資料請求資料請求
無料申込無料申込

トップへ戻る

なぜ上手くいかない?飲食店の集客失敗事例

なぜ上手くいかない?飲食店の集客失敗事例

費用や手間暇をかけたのに失敗する事態は避けたいもの。飲食店の集客でよくある失敗事例をまとめました。多くの飲食店から選んでもらうには、競合より見栄えがしたり、わかりやすい情報提供を心がける必要があります。さまざまな失敗事例を知っていれば、より確実な集客につなげられます。


集客失敗例 その1:目立つところに看板を設置しているんだけど!?

飲食店に限らず、お店の集客を行う場合の第一歩とも言えるのが「看板」ではないでしょうか。お店が路面店でない場合など、建物の前などに看板を置いて自店舗のアピールをするかと思います。しかし、設置すれば必ず注目してもらえるわけではありません。

看板での集客の目的は、通りすがりの人に立ち寄ってもらうことです。看板に気づいてもらった上で、書いてある内容を確認し、来店するという流れを意識しましょう。代表的な失敗例として、以下の3点が挙げられます。

・看板が目立っていない
・お店の特徴、どんなお店かが看板から伝わらない
・どれくらいの予算感なのかがイメージできない

看板での集客率を高める方法

看板が目立たないとは、例えば夜になっても看板がライトアップされておらず、看板の存在自体すら気づいてもらえない状況です。ライトアップはもちろん、蛍光色などの目立つ色で看板の内容を記載する方法があります。ただし、あまり派手にしてしまうと、お店の雰囲気に合わなくなるのでご注意ください。

お店の特徴は、短い言葉で簡潔に表現すると伝わりやすくなります。予備知識がない人にもひと目で「そういうお店なのね」と思ってもらえるよう、お店の売りとなる言葉を考えましょう。

予算感とは、リーズナブルなお店なのか、高級店なのか、この2点を伝えるようにします。料理が豪華(に見える)なのにリーズナブルという場合は、言葉だけではなく、料理の写真も目立つようにすると、よりアピール度を高められます。

このように、通りすがりの人を瞬間的に自店舗を気に止めてもらうようにするのが看板での集客率を高めるポイントです。

集客失敗例 その2:グルメサイトで目立つには!?

「ぐるなび」や「食べログ」「ホットペッパーグルメ」などのグルメサイトに登録するだけで、自動的に集客されるとは限りません。多くのお店がグルメサイトに登録していて、そのなかから選んでもらう必要があるからです。

集客失敗例として、まずターゲットを絞らずさまざまなコースを用意している例があります。大手チェーン店であれば幅広いコース設定で集客を狙えますが、小規模店舗の場合、そのお店の特徴・売りとなる部分を強調したほうが差別化につながり、お客さまの目を惹けます。

つづいて、掲載情報にこだわりがないケースがあります。ありがちで改善できる例としては、見栄えがよくない写真の掲載です。写真はお店のイメージにも直結しています。写真だけではなくコース名もありきたりだと、お客さまのお店選びの候補に入れてもらえる可能性が下がります。

グルメサイトからの集客率を上げる方法

お客さまは目的地周辺のたくさんの店舗を検索してチェックします。数ある競合の中から自店舗を選んでもらうカギは「オリジナリティ」です。

そのためにはまず、自店舗でターゲットにすべき客層を再確認する必要があります。その後、コース料理をターゲットとしているお客さまに合ったものに絞ったり、写真映えすればなおよいですが、目玉となるメニューを用意します。

そして、自店舗の情報はプロレベルの美味しそうな写真に差し替えたり、お店の情報を紹介する文言も豊富に提供することで、よりお客さまの検索の手を止めることにつながります。

暗い写真、手ブレが激しい写真、色味がおかしい写真などは、お店の集客には逆効果です。プロが撮ったよい写真が一番上に表示されるようにするよう設定しましょう。

こうした改善は無料プランならばその範囲で行い、なるべくコストをかけないようにします。まずはできるところから始め、どうしても思うような反応が得られない場合に有料プランへの移行を考えます。

集客失敗例 その3:SNSをフル活用しているつもりなのに!?

飲食 集客 失敗例 SNS

FacebookにTwitter、Instagram、SNSに投稿しているけれど反応が悪い場合の失敗例としては、更新頻度が低すぎることです。最終更新日が一年前になっていたりしていませんか?せっかくフォロワーがついていても、たまにしか投稿しないと自店舗の存在を忘れられてしまいます。

もうひとつの失敗パターンは、SNSの特徴を理解できていないことです。SNSにもTwitter/Facebook/Instagramなどありますが、年齢や性別で利用率が異なる統計があります。若い女性向けのお店ならTwitterだけでなく、Instagramを活用したほうがよいでしょう。

反対に、多くのSNSを使うのも失敗の原因です。SNSの特徴と自店舗のターゲットが合致していなければ、なかなか成果に結びつきません。その結果、投稿意欲が減少し、露出が減ってしまう悪循環に陥りがちです。

SNS発信を集客に結びつける方法

SNSと集客を結びつけるためには、まずSNSごとの特徴を知ったうえで投稿先のSNSを1つ、ないし2つ程度に絞り、できるだけ頻繁に投稿することです。

代表的なSNSの簡単な特徴は以下のとおりです。

・Facebook 【おもな年齢層】30~40代【特徴】発信できる情報量が多い
・Twitter 【おもな年齢層】20代【特徴】拡散性が高い
・Instagram 【おもな年齢層】20代※女性の利用率高い【特徴】写真や動画の投稿
・TikTok 【おもな年齢層】10代【特徴】動画の投稿 拡散性高い

自店舗の雰囲気、ターゲット層を考慮した上で投稿するSNSを絞ります。できるだけ頻繁に投稿するには、予約投稿したり、投稿する日にちや曜日を決めるなど、タスク化して業務に組み込む方法があります。ただし、定形文言を何度も投稿するようなスタイルだと、情報量が少ないとみなされ、フォローを外されてしまったりします。

集客失敗例 その4:会員カードを作ったのに!?

リピート来店の促進、他店との差別化といった目的で会員カードを作成してお客さまに配ってみたものの、効果があるか悩んでいませんか?

会員カードが集客につながらない失敗例の理由としては、
・会員カードのメリットが薄い
・会員情報を活用していない
という2点が考えられます。

会員カードで集客率を高める方法

会員カード作成の目的は、お客さまの囲い込みが主な目的です。そのためには来店してもらうためにお客さまが会員カードを持っていると○%OFFなどになるようなメリットがある、と感じてもらわなければなりません。

さらに、来店のきっかけを与えるために季節限定メニュー、誕生日メニューなどを用意し、いただいた情報からDMを送る方法もあります。せっかく顧客情報を収集しているわけですから、これを活かさない手はありません。

最近は、LINEの公式アカウントを含め、さまざまな機能を搭載した会員アプリも多数リリースされています。スマートフォンにアプリをダウンロードして登録するだけなので、お客さまの心理的ハードルはだいぶ下がるようです。しかし、コストがかかるというデメリットがあります。

まとめ

飲食 集客 失敗例 看板

集客の失敗例をさまざま紹介してきましたが、共通して言えることは「お客さま目線に立っていない」ことです。

いろいろな集客の施策はありますが、まずはお客さまの立場に立ってみることがスタート地点になります。そのうえで各種集客ツールの特性を踏まえて、新たな集客方法を考えてみてはいかがでしょうか。

また、どの施策においてもいきなり大きな予算や工数をかけるのではなく、まずは小さく初めて成功したら取り組みを拡大するようにすると、大きな失敗を避けられます。ある程度の長期的スパンで考え、取り組みながら適宜改良を加えていく方法も、あります。

au PAYは今なら導入費用・手数料ともすべて無料

KDDIが提供するau PAYは、導入費用・入金手数料がすべて無料となっています。また、2022年9月30日まで決済手数料率が0%になるキャンペーンを実施しています。

※お申込み状況により、決済手数料率が異なる場合がございます。 決済合計額に、決済手数料率を乗じて計算された手数料の金額に、消費税10%を加算した額をお支払いいただきます。

関連するキーワード


販促・集客 飲食店

関連する投稿


飲食店の販促イベントとクリスマス等の年間スケジュール

飲食店の販促イベントとクリスマス等の年間スケジュール

飲食店の集客施策として、卒業式やクリスマスなどイベント用の特別なメニューやサービスを提供するのは、よくある施策の一つ。こうした年間行事は事前に準備しやすい販促イベントと言えるでしょう。そこで、今回は飲食店で行えるイベントを季節ごと、年間通じて紹介します。


美容室の販促を成功させる4つのアイデア

美容室の販促を成功させる4つのアイデア

国の統計によれば、全国の美容室数は25万軒以上あります。6万軒あるコンビニエンスストアの4倍もある美容室間では、それだけ競争も激しくなります。自分の美容室を選んでもらう「販促」について、紹介していきます。


飲食店の販促に“使える”5つのアイデア

飲食店の販促に“使える”5つのアイデア

期間限定メニューや記念日コースの設定など、飲食店の販促に使えるアイデアをご紹介します。多くのお店が取り入れている手法には、参考事例も多く、取り組みやすいメリットがあります。まだ取り組んでいないアイデアがあれば、お店の売上を伸ばせる余地があることに。どんなアイデアがあるか、一通り目を通してみましょう。


集客・販促に役立つ!POPやチラシ作りに使える本

集客・販促に役立つ!POPやチラシ作りに使える本

店頭のPOPや開店やセールを告知するチラシは、集客・販促の定番ツールです。デザインの専門教育を受ける機会がなかった人でも、伝わるわかりやすいPOP・チラシを作るにはどうしたらよいでしょうか。レイアウトやキャッチコピー、料理写真など、読めばワンランク上のデザインできるようになる書籍をご紹介します。


Googleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)の使い方

Googleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)の使い方

Googleの検索結果に表示される店舗情報は自社で管理しましょう!店舗情報は第三者でも登録できるため、不正確な情報で機会損失になっている場合があります。「オーナー確認」を受け自社で管理する方法と、Googleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)の使い方について。


最新の投稿





東京都も都民割を開始!Go To トラベルの代わりに県民割を全国に拡大させる動きも

東京都も都民割を開始!Go To トラベルの代わりに県民割を全国に拡大させる動きも

たび重なる緊急事態宣言で中断を余儀なくされた「Go To トラベル」。その代替策となる「県民割」のうち、唯一対象外だった東京都も、都民割と言える「もっとTokyo」を再開しました。今後は、県民割のエリアを全国に拡大することで「Go To トラベル」の代わりとする話が出ています。


飲食店の販促イベントとクリスマス等の年間スケジュール

飲食店の販促イベントとクリスマス等の年間スケジュール

飲食店の集客施策として、卒業式やクリスマスなどイベント用の特別なメニューやサービスを提供するのは、よくある施策の一つ。こうした年間行事は事前に準備しやすい販促イベントと言えるでしょう。そこで、今回は飲食店で行えるイベントを季節ごと、年間通じて紹介します。


無料相談
自治体相談窓口
受付:平日/10:00〜19:00(12月29日〜1月3日を除く)