料金の支払い」です。 電気・ガス・水道など、公共料金は毎月発生するため、どのような料金がいくら必要になるのかを把握することが大切です。 また、公共料金の支払い方法も近年多様化しています。従来の現金払いや口座振替以外にも、クレジットカードやQRコード決済などのキャッシュレス決済を利用する方も増えています。 本記事では、新生活で発生する公共料金の種類や金額、au PAYなどキャッシュレス決済によるおトクな支払い方法について、わかりやすく解説していきます。


キャッシュレス決済導入のメリット・デメリット!自分のお店にも導入したほうがいい?

キャッシュレス決済導入のメリット・デメリット!自分のお店にも導入したほうがいい?

現金を使わずに支払うキャッシュレス決済のお店側のメリット・デメリットについて。2023年8月に一般社団法人キャッシュレス推進協議会より公表された、「キャッシュレス・ロードマップ 2023」によると、2022年のキャッシュレス決済比率は36.0%に達し、2025年6月までに4割程度とする政府目標の達成も目前となっています。 本記事では、キャッシュレス化の進行状況や、お店が導入するメリット・デメリットを解説していきます。本記事を参考に、自分のお店にあうキャッシュレス決済を選択してみてください。




キャッシュレス決済 | キャッシュレス決済 導入 | QRコード決済 | QRコード決済 導入 | 販促 アイデア |
販促ツール | 販促ツール アイデア | クーポン 販促 | 飲食店 販促 | 小売 販促 | 美容院 販促 |
集客 販促 | 雨の日 集客 | 集客 事例 | auPAY 導入 | マイナポイント | ネット支払い